« 新宿通りのパレード | トップページ | 珍しくたくさんの電話 »

2008年3月24日 (月)

ドイツで買った本たち

ドイツ語教室で、ドイツで売られている6冊の本について習いました。

さまざまなジャンルの本の概要をドイツ語で読むのです。

 

私もテキストだけでなく、自分でドイツ語の本を読んでみようと思い、

家にある本をかき集めました。

 

1999年にベルリンのKaDeWeというデパートで買った料理本。

中途半端にしかドイツ語が分からない中、

おつまみっぽい写真の本を選んだようです。(^^ゞ

Img_4395

簡単に作れる

FINGERFOOD

 

 

 

 

いつかレシピを読んで作ろうと思いつつ、未着手・・・。

 

こちらは、2006年にトリアーの書店で買った

主夫のためのハンドブック”。

Img_4394  

 

 

 

 

 

マンガのような絵がたくさん出ています。

家事のやり方を面白おかしく書いてある・・・ハズ。

 

この分厚い本は、ドイツ勤務だった方からのプレゼントです。

Img_4403 

 

 

 

 

 

教科書に出ている6冊の本のうちの一冊も

DVAの分厚い本でした。(^-^)

 

これらの本を読み終わるのは、いつのことやら?ですが

1000ページの道も1ページから、ということで

少しずつでも挑戦してみようと思います。

|

« 新宿通りのパレード | トップページ | 珍しくたくさんの電話 »

コメント

読もうと思って買った後、
1.最初は、単語を辞書で調べながら読む。
2.次に、あまりにも知らない単語が多くて、意味を判らず文書だけを読む。
3.途中で挫折して、そのまま本棚にしまう。
私が買ったドイツ語の本、宜しかったら、次にお会いするときに、お貸ししましょうか?

投稿: Baumkuchen | 2008年3月24日 (月) 23:50

お料理の本ならば写真がついていたらイメージが湧いてきて
まだ作れるんじゃないでしょうか?
3冊目(いちばん下)のは難しそうですよね。
毎日ちょっとずつ読み進めるのも勉強のうち!と思っても
こういうのは取っ掛かりがとても大事ですね。
時間的余裕があっても、なかなか本を開けないかもしれません(笑)

投稿: lilac | 2008年3月26日 (水) 10:07

>Baumkuchenさん
単語を調べる数が、あるしきい値を超えると
人間は読むことをピタッとやめてしまいそうです。
ドイツ語の本をお借りすると、一生返せない可能性があるので
この3冊を無事クリアしたときに、ご相談させてください。(笑)

>lilacさん
そうなんですよね~、写真があるのは重要です。(笑)
本当に作ったらブログにアップしますね。いつかは不明ですが・・・。

3冊目の本は、関係代名詞などが随所に使われていて
今まで習ったテキストに近いと思います。
文法の復習によさそうな気がしてきました。(^^)

投稿: ようこ | 2008年3月26日 (水) 21:10

内容は全くわからないけれど
お料理の本には惹かれるなぁ~sweat01
写真も、カラフルなのかな?

投稿: うさちゃん | 2008年3月27日 (木) 00:31

>うさちゃん
中もカラフルで、細かい手順も写真つきで巻末についていたりと
ドイツ語が読めなくても、何となく想像つくつくりになっています。
だから買ったのかなぁ?

投稿: ようこ | 2008年3月27日 (木) 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/40628087

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツで買った本たち:

« 新宿通りのパレード | トップページ | 珍しくたくさんの電話 »