« 2泊3日、福島帰省日記 | トップページ | 夏休み最後に考えたこと~ドイツ語会話について~ »

2007年8月20日 (月)

『高見沢俊彦 Kaleidoscope~天使の狂宴~』(8/19 有明コロシアム)

毎年、この時期は過密スケジュールになりますが、今年もそうでした。

朝、ピアノ教室に行って一旦帰宅し、夕方は有明コロシアムです。

 

初めて訪れる有明コロシアムはとても大きく、

建物の中に入ると、客席がスキー場のような斜面に並んでいます。

私の座った1階Aブロック席は、ステージ正面やや下手寄り、

見やすい位置で、いつものコンサート仲間と4人での参加となりました。

いつも仲間に入れてくれて、ありがとうございます。m(o)m

 

さて、コンサートの感想を書く前に

今回アルフィーの高見沢さんが出した

ソロアルバムについて紹介しておきましょう。

「Kaleidoscope」

 

各界著名人が詞を書き、高見沢俊彦が曲を書くというコラボレーションで、

例えば、シングルでも発売された『千年ロマンス』は、綾小路 翔(氣志團)。

独身の世界をドロッと表現したり、息子が”母ちゃん”に語りかけるのは、つんく。

つんくは、曲で表現する余地を残しつつ、詞を作っているのが素晴らしいです。

 

Elvis Woodstock(実はリリー・フランキー)が地球愛のような世界観を提示し、

漫画家の浦澤直樹は、短い言葉のなかに文学の香りを漂わせます。

また、お城が似合いそうな高見沢王子に

ド和風のお寺の世界をぶつけてくる、みうらじゅん。

 

そして、高音をもつタカミーを思いっきりパロッているのが

脚本などで活躍中の宮藤官九郎

詞だけですでに表現してしまっている手法は面白いと思いました。

タイトルはズバリ、『騒音おばさん VS 高音おじさん』です。

 

この日ツアーのファイナルを迎えるコンサートは、ドラムス、キーボード、ベースの他に

ギタリスト、元聖飢魔IIのルーク篁(たかむら)と

元La'cryma ChristiのKOJIが出演です。

アンコールでは、実力派の雰囲気漂わせるAnchangが登場。

・・・という書き方をすると、ギタリストに詳しそうに見えますが、今回初めて拝見する次第です。

 

エレキギターの奏法などは、全く分からなくても

複数のギタリストの登場で、厚みのあるサウンドになっているような気がしました。

 

それに、ずっと「アルフィーの高見沢さん」を観てきた私としては

高見沢さんが、自分より若い人を気にかけてきたことを知り、驚きました。

みんなでエンジェルギターを持って、楽しそうに”天使の共演”をする

高見沢さんには、やはり大御所のオーラが・・・。

 

今回初めて観た、ゲストのDJによるレコードのスクラッチとギターの競演は

まるでスポーツのようでした。

 

長い間の音楽活動の積み重ねだけでなく、

作詞や演奏する人たちとの縁の積み重ねも感じることができ

高見沢さんがすごーーーく大きな人に思えました。

 

万華鏡(Kaleidoscope)のように、華やかに色が変わるコンサート。

元気に生きていくパワーをもらうことができました。

 

でも、家に帰ってついつい口ずさんでしまうのは

フトンを叩くリズム!?の『騒音おばさん VS 高音おじさん』でした・・・。

ああああああああ、せっかくの万華鏡の世界がぁぁぁぁぁ!!

 

☆Kaleidoscope のeの上にアクサン記号が入ります。
☆今回の作詞家としての つんく の表記には ♂ が入っていません。
☆参考文献:別冊「カドカワ」 総力特集 高見沢俊彦

|

« 2泊3日、福島帰省日記 | トップページ | 夏休み最後に考えたこと~ドイツ語会話について~ »

コメント

ようこさんなら絶対行ってると思ってました!
相当盛り上がったことでしょうね。
ギター四重奏はいかがでした?
ルークさん、KOJIさん、anchangさんとかっこいい人ばかりで
ギターもすごいときたら
ようこさんも気持ちが傾いていたかしら・・?(笑)

チケットさえあれば、夕方からひょいと行けるその近さは
東京に住む方の財産ですよね。
昨日は金沢で野外イベントを見ながら、心だけ有明に向かって
いましたよ。

投稿: lilac | 2007年8月20日 (月) 21:27

>lilacさん
有明のあたりは、かなり久しぶりでした。
参加の前提として、泊まり有り無しは大きいですよねぇ・・・。

それにしても、ギタリストが揃うとカッコイイですね~~。
見破られたのでこそっと書きますが(笑)
私はちょこまか動いて、線が細い色白系のKOJIさんに傾きました。
ルークさんは、MCの時の声がすごいよかったです!

投稿: ようこ | 2007年8月20日 (月) 23:23

ルーク参謀の声はいいですよね。 
高見沢さんとの共演見たかったです! 

投稿: 三遊亭遊史郎 | 2007年8月21日 (火) 11:09

>三遊亭遊史郎さん
そうだそうだ、聖飢魔IIにお詳しいんですよね。
ルークさんのギター演奏と美声から
悪魔メイクがどうしても想像できませんでした。

投稿: ようこ | 2007年8月21日 (火) 17:18

おつかれさまでした。
ここ2日間、仕事をしながら、ふと気がつくとKaleidoscopeが頭をまわり、口ずさんでいたりしています。
やばい!
今回、この曲が、どーーぷりとつぼに入ってしまった。
これぞ、高見沢さん!って感じで。。。。。
コンサートでも2回聞けて、うれしかった!!
すごーっく、たのしかったね。(^-^)v

投稿: ころぼっくる | 2007年8月21日 (火) 23:19

>ころぼっくるさん
とても楽しかったです。ありがとうございました!
頭をまわるなら、Kaleidoscopeがいいですねぇ。(笑)
豪華な中に励ましてくれる歌詞が出てくるところが好きです。
心に余韻の残るコンサートでした。(^^)

投稿: ようこ | 2007年8月22日 (水) 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/16172825

この記事へのトラックバック一覧です: 『高見沢俊彦 Kaleidoscope~天使の狂宴~』(8/19 有明コロシアム):

« 2泊3日、福島帰省日記 | トップページ | 夏休み最後に考えたこと~ドイツ語会話について~ »