« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

人と会って話すのが好き

水曜日の夜、新宿駅東口のくらわんかで3人の飲みでした。

私が入社してすぐ、仕事のやり方やら何から何まで教えてくれた方たちで

三十○歳になった今も、頭が上がりません。(^^ゞ

 

一杯目は必ず日本酒、という上司は相変わらず若々しく、

元気のおすそわけをしてもらった気分です。

直接仕事の面倒をみてくれた方は、たばこというイメージがあって

十数年経っても、周囲を気遣う喫煙姿がかっこいいのでした。*^^*

 

十数年経っても、日本酒好きな飲酒姿の私は

何を食べてもおいしい料理に舌鼓をうちながら

たくさんの楽しい話ができました。

さんまの刺身、ゴーヤーチャンプルーなどなど・・・。

 

そして、新入社員当時、環境、仕事内容ともに

本当に楽しく仕事をさせてもらえたのを思い出しました。

 

こういう機会があると、働く意欲がわくってもんです。

(しばらく仕事は夏休みモードですが)

おいしいものを食べると、料理するモチベーションにもつながるし・・・と

飲み会の意義!?を再確認し、日付が変わる寸前に帰宅したのでした。

 

会えるうちに、また会いましょう。(^-^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

末広亭に行きました

最近の行動半径は新宿ばかりですが

今日も新宿三丁目駅あたりへ。

 

まずは、副都心線開通を記念した

新宿三丁目駅のモザイク"Tea Party"です。

横長なので、2分割して撮影しました。(一部重複しています)

Img_4982_4

右寄りの

サンドイッチに

注目しました。

 

 

 

 

Img_4983_5 

 

 

 

 

 

 

Img_4985

サンドイッチのアップ

レタス

はさまっているのかな?

 

 

 

 

続いて、駅近くの新宿末広亭のへ急ぎます。

三遊亭遊史郎師匠が七月下席に出演中です。

Img_4990

和の心

 

 

 

 

 

 

Img_4992

のぼりも出ています

 

 

 

 

 

 

 

 

末広亭の中の空調が実に適温で、快適、快適。

私の隣のおじいさんは、笑いのツボが合うらしく!?

まったく同じタイミングで笑っていました。

 

遊史郎師匠は、『やかん』。

物知りをアピールしたい人が、物の名前の由来

無理矢理こじつけて説明する、子供にも分かりやすい噺です。

 

バイオリン漫談のマグナム小林さん。

もう3回目になりますが、バイオリンで身の回りの音を再現したりして

何度見ても面白いです。

 

滝川鯉昇師匠の『犬の眼』。

眼を患った患者さんが、医者に眼を取り外してもらい

薬で洗ってもらって乾かしているうちに、犬に食べられてしまい・・・。

少々コワくて気持ち悪い噺になってしまうこともあるのですが

トボケた仕草と話しぶりに、リラックスした笑いが起こりました。

 

さらに数名が出演し、代演の桂平治師匠のところまで聴きました。

うねる波のようなメリハリと、ポイントポイントで笑いどころがあり、

タイトルを忘れてしまいましたが、大笑いしてすっきりです。

 

というわけで、本日の避暑は終了~~。

きれいな物を見たり、大笑いしたりして、心がおだやかになりました。(^-^)

 

------------- 
三遊亭遊史郎&YO-KOの「楽ぴー」 落語とピアノの会

  @東京モダンホール  江東区東陽3-17-14  2階

8月30日(土)  木戸銭 ¥1500 (御飲食別途)

 「あくび指南」 「お化け長屋」 二席&ピアノ演奏   
 

18:00開店
19:30 落語とピアノ   「あくび指南」
20:00休憩
20:30 落語とピアノ   「お化け長屋」

21:00頃 終演 ~打ち上げ

飲食のご注文は、開演前、休憩、終演後に承ります。

毎回好評をいただいております。ご予約はお早めにどうぞ。

東京モダンホール http://r.gnavi.co.jp/a002200/
     03-5634-1237
ご予約は私あてmixiのメッセージ、またはお店に直接お願いいたします。

*店舗裏手にエレベーターが御座います。ご利用の方はご連絡ください。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

シードル&牛肉とピーマンの炒めもの

今日もおあつうございました。

夕食作りをサボりたくなったのですが

ピアノ教室帰りに買った、シードル(りんごのお酒)を飲みたさに

牛肉とピーマンの炒めものを作りました。

 

Img_49702

フランス

ノルマンディー地方のお酒

 

 

 

 

 

 

 

グラスに鼻を近づけると、かすかなりんごの香りがさわやか。

また、微発泡が暑さで弱っている体をいたわるようでした。(^-^)

 

Img_49652_2

ピーマンの緑が

あざやか~!

 

 

 

 

 

THE ALFEE桜井さんのおすすめメニューです♪

ピーマンっておいしいんですね。

パプリカをピーマンに代えて作りました。

 

チンジャオロースーみたいな元気の出る味で

あっという間に食べ終えてしまいました。

 

シードルのアルコール度数が4%だったので

いつもよりも飲み足りない気分ではありますが(^^ゞ

暑い日にスタミナ補給ができてよかったです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

金曜日の新宿

暑い暑い金曜日は、ジムに(涼みに?)出かけました~。

 

カラダはかなり固いながらも

裸足で運動するストレッチのクラスにも慣れ、

服装も上から下までピンク色でこーでぃねいと

ジャージのポケットにタオル、ジム用のバッグの中には

水や靴下などを入れておきました。

 

途中の水分補給の時間に、汗を拭こうと思って

バッグの中からタオルを取り出し、顔に近づけると

なぜだか、”くの字”????

 

危うく、靴下でを拭くところでした!

ポケットにタオルを入れたのを忘れてしまった・・・。(^^ゞ

 

つい、周りの目を気にして

「あらーー、間違えたーーー」

と、独り言を言いながら、タオルで冷や汗を拭きました。

 

教訓:タオルと靴下のは異なるものにしましょう。

 

Shinjuku

ジムの帰りに撮影。

ダイキンエアコンの

温度表示は36度!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

朝食レポート 2008年7月中旬分

朝食作りもすっかり習慣化し、

季節のフルーツのおいしさにも気づくようになりました。

では、7月中旬分をアップしまーす。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●7/14(月)

ドイツ語教室。

Img_4924

ビーフカレー

湯むきトマト*

赤肉メロン

ヨーグルト

紅茶

 

 

生協で注文した茨城の赤肉メロンを切りました。

前夜のビーフカレーを食べました・・・が、肉がかろうじて一切れ。(^^ゞ

トマトには、由布院の香母酢(かぼす)ドレッシングをかけました。 

 

●7/15(火)

しごと。

燃油高のため、一斉休漁日

魚大好きな私は、これからも魚を食べ続けたいです・・・。

Img_4933

あじとごぼうの煮物*

じゃことレタス

ご飯

豆腐、わかめ、
しめじのみそ汁

赤肉メロン、ヨーグルト

玄米茶 

 

前日のうちに、あじとごぼうの煮物を直火OKのお皿に入れて冷蔵庫で保存、

朝、皿ごと火にかけて温めます。

煮物は地味な色合いですが、ほぐしてご飯にのせると

いかにも和食な味わいでおいしかったです。

意外とボリュームがあり、半分を夕食用に残しました。

 

じゃことレタスは、香母酢ドレッシングで。

 

●7/16(水)

しごと。

一日中、部屋が暑いため、常温での作り置きを中止。

朝調理の量を多くしたら、フルーツとヨーグルトの準備

間に合いませんでした~。>_<

Img_4934

オクラとささ身のもろみ和え*

ネギのせ厚揚げ焼

レタス、わかめ、しめじの
鶏スープ

ご飯

玄米茶

 

 

習慣とはすごいもので、今日は一日中、

フルーツと乳製品が不足して落ち着かなかったので

温かいカフェオレを買って飲みました。

 

●7/17(木)

しごと。

Img_4939

ほぐし鮭ごはん

ゆでオクラ*

なすと厚揚げのみそ汁

ハウスみかん、ヨーグルト

玄米茶

 

 

みそ汁にゆずを絞り、さわやかに飲みました。

どれも簡単に作れるものですが、食後満足感の高い食事でした。

 

●7/22(火)

月曜日は祝日でドイツ語教室も休み。

22日は仕事。少々遠くまで出社なので、いつもより早めに家を出ました。

梅雨が明けて暑さが本格的になってきたので

朝から食べやすい!?丼物を作る方向で。

 

Img_4955

にら玉雑炊

きぬ豆腐 かいわれのせ*

もずく酢 しょうが、じゃこのせ

デラウェア

玄米茶

 

 

昆布と鰹節でだしをとり、雑炊を作りました。

にらが入ると、ラーメンを食べている気分になります。

久しぶりに食べたかいわれ大根もさわやかでおいしかったです。

 

●7/23(水)

Img_4956

鶏そぼろ丼

いんげん、しいたけのみそ汁

ハウスみかん、ヨーグルト

玄米茶

 

 

 

みそ汁は煮干しだしで作りました。

  

●7/24(木)

土用丑の日も仕事です。

夜は遅くなるだろうということで、朝からうなぎ入りのご飯を用意しました。

Img_4961

うなぎの混ぜご飯

いんげんのゴマ和え*

ゆず蜜、ヨーグルト

玄米茶

 

 

 

国産うなぎ(・・・は、あまり見えないか!)の他、

みょうが、シソ(実家の採れたて)を散らしています。

私がこの写真を撮影している間に、ようこ夫はすごい勢いで

自分の混ぜご飯を食べ終えてしまいました・・・。

 

また、6月頃から、ようこ夫の帰りが急に遅くなったため

夕食をかなり軽くし、朝食メインにするようにしたところ、

ようこ夫のズボンがゆるくなってきたとのことです。

いいなぁ、私はそんなことないのに・・・。 

 

そうそう、このレポートをやっていてうれしかったことがあります。

料理を作るのに慣れたけれど、レポートが少々面倒になった頃、

このブログを読んで、ご自分の食事を毎日記録し始めた方がいます。

お互い挫折しない程度に、これからもがんばりましょう!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

なつやすみのけいかく

連休明けは、いつもより遠いロケに出勤でした~。

 

そして、同じ会社にいる

ようこ夫の学生時代からのお友達のところに、を出しました。

突然行ったので、辞めるのかと驚いたようですが

単なるご挨拶だと分かったら、夏休みの話に。(^^)

驚かせてすみません!>_<

 

とにかく、今日は仕事先のあちこちで

はどうするんですかー?」

と聞かれました。

もしかすると、会社に夏休み取得計画を提出したりする時期なのでしょうかねぇ。

 

私は、

ピアノを延べ6ヶ所(多分)で弾く予定があったり、

ドイツ語はお盆も関係なく休みなしだったり、

仕事のシフトが決まっていなかったりして

いよいよ夏休み!という感じでもないのですが・・・。

9月後半にゆっくりできるかなぁ?

 

ついつい暦の感覚を忘れそうだったところに

こうした仕事を通して季節の風が吹いてきたようで、よかったです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

3連休あれこれ

7月19日~21日の3連休は、こまごまとした予定で過ぎていきました。

 

■7/19(土) 暑い一日

・自宅のADSLモデムの電源が入らなくなる!

 ヘビーユーザーの私が問い合わせ先に電話し、交換してもらうことに。

・夫婦でジムに出かけ、アロマリラグゼーションのレッスンを受ける。

 筋トレ&有酸素運動も少々。

・ジムの後、ほとんど行く機会のないインターネットカフェに一人で行く。

 「喫煙席と禁煙席、どちらがよいですか?」と聞かれたので

 「どちらでもよいです」と答える。(喫煙席は静かだからね)

 席について伝票を見ると”男性1名”になっていた!

 まぁたしかに、中味は多少そういうところがあるかもしれないが・・・。

・インターネットカフェの後、家に帰っても暑いので一人カラオケに行く。

 3連休で繁盛しているせいか、お店の人に「1時間ですね?」と言われて

 本当は2時間歌いたかったのを1時間でガマン!?する。

 

■7/20(日) やはり暑い一日

・世間は3連休だけれど、普通にピアノ教室に出かける。

・家にいても暑いが、ADSLモデム受け取りのために家にいて

 トラベルミステリーを読んで待つ。

 

■7/21(月) やや曇り

・暑い日が続き、洋服ダンスをひっくりかえして

 5年以上前に買ったTシャツを伸ばし気味に着る。

・普段着を買うため、新宿のユニクロに行こうと思って

 新宿三丁目駅の新しい出口で店の位置を確認していたら

 新宿末廣亭での出番を終えた遊史郎師匠にバッタリ会う。

 七月下席にご出演中です。(^-^)

・ユニクロで服、他にもコンタクトレンズ液など、まとめて買い物。

・帰宅すると、ようこ夫がインターネット環境の修復中

・すみませんが、美容院でカラーしてきまーす。

 

あちこちを求めているうちに、3日間が過ぎていきました。

費やした分は、今週稼ぐ予定・・・ということで、今週もがんばりましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

ザ・ペニンシュラ東京 ヘイフンテラスのランチ

一人ランチが長いこと続いた私、久しぶりにくらげちゃんと一緒に

日比谷にあるザ・ペニンシュラ東京ヘイフンテラスでランチしました。

いつもお店選定&予約をありがとう~。

 

お出かけする日は、早めに洗濯して干して

いよいよ日比谷方面へ!

 

ホテルの2階にあるヘイフンテラス、

店内は少しカーブを描いたようになっていて

本物の生垣がところどころに置かれていました。

高級すぎて萎縮することもなく、まさにテラスで食事する感じです。

 

ドリンクメニューを開く前に、

「紹興酒と味の似ているシェリー酒はあるかなー?」

と思っていたら、期待通り2種類出ていました。

お店の方の説明を聞き、より紹興酒らしい味わいといわれる

Amontilladoのグラスを頼みました。

 

料理の撮影はご遠慮ください、とのことだったので

今回は言葉だけで表現してみたいと思います。

記憶が頼りなので、抜けがあったらすみません。>_<

 

コース一品目の点心セットは、かわいらしいセイロに

シュウマイときのこの餃子。

焼豚や鴨のロースト、くらげなどの前菜もついています。

肉がジューシーで、肉料理に期待大!

 

二品目のスープには、ふかひれと水餃子がたっぷり。

ふかひれを最後までれんげで集めるのに苦労したほどです。

 

続いて、魚料理。

ハタという魚とホタテをセロリやしょうがなどで

さっぱりとさわやかに仕立てた一品。

グリーン系の彩りがきれいでした。

 

そして、肉料理は茶色いソースのかかった牛肉でした。

とてもやわらかく、コクのある味に思わず飲み物も進んでしまいます。

 

お酒ももっと飲みたかったのですが、

くらげちゃんが飲んでいる中国茶がおいしそうだったので

金木犀風味のプーアール茶を注文しました。

 

このお茶のサービングに思わず目がいってしまったのですが

まず一杯目、係の方が中国茶を淹れる小さな急須にお湯を入れて、

湯のみに注いでくれます。

 

湯のみがになった頃、ふたたび透明のやかんを持って

係の方がお茶を作ります。

おいしくておいしくて、おかわりを何杯飲んだか分からなくなりました。(^^ゞ

 

くらげちゃんのお茶は、急須のように使う湯のみから

コップとして使う湯のみに注いでいました。

お茶によって淹れ方があるようです。

 

さて、食事の最後はジャージャー麺でした。

辛めの味噌に、細く切った大根などがのった

手の込んだ料理、という感じがしました。

麺をつるつると胃袋におさめると、いよいよデザート。

 

プリンのように、切られていない杏仁豆腐は、濃厚な風味。

二人で「おいしいねー!」と言いました。(^^)

また食べたいなぁ。

 

ふと外を見ると、雨が降っていて

洗濯物の洗い直し決定!となってしまったのですが

おいしい食事のおかげで、頭に血がのぼることもなく・・・。

 

こちらのコースは、一品一品の量はそれほど多くありませんが

食べ終わって数時間経っても、胃が軽快な感じで

”食後感”のよい食事だったのが印象的でした。

 

本格的なお茶を飲みながら、たくさんの楽しい話をすることができて

これからの一人ランチも、何とかがんばれそうです。

どうもありがとう。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

恵比寿で和を味わう

仕事の帰り、神谷町から日比谷線に乗り、恵比寿駅に移動、

集合時間まで、駅ビルで少々時間をつぶしてからお店に行くと

すでに他の4名は飲みの練習中でした。(^^)

すぐ追いつきますぜ~。

 

かつて一緒に仕事をさせていただいたスゴ腕上司たちと

飲みっぷり食べっぷりがとても気持ちのよい後輩との集まりです。

きれいな写真入りのホームページはこちら

個室を利用しました。

 

日本酒の大好きな上司もいるので、ここぞとばかりに注文。

東京であまり見かけないお酒が置いてあり、

石川の長生舞などおいしかったです。

 

食事も、はもの湯引きや天ぷら、ノドグロの塩焼き、小芋の煮つけなど

こういう時に、おいしいものを食べて記憶して帰らねば・・・と

パクパクと食べてしまいました。

魚料理が特においしかったです。

 

そして、さらに楽しみなのが、お話。

外ではえらい方々のご家庭での話から海外旅行の話まで

いろいろ聞くことができて(私も相当しゃべりましたが)とても楽しかったです。

 

そして、日常のの中で

自分の立ち位置が分からなくなりかかったのですが

そういうのが明確になったような気がします。

 

栄養補給したので、またがんばって働くぞーー。(^^)/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

郵便局で納税、納電話料金

仕事の昼休みに、少し歩いたところにある

超一流ホテルの郵便局に出かけました。

 

手紙を出すのが一番の目的で、

あわせて私の分の住民税電話料金も支払ってしまおうという計画です。

なぜか、電話料金は口座引き落としにしていないのです。

 

住民税は、期限ギリギリに払うつもりでしたが

万一のことがあると、相続した人に納税の義務が発生することが分かり、

”備えあれば・・・”の気持ちになり、すぐに納めることにしました。

 

電話料金もコンビニで払うようなつもりで紙を出すと

グレーのペラペラの紙に名前や電話番号を記入するように言われました。

グレーの紙の名前は覚えられず!

 

しかし、払い込みの後には、ちょっとだけ楽しみが・・・。

ホテル内のアーケード(多分、庶民と2ケタぐらい違う高級な!)を通り、

クラシカルなカーペットの上をありがたーく歩くのです。

今回は、和服姿の従業員にお辞儀をされ、まことに恐縮・・・。(^^ゞ

 

暑い中、私はさらに歩き、身分相応な!?

500円の冷やしねぎうどんを食べ、仕事場に戻ったのでした~~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

どちらの扉から乗るべきか?

今週の短い通勤が始まりました。

いつも乗る電車が決まっていて、

あれこれ試した中で、比較的空いている車両を選んでいます。

 

そして、乗ってから思い出すのですが

ひがぁ~しぃ~~ おとぉ~もれぇ~~

にぃしぃ~~ けしょぉおおおお~~

なのです。

だからその周辺が空いているような気がしてならない・・・。

 

小さいごそごそした音がするのが苦手なので

西側の扉から乗ると、いつも同じ席で化粧中の女性。

化粧品の匂いと我が物顔に空間を使う雰囲気がイヤだなーと思って

東側の扉から乗ると、背の高い男性の耳元から

天上の音楽のごとくシャカシャカシャカシャカ

 

・・・といって、激混みの車両に乗り込む技量?もなく

今日は西側から乗ったから、明日はシャカシャカ側かなぁ、

などと考える夕べなのでした。(^^ゞ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

懐かしのケストナー作品

急に暑くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

私は土日のびきって、せっかく奮発して取ったチケットを

無駄にしてしまいました。

 

この日のために一生懸命練習してきた出演者のこと、

空席を作ってしまったことなどを考えると、ガーーーンという感じですが

気を取り直して新しい一週間を始めたいと思います・・・。

 

今日はドイツ語教室へ。

旅行などで数回お休みしていたクラスメートが復活し、

夏学期がスタートしました。

 

授業では、

「小さいものに -chen(ヘン)もしくは -lein(ライン)をつける」

ことを習いました。

 

例えば・・・

Tisch(机:ティッシュ)→Tischchen(小さい机:ティッシュヘン)

Buch(本:ブッフ)→Buechlein(小さい本:ビュッフライン)

といったふうに変化します。

 

そこで思い出したのが、ドイツの作家

エーリヒ・ケストナーの作品で『点子ちゃんとアントン』。

 

子供の頃、翻訳された本が家にあったのですが、

「なんでドイツの人が書いた本なのに、”子”のついた名前なんだろう?」

と不思議だったのです。

 

ドイツ語の題名は、"Puenktchen und Anton"(ピュンクトヘン ウント アントン)。

Punkt=点、それに-chenがついて、uがウムラウト変化して、

日本語としては、”ちゃん”になったと納得したのでした。

 

とても懐かしくなり、子供の頃にケストナー作品として

唯一読んだと思われる『エーミールと探偵たち』を買って帰りました。

ドイツ語を勉強している今、新たな面白さが見つかれば・・・と。(^-^)

 

Img_49292

黄:点子ちゃんとアントン

赤:飛ぶ教室

ともに映画のパンフレット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

From 北海道

ふるさとの北海道に転職した後輩が、

仕事のため久しぶりに上京するということで

もう一人の後輩と3人で集まりました。

サミットで厳戒態勢の空港からのフライトだったそうです。

 

後輩が予約してくれた一次会のお店は、

偶然にもピアノ教室メンバーでの打ち上げ御用達のところ!

 

旭川の日本酒『男山』をちびちびと飲みながら

北海道での生活のことなど、興味深く聞きました。

手羽がおいしかったので、今度また頼もう。

 

二次会は、足が自然に動いて

ピアノ教室メンバー二次会御用達のジャズの流れるお店にご案内~。

名物?サメの軟骨梅肉あえや冷やしトマトときゅうりなどを注文し、

3人で赤ワインのボトルを空けました。

 

あっという間に時間が過ぎ、名残りを惜しみつつおひらきに。

またいつか、近況報告をしましょう。(^-^)

 

Img_4917

お土産にいただいた

夕張メロン

ピュアゼリー

 

 

 

 

 

 

パッケージに書いてあったおいしい食べ方↓

Img_4922

メロンの果肉

つるんと

口の中に入り、

暑い日に

うれしい

おいしさでした。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

朝食レポート 2008年7月上旬分

朝食を食べないと落ち着かない日常になりました。

7月は5週あるので、分割してアップしまーす。

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●6/30(月)

ドイツ語教室。

Img_4863

ポークカレー

とうもろこし

トマト

ブルーベリーはちみつ、
ヨーグルト

そば茶

 

一日寝かせたカレーを食べました。

にんじん、玉ねぎ、じゃがいもの他、いんげんを入れたらおいしかったです。

ドイツ語教室のある日は、お腹にEnergy(←ドイツ語)を入れておかないと!

 

●7/1(火)

しごと。

Img_4868さつま揚げ

プチトマト

冷奴、きゅうりのせ

大根、まいたけ、わかめの
みそ汁

キウイ、ヨーグルト

そば茶 

 

さつま揚げは、ようこ父がお取り寄せしたもののおすそわけです。

きゅうりをぬか漬けしたものを細かく刻んで豆腐の上にのせました。

おいしい、というよりは滋養?・・・微妙な味わいでした。 

 

●7/2(水)

しごと。

Img_4869

炒麺

プチトマト

しょうがスープ

ブルーベリーはちみつ、
ヨーグルト

そば茶

 

前夜、ようこ夫の帰宅が多少早かったので(といっても20時)

近所の中華料理店でカジュアルに外食。

おみやげの炒麺を朝食にしました。

まいたけやワカメ、いんげんのスープにしょうがをすって入れたら

朝から体がホカホカホカホカ。顔が真っ赤になりました・・・。

 

●7/3(木)

しごと。

前夜、当日朝ともに、朝食を作るパワーなし。(^^ゞ

ということで、久しぶりに簡単な食事にしました。

Img_4876

クラッカー

りんごジュース

バナナ、ヨーグルト

紅茶

 

 

紅茶は、ルピシアで買った ダージリン ザ ファーストフラッシュです。

昼休み前にお腹が空き、焼鳥丼を食べに行きました。

 

●7/7(月)

七夕にドイツ語教室&病院でのピアノ演奏。

土日に外食して、朝食のアイディアをチャージしました。

さあ今日も、大荷物を担ぐぞ~。

Img_4900

かやくご飯

ゆでオクラ

豆腐、わかめのみそ汁

ブルーベリーはちみつ、
ヨーグルト

そば茶

 

やわらかくなったにんじんを食べたくなり、前日にかやくご飯を作りました。

調理過程のほとんどが、”野菜を切る”のです。

でも、手作りの炊き込みご飯は素朴なおいしさがあるのだ。

 

●7/8(火)

しごと。

Img_4905

じゃこ、梅干し、シソご飯

ししとう、しいたけ焼き

豆腐、ナスのみそ汁

キウイ、ヨーグルト

そば茶

 

実家で育てているシソをもらってきました。夏の味覚です。

みそ汁にすだちをかけたら、さわやかな一品に。

 

●7/9(水)

しごと。

Img_4910

豚肉、にんじんの蒸し物*

波乗りジョニー(豆腐)*

なめこ、大根のみそ汁

そば茶

 

豚肉は、酒で下味をつけてから蒸した方が風味がよかったかもしれません。

男前豆腐の”波乗りジョニー”は、濃厚でおいしかったです。

 

徳島県のアンテナショップでを買いました。

ヨーグルトと一緒にしようと思いましたが、

今年初めて食べる桃をそのまま味わうことにしました。

 

●7/10(木)

しごと。

Img_4913

なすと梅の和え物

じゃこのせ冷奴

ほぐし鮭のせご飯

キウイ、ヨーグルト

そば茶

 

前夜、ようこ夫が久しぶりの飲み会でたくさん飲んだらしく、

朝食不要とのことなので、みそ汁を省略。

ようこ夫はキウイ&ヨーグルトのみ。

 

Img_4916

和え物が

ひんやり

 

 

 

 

和え物は作りおきに向かないので、出勤の準備をしながら調理しました。

 

こうして写真を並べてみると、季節の移り変わりを感じることができます。

米びつの中をのぞいてみると、在庫がないのを知ることができます。

来週は何を作ろうかな~?

その前に、お米を調達せねば・・・!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

はためく国旗から~洞爺湖サミットのあとに~

7/8、洞爺湖サミット期間中なので

通勤で利用する駅を出たら、G8の国旗が掲揚されているのを期待していました。

しかし、旗の気配はありません。しょぼーーん。

 

7/9、今日も旗がないものと思って、至極淡々としながら駅を出ると

おなじみの国旗が現れました!

Canada

 

 

 

 

 

 

何でカナダだけなんだろう?と思ったら

カナダ首相と令夫人がサミット出席後に公賓として滞在するからだそうです。

 

カナダといえば、2002年に国際結婚した後輩ご家族を訪ねて

トロント乗り継ぎでケベック州とオンタリオ州に行きました。

東京からトロントまで約12時間!

 

フランスの雰囲気ただよう美しい街、ケベックシティ、

モントリオールの中華街でお腹一杯食べた飲茶、

船に乗ってに近づいたナイアガラフォールズ、

いろいろと思い出します。(^-^)

 

洞爺湖サミットの内容については、新聞の文字が多くて読解力オーバー。

ニュースをハシゴ中です。(^^ゞ

せめて今日ぐらいは、パソコンを立ち上げる時間を短くしましょうかねぇ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

七夕に『帰れソレントへ』

蒸し暑うございます。

私、ムシムシするとダメダメになり、思考回路があやしくなります。

 

今日はドイツ語教室と病院でのピアノ演奏の日なので

朝、楽譜の入ったカバンなどを持って家を出たら、いつもよりも軽い???

荷物を確認すると、ドイツ語の教材一式のカバンがありませんでした。>_<

 

ハンカチ、ちり紙、おやつ300円分の忘れ物だったら

あきらめて出かけますが、さすがにドイツ語の教材だと・・・。

あわてて家に取りに戻りました~。

 

時間がギリギリの中、ノドをうるおすため

教室の最寄駅でいつも水を買う自動販売機の前に立つと

サミットのため、販売停止”と書いてありました。

ガーーーン。

 

干からびそうになりながら授業を受け、病院へ。

 

初めてお会いする患者さんが、ノリよく聴いてくれました。

「ごちそうを用意して、生演奏を聴きながらパーティーができたらなぁ」、とも・・・。

 

その方はイタリアの歌が好きだそうで、

『帰れソレントへ』をリクエストしてくださいました。

世界の民謡の楽譜に出ていなかったので、あきらめていたところ

演奏時間帯の最後の方で、別の本をパラリとめくると楽譜がっ!!

  

「ありました!弾きます!!聴いてください※☆■○」

と、曲は知っているが初見といういつもの流れで演奏です。

短調と長調の転調があるので、読譜が少々ややこしいのですが

どうにか聴きたい曲の願いがかなえられてよかったです。

 

ちなみに、帰りの駅でも自動販売機は”故障中”

帰宅してから小さいビールを飲んでしまいました。(^^ゞ

 

今年もピアノやドイツ語や仕事の後に、おいしいビールが飲めますように。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

『作曲家の発想術』

久しぶりにピアノ教室へ行き、来たる発表の場に向けて

アイディアを書いた紙を持って、先生にいろいろと相談してきました。

また、数分の演奏のための楽譜作りに苦吟する日々が始まりま~す。

 

ところで、今日のブログでは、長いこと感想をアップできていなかった

『作曲家の発想術』という本をご紹介します。

 

著者の青島広志さんは、モーツァルトみたいなカツラをかぶって

テレビなどにも出演しているので、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

まず、本の内容の前に、私が初めて

青島先生を知ったきっかけを書かねばなりません。

 

それは、社会人になりたての頃、

まだクラシックピアノを習っていた頃のこと、

「”ベートーヴェン第九の合唱の詩を解説する”無料講座」

を聴くため、赤坂まで行った時のことでした。

 

講師の名前も知らずに、なんとなく座って

「難しい顔した大学の先生が、ドイツ語を朗読しながら文学を語るんだろうか?」

と、文学が分からない私は不安だったりもしたのですが、

なんと、早口でユーモアを交えながら、よーーーくしゃべる講師が登場しました。

 

解説といっても、口頭で説明したかと思えば、該当部分をピアノで演奏したり、

(該当部分だけ数小節抜き出して演奏するのは意外と難しい)

逆に、ピアノで弾いた部分を解説したり、

会話の一部としてのピアノ、音楽の一部としての話のようで

私がそれまでもっていた、きちんとしたクラシックのイメージを打ち壊す芸風でした。

  

結局、そのプレゼンテーションがあまりにも強烈で

シラーの詩についてはあまり覚えていないのですが・・・。

 

そして、いつか私はお話と演奏の両方できる人になりたい!と

このときハッキリと決めたのでした。

今通っているポピュラーピアノ教室でも、アレンジの方法を習っています。

 

さて、本の話に戻りますが、

『作曲家の発想術』は2004年に発行されています。

3章構成で、

第1章は、作曲家としての苦労話が独特のユーモアで描かれ、

第2章は、オーケストラ曲、室内楽曲、合唱曲など10種の曲種について

ウンチク系の内容が並んでいます。

そして、作曲方法を順序立てて説明している第3章。

第3章の内容が、タイトルの由来になったものと思われます。

 

第2章は、演奏会が好きな人のほうが面白いかもしれませんが、

第1章は、テレビと同じ口調なので、音楽や楽譜が読めなくても楽しめます。

私はときどき、第3章を参照してアレンジを考えることもあります。

 

そうそう、あの早口は、黒柳徹子さんと一緒に仕事をした際、

あらわれた属性だそうで、なんだかナットクです。

 

全体的には、ユーモアある読み物と参考書の中間といった感じでした。(^-^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

重曹再利用でピカピカ

6月は、ピアノ関係で立て込んでいたこともあって

あえて優先順位を低くしていたお風呂の水回りを磨きました。

 

定期的に磨くのが理想的ですが、

他にもあれこれやっていることもあって

心に余裕ができたときに、気分転換を兼ねて磨けばいいことにしています。(^^ゞ

 

今回、グレープフルーツの精油をたらして

消臭&芳香剤として使っていた重曹を再利用することにしました。

 

Img_48802

おそろしい網目

 

 

 

 

 

 

Img_48832スノコの下の

水が流れる溝にも

跡が・・・

 

 

 

 

Img_48852

網目がこわかったので

水に重曹を少し入れた袋に

つけ置き

 

 

 

 

Img_48862

溝に重曹をまぶしたら

そこはかとなく、

よい香り

 

 

 

 

Img_48902

古布で半分だけ

こすります

 

 

 

 

 

Img_48942

Oh!ピカピカ

 

 

 

 

 

 

このあたりで30分経過。

しゃがんでいたら、足腰がイタタタタタタ・・・。

そういえば、体を支える筋肉が足りないのだった!(^^ゞ

 

Img_48962

袋から出した網目に

重曹をバサバサ

 

 

 

  

Img_48972

古布と古ハブラシで

磨きました!

 

 

 

 

 

仕上げに水滴を拭いたらおしまい。

 

小一時間でできるので、もっと頻繁に磨くべきなのか?

結構汚れても、小一時間できれいになるから今の頻度でよいのか?

それが問題だ・・・。

 

尚、新しい消臭&芳香剤は、ペパーミントの香りにしました。

さわやかでいいのだけれど、部屋にチューインガムが置いてある感じです!?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

カエルコール

ずーーーーーーっと前に、”カエルコール”というCMがあったのを

覚えているでしょうか?

大きなカエルの置き物みたいなのが登場して

家に帰る前に電話をする・・・といった内容だったと思います。

 

我が家も10年以上、カエルコールは続いていて

先ほども、仕事を終えたようこ夫から電話がかかってきました。

 

1年ぐらい前までは、

「帰るタイミングを知らせるとは、なんて丁寧な人だ」

と感心していたものです。

 

しかし、よくよく会話を反芻してみると、毎回話すのはこの2点のみ。

・夕食が出来上がっているか。

飲み物(ビール、ワイン等)は冷えているか。

 

回答は2種類あって、(今気づきましたが)こちらも十分にパターン化されています。

 

準備が出来ていて威張りたい場合:

「炊き込みご飯が炊き上がったところ。ビールはロング缶1缶!」

準備がグダグダの場合:

「んーーーー、今ご飯を炊いているところ。寄り道していいよ。

ビールは・・・・、んーーーーーーー、好きなのを買ってきてくれる?」

 

そんなわけで、やっと夕食タイムとなります。

あ、今日はロング缶1缶を飲む予定です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

taspoはじまる

仕事の後、エンジニア魂がふつふつと沸き、

今日から東京都にも登場したtaspoを見るために遠回りして帰りました。

Taspo_2自動販売機正面から

 

 

 

 

 

何となく、「未成年禁止」というイメージから、

お酒の自動販売機の横にくっついている

免許証を通す箱を思い浮かべていましたが、非接触型なんですね。

 

私は飲酒のみで財布がキビシイので

taspoの動作確認ができないのが残念です・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »