« 朝食レポート 2008年8月下旬~9月中旬分 | トップページ | Making of エクササイズバリエーション »

2008年9月13日 (土)

十五夜前日の『うさぎ』

3連休初日、いかがお過ごしでしょうか?

私は今日、毎月行っているところで一時間余りのピアノ演奏でした。

 

9月というのは、一年の中でも演奏会の選曲が難しい月で、

秋の曲を並べると、まだ気候がビミョーに暑かったり、

夏の曲を入れると、”過ぎ去った感”が浮き上がったり・・・。

 

そういう時は、大安や仏滅が印刷されているカレンダーを見て

季節の行事をチェックします。

 

おぉ!9月14日は十五夜ではありませんか!

まずは、実際に月の大きさをチェックしに外へ。

 

うさぎがをついている様子を確認したら、

月にまつわる曲の楽譜をかき集めます。

しかし、曲順を検討するも、”月”だけだと、少々しつこくなります。

 

結局、かなり長時間悩んで、月にまつわるこういった曲を演奏しました。

・うさぎ(♪うーさぎ うーさぎー なにみて はねるー)

・十五夜お月さん(野口雨情作詞のちょっと悲しい曲)

・宵待草(千葉の犬吠埼近くが舞台の悲しげな歌、”月はみえない”と歌われている)

・サンタ・ルチア(ナポリ湾に浮かんだ舟から空を見上げて明るくゆったりと)

・ムーン・リバー(映画音楽。ストリングスの音色で)

月に対するお国柄みたいなのが見えて、興味深かったりもします。

 

これにホルストの『木星』をオルガンの音色で

星の大きな感じをボワーーーッと表現したりして

本日のプログラムを無事に終えました。

 

次回は10月なので、またいろいろ見聞きして

選曲のを増やそうと思っているところです。(^-^)

|

« 朝食レポート 2008年8月下旬~9月中旬分 | トップページ | Making of エクササイズバリエーション »

コメント

月、がキーワードの演奏会だったんですね。
十五夜も近いし、この時期らしくてよい選曲だと思います。
でも宵町草って知らないです。 聞いたら分かるかしら?
いろんな曲を聞き込むことも、演奏会のための勉強になってますね。

十五夜に近い月の観察、という宿題を昨夜息子がやってました。
先生もナイスなタイミングで粋な宿題を出すものだな、と感心してました♪

投稿: lilac | 2008年9月14日 (日) 10:26

>lilacさん
『宵待草』、もともと知らなかったのですが
犬吠埼に旅行した際に知りました。
高齢者の前で弾くと、とても懐かしがられる曲です。

息子さんの宿題、とてもよいテーマですね!
空を見たりする心のゆとりみたいなものを大事にしたいと私も思います。

投稿: ようこ | 2008年9月15日 (月) 01:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/42464087

この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜前日の『うさぎ』:

« 朝食レポート 2008年8月下旬~9月中旬分 | トップページ | Making of エクササイズバリエーション »