« 『高見沢俊彦 Kaleidoscope~天使の狂宴~』(8/19 有明コロシアム) | トップページ | 仕事再開 »

2007年8月21日 (火)

夏休み最後に考えたこと~ドイツ語会話について~

人と話すと、考え方が整理されることがあります。

昨日のドイツ語教室の帰りに

クラスメートとカレーを食べながら、そんなことを思いました。

 

会話クラスの内容が徐々に難しくなってきて

自分の中で何を重視して伸ばしていけばいいかなぁ?

という問いに、今の私は何と答えるか・・・。

 

私が習い始める前には、漠然と

1.正確な文法でサッと独作文
2.発音
3.語彙の豊かさ

といった力がつけばいいな、と考えていました。

 

でも、毎週クラスで会話練習していると

ペーパーテストに向かって話しかけるワケではないので

たとえ正確な文法だったとしても

仏頂面だったりすると、会話としてどうもよろしくない。

 

間の取り方、話す内容、その人のかもし出す雰囲気

そういったものが複雑にからみあって

会話が成立するような気がしてきました。

 

そして、授業の中で、先生に日常の出来事を話す際、

このブログで書いた日本語を

無意識に独訳していることも分かりました。

 

例えば、私の日本語のクセでよく使う

「~ので」という理由をあらわすweilを使った文章を作るのは

あまり苦にならなかったりします。(^^ゞ

 

むむむ、となると、日本語で語れない内容を

ドイツ語で話すことは非常に困難と思われます。

歴史とか、文学とか・・・。

 

ということで、今の優先順位を考えてみました。

1.日本語で作文&語彙の増強
2.会話をしたいと思える雰囲気
3.正確な文法でサッと独作文
4.ドイツ語の語彙の豊かさ(科学技術世間話部門)
5.文法を重視したため、流暢にいかない発音

うーむ、日本語の会話と本質的にはあまり変わらない

結果になってしまいました。

 

こういった優先順位は、時が経てば変わるものですが

何かしら自分の中で考えておくと

あれもできていない、これもできていない、などと

あわてなくてすみそうです。

 

・・・という風にブログの内容をまとめながら歯医者から帰ると、

宅配便の人が、不在通知をポストに入れるところでした。

 

名前を名乗って荷物を受け取ると、宛名ラベルには”酒”

知人からの快気祝い(信州のお土産)でした。

 

タイミングがタイミングだけに、

こうした温かいコミュニケーションを経験することで

よい会話ができるようになったらいいなぁ、と思いました。

 

Img_3448

ワインボトルのような

きれいなお酒を

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

Img_3453もう一本、”アルプス正宗”の

版画が味わい深いです。

|

« 『高見沢俊彦 Kaleidoscope~天使の狂宴~』(8/19 有明コロシアム) | トップページ | 仕事再開 »

コメント

ほんとにそうですね。
英語を習ってる私にもあてはまります。
コミニュケーションなんですよね。
いろんな事を考えてるようこさんに
いつも感心します。
会話は、話題が豊富なほうが楽しいので
ニュースや歴史・政治・趣味など
(音楽もねっ!)
興味をもって暮らさないとな~
なんて反省です。
好きな事しかしないので・・
文章読んでたら
落語の影響もありかな~って
いう雰囲気を感じました(笑)


なんか冷してスッキリ飲めそうな
日本酒ですね~
おいしそ~~~♪

投稿: naooba | 2007年8月21日 (火) 23:35

>naoobaさん
書きたいことを書いているのに、恐縮です。
#なるほど、最後のあたり?は、落語の影響があるかもしれないですね。

会話は、何語であっても物を知っているのに越したことはないというか
アンテナを高くして、いろいろなことを話せたらいいなと思います。
(全部は無理なので、できそうなところから手をつけようかと・・・:笑)

日本酒を飲むのが楽しみです~。

投稿: ようこ | 2007年8月22日 (水) 00:32

会話は「場数」と「慣れ」だと思っていますw
どんなに文法知ってても、しゃべれなければコミュニケーションが成り立ちませんし・・
日本人に多いんですってよ。
ペーパーテストやらせると一番なのに、しゃべらせるとダメって人。
って誰だ?あたしだ!w
未だに話すときは眉間にシワを寄せてしまいます。
今回も学校で苦戦しておりますwwwww
日本語をそのままドイツ語に置き換えても通じないこともままあり(涙
独語道はつづくよどこまでも・・

投稿: そのまんま | 2007年8月22日 (水) 03:45

>そのまんまさん
なるほど、聞き取りや間の取り方など、得るものが多そうです。<「場数」と「慣れ」

香港の入国審査のところで話したドイツ語圏の人たちに
「日本人は広東語が分かるのか?」
と聞かれ、
「漢字の意味は何となく分かるけれど、発音を知らないので
話すことも聞くこともできない」
と、とっさに答えられなかったのを思い出しました。
(15分ぐらい時間があれば・・・w)

今さらですが(^^;ペーパーテストと会話って
ものすごい壁があるなーと思うようになりました。
今度会ったときには、独語道の経験談を聞かせてください。

投稿: ようこ | 2007年8月22日 (水) 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み最後に考えたこと~ドイツ語会話について~:

« 『高見沢俊彦 Kaleidoscope~天使の狂宴~』(8/19 有明コロシアム) | トップページ | 仕事再開 »