« ハンサムなへのへのもへじ | トップページ | 日本酒『奥の松』を楽しむ »

2008年1月25日 (金)

和ガラスとドイツのたばこ包装

アルフィーの坂崎さんの趣味である、和ガラスコレクションが

渋谷のたばこと塩の博物館で見られるというので

寒い風がビュービュー吹きすさぶ中、行ってきました。

 

Img_4124

入場料はなんと100円!

常設展では

たばこと塩の展示が

見られます。 

 

 

 

昨年末からの展示企画だったので、早く行きたかったのですが

年始の風邪により、最終日の今日、

休養の予定を改め、急用として出かけた次第です。

Img_4123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エントランスホールでのミニ企画ということで

ガラスケースに入ったコレクションが、彩りよく展示されていました。

アルフィーファンらしき人もちらほら・・・。

 

ウランガラスという淡い色の器は

暗いところで何かのライトを当てると、蛍光色に光ります。

ミニチュアのままごとセットでは、小さな皿やコップを見られました。

 

珍しいのは、醤油ビン。

しゃれた水色のビンだけでなく、

醤油製造過程で使われそうなを模したビンもあったりして

高級さでうならされる展示会とは別の

温かみのある展示品の雰囲気がよかったです。

 

また、器の説明書きは坂崎さんの言葉でした。

例えば、透明なガラスでできた、かわいい急須には

(正確な言い回しは忘れたけれど)「耐熱性大丈夫かなー?」などと

親しみやすい感じで面白かったです。(^-^)

 

こちらがリーフレットImg_4128

 

 

 

 

 

 

「墨田区の酒屋の次男坊として産まれた僕は、」で始まるテンポよい文章は、

「場所が場所だけに ”たばこ関係” のモノも探してみましたら、

灰皿など結構ありましたねぇ。(以下略)」

でシメるあたり、全体を見る坂崎さんらしい気遣いだなぁと思いました。

 

せっかくなので、常設展も見学しました。

世界中のたばこの包装を国別にパネルに整理してあるコーナーがあって

「ドイツ語読めるかなー?」と気軽なヘラヘラした気分で

ドイツ連邦共和国のパネルを探し、

その次にドイツ民主共和国(東ドイツ)を見ると・・・。

 

厚手の白い紙に鮮やかなインクによる

くっきりしたデザインのドイツ連邦共和国のたばこ。

薄手のべこべこした紙に、地味なデザインのドイツ民主共和国のたばこ。

 

同じ年代の品物かどうかは分かりませんが

ちょうどドイツ語のテキストで勉強したばかりの内容を

たばこの包装からも知ったことで衝撃を受け、

しばし・・・パネルを前に言葉もありませんでした。

 

こういう博物館もたまには訪れてみるものだなーと思った

寒風の吹く午後のひとときでした。

|

« ハンサムなへのへのもへじ | トップページ | 日本酒『奥の松』を楽しむ »

コメント

勉強になりました。
塩の結晶綺麗ですね~
某デパートなどで結晶の塩が
高価格でした。
塩は味がそれぞれ違うので
ちょっとずつ試したいです。
坂崎さんも多趣味ですね。
見に行きたいです。
酒瓶も昔は陶器ですよね。
いつぐらいから
ガラスになったんでしょうね。

投稿: naooba | 2008年1月26日 (土) 14:10

煙草のみの私としては、東西ドイツのパッケージの違いを見てみたくなりました。
煙草のパッケージって、国によっても違うし、それぞれの「お国柄」や「文化」が出るのかもしれませんね。紙質の違いや印刷技術などのくだり、とても興味深く読ませていただきました~。

投稿: ぶち | 2008年1月26日 (土) 18:43

>naoobaさん
ホームページを見てくださったのですね。
塩の結晶が見られる顕微鏡が置いてあるので、見てきました。
すごく幻想的でした。(^^)

ガラスでできた器の繊細な感じ、カラフルなところなどを
ほどほどの展示点数でゆったり楽しめました。
いつかnaoobaさんの近くでガラスの展示会があったらいいですね。

>ぶちさん
最初にお会いしたときに、ぶちさんは”煙草のみ”だな~と気がつきました。(^^)
歴史にも詳しそうなので、パッケージからいろいろなことを
くみとることができそうですね!
ちなみに、ドイツ語圏のオーストリアは、アカ抜けたパッケージでした。
(ドロップが入っていそうな・・・)

投稿: ようこ | 2008年1月27日 (日) 00:39

渋谷に、このような博物館が
あったとは知りませんでした。
ガラスでも、そんなふうに
何かのライトを当てることで、
蛍光色に光る、珍しいものがあるのね。
樽を模した醤油ビンとか
みてみたい衝動にかられます♪

投稿: うさちゃん | 2008年1月29日 (火) 02:03

>うさちゃん
渋谷のPARCOの方なので、少し駅から離れています。
光るガラスはとても珍しくて、ライトのスイッチをつけたり消したりして
その蛍光色をじっくり観察(笑)してきました。
醤油ビンは大きな樽のミニチュアでかわいかったよ~。

投稿: ようこ | 2008年1月30日 (水) 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/17834899

この記事へのトラックバック一覧です: 和ガラスとドイツのたばこ包装:

« ハンサムなへのへのもへじ | トップページ | 日本酒『奥の松』を楽しむ »