« パリ旅行記:5日目その4(ルーヴル、来々軒) | トップページ | 朝食レポート 2008年9月下旬~10月上旬分 »

2008年10月11日 (土)

パリ旅行記:6日目&7日目(最後の観光)

一週間ほどの旅を書き始めたら、とても長くなりました。

そんな旅行記もついに最終回です。

 

夜の便で帰国するため、午後3時までは自由時間です。

どこをめぐるかを考えるため、スタバ in Paris で休憩。

Img_5458

長居OKそうな

ふかふかの

ソファでした。

 

 

 

 

フランス語で、カフェラテ(カフェオレだったかな?)を2つ注文し、

アイスかホットか聞かれる可能性があったので

「しょー」(ホット)と先に言ったら、ホットが2つ出てきてホッ。

 

長居出来ない夫婦は、すぐに昼食の店を探す・・・つもりが、

なんと、ようこ夫は探す意思がなく、

2日目のリゾットを食べたレストランに入り、

私がおいしそうに食べていたリゾットを注文しました。

 

「・・・もしかすると、最終日にハズレを引きたくなかった?」

と問うと、力強くうなずいていました・・・。

 

私は2日目に食べられなかったボロネーゼです。

Img_5460 

 

 

 

 

 

 

麺は、少々ゆですぎ感はありましたが、

じっくりと煮詰められたミートソースは、パリ最後の食事のよい思い出です。

 

こんな出来事がありました。

地元の人でいっぱいのお店には、バイトらしき女の子たちが何人かいて

外国人の私たちがお店に入ろうとすると、

英語できない、どうしよう・・・」

と、かなり引き気味。

 

会計を頼む際、おそるおそる席に来たバイトさんに

「らでぃしおん、すぃるぶぷれ」(お会計お願いします)

と言うと

「あ!らでぃすぃーーん!」

と、つぶやいていたので

「せてとれぼん、めるすぃーぼーくー」(おいしかったです、ありがとう)

と続けると、緊張していた顔が、満面の笑みとなりました。

 

わおーーーーーん。

アクセントの位置が違っていたのに、今まで誰も指摘してくれなかった~~。

 

めげてはいる時間はありません。

最後に、コンコルド広場に行き、もう一度エッフェル塔を眺めました。

Img_5463

オランジュリー

美術館前で

みかんドロップ

 

 

 

 

 

いつも旅行には、ノドを潤すためのアメを持参します。

今回は、いただきものの静岡の三ケ日みかんドロップとともにパリを旅しました。

ごちそうさまでした!

 

集合時間まで多少時間があったので、ジェラート屋さんに入りました。

(何をしてよいか分からないので、休憩多め(^^ゞ)

 

1種類のジェラートが入ったカップ(2.5ユーロ)を2つ、フランス語で注文。

2種類のジェラートが入ったカップが1つ出てきたらどうしようと思いましたが、

希望通りの物が出たので、通じたのでしょう。

 

2つで5ユーロになるため、通じたうれしさもあって

「サンク」(thankではありません。数字の5)

と、ユーロを出すと

「サンク」

という、やり取りが成立しました。

旅の終わりの時点で、1から6までの数字が言えるようになりました。

 

こうした盛りだくさんの思い出をのせ、

シャルル・ド・ゴール空港から成田空港へと出発です。

機内では、ほぼテトリス→上海II→『メリーアン』のローテーションで過ごしました。

 

---

今、こうして振り返ると、たくさんの体験が思い浮かびます。

風格ある歴史的な建物、緑豊かなのような風景、

教科書で見たことのある、本物の美術品の数々。

便利な交通機関、バラエティ豊かなレストラン事情。

アカ抜けた雑貨や香りの品々。

今回の旅でも味方してくれた空模様

 

そして、一番うれしかったのは、

フランス語を話そうとする気持ちをすごく大事にしてもらえたことです。

分からなくても、ジェスチャーや紙に数字を書いたりして

話す人にをかかせないように思いやってくれる場面も何度かありました。

 

また、今回の旅行に際しては、パリのリピーターの方々に

事前にたくさんの情報をいただいたことで、

短時間で良い場所を周ることができました。

この場を借りて、お礼申し上げます。

 

そして、長い長い旅行記を辛抱強く読んでくださった皆様、

コメントをつけて応援してくださった皆様、

本当にありがとうございました。

私にとっても、よい旅の記念となるでしょう。

 

それでは、またいつかよい旅ができますように。

Merci beaucoup.(どうもありがとう)

 

参考にした本:フランス語会話→ナツメ社『フランス語旅行会話集 これだけで大丈夫!!』
         観光情報→ダイヤモンド社『地球の歩き方'07~'08 パリ&近郊の街』

|

« パリ旅行記:5日目その4(ルーヴル、来々軒) | トップページ | 朝食レポート 2008年9月下旬~10月上旬分 »

コメント

あら、パリ旅行記終わってしまうのねー、ちょっと寂しいわweep
数えてみたところ、この旅行記は12回シリーズということかな?
パリ大好きのワタクシにとってはようこさんがこんなにたくさんの
パリを楽しまれたことが嬉しいですlovely
現地の方とも交流できて有意義でしたねー。

こうして旅行記bookを書いてpencil残しておくと、自分が旅行先でどんなことをしたか
後々見てもよく分かるし、写真cameraと照らし合わせたりも出来るし、
帰国後も楽しい思い出にひたることができていいなーと思います。

フランスはパリの他にも、北部のノルマンディ地方や南部
(いわゆる南仏)のコートダジュール、プロヴァンス地方、
エルメスのケリーバッグでお馴染みのグレースケリーが王妃だった
モナコ公国…と見どころはまだたくさんあります。
機会があれば是非行ってみてくださーい。
楽しい旅行記をどうもありがとうhappy01

投稿: マダム くらーげ | 2008年10月11日 (土) 02:21

旅行記,よませていただきました.
オルセー美術館やルーブル美術館に行かれたのですね! 本場の美術館めぐりはあこがれなのですが,現地で実物を観ることができたのは格別だったのではないかと思いました.

投稿: sunday driver | 2008年10月11日 (土) 18:32

>くらげちゃん
ぼんそわーる、マダム くらーげ。
いつも我がことのように全12回の旅行記を
読んでくださっていたのではないかと思います。
旅好きのくらげちゃんには、どこに旅行するかを相談したのをはじめ、
たくさんのパリ情報を教えてもらえたおかげでよい旅となりました。

また、くらげちゃんに見せていただいた写真と同じ風景を
実際に目にしたときには、やはり感慨深いものがありました。

まだまだ見どころたくさんのフランス、次に行くときには
少しフランス語も覚えてみたいなーと思いました。(^^)
どうもありがとうございました。

>sunday driverさん
旅行記を書きながら、美術館に恵まれているパリを
sunday driverさんにおすすめしたくなりました。

日本でもパリの美術館所蔵の絵を観ることは可能ですが
本場に行ってみると、美術館の建物や中の雰囲気、アクセスのよさなど
複合的に美術を取り巻く環境を感じ取ることができました。

それから、写真も撮りがいのある街でした!
カメラを持って、いつかお出かけできるとよいですね。

投稿: ようこ | 2008年10月12日 (日) 00:05

今回の旅行記も、とっても楽しかったですよhappy01
限られた時間の中、これだけ多くの場所に行かれて
ようこちゃんご夫妻は、本当に旅上手だなって
思いました。
 
ボロネーゼも、最後に召し上がることができて
よかったねぇrestaurant
言葉を、がんばって話そうとする気持ちを
現地の方々に、大事にしてもらえるのって、
すごく、うれしいよね~flair
バイトさんの、ホッとされた表情が目に浮かぶわ(笑)

投稿: うさちゃん | 2008年10月13日 (月) 11:26

>うさちゃん
旅行記airplaneを今年も楽しんでいただけてよかったです!
今回は、美術館の開館日がポイントだったので、
旅の最中にも何度も計画を練り直しました。

パリのゆったりとした接客に慣れると、
日本の接客をすごくせっかちに感じるよ。(笑)
ボロネーゼとともに、若いバイトさんの笑顔が心に残っています。

投稿: ようこ | 2008年10月14日 (火) 21:02

そうそう、パリってラテン系ですよね。
その時その時を大事にする、といえば良いんでしょうか。
日ごろせっかちが当り前で行動してるので
あのノリは慣れないと着いていけないと思ったものでした。
ドイツとも若干感覚が違うような気がしたけどどうでしょう?

最終日にハズレを引きたくなかったという所に
ダンナ様の深い深いこだわりを感じます。
度の締め括りはやっぱり美味しいもの、美しいもので〆て
良い思い出がたくさん残るようにしたいですもんね。
また来年の夏休みにも思い出深い旅行ができますように!

投稿: lilac | 2008年10月15日 (水) 12:54

>lilacさん
パリに行く前には、もっとツンとした人々なのかと思いましたが
lilacさんおっしゃるように、その時その時を大事にしている印象を
私も受けました。

ドイツはきっちりしている感じがしましたね~。
例えば、私の数少ない経験からすると、
その国の言葉で話しかけて、こちらが分からなくなると
ドイツ人は、ドイツ語でもっと説明しようとし、
フランス人は、ジェスチャーや筆談で意思疎通しようとするといった感じでしょうか。

ようこ夫の用心深さにはズッコケそうでした。(笑)
ありがとうございます。
来年もどこか旅行できたらいいな、と思います。

投稿: ようこ | 2008年10月15日 (水) 21:27

パリ旅行記、楽しかったですhappy01
私も昨年に2度目のパリを堪能していたので、懐かしくなって自分の日記を読み返してしまいました。
私はパリ日記の完成が年末ギリギリになってしまいましたが、さすがは…ようこさん。きれいな写真もきちんとUPしながら、文章もばっちり~shine見習わなければ…
旅行する人によって様々な表情を見せてくれるパリ。
フランス語を話そうと頑張る外国人に優しい街ですよね。
ああ…ようこさんの日記で、また行きたくなってしまいました~lovely

投稿: かるめん | 2008年10月17日 (金) 03:38

>かるめんさん
ご愛読ありがとうございます!shine
私もかるめんさんの日記を一気読みさせていただきました。
旅行記執筆を中断してしまうと、復活させるのが大変なので
とにかく書き続けました。(笑)
言葉も美術も楽しめるパリ、いつかシテ島をゆっくり観光したいと思います。

投稿: ようこ | 2008年10月18日 (土) 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/42748372

この記事へのトラックバック一覧です: パリ旅行記:6日目&7日目(最後の観光):

« パリ旅行記:5日目その4(ルーヴル、来々軒) | トップページ | 朝食レポート 2008年9月下旬~10月上旬分 »