« 花のシャワーを浴びに | トップページ | 笑顔になれる写真 »

2008年4月 7日 (月)

『ロンドンデリーの歌』に感謝

月曜日恒例のドイツ語教室に続き、

ひと月ぶりに病院へピアノを弾きに行きました。

先月はダブルブッキングでしたが、今月は無事に演奏できました。(^^ゞ

 

毎月、市場調査を兼ねてあれこれと新曲を用意しています。

そのうちの一曲、『ロンドンデリーの歌』は

ヴァイオリンの演奏で聴き、実は良い曲だったのか!と気づきました。

 

この曲はアイルランド民謡で、音階の進み方も合わせる和音も

ドイツやフランスの音楽とは別物です。

さらに、どの音をどの指で弾くのかも、よく考えないと指がからまり

聴く以上に難しいと私は思っています。

 

しかし、せっかく仕入れた曲だし・・・と、少々コワゴワと弾いていると

曲を聴きつけた患者さんがご家族と一緒にやってきました。

 

イギリス在住だったことがあるそうで、大変懐かしがって

ほかに、イングランド民謡の『グリーン・スリーヴス』、

映画”ビルマの竪琴”の『埴生の宿』などのリクエストがありました。

 

『グリーン・・・』は不思議なコード進行を初見で演奏。

『埴生の宿』は楽譜がなく、映画を思い出しながら

コードヒット率8割ぐらいでオルゴール風にアレンジ。 

頼まれたその場でとにかく弾く訓練の場でもあります。(^^ゞ

 

結局、『ロンドンデリーの歌』をラストにもリクエストされて

本日のボランティア活動は終了。

 

このように、選んだ曲が大当たりすることは

一年に一度あるかないかだと思います。

でも、人生の思い出を”音楽”という形で浮かび上がらせる

その一度のために、明日もまた精進したくなるのでした。

 

使用した楽譜:『世界のうた』(kmp)

|

« 花のシャワーを浴びに | トップページ | 笑顔になれる写真 »

コメント

ロンドンデリーの歌はいろいろなアレンジがありますね。
確かにピアノで弾くとかなり難しいんだろうな、と思います。
(DSの脳トレ”名曲演奏”にもあって四苦八苦したことがあるので)
実際に練習して弾きこなせるようになるまで、どのくらいの時間を
必要とするんでしょうか?

グリーンスリーブスは小学生の時にリコーダーでやりました。
これは3拍子で簡単なリズムだと思ってたけど初見で弾くとなると
やっぱり大変なんでしょうね。


投稿: lilac | 2008年4月 7日 (月) 22:28

実家の電話保留音が「グリーンスリーブス」です。
好きな曲です。
そういえば我が家の保留音はなんだったかな?
あまり保留を使わないので忘れてしまいました。

今月は無事に弾くことができて
皆さんに喜んでもらえてとてもよかったですね。

投稿: あきあき | 2008年4月 8日 (火) 19:18

>lilacさん
DSの”名曲演奏”というのに釘付けになり、調べてしまいました。(^^)
『ロンドンデリーの歌』は、楽譜にもよりますが
譜面通りという意味では、2,3回で弾けたとしても
その詩の意味を確認したり、CD等の演奏を聴いたりすると
それなりの時間がかかっています。(^^;

懐かしい~、リコーダーの『グリーン・スリーヴス』!
臨時記号が出まくる上、それを間違えると曲の感じが変わるので
もうヒヤヒヤものです。

>あきあきさん
おかげさまで、今月は無事に弾くことができました。

そうですか、ご実家の保留音が『グリーン・・・』とは!^^
自分の家の保留音って忘れてしまいますねぇ。
設定するときは張り切って選んだ気がしますが。(笑)

投稿: ようこ | 2008年4月 8日 (火) 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/40805756

この記事へのトラックバック一覧です: 『ロンドンデリーの歌』に感謝:

« 花のシャワーを浴びに | トップページ | 笑顔になれる写真 »