« 表参道でランチ | トップページ | リアルタラレバ »

2007年6月10日 (日)

『レ・ミゼラブル』(6/10ソワレ 帝国劇場)

私の一週間は、日曜日から始まります。

午前中はピアノ教室で、近づいた本番に向けてのレッスン。

3週連続で異なるタイプの本番があるので、気が引き締まります。

 

一旦家に帰り、バタバタと家事をしてから

夜はいつもの友達たち3人で帝国劇場にて 『レ・ミゼラブル』 を観劇です。

私は数年ぶりの観劇です。

 

この回は、チケットがものすごい売れ行きだったそうで、3人バラバラに座りました。

観劇慣れしているメンバーだと、こういうケースも問題な~し!

 

ところで、『レ・ミゼラブル』の感想を書く前に、少し話はさかのぼります。

 

このミュージカルを観るようになった、ミュージカル初心者の頃、

15年以上も続けていたクラシックピアノに行き詰まって

スッパリやめてしまった時期と重なります。

 

クラシックは続けられなくても、どうしてもピアノを弾きたい、という気持ちで

今通っているポピュラーピアノ教室に

「ミュージカルの曲を弾きたいのですが、そういうのもみてもらえますか?」

と、入門の電話をしたことを覚えています。

 

ある日、ピアノの発表会で、ドラムとベースと合わせて

トリオ演奏できるという話があり、私は迷わずこの曲を選びました。

 

Img_3006ミュージカルに出てくる

”民衆の歌

ドラム、ベース用の

私の手書き楽譜です。

祝☆初アレンジ!?

 

  

クラシックを辞めた私も受け入れてくれるだろうか?と不安でしたが

教室が一緒というご縁で、経験もさまざまな友達が増えて、

私はポピュラーに転向してよかったな、と思っています。

 

さて、今日のミュージカルは、

日本初演20周年記念スペシャル・キャストが出演しました。(☆印)

 

クセのない歌い方と温かい歌声のジャン・バルジャン(今井清隆)、

ジャン・バルジャンとの掛け合いがドラマを盛り上げたジャベール(鹿賀丈史☆)、

終盤の歌声がからのものに聞こえたファンテーヌ(岩崎宏美☆)。

 

登場するなりオーラを振りまくハマリ役、アンジョルラス(岡幸二郎)。

俗っぽい宿屋の主人ぶりが、ずっと前から面白かったテナルディエ(斎藤晴彦)。

子役の男の子、ガブローシュ(原田光)は高音部が特にきれいな歌声でした。

 

今までは、王子系の役割のマリウス(今回は、泉見洋平)が出るまで

一時間もかかり、「早く出ないか?」と思ったものですが

今日は、ジャン・バルジャンとジャベールのやり取りが心に染み入りました。

 

先日の『こころ』もそうですが、観る時期が変わると

感想も変わるものだと、また思いました。

 

それにしても、また”民衆の歌”が聴けてよかったです。

まだトリオ演奏は続けているよーー、あの時は元気づけてくれてありがとう、

・・・と、舞台にお礼を言いたい気分でした。(^v^)

|

« 表参道でランチ | トップページ | リアルタラレバ »

コメント

ようこさんがピアノに行き詰まったとは・・なんだか意外、でもその後ご自分にあったポピュラーピアノを続けられていて、今ではボランティアや楽ぴーと大活躍ですよね。

ワタクシは子供の頃からずーっと見ていた「世界名作劇場」が今年から復活し今は「レ・ミゼラブル少女コゼット」を見ています。アニメのキャラで考えるとジャベールの
鹿賀丈史、ファンティーヌの岩崎宏美はまさにぴーったりと思いました。
ほーう、マリウス君は1時間経ってようやく出てきたのね。アニメの方も先々週あたりの放送からようやく出演してます。

ところでアニメの主役コゼットは舞台の方では出てきたのかしら?
でも原作はジャンバルジャンが主役だからコゼットはあまり出てこないのかな。

投稿: くらーげちゃん | 2007年6月11日 (月) 15:38

新卒で入社した会社を辞めることが決まった後のある日、同じ職場の先輩社員の方から”プレゼント”ということで、レ・ミゼラブル@帝国劇場に連れてってもらいました。

いまでもとってもいい思い出です。

たしか鹿賀丈史だったと思うんだけど、、ううむ。。加藤剛だったようにも思えてきた。。。加藤剛ってダブルキャストで以前やってましたっけ?

そうそう、在りし日の本田美奈子もたしか出てました。かわいかった。

投稿: Bonzo | 2007年6月11日 (月) 22:27

>くらげちゃん
ピアノに限らず、ちょこちょこと行き詰まってはこそっと方向変換しています。(笑)

そのアニメの主題歌を、かつてコゼット役を演じた
斉藤由貴が歌うというので、話題になりましたね。^_^
ミュージカルにもコゼットが少しだけ出てきますよ~。(6/10ソワレは菊池美香)

>Bonzoさん
心に残るいいプレゼントですね!
演目の選定もセンスがあるなぁと思いました。

Wikipediaでみた限りでは、加藤剛はキャスティングされていないので
おそらく、鹿賀丈史だったのでしょうね~。
私も最初に観たジャン・バルジャンは鹿賀バルでした。
健気な本田美奈子のエポニーヌも大好きで、
数回ではありますが、今となっては観ておいてよかったです。

投稿: ようこ | 2007年6月11日 (月) 23:34

横レス失礼いたします。
Bonzoさん。
97年の帝劇ならば、加納竜がジャベール役で出ています。
記憶の加藤剛とは「加」つながりで・・・。
ちなみに、鹿賀さんは88年帝劇以来、2004年レミコンまでバルジャンとしての出演しかありません。
よって、鹿賀バルジャン、加納ジャベール、本田美奈子エポニーヌのキャストでご覧になったのではないかと・・・、勝手に推測するものでございます。
失敬!

投稿: まりあ | 2007年6月16日 (土) 03:00

>まりあさん
情報ありがとうございます!
他のコメントを書いたら左側から見えなくなったのであげておきます。^o^

投稿: ようこ | 2007年6月17日 (日) 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 表参道でランチ | トップページ | リアルタラレバ »