« 歓送会に参加♪ | トップページ | 新宿通りのパレード »

2008年3月22日 (土)

『卒業写真』について

今日は、月に一度出かけるボランティア先で

一時間あまりのピアノコンサートでした。

 

季節の変わり目は体調管理も難しいですが

SET LISTを考えるのも、一苦労です。

 

前日までに提出するプログラムを考えながら

頭の中はこんな感じになっています。

 

編集者「先生っ!!原稿まだですかっ」

作家の先生「ちょ、ちょっと待ってくれたまえ。

        これからの季節の歌って何だったか???

        新作も入れたいし、人気曲も入れたいし、あぁあぁあぁ””””」

 

このやり取りを脳内で5,6回繰り返して

やっとひねり出したプログラムをFAXすると、

仕事が終わったも同然・・・。

 

そして、今日の新曲の一つはユーミンの『卒業写真』でした。

あらためて歌詞を読み返してみると

少し離れた過去を写真を見ながら懐かしむ・・・といった歌なのですね。

 

実は中学生の頃、この曲を卒業関係のイベントで歌うか何かで

先生に頼まれて、伴奏したことがありました。

楽譜通りに弾くことは弾けるけれど、世界観が理解できず

自分の中ではそれっきりになっていました。

 

しかし、数ヶ月前の病院ボランティアで

ユーミンが聴きたい」

というリクエストをいただき、楽譜を買って数曲弾いてみると

どれもインストゥルメンタルとしてもよい曲でした。

 

そして今回、季節とあわせて『卒業写真』に挑戦することに。

”卒業”といっても、学校を出ることだけではなく

人事異動も退職も含め、その時代に関わった人たちを懐かしみながら

今の自分を生きていく、そんな風に理解した上での演奏です。

 

そういったイメージから、ビブラホン(ポワーーンとした音)の音色で

オルゴール風にアレンジしてみました。

40,50代の職員の方たちがにこやかに聴いてくれていました。

 

20年以上かかって、ひとつの解釈にたどり着いた気がしたので

ブログに書き残した次第です。(^^)

|

« 歓送会に参加♪ | トップページ | 新宿通りのパレード »

コメント

ようこチャンと言えばピアノ
ピアノと言えばようこチャン、というのが
小学生のときからのイメージですね。

卒業シーズン。
革の表紙じゃないけれどいろんなことを思い出しますねぇ。。

投稿: sally | 2008年3月22日 (土) 19:59

「ユーミン」いいですね・・・・
私の青春時代の歌です。
高速道路を一人で走っている時は
今でもほとんど「ユーミン」です。
中央フリーウェイ、
あの日に帰りたい、
ルージュの伝言、
14番目の月、
等が好きです。
カラオケで歌えるのは
「真夏の夜の夢」

投稿: 支配人 | 2008年3月22日 (土) 21:51

「卒業写真」はリズムが独特で弾きづらいことないでしょうか?
楽譜を買って忠実に弾きこなそうとしている体制には
凄いな、と思います。
私だとオリジナルアレンジで弾いてしまいます^^

ビブラフォンの音ですか、なるほどイメージにぴったりですね。
ピアノ音より深みのある演奏になったでしょうね。
モノクロ写真が走馬灯のように駆け抜けるさまを想像してしまいます。

投稿: lilac | 2008年3月22日 (土) 23:22

中学生の頃は、私も、ユーミンの
あの世界観を理解するのは、ちょっと
難しかったような気がするなぁ。
今は、楽しんで聴く事ができるけどね。
卒業といえば、第二ボタンをもらうのが
流行っていたのが懐かしいです。

投稿: うさちゃん | 2008年3月23日 (日) 00:16

先週、テレビでマッキー(槇原敬之)がユーミンの歌詞の素晴らしさを語っていたのを思い出しました。
小さい頃口ずさんでいたのに、ある時ふとその意味をしって驚愕する歌もあったし。。
メロディに耳がいってしまいがちですが、詞だけを暗唱するのもいいかもですね。

投稿: はち | 2008年3月23日 (日) 05:27

>sallyちゃん
少し前に謝恩会?の花を持っている学生さんを
ちらほら見かけました。

ピアノのこと、覚えてくれていてうれしいですね~。
小学生の頃から、人前で弾きたがりでした。(笑)

>支配人さん
車の中で聴いていたとは初耳でした。
病院でリクエストしてくれた方も、支配人さん世代だと思います。
(多分、患者さんの家族)
『中央フリーウェイ』は、大学に入った頃に
一生懸命覚えて、カラオケで歌っていました。

投稿: ようこ | 2008年3月23日 (日) 13:40

>lilacさん
いわゆる、耳コピみたいな感じでしょうか。^^
私は必ず楽譜を買ってくるので、家中楽譜だらけです。(^^;
コードの確認と音符の視覚化でテンポキープに使っていますよ~。

そうですね、ビブラホンの音は余韻があるので
卒業っぽくなりました。
家での練習で、どんな音が合うかを探るのもまた面白いです。

>うさちゃん
うさちゃんが楽しんで聴いているのは知っていたけれど^^
やはり中学生の頃は、ちょっと難しかったんだねー。
うわーー懐かしい。
第二ボタンの風習って、今もあるのかなぁ???

投稿: ようこ | 2008年3月23日 (日) 13:46

>はちさん
そうですか、偶然にもそういう番組があったんですね!
脚本家の北川悦吏子さんが、エッセイの中で
ユーミンの歌詞は心情を歌ったり風景になったりして
面白いと書いていたのを思い出しました。

投稿: ようこ | 2008年3月23日 (日) 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/40597014

この記事へのトラックバック一覧です: 『卒業写真』について:

« 歓送会に参加♪ | トップページ | 新宿通りのパレード »