« 二日酔いかと思った・・・ | トップページ | 『卒業写真』について »

2008年3月20日 (木)

歓送会に参加♪

休前日の19日、前の職場の方の歓送会に出席するため

都心の勤務先から吉祥寺に駆けつけました。

↑一度やってみたかった。

 

私が20代の頃から仕事で大変お世話になった方で

分け隔てなく人に接し、気配りの行き届いた

ユーモアのセンスある、ちょっと気の小さい!?親分肌の人柄で

多忙な中集まったゆかりの人々が約50人!!!

このたび、東京を離れることになったのです。

 

宴の冒頭に、簡潔でポイントを押さえた経歴の紹介、

続いて乾杯の音頭で、食べ飲みの始まり始まり~。

いきなり宴もたけなわ状態になったのが、あまりにも”らしく”て

ちょっと吹き出しそうになりつつ、楽しいひとときを過ごします。

 

私も久しぶりに会う方たちばかりで

元上司たちに近況を報告したり、

諸先輩方や後輩たちとは、今住んでいる所や勤務地の話をしたり、

今の年齢を聞いたり(意外に分からなくなるものなのです)、

誰もが変わりなく気さくに接してくれたのが、うれしかったです。

 

会のシメに、主賓に

花、記念品、ゆかりの人々からの一言メッセージ集をプレゼント。

幹事さんたちのクレバーな進行もあって、とても温かい会となりました。

 

記念のImg_4392

アレンジメント

 

 

 

 

 

 

・・・で、ここでは終わりません。

まだまだ話は尽きず、20人ほどで二次会に行きました。

 

二次会に間に合った方の乾杯の発声で和やかな会は始まり、

日本酒の熱燗をかたむけながら話をしていたら、もう0時。

 

温かい職場で働いていたんだなーと思った夜。

またいつかお会いしましょう。(^-^)

尚、二日酔いはなかったことをご報告いたします。

|

« 二日酔いかと思った・・・ | トップページ | 『卒業写真』について »

コメント

50人!とても人望の厚かった方なんですね~。
会社を離れた後でも、そうやって前の職場の方々と
楽しい時間を過ごせるのは、嬉しいですよね。

投稿: ぶち | 2008年3月20日 (木) 15:06

その方も嬉しかったでしょうね。
たくさんの温かい言葉に包まれて
なんか雰囲気が伝わってきました。
類は友をよぶ なんですね~heart01

投稿: naooba | 2008年3月20日 (木) 18:20

>ぶちさん
すごいですよね~。<50人
性別、年代関係なく幅広い人間関係がうかがえました。
退職した私にも声をかけてくれて、ありがたい限りです。(^^)

>naoobaさん
雰囲気が伝わったようで、よかったです。
本当に人が温かい会社でした。
ようこ夫によると、私はご機嫌に酔っ払って帰ってきたそうです。(笑)

投稿: ようこ | 2008年3月20日 (木) 23:02

naoobaさんが仰るように、
その方は喜んでいたと思います。
歓送会って送られる人にとっては
出席してくださった久しい人にお礼を
言えるチャンスでもあるんですよね。

また、普段会えない仲間たちの再会の場を
与えてくれる機会でもあるんですよね。

職場が変わったり、
歳をとるとなかなか再会の場って作れませんよね。

ちょっと暗い話になってしまいますが
私のいとこ同士なんて再会できるのは
親戚の葬儀の時くらいです。

投稿: 支配人 | 2008年3月21日 (金) 19:38

こんばんは。
送別会シーズンですねー。
今夜(金曜の夜)あたり、賑わっているお店も多いでしょう。
うちの会社は、月曜に異動発表になったのですが
前日までの噂はどこ吹く風…1人も転勤がなかった。
みんなで「なんだんだろう…?あの噂」と(笑)。

投稿: みぃ | 2008年3月21日 (金) 20:51

>支配人さん
そうですね、こういった会でもないと
なかなかお礼を言ったり言われたりの機会を作るのも難しく、
私も主賓とお話しできてよかったです。

そういえば先日、小学校卒業以来会っていなかった同級生に
その方の親御さんの葬儀で再会しました・・・。T_T

>みぃさん
こんにちは。
そうそう、人事はコロッと変わってしまうことがありますね。(^^;;
3月末には、花束を持った人をあちこちで見かける予感がします。(^^)

投稿: ようこ | 2008年3月22日 (土) 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/40567554

この記事へのトラックバック一覧です: 歓送会に参加♪:

« 二日酔いかと思った・・・ | トップページ | 『卒業写真』について »