« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

へんだな?と思いながら落花生を食べた話

ギョーザを食べたら体調不良になった・・・というニュースが

テレビでも長時間取り上げられています。

このニュースを聞いて思い出したことがあります。

  

一年ほど前のことだったか、ナッツ類の大好きな私は

いつも行っているスーパーで、少々値は張るけれど

国産の殻つき落花生を買いました。

 

家で袋を開け、殻を割り、紫色の皮をむいてぽりぽり。

でも、殻を割っても割っても、シワだらけの実が出てきます。

一袋全部食べたところで

「いくらなんでも、干からび過ぎているよなーーーー」

と、袋を裏返すと、一ヶ月以上前の賞味期限が印字されていました。

 

う”ががががーーー△※★○■!!!!!

 

声にならない悲鳴を上げ、

食べてしまったものは仕方がない。

でも、このままにしてしまえば、スーパーの店頭に

古い落花生が並んだまま・・・。

 

スーパーの信頼、国産落花生メーカーの信頼

いろいろ考えて、(干からびた落花生を一袋食べたなんて恥ずかしかったですが)

思い切ってスーパーに電話しました。

 

よ「今日、そちらで買った落花生の賞味期限が一ヶ月も前でした。

 ただ、全部食べてから気がついたので、実物はないのですが・・・。」

店「えっ!あ、あのっ、お体は大丈夫ですか?」

 

マニュアル通りではなく、一月前の落花生を食べた私に

驚きと体をいたわる一言にいたく感激し、こんな感じで続けました。

 

よ「あ、ありがとうございます。体は大丈夫です。

  もしかするとまだ古い落花生を売っている可能性があるので

  確認してみていただければと思いまして・・・」

 

お店は平謝り、賞味期限に気づかなかったこちらの不注意もあり、

早々に電話を切ろうとしたら、返金するとのことで

後日、袋とレシートを持って行き、お金を返してもらいました。

 

ヘンだな?と思っても、心のどこかで「食べ物を粗末にする」感じがして

捨てにくくて、食べてしまおうという心理が働いたのかもしれません。

 

でも、それ以来は賞味期限や鮮度については

数字だけでなく、においでも評価するようになりました・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

買い置きに不向きなワタシ

今日は仕事でした。

昼食も楽しみの一つで、焼き立てのやきとり丼が食べたくなり

いつも満席のお店に小走りで出かけました。

 

運よくすぐ座れ、少し待って出てきた丼を食べていると

横に座っていた若手社員3人が

カレーライスを飽きずに何日連続で食べられるか?」

という話をしていました。

 

心の中で

「んー、今夜はカレーライスもいいな~」

と思いかかったところで、

「そうだ!仕事のある日の夕食作りを楽にするために

デパ地下でタレ味のやきとりを買ってあるんだった!」

消費期限を考えると、今夜のうちに食べなければ・・・。

 

そのやきとり丼をおいしく完食しつつも、

心の中は、ぐわわわわーーーん。

ぜいたくを分散させるべきだった・・・。(^^ゞ

 

夕食作りのモチベーションが落ちてきたものの、何とか気を取り直し、

帰省先からのお土産を使い切るために

大根、白菜などを入れた具沢山のみそ汁を作りました。

 

味噌をとき、味見まで完了したところで冷蔵庫を開けると

仕事のある日の夕食作りを楽にするために

デパ地下で買ったしじみを砂抜きしている容器がありました。

 

どうやら、買い置きしたものはメモに書いて持ち歩かないと

頭に残らないようです。

 

・・・今の心配ごとはただ一つ。

しじみたちは、明日まで持ちこたえてくれるかどうか、です。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

まもなくドイツ語2周年

今日からドイツ語教室の新しいクラスが始まりました~。

といっても、先生もメンバーもずっと一緒の方たちなので

慣れた感じで進められそうです。

帰りにクラスメート4人でランチをし、ハンバーグを食べました。

 

早いもので、教室に通い始めて2月で2年になります。

ドイツの居酒屋で、地元の人たちと

ドイツ語で語り合うというのが今の目標で、

それに向けて何をどのぐらいすればよいのか?

というのはまだまだ手探りです。

 

2006年のときには、知っている単語も少なく

現在完了形がほとんど使えなかったため

言いたいことを使える文法の範囲でドイツ語に変換するのに

すごく時間がかかってしまいました。

 

そうこうしているうちに、2杯目の1リットルジョッキが

どんどんぬるくなって、残念ながら飲み切れず!

 

次回(時期不明)は、ドイツの知識を織り交ぜて独作文して

笑いに包まれた雰囲気の中、4~5杯飲む地元の人たちと一緒に

ジョッキ3杯を目指しましょうかねぇ・・・。

うーん、ドイツ語とビール、どちらが先に達成できるか・・・。

 

♪LIVEのお知らせです♪

三遊亭遊史郎&YO-KOの「楽ぴー」
             @東京モダンホール
2月16日(土)  木戸銭 ¥1500 (御飲食別途)

新年「楽ぴー」第1弾!!
 「粗忽長屋」「蛙茶番」二席&ピアノ    

18:00開店
19:30 落語とピアノ   「粗忽長屋」
20:00休憩
20:30 落語とピアノ   「蛙茶番」
21:00頃 終演 ~打ち上げ

ご注文は、開演前、休憩、終演後に承ります。

東京モダンホール http://r.gnavi.co.jp/a002200/
     03-5634-1237

ご予約は
 ・mixi三遊亭遊史郎コミュニティ
 ・ようこ宛てmixiのメッセージ
 ・プロフィール欄に載っているniftyのメールアドレス
 ・お店の電話
にて受付中です。

ご都合がつきましたら、ぜひいらしてください。

ご質問がございましたら、遠慮なくメッセージください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

日本酒『奥の松』を楽しむ

昨年末、日本酒を頂戴し

ようやっと風邪の症状もおさまったところで

手作りつくね鍋と一緒に楽しみました。

 

その日本酒の方から

200字で忌憚のない感想を」というリクエストをもらっているので

チャレンジしてみました。

文末に出ているので、最後まで読んでくださいね。

 

Img_4130平成十八酒造年度

全国新種鑑評会金賞受賞酒

  

 

 

 

 

 

 

Img_4133

福島県二本松市の

『奥の松』

 

 

 

 

 

 

 

Img_41382_2

家にある枡とグラスを

組み合わせてみました。

これぞ、呑酒器(てんしゅき)?

 

 

 

 

Img_4142_2

しょうゆ味

たれを

作りました~。

つくねにも

火が通ったかな? 

 

 

では、最後に200字の感想を。

国語の問題を解いているような・・・。(^^ゞ

 

うっすらと黄色っぽい色をしたお酒を冷やし

て飲みました。すっきりした飲み口というより

は、米(山田錦)の甘みが凝縮されたような

濃い香りとトロッとした口当たり。しょうゆ味

のつゆに、しょうがの入ったつくねのピリ辛

味をやわらげる効果がありました。ただ、

酸味が欲しくなるため、意表をついてシメは

白ワインに。いずれにしても良質のお酒の

ため、翌日に体に残った感じがせず、米の

うまみを堪能できる一本でしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

和ガラスとドイツのたばこ包装

アルフィーの坂崎さんの趣味である、和ガラスコレクションが

渋谷のたばこと塩の博物館で見られるというので

寒い風がビュービュー吹きすさぶ中、行ってきました。

 

Img_4124

入場料はなんと100円!

常設展では

たばこと塩の展示が

見られます。 

 

 

 

昨年末からの展示企画だったので、早く行きたかったのですが

年始の風邪により、最終日の今日、

休養の予定を改め、急用として出かけた次第です。

Img_4123

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エントランスホールでのミニ企画ということで

ガラスケースに入ったコレクションが、彩りよく展示されていました。

アルフィーファンらしき人もちらほら・・・。

 

ウランガラスという淡い色の器は

暗いところで何かのライトを当てると、蛍光色に光ります。

ミニチュアのままごとセットでは、小さな皿やコップを見られました。

 

珍しいのは、醤油ビン。

しゃれた水色のビンだけでなく、

醤油製造過程で使われそうなを模したビンもあったりして

高級さでうならされる展示会とは別の

温かみのある展示品の雰囲気がよかったです。

 

また、器の説明書きは坂崎さんの言葉でした。

例えば、透明なガラスでできた、かわいい急須には

(正確な言い回しは忘れたけれど)「耐熱性大丈夫かなー?」などと

親しみやすい感じで面白かったです。(^-^)

 

こちらがリーフレットImg_4128

 

 

 

 

 

 

「墨田区の酒屋の次男坊として産まれた僕は、」で始まるテンポよい文章は、

「場所が場所だけに ”たばこ関係” のモノも探してみましたら、

灰皿など結構ありましたねぇ。(以下略)」

でシメるあたり、全体を見る坂崎さんらしい気遣いだなぁと思いました。

 

せっかくなので、常設展も見学しました。

世界中のたばこの包装を国別にパネルに整理してあるコーナーがあって

「ドイツ語読めるかなー?」と気軽なヘラヘラした気分で

ドイツ連邦共和国のパネルを探し、

その次にドイツ民主共和国(東ドイツ)を見ると・・・。

 

厚手の白い紙に鮮やかなインクによる

くっきりしたデザインのドイツ連邦共和国のたばこ。

薄手のべこべこした紙に、地味なデザインのドイツ民主共和国のたばこ。

 

同じ年代の品物かどうかは分かりませんが

ちょうどドイツ語のテキストで勉強したばかりの内容を

たばこの包装からも知ったことで衝撃を受け、

しばし・・・パネルを前に言葉もありませんでした。

 

こういう博物館もたまには訪れてみるものだなーと思った

寒風の吹く午後のひとときでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

ハンサムなへのへのもへじ

今日は天気予報どおり、朝起きたらが降っていました。

といっても、積もるほどの雪ではなかったので

雪に不慣れ、かつ出勤しないといけない私はホッ。

 

職場では、業務用の暖房でほかほかしていたので

暖房代を払ってもいいぐらいの気分になりました。(^^ゞ

 

雪の様子を気にしつつ、午前中の仕事が終わり

昼休みにとある窓を見ると、水滴だらけ!

外を見ようと思った人が、手でこすったところから

雪の様子を確認したりしました。

 

そして、何となく他の窓に目をやると、面白いもの発見~~。

なんと、へのへのもへじが描いてあったのです。

ふっくらとした顔に、りりしい眉毛とクリッとした大きな目。

へのへのもへじなのに!?なかなかの男前

思わず見入ってしまいました。

 

オフィス街だから、子供が描くわけないし

大人、しかも絵心のある人が急に描きたくなったのだろうか?

などと考えると、とても楽しくなって

午後は笑いをこらえながらの仕事となったのでした。(^v^)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

”ベルリンの壁”を知った日

今週は、無事にドイツ語教室に出席できました。

 

「東西ドイツが統一されるまでの歴史」が今回のテーマで

私も受験生のように、前日夜中まで

ウンウンうなりながら予習していました。

 

高校で世界史をやらなかったこともあって

歴史に対するベースがないため、知らない単語に圧倒されつつ

いつもは訳を書かない私も、訳をPCに打ち込みつつ、

年表らしきものを紙に書いて・・・などとやっていました。

でも、ドイツ語を勉強する人は知っておいた方がよい事柄ですね。

 

つたない書き方で恐縮ですが

1949年に東西ドイツ(DDR[デーデーエル]とdie Bundesrepublik)に分かれ、

1961年にベルリンの壁が完成し、

東西の経済格差やその主義の違いなどに言及し、

1989年11月9日にDDRの国境が開かれ(ベルリンの壁崩壊)、

1990年に一つの国になる歴史が書かれています。

 

そういったことを知り、家にあるTHE ALFEEのアルバム(JOURNEY)に入っている

『壁の向こうのFreedom---24th March,1989---』を

もう一度確認してみると・・・。

Img_41092アルバムについている

歌詞カードの一部

作詞:高見沢俊彦 

 

 

 

 

壁で分断された人々の苦悩が織り込まれた歌のように私は感じており、

ベルリンの壁崩壊の前から歌われていたという奇遇もあります。

 

今まで、タイトルの

1989年3月=ベルリンの壁が存在した時期

というリンクができずにいましたが

遅ればせながら、やっとつながった日となりました。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

二次会に合流

土曜日のLIVEの後、六本木から東京駅の新丸ビルに移動して

ようこ夫の学生時代からの友人たちとの

新年会(二次会)に途中合流しました。

 

ファミリー参加も多数あった一次会には参加できませんでしたが、

二次会では、6人で飲むことができました。

 

栃木から来た久しぶりに会う先輩、

日本酒の強ーーいようこ夫の同級生、

おととしドイツ旅行でご一緒した私と同い年の”同級生”、

そして、もう一人の仲間が、4月に結婚するとのことで

いつも落ち着いているその方が、うれしそうにしているのが印象的。(^-^)

質問しながら、ついついお酒がすすんでしまいました。(^^ゞ

 

きっと、ずっとこういう集まりが続いているのは

友達を大事にする人たちばかりなんだなぁーと思いながら

新幹線で栃木に帰る方に合わせてお開きに。

約一時間の参加でしたが、とても楽しかったです。

次の機会には、ファミリーの方たちにも会えますように。^人^

 

Img_41072_2

華やかな時間が過ぎ

今日はうちごはん

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

Cruz+上松美香LIVE【Cruz del Sur】1/19 六本木 STB 139)

1/19の六本木のSTB 139

今年のコンサート始めとなりました♪

年始の風邪の名残りで、が出たらどうしよう・・・と

参加がギリギリまで危ぶまれましたが

どうにか体が言うことを聞いてくれて、席に着くことができました。

 

STB 139は食事もでき、私は以前食べておいしかった

5種のチーズ盛り合わせ(ナッツとレーズンの入ったパン付き)を注文。

飲み物も、ノドに刺激を与えては・・・といいながら

アルコールは止められず、サングリアを選びました。

蘭やフルーツ添えの豪華な飲み物でした!

 

さて、お腹もノドも満足した後は、いよいよコンサートです。

Cruz+上松美香LIVE【Cruz del Sur】と題して

アルパ奏者 上松美香さんの他、

ギター、パーカッション、そしてベースが加わり

Cruzというユニットでの演奏となります。

 

南米生まれのアルパは、ハープより小さい楽器で

はじきかたや弦のおさえ方で、キラキラした音から太い音まで出ます。

試聴はこちらで。

 

以下、曲名が入ります。(ネタバレ注意)

 

今回の2部構成のプログラムは、

いつかピアノ、ドラム、ベースで弾けたらいいな、と思う曲が

3曲ほど入っていて、プログラムを見たときからこんな顔に。→(^-^)

 

南米の明るいイメージの『コパカバーナ』で始まったコンサートは

4人一緒の安心感がただよっていました。

次の曲では、リズムをとるのが非常に難しい

チック・コリアの曲(『アルマンドのルンバ』)を生で聴けて感激!

 

『ほたるゆき』を聴いたときには、

まるで夜の闇に吸い込まれそうな夜間飛行の最中のような・・・。

 

後半の『ヴィラの魔法』という曲は、生で聴くと

ボサノバ調のおしゃれな感じで、「いい曲~~」と改めて認識。

 

パラグアイの曲、『馬追いの少年』を聴いていると

いつも南米に行きたくなってしまいます。

 

コンサート後半は、超良席に座っていたファン仲間の方が

なんと席をゆずってくれて、楽器演奏の手元がよく見えました。

ありがとうございました。m(o)m

 

上松美香さんの人差し指と中指が、

フォークボールを投げるピッチャーのようにすごく広がるのに驚いたこと、

ギターの藤間仁さんの指がすごーーーく長くて、ひらひらと演奏していること、

パーカッションの山下由紀子さんが、素手でシンバルを叩いても痛そうにしないこと、

ベースの須長和広さん(今日もカッコよかったです)が

その容姿とは反比例!?するような、とつとつとしたしゃべり方だったこと、などなど

のステージならではの楽しさがありました。

 

いつもに増して複雑になったアレンジを堪能し、

また顔見知りになったファンの方たちにもご挨拶できて

楽しいひとときとなりました。

咳がひっこんでいてくれてヤレヤレです・・・。

 

Img_40982

フロントで

STBのチケットに

引き換えます。

 

 

このあと、東京駅方面まで出かけましたが

それはまた明日の日記にアップしまーす。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

春のような暖かい『白鳥』

今週の仕事は昨日まで3日間無事出社し、

今日は毎月行っているところでピアノ演奏始めでした。

 

仕事の翌日のボランティアは、練習時間の確保が難しく

こういった場合は、練習より先にプログラムを送り

「送ったものは弾けるようにしよう!」

と、非常に短い練習時間に集中的に仕上げる方法をとっています。

 

久しぶりに冬にちなんだ曲を選び、

電子ピアノのよさが生きる

サン=サーンスの『白鳥』をSTRINGSの音色で演奏です。

 

外は寒くても、部屋の中は春のような暖かさ。

演奏中に、目の前の人が気持よさそうに熟睡するのを

思わずニコニコしながら見てしまいました。

 

「今、リハビリが辛いけれど、音楽を聴いてがんばろうと思ったp(^-^)q

という感想を伝えてくれた方もいて、私は

「はい、私も70歳になって『タイタニック』の主題歌を

ここで弾けるように、ずっとがんばります」

などと答えて、ピアノコンサートはお開きとなりました。

 

今回は、足をばたつかせた準備となりましたが

とにかく、風邪もおさまって

ボランティア始めを迎えられたことにほっとしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

キンガクをホンヤク

15日が私の仕事始めでした。

会う人会う人に

「本年もよろしくお願いします~」

とあいさつすると、やや季節ハズレっぷりに驚きつつも

みんながにこやかに返事をしてくれるのがうれしかったりする

おだやかな出だしとなりました。

 

そうした中、昨年12月にひらめいて

風邪をひいた勢いですっかり忘れていた

”支払い金額のドイツ語翻訳”を再開

 

もともとは、コンビニの外国人店員が

「なんびゃくなんじゅうなんえんです!」

と読み上げるのを聞いて

ドイツ語でこれが出来たらすごいなーと思いつき

財布の小銭を探す時間に、頭の中で翻訳していました。

 

・・・というのを、仕事帰りに明日の朝食パンを買っている時に

突然思い出したというわけです。(^^ゞ

 

今回は、ドゥライフンデルトゥズィーブンウントフィアツィッヒ 円。

答え=dreihundertsiebenundvierzig(300 7と40=347)円 でした。

店員になるには無理なスピードですが・・・。

 

こんな感じで準備運動をして、ドイツ語の授業に出たいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

新学期みたい!?

●日曜日

 ピアノ教室始め。

 新年早々、ドイツ語とボランティアをいきなり休んでしまったため

 ピアノ教室にも行かれなかったらどうしようと、ヨワヨワな気持に・・・。

 しかし、何とか練習した状態で行くことができて

 ハードルを乗り越えた気分。

 

●月曜日昼間(成人の日)

 火曜日から仕事が始まるので、新宿でいろいろと買い物。

 残りわずかだったコンタクトレンズ液

 風邪の水分補給で大量消費したお茶の葉などなど。

 新宿を歩いている時に、背中がシャキッと音を立てたような・・・?

 

 晴れ着姿の人がたくさんいると思いきや、

 式典の最中だったのか、一人だけしか見かけなかった。

 

●月曜日夜

 翌日の準備。

 仕事に必要な品々をカバンに詰める。

 あーそうだ、どんな服を着ていけばいいかな・・・とスーツを点検

 ということは、どのが合うのかな???とチェック。

 

 サイフの中味もチェックし、

 何時の電車に乗るのかをインターネットで調べ

 明日の朝のためのパンとコーヒーを確認。

 

 お正月の生活でがきつくなっている可能性があるけれど

 今さらどうしようもないので、この件については未試着。

 明朝、何がなんでもがんばって着ればよいのだ・・・ということで。

 

さて、張り切りすぎて風邪がぶり返さないように

そろそろ寝ることにします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

根菜づくし

このところ、手料理から遠ざかり気味でしたが

何となくじっくり煮込んだ根菜を食べたくなり、

ごぼうのしょうが煮を作りました。

 

牛肉、ごぼう、しょうがのせん切りを

砂糖、酒、しょうゆでじっくり煮込んだ料理です。

Img_4089_2

 

 

 

 

 

 

 

 

ごぼうは下ゆでも合わせて30分以上煮たからか!?

想像以上にやわらかく、

しょうがはピリピリすることなく、おだやかに広がり、

見た目の濃さよりは薄味に仕上がりました。

多めに作ったら、明日のストックもできました~。

 

こちらは、大根のぬか漬け。

帰省の際にもらった大根を自家製ぬか床に24時間漬けてみました。

気軽にポリポリかじれる一品。

Img_40932

左上の

きのこの佃煮も

自家製です。

 

 

 

 

このほかに、ジャガイモとほうれん草のみそ汁、めかぶ納豆など

久しぶりに手料理を作れる喜びを味わった夕食となりました。

 

レシピ参考:千趣会 おばんざい12 ごぼうのしょうが煮

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

昼間のぜいたく

家で静かにしている毎日の中、

昨日は久しぶりに電車に乗って

友達と新宿でおいしい和風ハンバーグを食べました。(^-^)

おしゃべりと食事で栄養補給した気分です。

 

ところで、風邪をひくと、家事の目の付け所も変わってくるのか

あんなにおっくうだったふとん干しなどを

嬉々として励行する自分に笑いがこみ上げてきます。

 

洗濯も「日光に当てないと~~!」と

普段よりむしろマメにするようになり、

この心がけをずっと維持していたいものです。

 

そして、テレビのニュースを見る機会も激増です。

米大統領選(予備選)、国会の法案可決の流れ、

老舗メーカーの社名変更、高校生のプロゴルファー転向、

私にとっては、今が一番ニュースに詳しい時期だったりして・・・!?

 

といっても、来週から仕事が始まるため、また生活の時間配分が変わりそうです。

そう思うと、日中にふとんを干したり、ゆっくりニュースを見る時間は

とてもぜいたくなのかもしれません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

内科にかかるまで

こんにちは!久しぶりのブログ更新です。

 

帰省から戻り、が出ること2日。

市販薬でやっと熱が下がったら、土日ににきて

しつこくしつこく居座られ、少々寝込んでいました。

ご心配をおかけしました。今もにおいをかぐのに困りつつも、だいぶよくなりました。

 

帰省先の人々は、そろって胃腸をやられて寝込んだそうなので

今回、胃腸をやられなかっただけでも

良しとしなければ・・・というところです。

 

さて、息苦しーーーーい土日をカウントダウン状態で過ごし

週明け月曜日に近所の医院に行こうとしたところ

ちょっと大変でした。(^^ゞ

 

一軒目:子供の頃からお世話になっている耳鼻科

 診療開始前に着いて、ドアの前で

 「いっちばんのりーーー♪」

 と、小躍りしたら、張り紙が目に入る。

 ”急用のため、本日お休みします”

 

 ・・・。

 30年余り、行こうと思って休みだったのは初めてでした。

 鼻の中を洗ってもらって、すっきりする願いがかなわず。

 

二軒目:駅に隣接している内科

 健康診断で行ったことがあるので、行こうとすると

 ちょうど出勤時間帯で、内科のある階まで

 エレベーターに乗れなくなる事態発生!

 階段を駆け上がる意気込みもあったものの、場所が分からない・・・。

 

 出勤の波が収まるまで待てばよいと思いつつ

 「これから仕事をしようという人たちの中に混じって

 バイキンをばらまいてもいいものだろうか・・・」

 急に気分がナエてきて、三軒目へ。

 

三軒目:地域密着の内科

 いつも皮膚科でお世話になっている医院に

 内科があることを思い出し、移動。

 

 約一時間待って、おだやか~な先生に病状を説明して

 薬を処方してもらえたら、治ったも同然。

 マスク着用をすすめられました。

 

マスクというと、ガーゼの二次元的なものしか知りませんでしたが

今は、立体的な使い捨てのマスクが気軽に買えるんですね。

 

ノド元ならぬ、鼻元過ぎれば忘れてしまいそうな健康のありがたみ。

今年は忘れないでいたいものです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

23区の福袋

物の整理の苦手な私は、福袋を買うのも気が進まないのですが

ある年、いわき市の初売りで福袋を買ったところ、気に入る服が入っていて

それ以来、1個限定で買ってよいことにしています。

 

今年は、ショッピングセンターに入っている

オンワードの『23区』で買いました。

新宿のデパートで見かけるたび、高嶺の花に思えるブランドです。

 

最後の1個を通りがかりの人に勧めているおねえさん。

サイズを聞いたら、スカートがピッタリで上着は1サイズ上でしたが

「まあ、福袋だし、細かいことは気にしないようにしよう」

と一万五千円を奮発です。

あー、ようこ夫にお金を返さないと・・・。

 

全部で4着あったうちの一部を紹介します~。

撮影は物の整理の都合上、重要な工程なのです。(^^ゞ

Img_4066

滝のような

スカート

ピアノを弾くときによさそう。

 

 

 

 

Img_4071

グレーの

半袖カットソー

通勤に着ようかな。

 

 

 

 

総額5万円超の福袋となり、

また来年もいわきで買おうかな~とやる気を出しています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

2008年、年末年始日記

あけましておめでとうございます。

12/30から1/2まで、恒例のコースとなりつつある

犬吠埼経由でようこ夫の実家に帰省していました。

 

今回、なんと出発前にカーナビ故障が判明!

CDも×、かろうじて、ラジオとテレビの音声だけが聞こえる状態です。(^^ゞ

走行中どこを見てよいやらで、車の助手席でつい寝てしまったりも・・・。

 

Img_4001

ホテルでの部屋食

ごちそうが楽しみ

 

 

 

 

Img_4005_2

つみれ鍋

 

 

 

 

 

 

旅の2日目は、青空が広がりました。

Img_4011

犬吠埼灯台

 

 

 

 

 

 

 

Img_4014

海辺のホテルに宿泊

 

 

 

 

 

犬吠埼マリンパークに行って、癒しのひととき~。

Img_4019_2Img_4024_2

 

 

 

 

 

 

こちら、犬吠駅Img_4025_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常磐道をスイスイ通って、福島県いわき市に到着。

大みそかのこの日には、いわき市に住む家族たちがやがやと集まり、

いつも元気な姪2人が早速、気合満々で遊んできます。

 

大人たちとの乾杯もそこそこに、

しばし、料理やスイーツの絵を描きあいます。

いつもならそこで寝てしまうところですが、

今年は折り紙大会が始まり、鶴を折ったりして遊びました。

 

いつもならそこで寝てしまうところですが、

今年はさらに勢いがついて、小学生の姪の創作による

「母が子を想う気持ち」をテーマにした即興劇をすることに!

 

帰省先で、劇。

大人たちが楽しそうに酒盛りをする中、芝居をしていた私でした。

けっこう面白かったりして。

 

夜中は、高校生の甥っ子を中心に

高校生活の悩みやあけおめーるの話などを。

久しぶりに開ける高校時代の引き出しは、ちょっと新鮮ですね。

 

元日は、家族一同で地元の神社に初詣に行き、

初売りで福袋を買ったりする、お正月らしい一日でした。 

 

そして最終日。

たくさんのお土産をもらって、早めに帰路につきました。

畑のゆずを収穫Img_4059

 

 

 

 

 

 

出来たての首都高 山手トンネルを通る予定でしたが

途中が渋滞したため、時代劇のテレビ音声を聞きながら

早々に首都高をおりて下道を利用しました。

次回帰省までには、カーナビを直さねば~~。

 

予想通り!?、年始早々盛りだくさんになりましたが

今年もブログ、本人ともどもよろしくお願いいたします。(^v^)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »