« 七輪に感謝しよう | トップページ | 抹茶と北京のビール »

2007年9月14日 (金)

グリルそうじ

最近、危険物の試験で化学系の勉強をすることが多く、

ノートをまとめるのにも飽きてきた頃、

ガスコンロのグリルそうじを始めました。

 

Img_3540 グリル用の石が

魚ので真っ黒!

 

 

 

  

石は固まってしまい、普通の力では取れません。(^^ゞ

ほったらかしてしまったのを反省・・・。

 

アブラを溶かすため、お酒(アルコール)をかけてみたところ

だいぶ石がゆるんできたので、

どうにかこうにか、石を取り外すことができました。

 

中の汚れを何度も拭き取ると

やっと、この状態になりました。

Img_3542 

 

 

 

 

 

 

この後、前からやってみたかった

『重曹生活のススメ』に出ていた、重曹の使い方を実践です。

Img_35442

雪山に見える・・・。

 

 

 

 

 

 

重曹(炭酸水素ナトリウム)は、

消火器の消火剤にもなっていることが今回の勉強で分かり

グリルに入れる後押しとなりました。

 

この写真では、食品として認可されていないグレードの重曹を使っていますが

食品添加物として認められている物を使ってみたいです。

 

魚を焼いたの重曹です。

Img_3546白いまま!

魚から落ちた脂は

固まっていました。

 

 

 

 

化学の世界は奥が深そうで、その一端をチラッと見た気持ちです。

またを焼く日が楽しみです。

|

« 七輪に感謝しよう | トップページ | 抹茶と北京のビール »

コメント

お掃除というか化学実験という感じですよね。
この程度のものなら私もやってみたいな。
でも魚を焼くときに石を使ったことがないので
(いつもそのままです)
先ずはここまでほったらかしにするのが大事かしら(笑)

ようこさんだと語学より化学の勉強をするほうが
好きなんじゃありません?
それとも同じくらい好きなんでしょうか。

投稿: lilac | 2007年9月14日 (金) 08:45

>lilacさん
石をほったらかしにするのは、オススメできません。(笑)
ビニール袋を二重にして手にはめて、小一時間かかりました。>_<

語学と化学、どちらがどう、というのはないのですが
文法や化学反応の理屈をきっちり知りたい、という気持ちは共通していますねぇ。

投稿: ようこ | 2007年9月14日 (金) 22:58

グリルのお掃除も、
ようこちゃんのてにかかると
化学の世界に誘われるところが
なんとも、おもしろいなぁ~^^
グリル用の石は、使ったことが
ないのだけれど、敷いておくと
やっぱり、違う?

投稿: うさちゃん | 2007年9月15日 (土) 02:02

>うさちゃん
不思議な世界をうまく表したコメントだぁ!(パチパチ)

そのままで使ったのははるか彼方なので、
もはや比べられないのだけど(笑)
グリルの石をきちんとかきまぜたりすれば
毎回グリルの水を捨てて・・・といったのからは解放されるよ。

投稿: ようこ | 2007年9月15日 (土) 13:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/16440190

この記事へのトラックバック一覧です: グリルそうじ:

« 七輪に感謝しよう | トップページ | 抹茶と北京のビール »