« 秋色の靴 | トップページ | 土佐の新高梨 »

2007年10月23日 (火)

『三遊亭遊史郎の会』(10/22)

10月22日に、池袋の東京芸術劇場小ホール2にて

『三遊亭遊史郎の会』が開かれました。

クラシック系のリサイタルがご縁で知り合った、寄席好きのは ちさんと一緒に参加です♪

 

演目(題名が分からないものもあります)は以下の通りです。

●神田 蘭(前座)

ご時世を反映して、相撲の講談。

薬箱みたいな机をパンパンとたたいて、

ユーモラスな相撲の取り組みを表現していました。

 

●春風亭柳太郎

昨年11月に、『尻餅』という噺を聴いたことがあります。

2007年5月に真打昇進したとのこと。

ついつい本音が見え隠れする、どこか変な!?

結婚式のスピーチを繰り広げる新作落語でした。

親しみやすい人柄が伝わってきました。

 

●春風亭昇太 『人生が二度あれば』

「笑点」に出演中の春風亭昇太師匠の生落語を初めて聴きました。

おじいさんが

「人生が二度あれば、あのときの状況をもっとよくすることができたかもしれない」

だったら・・・と、時間を巻き戻す噺。

「ああすればよかった、こうすればよかった」・・・と悩むタイプの人には、

生き方の一つの回答になりそうです。

噺の構成がしっかりしていて、動きも大きく

演劇を観ているような気になりました。

 

●三遊亭遊史郎 『野ざらし』

しゃれこうべを丁重にあつかうと、美しい幽霊が出てくる・・・という話を聞きつけ、

釣り用具を持って、しゃれこうべを釣りに行く(一見怪談風だが)とぼけた噺。

 

普通の釣り人と、しゃれこうべを釣る主人公の対比がなんとも可笑しく、

また、歌の見せ場もあって楽しめました。

ホールの音響も声が聴きやすくてよかったです。

 

休憩をはさみ・・・。

●ぴろき ギタレレ漫談

日常のさりげない出来事を、ギタレレをジャララーンと鳴らしながら語ります。

浅草の寄席などでも観る機会がありましたが、あの脱力感が面白いっ。

 

●三遊亭遊史郎 『味噌蔵』

味噌蔵のドケチな主人が留守の間に、使用人たちがこっそり宴会をする噺。

客席の多くの人がツバを飲み込んだに違いない、グルメ~~な内容です。

豆腐の田楽、鯛の塩焼き、蛸の酢の物、里芋(の煮付け)、ぶりの照焼き、がんもどき・・・。

 

短時間での人物の演じ分け、食べ物のおいしさ、日本酒の飲みっぷりなど

古典落語の見せ場たっぷりの作品。

クラシックのピアノソナタを思わせる

大作への取り組みに、思わず見入ってしまいました。

 

終演後、おいしいビールを飲んで帰宅。

いっぱい笑ったことだし、今夜はよく眠れそうです!

|

« 秋色の靴 | トップページ | 土佐の新高梨 »

コメント

今回は楽ぴーではなく、聞き手側だったのですね。
純粋に楽しめるでしょうしストレス解消になりそう!

味噌蔵なんてお噺があるんですね。
ちなみに金沢には味噌蔵小学校なんて名前の学校があります。
学校になる前は味噌蔵でも建ってたのかなぁと改めて考えてみたり…。

投稿: lilac | 2007年10月23日 (火) 10:04

お疲れ様でした。
会場の音響も良かったし、大きな高座で所狭しと動かれていた遊史郎師がとても活き活きと見えました(^0^)

八五郎の釣りシーンの弾けっぷりは半端じゃなかったですね(^0^)

投稿: 政之助 | 2007年10月23日 (火) 12:30

昨夜はご来場ありがとうございました。 
打ち上げも楽しくとても良い一日でした。 
芸術劇場はきれいだし駅から近くて便利なので 
これからも会を続けていきたいです。 

投稿: 三遊亭遊史郎 | 2007年10月23日 (火) 12:55

昨日はお疲れさま&ありがとうございました。
ようこさんと師匠方のおかけで楽しい時間を過ごすことができました。
そして、ようこさんのビールの飲みっぷりにも感動でした!

投稿: はち | 2007年10月23日 (火) 14:08

柳太郎師匠の噺は、
元の師匠である故・春風亭柳昇師匠作の「結婚式風景」だと思われます。
新作が継承されることは珍しいので、
非常に喜ばしいことだと思います♪

投稿: 有賀亭 頑馬 | 2007年10月23日 (火) 23:05

>lilacさん
この催しは、夏イベのようなもので、遠方からもお客様がいらしたようです。(^o^)
最前列の正面に座ったので、楽ぴーとは別角度でゆったりと楽しめました。

小学校の名前に”味噌蔵”がついているなんて、風情がありますね!
思わずホームページを検索してしまいましたよ~。

>政之助さん
多くのお客様の中、お会いできてよかったです!
高座が大きくて、声もバンバン響いていましたね。

釣りのシーンは、本当に釣堀があるように見えました。(^^)v

投稿: ようこ | 2007年10月24日 (水) 01:35

>三遊亭遊史郎師匠
今回初めて会に参加させていただきました。
とても良い雰囲気の会で、いろいろとお世話になりありがとうございました。

芸術劇場は、クラシック、ミュージカルだけでなく
落語もできることがわかりました。(^^)
どうぞ末永くご活躍ください。

>はちさん
思いがけず、お酒の席をご一緒できてうれしかったです。
ビールのピッチャーをジョッキと間違えないように気をつけて飲んでいました。(笑)
これからもどうぞよろしく!

投稿: ようこ | 2007年10月24日 (水) 01:40

>有賀亭 頑馬さん
久しぶりの演目解説、ありがとうございます!
新作の継承という場に居合わせたことが分かり、うれしいです。
ちょうどこの時期に結婚式を挙げたこともあり、楽しんで聴けました。

投稿: ようこ | 2007年10月24日 (水) 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/16845263

この記事へのトラックバック一覧です: 『三遊亭遊史郎の会』(10/22):

« 秋色の靴 | トップページ | 土佐の新高梨 »