« ああ、桃太郎体操 | トップページ | ママのtimetable »

2008年5月27日 (火)

『三遊亭遊史郎の会』(5/26)

いつも楽ぴーでお世話になっている

三遊亭遊史郎師匠の会に行きました。

会場は、池袋の東京芸術劇場小ホール2です。

ギリギリに汗だくで到着。

 

二部構成の第一部、開口一番の前座さん、昔昔亭A太郎さんが登場です。 

道で久しぶりに会った人を「商売繁盛ですね~」や「お若いですね~」などと

どうヨイショするか?という指南を受けて実行してみるが、チグハグになる噺。

イケメンぶりに驚きました。 

 

続いて、黒目がキラリンとした三笑亭夢吉さん。

どこかでお会いしたような・・・と思いながら、マクラを聴いてニヤリ。

ビタワン(ドッグフード)のハンサムな犬の目元に似ているかなぁ?

 

噺は、人間になりたい犬が、願いかなって人間になって奉公に出ようとする

落語界の”小犬のワルツ”的存在、『元犬』でした。

人間に変身した犬の動作が愛らしくて

「犬が家の廊下をぞうきんがけしてくれたらなー」

などと考えてしまいました。

 

次に、三遊亭遊史郎師匠が登場~。

町民で劇を演じるが、やりたくない役の人がいなくなり、

何とか説得して舞台に出させようとする『蛙(かわず)茶番』。

劇のシーンでは、の邦楽器に合わせてセリフを言い、

東京芸術劇場の音響と高座の大きさが生きてくる構成でした。(^-^)

 

第一部トリは、テレビ”笑点”でおなじみの三遊亭楽太郎師匠。

座った姿でまず印象に残ったのが、背筋がまーーーっすぐということ。

レトロ感漂う話を聴いていると、いつの間にか落語が始まっていました。

 

のどかな茶店で休憩しているときに見かけた

猫がエサを食べている高級な皿を手に入れたくて画策する可笑しな噺。

派手に語るわけではないのに、私の頭の中で情景が構築され、

時空を超えて旅に出たような、とても素晴らしい落語を聴くことができました。

 

休憩時間に赤ワインを飲んでいたら、楽ぴーのお客様たちにお会いできました。

 

第二部は、声のよい三増紋之助さんの江戸曲独楽。

大きな朱色の独楽(こま)を刀の上、綱の上、くるくる回します。

紋之助さんの和み系な雰囲気もあり、たくさんの拍手で盛り上がります。

トトロの映画を観た方だと、さらに楽しめる出し物もあり、

シメは客席を歩きながら独楽を回しました。

至近距離からだと、独楽は大きいし、重そうだし、

何に驚いてよいか分からないまま、を開けて独楽を見上げてしまいました。(^^ゞ

 

トリは、ふたたび三遊亭遊史郎師匠で『薮入り』です。

奉公に出た子供が薮入りで帰ってくるため、ソワソワする父。

落ち着いて構える母。

父親のぶり が、ネタ下ろしのときよりも際立っていました。

 

バラエティに富んだ落語と独楽の芸を観ることができ、よいひとときでした。

終演後は、前回の会で知り合った方たちにご挨拶&打ち上げとなりました。

 

☆☆☆

次回楽ぴーは、6月28日(土)19:30~ 東京モダンホール にて開催予定です。

予約受付開始になりましたら、またご案内いたしますので

ぜひ今回もよろしくお願いいたします。

|

« ああ、桃太郎体操 | トップページ | ママのtimetable »

コメント

昨日はお疲れ様でした。
帰りはご挨拶もせずに失礼してしまって、申し訳ありませんでした。

良いメンバーでしたねえ。A太郎さんはイケメンだけど猫背でした。楽太郎師のように背筋を伸ばしてほしいなあ(^^;)

投稿: 政之助 | 2008年5月27日 (火) 13:42

>政之助さん
お疲れさまでした。
いえいえ、休憩時間にお会いできてうれしかったです。

それぞれの個性を楽しめる良いメンバーでした。(^^)
落語家の姿勢を意識したこともなかったですが、
楽太郎師匠は男性バレリーナのようでした。

投稿: ようこ | 2008年5月27日 (火) 21:22

ようこ様、当日はお目にかかれず失礼いたしました。
私は開場直前に到着したのですが、入口にはかなりの
人が列を作って並んでいました。すごい人気だと思いました。
客層はかなりご年配の方が多いようですね。
入りは8割くらいかなと思いました。
完売するようになるといいですね。

楽太郎さんは笑点の時は若々しく見えますが、
現場ではやはり年相応の安定感がありましたね。

遊史郎さんは本調子でなかったようですが
うまいなぁと思います。楽ぴーの会で
一回聞いている噺ですがまた聞いても面白いですね。
細かいところを調整しているのかなぁなどと思います。

それではまた次回楽ぴーの会楽しみにしています。

投稿: けいいち | 2008年5月28日 (水) 18:46

>けいいち様
休憩時間などにキョロキョロと探したのですが
こちらこそ、ご挨拶できずに失礼しました。
#開場前の様子は、前回の時と同じような感じだったようで。

楽太郎師匠には、威厳のようなものを感じました。
生で落語を聴ける貴重な機会だったかと思います。

楽ぴーでネタ下ろしをした作品が、どんどん進化していくのが楽しみです。
また次回の楽ぴーもよろしくお願いしますね!

投稿: ようこ | 2008年5月28日 (水) 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/41337489

この記事へのトラックバック一覧です: 『三遊亭遊史郎の会』(5/26):

« ああ、桃太郎体操 | トップページ | ママのtimetable »