« 『マウストラップ』(11/3マチネ) | トップページ | はるぷいんぜる »

2007年11月 4日 (日)

華麗なる!?中国風蒸しもの

午前、ピアノ教室に無事に楽譜を提出し、

帰りに新宿のデパートで、新鮮なかれいを買いました。

切り身ではなく、丸ごと買うのはいつ以来だろう・・・?

 

いつもは即決の私としたことが、調理法で悩みに悩み、

煮つけと蒸しもので迷った結果、中国風蒸しものに決めました。

 

かれいを蒸し器の大きさに合わせて切り、

酒、しょうゆ、しょうが汁、塩、こしょうを混ぜた

たれにつけます。

Img_37242 

 

 

 

 

 

5分ほどつけるそうですが、いろいろやっているうちに、

10分が経過し、15分が・・・。(^^ゞ

 

続いて、仕上げにかけるネギを水にさらしま~す。

Img_3729 

 

 

 

 

 

蒸し器にお湯を沸かし、湯気が出るのを待ちます。

強火で10分間蒸し、先日ゆでておいたほうれん草をのせます。

Img_3733

さらに10分、

蒸します。

 

 

 

 

 

その間に、仕上げにかける油を作りましょう。

Img_3734しょうがを

ごま油で炒めて

香りを出します。

 

 

 

そうこうするうちに、蒸しあがりました。

Img_3737

ほうれん草が

くたくた

 

 

 

 

 

鍋のヘリと皿が近すぎ、手が入れられず

トングで別の食器に移しました。(^^ゞ

 

ほうれん草に水気を切ったネギをのせ、

ごま油にしょうゆとこしょうを加えたものをかけると・・・。

Img_3739_2

ごま風味

 

 

 

 

 

 

思ったよりも身が厚く、ネギとごまの風味がよく合い、

最後の最後まで、しつこく身を探してしまいました。

 

ちょうど、テレビでフィギュアスケートをやっているところで

かれいをつつきながら、華麗な舞も楽しんだ夕食でした。

 

レシピ参考:千趣会 素材クッキング3 かれいの中国風蒸しもの
        花にらをほうれん草に変更しました。

|

« 『マウストラップ』(11/3マチネ) | トップページ | はるぷいんぜる »

コメント

中国風という発想がいいですね。
かれいというと煮付けるかから揚げにするかでしたから。
和風の煮付けだとボリュームが欲しい時に物足りない、
から揚げだとカロリー高すぎ、と思う時に良さそう!
でも蒸し器のない我が家(^^ゞ さてどうやって作ろうかな?

投稿: lilac | 2007年11月 5日 (月) 10:00

ふむふむ、あまり手間もかからず作れそうな感じで美味しそうね。
普通のかれいの煮つけとはひと味違いますかな?
魚を食べる時に「しつこく」身を探す、分かりまーす。
ワタクシ、魚をむしるのってなかなか難しい作業だと思っています。
「かれいはう まい 。かれいな まい 。」な日でしたね。

投稿: くらげちゃん | 2007年11月 5日 (月) 14:39

あぁ、かれいの蒸し物、美味しそう♪
さっぱり+コクのあるタレで
ご飯がすすみそうだね☆
今夜は、家もお魚料理にしようかな^^

投稿: うさちゃん | 2007年11月 5日 (月) 15:26

お久しぶりですw
常連さんのコメントなつかしいです★

このかれいちゃん、裏は何色でしょうか?裏も同じでしたね。
ようこさんは何でも研究熱心ですね。
デパートでお魚買うんですね。

我家は今日はあじフライです。

投稿: Sooまま | 2007年11月 5日 (月) 16:04

>lilacさん
まさにおっしゃる通り、あっさりと揚げ物の中間という感じの味でした。
かれいは意外と長くて、我が家の蒸し器でも切り身にしてから蒸しました。(^^;
電子レンジをうまく活用すると、蒸した味ができるかもしれませんね。

>くらげちゃん
>>「かれいはう まい 。かれいな まい 。」な日でしたね。
面白~い!そこまで考えずにタイトルにしました。(笑)

蒸しものは、煮付けに比べて味が薄いというか
ごま油のたれを好きな分だけつけられるので
自分で味の濃さを調節できますね。
それと、身がふっくらしているように思いました。^^

投稿: ようこ | 2007年11月 5日 (月) 20:49

>うさちゃん
どうもありがとう。
我が家はやたらと魚料理を食べるので、調理法に苦心します。(^^;;
やはり、いつもよりもご飯の進みが早くて
もっと炊けばよかったかなーという感じでした。

>Sooままさん
お久しぶりです!今も見てくれていてありがとうございます。

アジフライというと、たまに行く居酒屋でよく頼みます。
かれいの裏側は、色白さんでした。(←こっちを表だと思っていた)
デパートだと魚屋さんと話をして買えるので、わざわざ行ったりするんです。(^^)

投稿: ようこ | 2007年11月 5日 (月) 20:54

正統な料理と思わせてカレー味にしてみました、
というオチであることをちょっとだけ期待しました。
期待は外れましたが(笑)、とてもおいしそうですね。

投稿: けいいち | 2007年11月 5日 (月) 23:42

>けいいちさん
カレー味のカレイ!!言われるまで思いつきませんでした。(笑)
でも、かれい自体は淡白な味なので
カレー粉で味をつけても合いそうですね。

投稿: ようこ | 2007年11月 6日 (火) 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/16978106

この記事へのトラックバック一覧です: 華麗なる!?中国風蒸しもの:

« 『マウストラップ』(11/3マチネ) | トップページ | はるぷいんぜる »