« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

和太鼓を観に。

以前、難プロジェクトの仕事で苦楽をともにした会社の先輩が出演する、

和太鼓の公演を観に行きました。

 

会場は、JR南武線西国立(にしくにたち)駅が最寄りなのですが、

乗換検索で、青梅線の西立川(にしたちかわ)駅と入力してしまいました。

 

どちらも立川駅から一駅なので、間違いに気づかず、

乗換駅の立川駅に停車していた青梅線車内に入ってから

なんとなく方角が合っていないのがヘンだな、と思って

超アセって南武線のホームまで足もからまらんばかりに移動しました・・・。

 

思えば3年以上前、その先輩は、私の退職送別会で

その仕事ぶりを「豪快にちゃんこ鍋を作るみたい」と評し、

そのフレーズがとっても気に入って、ブログのタイトルにしたほどです。(^-^)

 

今回の和太鼓は、ひな人形のお囃子みたいなのではなく、

お祭りの大きな太鼓をパーカッション風に叩いたりする、

燃焼&エクササイズ系の演奏でした。

 

女性の比率も高く、威勢よく掛け声をかけたりしてなかなかカッコよい!

もちろん、人前での発表に際してはプレッシャーもあるでしょうけれど

ストレス解消できそうな楽器のように思います。

 

その先輩は、ちらちらと共演者たちを見ながら!?

長身を生かして、大きな動きをしていました~。

女性の観客を多数動員していたのにもビックリでした! 

 

小さな子どもたちやママがハッピを着て楽しく叩くグループや、

部活動的に、若い人たちが迫力ある音と姿をみせるグループ、

プロの人たちによる、精密な演奏など、盛りだくさんなひととき。

 

一緒の会社だった方たちもたくさん来場していて、とても懐かしかったです。

 

帰りは、久しぶりに会った後輩のお誘いで、初対面の若手社員たちと一緒に

立川の夜景が見えるレストランで食事をしました。

まだ自分も同じ会社で働いているような気分になってしまった。(^^ゞ

 

仕事ではみられない、先輩の意外な一面を拝見できてよかったです。

これからもがんばって続けてくださいね。(^^)b

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

いわき2days その3☆『THE ALFEE AUBE 2008 RENAISSANCE』(11/24 いわきアリオス)

いよいよTHE ALFEEのコンサートのレポートです。

まずは、会場である いわき芸術文化交流館 アリオスのご紹介を。

川のほとりに建つ、今年オープンしたばかりの新しいホールです。

いわき駅から徒歩約15分。

 

Img_5754

入口の一つ

 

 

 

 

 

ツアートラックImg_57502 

 

 

 

 

 

 

 

Img_57582_2 外観

(これでも約半分)

 

 

 

 

 

 

 

ランチしたり、駅前の喫茶店で時間をつぶしたりして

いよいよコンサート会場に入りまーす。

もちろん、カメラは持ち込めません。

MCの内容は載せますが、曲名は載せないようにレポートします♪

 

ホールは、紀尾井ホールのようなシューボックス型で

前の席との間隔が広く、とても快適です。

間隔が広い分、私の22列目は東京の30列目ぐらいの感じでしたが・・・。

 

隣の席は、地元の50代後半ぐらいのご夫婦で

「動くアルフィー」が来るから来てみた、といった様子です。

 

泊まりでコンサートに参加するのは初めてな私は

今回は一人参加なので、ポツンと開演を待ちながら、

・本当にアルフィーは出てくるのか?

アルフューだったらどうしよう。

・地元の初参加っぽい人たちは一緒に楽しめるのだろうか?

などと、いつもよりも緊張気味。(^^ゞ

 

オープニングでTHE ALFEEの3人が登場したときには

おおっ、アルフィーがいわきに! いわきにアルフィーが!

と、一人でテンション↑↑↑上がりっぱなし。

 

いわき公演は、なんと20年ぶりだそうで、

当時、受験生をやっていた自分のことを振り返ると

まさかこの場所にご縁が出来るとは・・・と感慨深くなりました。

 

坂崎さんの元気なあいさつでMCが始まり、

仙台公演明けの23日は平でオフを過ごしたこと、

平の量販店で「いわきの思い出に」とお店の人に勧められてカメラを買ったこと、

街の中で野良猫を見かけたこと、

など、実際に歩いたならではの話をしました。

じーーーーん。

 

この話をする前に、坂崎さんが

地元の人、いる?」

と客席に問いかけたのが可笑しかったです。

もちろん、地元の方も結構いました~。

 

高見沢さんは、「ホールがきれい!」と感激していました。

また、”アリオス”という名前が気に入ったそうです。

たしかに、歌詞に出てきそう。

 

こういった地元密着の話のおかげで、緊張気味だった隣の席のご夫婦も

急に笑顔が増えた様子。

夫婦でオペラグラスをシェアしながら、動くアルフィーを目で追っていました。

 

そのご夫婦が、途中からこぶしを振り上げたのを見たときには

「アルフィーってすごいな~」

と感動~。

 

コンサートは、久しぶりという特別感もあってすごーーく盛り上がりました。

また、ホールの音がとてもクリアで、歌詞がよく聞きとれることもあり、

桜井さんの美声も存分に楽しめました。

 

コンサートの最後には、高見沢さんが

「過ごしやすかったです」と言ってからヘンだと思ったのか?

「やりやすかったです」と言い直していました。

 

さて、私は21時15分に会場を出て、

ようこ夫にピックアップしてもらい、21時半には高速にのっていました。

家に着いたら23時58分

興奮冷めやらぬ夜でしたが、とにかくすぐに寝て、翌日朝は出勤したという、

やっぱりハードスケジュールとなった2泊3日の旅でした。

 

また、いわきでTHE ALFEEのコンサートが観られますように。(^^)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

いわき2days その2☆ランチで満腹

旅行2日目は、ハワイアンズのある湯本から北に行った

平(たいら=にアクセント)に住む、ようこ夫の姉親子とランチする計画です。

 

午前中は、遊びきれないハワイアンズのお風呂にもう一度つかり、

”東北初!”という看板の出ているドクターフィッシュにも挑戦しました。

 

底の浅いプールに入った魚に足の角質を食べてもらう・・・というもので

私は箱根で遠巻きに見たことがあります。

痛いのかと思ったら、小さい魚たちにずっとくすぐられている感じです。

 

いわきの栽培家たちの作品が出ている洋らん展も見学。

洋らんの前で、ハワイアンバンドのライブも観られました。

Img_5717

前日夜に撮影

外が暗くなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_5719

 

 

 

 

 

 

 

 

名残りを惜しみつつ、ハワイアンズを後にして

車で平まで約30分のドライブです。

 

THE ALFEEのコンサート会場も下見しました。

写真はコンサートレポートに載せま~す。

 

Img_5753_2

市役所の前で

かもめ発見!

 

 

 

 

 

 

 

姉親子と合流し、高校生の甥のお気に入りのイタリアンレストランへ。

ようこ夫になついている甥が、万障を繰り合わせてランチに参加したそうです。(^-^)

お店は東京よりも席の間隔が広くて快適♪

 

パーティーサイズのペスカトーレ

Img_5761  

 

 

 

 

 

 

 

Img_5763

生だこの

揚げ物

 

 

 

 

 

 

まもなく出発する修学旅行のこと、進路のことなど

高校生らしい話題をいろいろとすることができました。

 

いやーーーー、他にもピザやパスタ、サラダにデザート、よく食べた食べた。

しかし、ここで満足して東京に帰ってはいけません。(^^ゞ

あともう少しでコンサートです。

 

<<その3に続く>>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

いわき2days その1☆スパリゾートハワイアンズ

3連休の日、月にいわき1泊2日のをしてきました~。

いつもは帰省ですが、今回は盛りだくさんな”普通の”旅行です。

 

私にとって、第二の故郷とも言えるいわき市に

アルフィーがやって来る☆という大ニュースを知り、

ようこ夫の車で行き、温泉にも入る旅行を計画しました。

でも、コンサート参加は私一人。(^^ゞ

 

帰省のたびに「混んでいる」という理由で却下され続けた

スパリゾートハワイアンズに泊まり、近くに住む甥っ子たちとランチをし、

THE ALFEEコンサート@いわき がトリを飾ります。

ボリュームがあるため、3回に分けてアップします。

 

それにしても、ハワイアンズには宿泊設備もあるというのに3連休は満室なり~。

よって、ハワイアンズから歩いて数分の

美人女将が着物で迎えてくれる舌鼓の宿

・・・の隣の、ゴルフのお客さん向けの宿にやっと一室予約できました。

ムームーの上に防寒ハンテンを着て、こちらのハワイアンズに移動します。

Img_5713外観は

大きな体育館みたい?

 

 

 

 

 

中に入って驚きました。ポカポカと暖かいのです。

最初の1時間は、どうやって遊んでよいのか???でしたが

だんだんその世界観に慣れてきたらこちらのもの。

大きな露天風呂につかったり、大浴場に入ったり、

フラガールによるマジックショーを観たりします。

 

Img_5715

ハワイの街並みを

見ながら

ビールで乾杯。

 

 

 

 

Img_5729 

 

 

 

 

 

 

夜のイベントは、グランドポリネシアンショー♪♪

その前に、大広間で夕食をとります。

Img_5721

こんな大きな

活アワビ焼きは

初めてかな?

 

 

 

 

Img_5722

マリネ

 

 

 

 

 

 

Img_5725

脂ののったトロ

 

 

 

 

 

 

Img_5727

ブイヤベース

(とホテルの人が言っていた)

 

 

 

 

 

ふるさと海鮮味噌仕立て と名づけた方がよさそうですが

魚介類のダシが出て、かなーーりおいしかったです。

 

暖かい場所でこの料理を食べたら、ご飯もビールもすすんでしまいます。

おひつをおかわりし、生ビールは夫婦で計6杯。

 

そしていよいよ、お・た・の・し・み、のショー。

有料の2階席の位置にあたる席を予約しました。

Img_5732

ステージ

 

 

 

 

 

 

Img_5734_2ハワイの踊り

 

 

 

 

 

  

期待通り、バラエティに富んだダンスです。

しかし、一番驚いたのはお客さんと踊るコーナーでした。

希望者はステージに上がってフラガールたちと踊れるのですが

私は、「えー、ステージの上~?」とあまり人が出てこないと思いました。

しかし、現実はこのようになりました。

Img_5741

タヒチの衣装を着て。

 

 

 

 

 

 

 

このショーでは、多くの曲が生演奏でした。

つい気になって、チラチラチラチラ見てしまう私。(^^ゞ

Img_5746

パーカッション

 

 

 

 

 

 

Img_5748

ポリネシアの踊り

 

 

 

 

 

 

神々への祈りが伝わるハワイの踊り、

カッコカワイイ、タヒチの元気の出る踊り、

ポリネシアの細かいビートの攻撃的ともいえる踊り、

踊りだけでなく、衣装も見応え十分でした。(^-^)

 

このスパリゾートハワイアンズは、不夜城というわけではないけれど

建物の中にいるだけでも楽しめる雰囲気は、

カジノがないのにどこかラスベガスにも似ている気がしました。

<<その2に続く>>

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

朝食レポート 2008年11月上旬~中旬分

ずいぶん寒くなってきました。

朝からお腹にエネルギーを!ということで

11月上旬~中旬分の朝食をアップします。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●11/4(火)

月曜日は文化の日でした。

今日からまた仕事です。

先週は仕事が休みだったので、のんびりと朝食を用意したら

時間が押してしまった。>_<

Img_5630

スキヤキご飯

ほうれん草、豆腐、
しいたけのみそ汁

おけさ柿、ヨーグルト

緑茶

 

 

 

前日夜はスキヤキだったので、多めに雑炊を作りました。

朝食べたら、少々パサパサしていたので、作りたての方がおいしいかな~。

 

ヨーグルトと一緒に食べたおけさ柿は、生協で箱買いです。

味は甘みがあってとてもおいしく、我が家はおけさ柿まつり中です。

 

●11/5(水)

しごと。

Img_5633

豚肉のしょうが焼き
with 玉ねぎ

ほうれん草&ちりめんじゃこ*

大豆もやしのピリ辛スープ

ご飯

ラフランス、柿

加賀棒茶

 

前日夜から、豚肉をしょうゆ、酒、みりん、しょうが汁、塩のタレに漬けておきました。

水にさらした玉ねぎと一緒に食べると、さっぱりします。

 

●11/6(木)

しごと。

Img_5637

ささみ、ゆずこしょうのせ

春菊のごま和え

トマト(塩はフルール・ド・セル)

ヒリヒリこんにゃく

大豆もやしのピリ辛スープ

ご飯

巨峰&ハニー、ヨーグルト

緑茶

 

三連皿、再登場~!

色違い、かつ味の種類も変えて・・・というちょっとした頭の体操です。(^^ゞ

焼いたささみにゆずこしょうをのせて、焼鳥風にしたらおいしかったです。

 

●11/10(月)

ドイツ語教室&病院ボランティア。

Img_5657

宗八かれい(干物)*

大根おろし

大根の葉、豆腐、まいたけのみそ汁

ご飯

柿、ヨーグルト

加賀棒茶

 

大根の葉をごま油で炒め、みそ汁の具にしました。

コクが出ます。

かれいは身がたっぷりで、表を食べただけでお腹一杯。

 

●11/11(火)

しごと。

寒いので、コートを着ていきました。

Img_5660

牛肉おろしぽん酢

ゆでブロッコリー

じゃがいも、まいたけ、
ねぎのみそ汁

加賀棒茶

 

 

 

みそ汁を丁寧に作っていたら、食べ始める時刻になってしまいました!

というわけで、果物は無し。

通勤途中、果物を食べたくなって落ち着かなかったです。(^^ゞ

習慣ってすごーーい。

 

●11/12(水)

しごと。

寒いので、コートを着て、マフラーを巻きました。

Img_5661

しらす、あさつき

納豆、玉ねぎ

ご飯

大根、まいたけのみそ汁

みかん、ヨーグルト

加賀棒茶

 

寒い日には、根菜を食べたくなります。

加賀棒茶で体を温めたら、出勤~。

 

●11/13(木)

しごと。

Img_5669

厚揚げ、しらす、あさつき

牛肉、玉ねぎ

にんじんのぬか漬け

ご飯

みかん

緑茶

 

牛肉と玉ねぎには、叙々苑の焼肉のタレをかけてゴージャス化。

この日は、おかずを丁寧に用意していたら、みそ汁を作る時間がなくなりました・・・。

 

●11/17(月)

ドイツ語教室。

Img_5676

しらす入りだし巻き玉子

冷奴

にんじん、大根のみそ汁

ご飯

りんご、ヨーグルト

緑茶

 

どことなく、家庭科の調理実習のようなメニュー。

玉子焼きの味に何か足りない?と思って、レシピを見ると

しょうゆ少々を入れ忘れていました。

ということで、私は数滴たらしました。

ようこ夫は特に気にすることなく、あっという間に食べていましたが・・・。

りんごがおいしい季節になりました。

 

●11/18(火)

今週は仕事休み。ムキューダ。(=無給だ)

Img_5678_2

ほたて貝焼き

れんこんの直がつお煮

キャベツ、豆腐、
えのきだけのみそ汁

柿、りんご*

加賀棒茶

 

 

やさしい味わいのみそ汁でした。

れんこんの煮物を多めに作り、少しずつ食べています。

 

●11/19(水)

今週は仕事休み。

Img_5686

納豆、ねぎ

いんげん、えのきだけのみそ汁

ご飯

柿、ヨーグルト

緑茶

 

 

お昼にごちそうを食べる予定なので、朝食は少なめに。

えのきだけのみそ汁もなかなかおいしいです。

 

●11/20(木)

前日の夕食もかなり遅かったので、軽めの朝食。

木曜日は三連皿の日になりつつあります。

Img_5703

大根のぬか漬け

豚肉のみそ風味そぼろ

小松菜の煮びたし

ご飯

巨峰&ハニー、ヨーグルト

緑茶

 

そぼろにみそ、小松菜の煮びたしにダシを使っているため、

みそ汁は作りませんでした。

三連皿のために、毎週3種類の味わいを考えるのも面白いですね~。

 

これからますます寒くなってきます。

根菜などを中心に、冬の朝食も出来る限り続けられたら、と思っています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

『芸協木枯らし寄席』(11/21 芸能花伝舎)

落語ファンの方のご好意のおかげで

西新宿の芸能花伝舎で行われた『芸協木枯らし寄席』

ようこ母と一緒に出かけました。

 

お客さんは10数名といったところでしょうか。

暖かい部屋で、笑いのひとときを過ごします。

 

番組は以下の通りです。

 

・前座 笑福亭 羽光 『にうりや』

眼鏡をかけた、大学の研究室にいそうな雰囲気の前座さん。

 

伊勢のあたりを旅している二人組が立ち寄った飲食店で

どぜう汁を頼むと

「ちょっと町まで味噌を買いに行ってきます」

といった、ナンセンスな会話が繰り広げられる噺。

最後に、羽光さんが題名を「にうりや(煮売り屋?)」と言っていました。

 

・橘ノ 昇美依

今度はガラッと変わって、強情な江戸のオトコ2人の噺を

恰幅のよい女性の二ツ目の落語家が演じます。

 

お灸の熱さが苦手だという人に、

いかに自分がその熱さに耐えられるかを

石川五右衛門の風呂のことなどを例にとり、とくとくと語る友人。

その友人がお灸のモグサを腕にのせて、熱さをこらえるところが見せ所。

 

本当は熱いお灸も、寒ーーい日に見ると、腕にのせてみたくなったりも!?

 

・春風亭 柳太郎 『干物箱』

声色をうまく使って役を演じ分ける落語です。

ちょいと遊びに出かけたい若旦那だが、

同居する父親がうるさくて、なかなか出かけられない。

一計を案じ、自分の声に似ている友人に頼み込んで

身代わりとして、自分の部屋にいてもらう。

しかし、階下にいる父親から、身代わりの友人に対して

事前に打ち合わせしていないことを聞かれ、困ってしまい・・・。

 

マクラは、小室ネタでした。世代的にやっぱり言いたくなりますよねぇ~。

 

・三遊亭 右紋 『都々逸親子』

マクラのお話がとても長いが、何度も笑わせるベテラン落語家。

戦後の給食事情などを話す際、ようこ母をちらちら見て同意を求めたりも?

落語は、親子で都々逸を詠みあう噺でした。

親の方がヘタなのがなんとも可笑しい・・・。

 

ここで、♪おなーーーかーーーいりーーーー。 (休憩)

 

・松旭斎 小天華 (奇術)

スラッと細くて顔の小さい、外資系に勤めていそうな女性の奇術師。

ロープやスカーフを使った手品を見せるたび、ニヤリと笑う姿が面白い。

袋の中からいろいろな物が登場する手品があり、

私もそのが欲しいなーと思って見ていました。

 

・春風亭 昇乃進 『目黒のさんま』

有名な落語を初めて聴くことができました。

昇乃進師匠は、会社の同僚にもいそうだったり、

アナウンサーっぽいような気もしたり、という風貌です。

やはり、小室ネタがマクラでした。

 

『目黒のさんま』は、狩に出かけて空腹になった殿様が

本来、身分的に口に入ることのないさんまではあるが、

空腹を満たすために、たまたま目黒で焼いた物を食べたため、

さんま=目黒

と刷り込まれる、というストーリーです。

 

寄席に行ってレパートリーが増えるとうれしくなりますね。(^-^)

ライブの迫力が好きなので、また機会を見つけて出かけたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

粗大ゴミ→エアロビクス→ボジョレー

金曜日はのんびりdayにしているのですが、今週は木曜日に振り替えました。

 

今日は朝から粗大ゴミ出しです。

大きな除湿機(ホコリをかぶって数年・・・)が意外と重くて

階段を一段ずつ、ゴトンゴトンと下ろしていきました。

もう一つ、30年余り使った勉強机の本棚も

さすがに汚れが取れなくなり、旅立ってゆきました。

長い間、参考書を立ててくれてありがとう~。最後はマンガだったけど。

 

続いて、午前中早めに新宿のジムへ。

気に入っていたアロマのクラスがなくなってしまい

モチベーション下がり気味だったのですが

同じ先生が教えているエアロビクスのクラスに出てみました。

 

先生が早めに次の動作を言ってくれるおかげで

(自分はハチャメチャな動きではあるが)のような汗をかき

体がポカポカしてきたのはよかったです。

また参加してみよう。

 

帰りに、解禁されたばかりのボジョレー・ヌーボーの試飲@デパート です。

一店目で3種類飲ませてもらい、こちらを購入。

Img_5707_2

少々酸味あり

 

 

 

 

10種類ぐらい試飲するつもりが、即断即決のクセが出てしまった・・・。

 

飲み足りなくなり、もう一店(小田急ハルク)行ってしまいました。

感じのよい丁寧な説明で、話がはずんだこともあって

お土産用と家用に一本ずつ追加してしまいました。

Img_5708

肉料理が

食べたくなる味

 

 

 

 

 

 

言い訳がましいですが、運動で心拍数が上がると

つい気が大きくなってしまって。(^^ゞ

今年も季節ものをほどほどに楽しみたいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

リストランテのランチ

仕事休みの週を利用し、くらげちゃんと銀座でランチしました。

アルマーニ リストランテ銀座

Img_5688

見たことのあるロゴ

 

 

 

 

 

 

 

Img_5689_2

リストランテ

最上階の10階

 

 

 

 

 

ゴールドを基調とした店内は、ラテン系のノリのよい接客でした。(^v^)

例えば、椅子に座るとき、お店の人が人の動きに合わせて

お店の方が、椅子を前に動かすことがあるのですが

私はタイミングを合わせるのが苦手で、早めに座ってしまったら

「んー、もう少し前にしましょうか♪」

そんな雰囲気。

 

飲み物の注文でも、くどくどとワインの説明をしたりせず、

こちらの希望を聞いてサクッと持ってくるという感じです。

でも、好みに合うかどうかを先にテイスティングさせてもらえたり、

「(ワインラベルに書いてある)マルケは地名ですか?」

という質問に丁寧に答えてもらったりと

ノリのよい中にも、必要なことは欠かさない・・・という印象をもちました。

 

こういうお店では、一枚一枚料理の写真を撮るのは不粋かな?と思い、

今回は食べることと、接客を楽しみました。

 

事前にホームページでチェックしていたサーモンとブロッコリーのスパゲッティ。

四角く切られたサーモンの塩味が効いていて

倍量あってもパクパクいけそうでした。

 

他の料理も一品一品は量が多くないのですが、食後にはちょうどよい満腹感

たくさんおしゃべりして、よいリフレッシュの機会となりました~。(^^)

 

帰りに見かけたImg_5694

セレブキャットフードの宣伝

 

 

 

 

 

 

 

Img_5695

さすが銀座!?

 

 

 

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

車が好き?列車が好き?

♪げつよーびはドイツ語きょ~し~つ。

今回も、いつもに増して頭の体操となった授業でした。

 

課題の一つに、

「私はで旅行するのが一番好きです。あなたは?」

という問いかけがありました。

この質問の答えをドイツ語で自由に考えます。

 

私はこのように答えました。

Ich reise lieber mit dem Zug, weil ich die Bahnhoefe gern sehe.

私は列車で旅行するほうが好きです私は駅を見るのが好きだから

Ich mag besonders kleine Bahnhoefe, weil ich das heimische Leben fuehlen kann.

私は特に小さな駅が好きです私はその地元の生活を感じることができるから

 

といいつつも、車の旅も面白いですね。

私は長いこと電車文化で育ったので、

帰省のたびに高速道路にのったり、サービスエリアに立ち寄ったりするのは

とてもわくわくする体験でもあります。

 

ちなみに、ドイツ語で車のことをAuto(アウトォ)、列車はZug(ツーク)といいます。

駅は、単数がBahnhof(バーンホフ)、

複数はBahnhoefe(バーンホォェフェ)。

の動きがついていかず、うまく発音できません・・・。>_<

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

久しぶりにボランティア報告

今週は、一週間に2回、ピアノを弾きに行く機会がありました。

 

月曜日は、月に一度の病院へ。

病院では、ピアノだけではなく、

日によって、いろいろな分野のボランティアが活動しています。

この日は、仕事が休みの日に来ている

プロのリフレクソロジストさんに会いました。

 

音楽に合わせてリフレクソロジーを受けたい患者さんがいるとのことで

心やすらぐような曲をいくつか選びました。

 

ピアノの位置の関係で、リフレクソロジーの様子は見えないのですが

病院の中で、こうしたちょっとしたコラボによって

予定よりも快適なひとときを過ごせてもらえたらいいなぁ・・・という気持ちです。

 

土曜日は、毎月行っている会場でのピアノコンサート。

天候が比較的過ごしやすいこともあってか、

この日は参加者がとても元気な感じです。

 

元気な会場においては、あえて”寂しい曲”を弾くのがマイブームで

今回は映画音楽で有名な『シェルブールの雨傘』を演奏しました。

電子ピアノのストリングスの音色を使うと、なかなかそれらしくなるものです。

 

寂しい曲の後には、元気の出る曲を・・・ということで

『ラ・クンパルシータ』というタンゴの名曲を。

 

正確に4拍子のリズムを刻まなければならないのに、

みんなも私もワイワイと笑ってしまったので

「タンゴは笑っていると弾けませーーーん!

ちょっと時間くださーい。深呼吸しますねーー」

と、スーーハーーーと呼吸を整えてから弾き始めました。

 

コンサートの後は、会場の方と一緒におやつをご馳走になって帰宅。

 

週に2回の演奏は、なかなか大変ではありましたが

今月分を無事に終えられてほっとしています。

来月は早くも12月、クリスマススペシャル☆だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

ビーズのビール

金曜日、3年前に退職した会社の後輩の壮行会に参加しました。

自らの希望で、新しい環境に移るとのことです。

同じ部の人たちだけでなく、取引先の方たちも集まっての盛会。

久しぶりに会社~な雰囲気を味わってきました。

もう、1984年生まれの社員がいるんですねー。いや、驚いた。

 

美人でスラッと背が高くて、頭もよく、

それでいて気取りのない人柄で、在職中には楽しくビールも飲めました。

それに、ハンサムな旦那さんと可愛いお子さんと新しい家に住んで・・・と

ハタから見ればとても恵まれた環境のように思いましたが

いろいろと人知れぬ悩みもあったのでしょう。

 

そんな彼女に大変お世話になったという方からの手作り記念品です。

ミニチュア大好きなので、撮影させてもらいました♪

Photo

爪楊枝が

竹串に見える!?

 

 

 

いつか振り返ったとき、今回の決断が正しかったと思えるよう、

これからのご活躍を静かーーに見守りたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

はためく国旗から~3日がかりの撮影~

いやーーーー、今回の撮影は大変でした。

暗いわ、でヒラヒラヒラヒラはためくは・・・で

さすがにあきらめかけましたが、だんだん意地になってきて

ついに3日目、旗の撮影に成功しました。

 

今回は、こちらです。

行ったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

Img_5674  

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒント:

ピカソの生まれた国

パエリア

・闘牛

・フラメンコ

・サクラダ・ファミリア

・サッカー

他にもいろいろいろいろ・・・。

 

答えはスペイン。

正式国名を知ったのは今回が初めてですが、スペイン王国というのですね。

国王と王妃陛下が来日中とのことです。

 

スペインは、一度行ってみたい国のひとつです。

せっかくなので、スペイン語のトレーニングをしてから行かなくちゃ。p(^-^)q

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

メタボ健診と電子カルテ

先週、毎年受けている区の健診を受けました。

今までの成人健診に代わり、メタボリック・シンドロームに着目した健診とのことで

内容が変更(というより縮小)されていました。

 

身長、体重を測ると、BMIという数値を合わせて教えられます。

メジャーで腹囲も測定されましたよ~。

まるで服を買う時のような気分です。

血圧は、採血の準備をする中であっという間に測定終了。

 

健診の主旨の通り、病気を見つけるというよりは、

測定数値が、ある基準に収まっているかどうかをチェックする感じです。

 

そして、健診のハイライト、胸部X線心電図!と思ったら

その2項目はなくなり、医師の問診&聴診器とのことでした。

 

がくっと拍子抜けしたところで、問診を受けながら

先生のパソコンのディスプレイを少々意地悪く、チラ見。

 

「まったく!昨年もそうだったが、どうして個人情報の載った電子カルテ

ディスプレイ一杯に映し出しておくかね!」

と、憤慨しながら名前の欄を見ると・・・。

 

のび のび太

 

うううう、ダミーの画面だったのか!

でも、どうせ書くなら、”野比 のび太”が正しいのではないでしょうか?

むしろ、ベタな ”軽手 花子”の方がよいのではないでしょうか?

 

そんなことが頭をかけめぐり、

ふき出せばディスプレイを見たのがバレるため、

を止めて笑いをこらえていたら、

「はい、ゆーーっくり息をはいてください」

と、ヒンヤリする聴診器を当てられました。

しかも、親切でとても丁寧な先生でした・・・。

 

ああああ、ツラかった。

 

コホン。(←咳の音)

γ-GTPやコレステロール関連の数値は、後日送られてくるそうです。

また、今年の健診を踏まえ、

来年は、電子カルテの内容をのぞかないようにしたいと思います。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

薬を買った話

日曜日の夕方、ようこ夫とこんな会話を交わしました。

注意深く読んで、妙な具合を笑ってくださいね。

 

「これから近所に買い物に行ってくる」

「じゃあ、バファリン(頭痛、痛み止めの薬)の顆粒を買ってきて」

 

「えーー、家に錠剤があるからそれでいいんじゃないの?」

「それだと持ち歩けないから、一回分ずつに入った顆粒がいい」

「え?でも、バファリンの錠剤は、プラスチックのに一錠ずつ入っていて

飲む時に指で押し出す入れ物に入っているよ???」

「ううん、ティッシュに包めば持ち歩けるけど、袋の顆粒がいいっ」

 

なんだか納得できないまま、薬局でおそるおそる、

「あのーー、顆粒のバファリンがあるそうなのですが、置いていますか?」

「はい、ございますよ」

あら、本当に顆粒版もあるのか!

 

シトラス風味の顆粒バファリンを購入。

 

帰宅し、ようこ夫に

「はい、これが頼まれたバファリン」

と、差し出すと

ふーん、こういうのもあるんだ」

 

へ????

そちらが頼んだのでは????

 

「顆粒のバファリンっていうから買ってきたんだけど」

「あ”、パブロン(風邪薬)の間違いだった!」

 

家の薬箱を見たら、たしかにパブロンはビンの中に

錠剤がそのまま入っている・・・。

 

同じハ行で、”ン”がつくから間違えた、とさんざん言い訳をし、

お詫びにブログネタに使っていいそうなので、書きました。

 

Seikai_2

こういう形状

 

 

 

 

 

いつも読んでくださっている、ようこ夫のお友達さん、

よかったら、なんか言ってやってください~!(^^ゞ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

パリで紹介された東京のレストランへ

9月下旬に訪れたパリのフレンチレストラン、L'EPI DUPIN にて

日本語堪能なスタッフに、東京の京橋にあるレストランを紹介されました。

 

L'EPI DUPINで働いた、初めての日本人が開いたレストランとのことで、

これはすぐに行かねば!とばかりに、

L'EPI DUPIN情報を教えてくれた後輩きりちゃんともう一人の旅好きな後輩、

ようこ夫と私の4名で集まった次第です。

全員、L'EPI DUPIN経験者というわけです。

 

東京メトロ 京橋駅Img_5640

4番出口出てスグ

La Bonne Nouvelle

 

 

 

 

 

 

カウンター席に4人が横一列に座り、厨房のシェフとお話ししながらの食事会。

メニューはおまかせコースで、新鮮な野菜と築地で仕入れた魚を中心に、

フレンチ風という枠にはこだわらず、和の良さも取り入れたものでした。

 

むらさき芋やかぼちゃのスープで体を温めた後、

こういった料理に舌鼓をうちました。

料理名は、勝手ながら私がつけたものです。(^^ゞ

Img_5644

バショウカジキ

わさびをつけて。

 

 

 

 

 

 

Img_5646

エゾシカの
和風ステーキ

しいたけ、レンコン、
さつまいもの、
オーブン焼き

秋の果物

 

 

 

エゾシカは初めてでした。

牛ヒレ肉のようなやわらかさで、何枚でも食べられそうな気がしました。

 

気分はピーターラビット!?Img_5648

にんじん、甘長の下に

グラタンがかくれんぼ。

ウニを薬味風に。

 

 

 

 

Img_5649

新鮮さかなの
カルパッチョ

真ん中は銚子名物金目鯛

 

 

 

 

 

Img_5652

シメのブイヤベース

 

 

 

 

 

 

 

野菜や魚の素材の良さはもちろんですが、

あちこちに登場する刻みねぎが、和のテイストを醸し出し、

また、キノコのうまみが凝縮されていて感激。

 

カウンター席の魔術とでもいいましょうか。

気心知れた家に行って、食事をしているような気がしてきました。

 

そんな中、海外旅行でのハプニングの話や

シェフのパリ時代の話などをしていたら、時計は23時を回っている・・・!

 

ワイン代を入れると、豪遊してしまった感じもするけれど

パリで知ったお店に行かれてよかったです。

また、季節が変わるころに訪ねてみたい一軒となりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

よくカラオケに行ったあの頃

あの大ヒットメーカーが詐欺容疑で逮捕、という残念なニュースを聞き、

全盛期の頃を久しぶりに思い出してみました。

 

ヒット曲がたくさん出たのが、ちょうど私が社会に出てから

結婚するまでの数年間だったようです。

 

自由に使える少しばかりのお金と、夢と希望に満ちあふれたあの頃、

食事の支度の心配もなく、毎日のように先輩方と

飲み会カラオケ なんていう生活を送っていたものです。

 

trfの『BOY MEETS GIRL』はキラキラとエネルギッシュだったし、

華原朋美の『I BELIEVE』、『Hate tell a lie』などは、

攻撃的な勢いがあって好きでしたねぇ。

このときは、「ウソをつくのは嫌い」って言っていたのに・・・。 

 

それにしても・・・。

たくさんのいい曲たちをこれから公の場で聴くのは難しくなるのでしょう。

 

そういえば、9月に飛行機の中で流れていた『ドリームラッシュ』(宮沢りえ)。

”らしい”メロディーラインが懐かしく、

声量のある人がカバーしたのを聴きたいなーと

空の上で思ったのが最後になってしまったようです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

朝食レポート 2008年10月中旬~下旬分

食べ物のおいしい秋。恵みの秋。

もう11月に入り、の気配もただよいつつあります。

では、10月中旬~下旬分の朝食をアップします。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●10/14(火)

月曜日は体育の日でした。

火曜日は体調不良のため、一日静養。

超遅い朝食は、ぶどう(ピオーネ)3粒・・・。

 

●10/15(水)

一日で復活。しごと。

朝食作りは、健康のバロメ ーターという気がしました。

Img_5520

ほうれん草と豚肉の炒めもの*

自家製きゅうりのぬか漬け

けんちん汁

ご飯

柿、ピオーネ*

緑茶

 

炒めものは前に作ったもの。

しょうがの味がしみて、煮物のような味わい・・・。

けんちん汁の具は、にんじん、ごぼう、しいたけ、油揚げなど。

善光寺の七味をかけたら、美味度アップ!

 

●10/16(木)

しごと。

Img_5522_2秋鮭、ブロッコリー、
まいたけの蒸し物

あさり、豆腐のみそ汁

ご飯

プチトマト、ピオーネ

緑茶

 

 

せいろで秋鮭と野菜を順番に蒸しました。

鮭には、塩と酒をふりかけて、くさみが出ないようにしました。   

果物がおいしい季節です。

 

●10/20(月)

ドイツ語教室。

Img_5564

サバの塩焼き

すだち、ブロッコリー

なすとねぎのみそ汁

ご飯

巨峰、ヨーグルト

加賀棒茶

 

旬の真サバをデパ地下で購入。

久しぶりになすをみそ汁の具にしたところ、いい風味。

 

●10/21(火)

しごと。

Img_5569

ちりめんじゃこにぎり、海苔

プチトマト

自家製小茄子の浅漬け

きんぴらごぼう*

なめこ、豆腐、ねぎのみそ汁

巨峰&ハニー、ヨーグルト

加賀棒茶

 

新丸ビルの地下で買ったちりめんじゃこをおにぎりの具にしました。

小茄子の浅漬けは、みょうばん+しょうが+塩+水を入れた

ガラス容器に、重石をして作ってみました。

きんぴらごぼうも自家製ですが、唐辛子が予想以上に効いて

朝から顔が真っ赤に・・・。>_<

 

●10/22(水)

しごと。

Img_55722

春菊、豚肉としいたけの
ポン酢炒め

きんぴらごぼう

プチトマト

巨峰

しじみのみそ汁

ご飯

加賀棒茶

 

春菊とポン酢はよく合います。(^-^)

きんぴらごぼうにゴマをかけたら、辛さが和らぎました。

 

●10/23(木)

しごと。

Img_5577

秋鮭のすだち風味焼き

きんぴらごぼう

納豆

じゃがいも、わかめ、
ねぎのみそ汁

ご飯

巨峰、ヨーグルト

加賀棒茶

 

秋鮭を前日のうちに、しょうゆ、みりん、酒、すだちに漬けておき

当日の朝、焼きました。

朝焼いたものを夜食べたら、味がしみこんでいておいしかったので

前日夜に焼いて、当日朝に温めた方がよいかもしれません。

 

●10/27(火)

ドイツ語教室。

朝方、とても寒くてブルブル

Img_5580寄せ鍋

すだち

ご飯

みかん、ヨーグルト

加賀棒茶

 

 

生のたらが手に入ったので、寄せ鍋仕立てにしました。

(朝起きて、普通の鍋に春菊、にんじん、豆腐、しめじ、生たらを入れた)

やわらかく煮えたにんじんで温まります。ポン酢味で。

 

●10/28(火)

今週は仕事休みのため、多少朝の時間に余裕があります。

Img_5582_2

さけのホイル焼き

小茄子と豆腐のみそ汁

ご飯

巨峰(ホイルの右端)

緑茶

 

 

寄せ鍋と同じような食材の朝食です。(^^ゞ

デパ地下のいつもの魚屋さんで秋鮭を買い、ホイルで蒸し焼きにしました。

オリーブオイル(こびりつき防止?)も少しかけるのですが、

油の風味はなく、ふっくらとした仕上がり。

 

●10/29(水)

仕事休み。

Img_5586

玉子焼き(by 田田)

春菊のごま和え

トマト(ハーブソルトがけ)

じゃこ納豆

玉ねぎ、わかめ、
しいたけのみそ汁

ご飯

みかん、ヨーグルト

加賀棒茶

前日、インフルエンザ予防接種のため出かけ、渋谷に寄り道。

Afternoon Teaで、念願の3連皿(?)を購入しました。

玉子焼きは、渋谷東急で売っている田田のものです。

代官山におにぎりのお店を出していて、

その近くで働いていた頃、かなり頻繁に食べに行っていました。

 

●10/30(木)

ピアノボランティア。

朝からしっかりエネルギーを補充するぞー!

Img_5611

鶏肉のトマト煮

ご飯

みかん

緑茶

 

 

 

ALESSIのキッチン用具を使って調理したトマト煮です。

一日置いたら、まろやかな味になっていました。

少量ですが、にんにくを使っているため、MINTIAを食べて一日の行動開始っ!

 

この朝食レポートは、その日のうちに献立と感想を書いて保存しておき、

ブログにアップする直前に、などを行っています。

それなりに稼動はかかりますが、楽しんで編集しています。

 

11月は、野菜をたくさん食べたいなーと思います。(^v^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

わんこの楽譜屋さん

三連休を利用して、我が家のわんこが

楽譜屋さんを始めたそうなので、様子を見に行ってきました。

 

Img_5614おやおや、

ハタキ

かけている

 

 

   

 

「こんにちはー、楽譜を見せてくださいな」

 

Img_5618

クラシック

棚だワン

 

 

 

 

「グレーの箱は何ですか?」

 Img_5623 

”ピアノピース”

という、

一曲ずつの

バラ売りだワン

 

 

左より、凱旋行進曲(ヴェルディ)、スケーター・ワルツ(ワルトトイフェル)、
亜麻色の髪の乙女(ドビュッシー)、アンネン・ポルカ(ヨハン・シュトラウス)

 

「真ん中の棚を見せてください」

 

Img_5617

映画音楽、

ヒーリング、

ラテン、

ディズニー、

J-POPなどだワン

 

 

本物の楽譜屋さんで、並べ方を調査したんだワン。

 

「なるほど。右端はスカスカですが?」

Img_5621

もっともよく使う

楽譜たちだワン

 

 

 

 

緑のファイルには、飼い主が実際に演奏する際のプログラムや

ちょっとしたメモをはさんだりするんだワン。

 

「緑の箱の中は?」

Img_5625

演奏用に

小さくした楽譜だワン

 

 

 

 

 

楽譜の色に合わせたフォルダ

新宿の世界堂という文具や画材を扱っているお店で調達したんだワン。

わんこは字が書けないので、飼い主にラベルを作ってもらったんだワン。

ピンク色のフォルダは、唱歌の曲集の楽譜が入っていて

あかさたな・・・で分類したワン。

 

飼い主は、ここから必要なものを取り出して

あちこちに弾きに行っているみたいだワン。

 

「ふむふむ。では、本日の取材の様子をブログに載せるので

一枚、記念に撮影させていただいてよろしいですか?」

 

Img_5627

オッケー、

オッケー。

 

 

 

 

 

尚、ここに並べた楽譜は、飼い主の意向で

楽譜屋さんなのに!?非売品、貸し出し等の予定もないそうです。

あしからず、ご了承くださいませ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

『Cavatina SPECIAL~彩りのある空間~』(11/1 王子ホール)

晴れの午後、銀座四丁目王子ホール

上松(あげまつ)美香さんのアルパ・コンサートを聴きに出かけました。

王子製紙の本社にある、定員315名の落ち着いた雰囲気のホールです。

 

珍しく少し早めに着き、一服する代わりに

プログラムを眺めながら、白ワインを一杯。

7月に発売されたCD『CAVATINA』を中心とした選曲です。

私はCDを買いそびれたので、ほとんどの曲を初めて聴くことになります。

 

ステージ上には、2台のアルパ(インディアン・ハープ)が置いてありました。

ギリシャ神話に出てくるような衣装の美香さんが登場し、

一曲目を『カヴァティナ』を演奏します。

 

ところで、アルパは、ドレミファソラシドの音は出せるのですが、

半音(♯や♭)を出すためには、ちょっと工夫しなければなりません。

私が知っているのは、ジャベという指輪みたいな物を

アルパの弦に押し当てて、調節する方法です。

 

この日の演奏では、そういうアルパも使いましたが

弦の上部にレバーがあり、レバーの上げ下げで

半音を出すアルパも使われました。

 

説明が長くなりましたが、一曲目はレバーのアルパでした。

ジャベだと、その音を演奏する際に弦を押さえるのに対し、

レバーは、演奏を中断することなく、最適なタイミングで

レバーを動かし、また戻すという、計算された動きが必要なようでした。

 

そのあたりにも注目しつつ、2部構成の前半は全曲ソロを聴きました。

ギターの名曲からの選曲だそうで、いつものラテンのノリというよりは

しっとりと聴かせる感じです。

 

生で聴けてうれしかったのは『ティアーズ・イン・ヘブン』

ジムで運動を始めた頃、アロマのクラスで使われていた曲で

体を動かすのって面白いなーと思えたものでした。

 

休憩時間には、ウィスキーが充実しているドリンクコーナーで

山崎の水割りを注文。

後半のラテンのノリに備えます。

 

後半は、白いウエディングドレスのようなパラグアイの民族衣装に

髪に白い花をつけた美香さんが現れ、

東レのCM曲『空想散歩道』のソロで始まりました。

 

続いて、ご主人でもあるギタリスト藤間仁さんとの共演で

『コーヒー・ルンバ』などを演奏。

『馬追いの少年』も熟成されていたよかったな~。

MCを含めて二人のステージでは、リラックスした美香さんでした。

 

これから3週間、アルパフェスティバルのため

30時間かけてパラグアイに行くそうです。

 

アンコール曲は、『カレータ・グイ』(牛舎の下)。

牛舎の下で牛がモーモー鳴く様子を表現するアルパが面白い、

初期のCDに収められている曲です。

 

帰りのサイン会で『CAVATINA』にサインをもらって

銀座の午後のひとときはおひらきに。

 

また、ゆっくりと熟成させたギターの名曲を

アルパで聴くのを楽しみにしています。(^-^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »