« ガス料金 | トップページ | いわき帰省日記 »

2008年8月14日 (木)

中華料理店にて

水曜日、いつもに増してムシムシと暑い中、

毎月出かける場所での今月分のピアノ演奏会でした。

 

夜はようこ夫がいつもより早く帰宅したため、

近所の中華料理店で外食です。イエーイ!

おいしい割に、いつもはとても空いていますが

この日は多少にぎわっていました。

 

日本語ペラペラな上海出身のお店のおねえさんと雑談したり、

二人で一日の出来事を話したりしながら

くらげをつまんだりしていると、チラチラと耳に入るドイツ語

 

ドイツ人2人が話をしているのだと思い、

勢いづけにビールをジョッキ2杯空けたところで

お店のおねえさんに

「あのーー、あちらのお客さんはドイツの方ですか?」

と聞いたら、なんと取り次いでもらうことができました。

 

呼ばれて私がそのテーブルに行くと、驚いたことに一人は日本人でした。

(ドイツ語が上手だったので、日本人とは思わなかった)

 

簡単に日本語でことわりを入れて、いよいよ会話開始!

お互い「こんばんは(Guten Abend)」と挨拶すると、

「お元気(調子はどう)ですか?(Wie geht es Ihnen?)」と、とてもきれいな発音で

ドイツ語の授業の冒頭で必ず先生が質問するフレーズが出てきたので

すかさず授業で習った通りに

「ありがとう。元気です(Danke, gut)」

 

私が東京でドイツ語を2年半習っていることを説明し、

ドイツ人に「ドイツから来たのですか?」と聞いたところ、

Koeln(ケルン)出身とのこと。

日本語では”ケルン”と発音しますが、ドイツ語は”コルン”に近く聞こえます。

 

さあ、こうなったらいつも習っているフレーズを使わなくては!

「私はケルンに行ったことがあります。(Ich war schon mal in Koeln.)」

 

他にも、ほとんどが聞かれたことに答える形になりましたが、

なんとか数分は会話を続けることができました。

取り次いでくれたおねえさんは、横で驚きのあまり固まっていた・・・。

 

会話の最後にお礼を言うと、ドイツ人が日本語で

「ガンバッテクダサイ」と言ってくれました。(^^)

 

実際に話してみて、なぜドイツ語教室で

毎回同じフレーズを口に出す練習をするのか、分かる気がしました。

ドイツ語の先生にもぜひ報告したいです。

そして、「お食事中、失礼いたします」という言い方を教えてもらおう。

 

以上、短い夏休み前のうれしい出来事のレポートでした。

|

« ガス料金 | トップページ | いわき帰省日記 »

コメント

すごい!度胸の塊ですね。
「ドイツの居酒屋で会話」が「日本の中華料理店」に変わっただけで
あとはようこさんの目標に近いではないですか!
こうして実践が1度でもできると月曜日のドイツ語にも
力が入るものでしょうね。
取り次いだお姉さんでなくても固まってしまいますよ~~~。
何者だと思われたんでしょうね。
とても格好良かったんだろうな、と想像がつきます。

投稿: lilac | 2008年8月15日 (金) 23:53

>lilacさん
帰省前にあわてて記事をアップしたので、書き忘れましたが
>>「ドイツの居酒屋で会話」が「日本の中華料理店」に変わっただけで
まさに、そんな感じでした。(ツボを分かってくださってありがとうございます)

留学などではなく、日本でドイツ語を習っていると伝えると、すごく驚いていました。
ドイツ語を実践する機会がほとんど無いのが残念だったので
これでしばらくガンバレそうです。(笑)

投稿: ようこ | 2008年8月17日 (日) 00:52

ようこちゃんの実力を発揮する
絶好の機会に恵まれてよかったねheart04
明日、ドイツ語の先生に報告するのかな?
どんな反応をされるか、私も楽しみです。

投稿: うさちゃん | 2008年8月17日 (日) 23:11

>うさちゃん
飛行機に乗ることなく(笑)、
ドイツ語を話す機会があってうれしかったです。
無事にドイツ語の予習が終わったらsweat01
ぜひとも先生に報告したいです。

投稿: ようこ | 2008年8月18日 (月) 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/42161521

この記事へのトラックバック一覧です: 中華料理店にて:

« ガス料金 | トップページ | いわき帰省日記 »