« 土佐の新高梨 | トップページ | スイート・テン・チャイニーズ »

2007年10月26日 (金)

『東儀秀樹』(10/25 六本木STB)

仕事が終わって、ふらりとLIVEに行く・・・というのを実現したくて

(ふらりではないけれど)六本木スイートベイジルに行きました。

 

歩いても6時半過ぎに到着する予定が

仕事先にFAXの原紙を忘れてしまったり、

道を間違えて、六本木の隣りの麻布十番駅に出てしまったり・・・と

いろいろあって、席についたのが7時10分頃。

開演が7時30分予定だったので、ギリギリセーフ!

 

レストランとライブハウスが合体したようなこの会場では

開演前に、食事などをゆっくり楽しむのもまたおしゃれな過ごし方です。

開演まで時間が少なくなっても、せっかくなので

ビールのハーフ&ハーフとシーフードのスパゲッティを食べました。

ほどよいアルデンテでした♪

 

25日の出演者は、テレビでも見かける東儀秀樹の他、

きっと知る人ぞ知るであろう、

そうる透(ドラムス)、原田喧太(ギター)、

六川正彦(ベース)、河本慎一(キーボード)。

 

私は雅楽の楽器と洋楽器とのコラボに興味があったのと

そうる透のドラムスを間近で観たくてチケットを買っていました。

いつもアルフィーのコンサートの3万人の遥かかなただからねぇ・・・。

 

雅楽の楽器をあつかう東儀秀樹の音楽を生で聴くのは初めてで

15分押しの開演を待っていると・・・。

今まで見たことのないオーラをまとった東儀秀樹が舞台に出てきました。

以下、MCや曲名のネタバレを含みます。

 

篳篥(ひちりき)の音色は、サックスにも似ているように思いました。

洋楽器に、輝くようなサックスの音が加わって

LIVE前半は、湘南の海岸をサックスのCDをかけながらドライブする感じ。

聴き慣れたドラムスのおかげで、曲を知らなくても安心感がただよいます。

 

ところで、東儀秀樹は、何でも器用にこなす方なのでしょうか?

赤いエレキギターを弾いたり、も歌ったりで

予備知識のなかった私はビックリ!!

 

学生時代に聴いた『TIME AFTER TIME』も篳篥で演奏されて

思いがけない選曲に喜んでしまいました。

 

客席には、東儀秀樹の熱心なファンと思われる

”マダム”という言葉がぴったりのキレイな方たちがいて

楽器の手元を順番に見ていく私とは異なり、

じぃーーーーーっと東儀さんを見ていました。

何でもこなして、気さくそうなところが魅力?

 

そういった人気がある方も、MCで

「ポピュラーができるのは、古典に敬意をはらい、古典を大切にしているから」

という主旨のことを言っていたのが印象的でした。

 

アンコールを含めて2時間半近く、

技術力、サービス精神、そしてオーラにあふれたLIVEでした。

|

« 土佐の新高梨 | トップページ | スイート・テン・チャイニーズ »

コメント

東儀さんのライブなのに、そうるさんのドラムスを聞きたくて
行く人はそんなにいないのでは、と思います。
(でも私もそちらに行くだろうなぁ)
まして楽器の手元を見ている人はようこさんぐらいかもしれませんね。
さすがマダムキラーな印象の東儀さん、おばさまのファンが
多いのでしょうね。

地方在住のALFEEファンには仕事が終わってアルコンという
事は不可能ですし、こうして楽しめるのは良いですね!!

投稿: lilac | 2007年10月26日 (金) 13:06

STBに行かれるとの事だったので、てっきりジャズ系かと思っていたら…東儀さんだったのですねー。ビックリ
東儀さんは音楽を理解し愛している方という印象があります。
良かったですね~間に合い、そして楽しい時間だったようで!


投稿: Polo | 2007年10月26日 (金) 15:26

>lilacさん
いや~~、びっくりでした~。<マダムキラーぶり
そうるさんのドラムは、顔が見えるように透明な材質でできていました。
声もマイクで拾えていたので、初生声も聞けました。(^^)

せっかくあちこちでLIVEをやっているので、たまには足を運ぼうと思います。^_^
(結構体力勝負!)

>Poloさん
STBは、開演前から特別な時間を過ごす感じでいいですね~。
ジャズライブには行ったことがなく、どれを選んでよいやら・・・なので
分かりやすいところから入りました。
東儀さんの音楽は壁がなくて、選曲の幅が広いと思いました。

投稿: ようこ | 2007年10月26日 (金) 18:39

東儀秀樹のアルバムはひとつしかもってなくってそればっかりを聞いていますが、

なんと!そうる透!ヽ(^o^)丿オレも大好きですよ。

投稿: Bonzo | 2007年10月26日 (金) 21:30

>Bonzoさん
そうですか、アルバムを持っているんですね~。
(私は持っていないもので・・・^^;)
そうる透、改めていいなーと思いました。

投稿: ようこ | 2007年10月26日 (金) 23:42

東儀秀樹さんすてきですよね。
TVで観ただけですけれど、いやされました。
雅楽の楽器って不思議な力がありますね。

きっと、すてきなコンサートだったでしょうね。
とおるさんが近くでみられたのも、おいしいですね。(^-^)d

投稿: ころぼっくる | 2007年10月27日 (土) 23:17

>ころぼっくるさん
東儀さんは、1959年生まれとは思えない若々しさでした!
私は珍しい楽器が好きなので、生で聴けてよかったです。

アルフィーの『My Truth』っぽいオリジナル曲があって
そうる透さんのドラムスが心地よかったです。

投稿: ようこ | 2007年10月28日 (日) 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/16875561

この記事へのトラックバック一覧です: 『東儀秀樹』(10/25 六本木STB):

« 土佐の新高梨 | トップページ | スイート・テン・チャイニーズ »