« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

雨とクッキーとスカート

今日は出勤だったので、黒いスーツのつもりでブラウスを着たところ、

スーツのスカートが見つからない~~。

 

あわてて探してみるも、どうしても見つかりません。

ようこ夫には

「どっか、とんでもないところに置いたんじゃないの?」

と言われて、とんでもないところを3ヶ所ほど探したのに出てこない・・・。

 

仕方なく、ブラウスも含めて別のパンツスーツに変更して

大急ぎで出発しました。

天気予報が雨になるとのことだったので、傘も忘れずに。

 

お昼はまだ空が青かったので、食後に少々歩いてみました。

溜池山王のあたりに、オーストリアの国旗を見つけたので

近づいてみると ツッカベッカライ カヤヌマ と書いてありました。

DEMELで修行を積んだ日本人の洋菓子店だそうです。

 

思わず店内に入ると、高級なお菓子の数々がありました。

あまりの値段に後ずさりしてしまいましたが、

どれもおいしそうだったので、バニラ味のクッキーを奮発です。

うわー、午後も一生懸命働かないと!

 

Img_2982

上品な包装

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_2984クッキー

原材料は

添加物なしでした。

 

 

 

 

 

仕事の後は、運動のために2駅分歩いています。

 

最初は小ぶりだったので、いつも通り歩いていると

途中でバケツをひっくりかえしたように、降り始めました。

 

スカートだったらまだしも、パンツスーツだったので

ズボンのすそにどんどん水が含まれていきます。

せめてクッキーがぬれないようにかばいながら、急ぎ足で歩きました。

 

ようやく到着した駅では、私の姿を見た女性二人が

「あらーー、外は大雨みたいよ。ほら。」

と言っていたので、よほどすごかったのでしょう。

 

帰宅して落ち着いてスカートを探すと、

あまり着ない服の間にはさまっていました・・・。(^^ゞ

 

そして、クッキーを一つつまんでみると

今まで食べたことのないような、

バターのぜいたくな味が口の中に広がり、

しばし、雨のことも忘れることができました。(^-^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

もうやんカレーで小休止

ドイツ語教室で始まる月曜日。

「よく胃が痛くなる。」とコーヒーを飲みながら言う友人に

「私があなただったら、コーヒーを飲まないけれど。」

意見する会話練習をしました。

  

その後、久しぶりにドイツ語教室の友達と3人で

西新宿にあるカレーの人気店、もうやんカレー大忍具へ。

昼時間帯は、980円でカレーの食べ放題があるのです。

 

私は少し甘みのあるポークカレーが好きで

今日も1杯目は、これに決まり! 

”もうやん特製おうどん”がおいしい、という評判を聞きつけ、

付け合わせにうどんも入れてみました。

しょうが風味の和風で、さぬきうどんのようにコシがありました。

といいつつ、写真はありません・・・。

 

2杯目は、よーく煮込まれた牛ほほ肉のカレー。

らっきょうとよく合います。

3杯目は、またポークカレー!

 

ご飯の量を調節したつもりですが、

いざ立ち上がろうとすると、満腹×3倍 という感じです。

 

それに、いろいろな話をしながらの食事はおいしくて

食べるだけでなく、話の中からも栄養を取っている気がしました。

 

5月から本格的に仕事が始まり、

生活パターンを変えたあわただしい一ヶ月だったので

ランチで小休止できてよかったです。

 

一つ問題があるとすれば・・・。

21時半現在、まーーーーーったくお腹がすかないこと。

「もし私があなただったら、2杯だけ食べるけれど。」

と言われそうです。(^^ゞ

でも、楽しかったカレー(←から)いいのです。(^-^)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

花のある生活

日曜日の夜、ときどき見ている『世界ウルルン滞在記』

今週のタイトルは、

”ようこそ!花の都パリへ 貴公子が作るフラワーアート”で

レポーターが成宮寛貴・・・となると、見逃すわけにはいきますまい。

金曜日もNHKの『プレミアム10』でフランス料理の話を見たばかり。(^^)

 

ウルルンは、やたらに過酷な旅のこともあれば

おいしいものをたくさん食べて、ちょっと何かに挑戦する場合もあって

今回は、お店のウィンドウを花で飾るキレイ系の修行!?でした。

花を飾るときの、成宮くんの真剣な目がよかったなぁ~。

 

花の貴公子とはほど遠いですが、我が家のたちも元気に育っています。

4月12日にご紹介したペチュニアは、こんなに 伸びました。

Img_2971_1

満員ですかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色い小さな花を咲かせるカランコエは、

一時期ドライフラワー状態になってしまいましたが、

うれしいことに、1cmほどのつぼみを見つけました。

Img_2976  

 

 

 

 

 

 

家に帰ると、まずチェックしてしまう鉢植え。

きれいに咲くには、もう少し時間がかかりそうですが

毎日の楽しみとして、育てていきたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月26日 (土)

ヨーロッパ土産と通貨

数日間のヨーロッパの旅に出ていたようこ父が

お土産を買ってきてくれました。

どちらかというと、アジアを旅することの多い父が

今回は、ドイツ、チェコ、オーストリア、ハンガリーをめぐったそうです。

 

Img_2958

チェコのチョコ

知る人ぞ知っていそうな 

フィガロブランドだそうです。

ちなみに、通貨はコルナ。

 

 

 

Img_2947

オーストリアのハーブリキュール

アルコール度数26%なので

何かで割ったほうがよいかな?

ラベルの右端、

ABTEI=大修道院 です。

 

 

 

 

 

Img_2950『ドレミの歌』を歌いたくなる

7種のハーブ入り塩

 

 

 

 

 

 

 

最後にもう一つ、オーストリア土産が出てきますが

その前に、ハンガリー土産をご紹介します。

  

Img_2955ハンガリーのフォアグラ

缶の緑色

異国情緒あふれます。 

 

 

 

 

Gaense=ガチョウの複数形

Echt ungarische=正真正銘、ハンガリー物ですよ~。

・・・とドイツ語で書いてあります。(^^ゞ

 

こちらもハンガリーみやげImg_29522

値段がバレますが、

通貨単位が

珍しかったので撮影。

Ft=フォリント だそうです。  

 

 

 

どちらも、手のひらにちょうどのるぐらいの大きさです。

  

最後は再びオーストリア土産・・・。

Img_29452

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このTシャツと同じようなデザインを、

友達と一緒にザルツブルクに行った1996年にも見かけました。

出発前に、「カンガルーのTシャツがあるかも・・・。」と言ったら

本当にまだあったので、買ってきてくれました。

 

オーストリアの通貨は、現在160円を突破しているユーロ(オイロ)。

私が旅行したときには、オーストリア・シリングだったなぁと

自分で働いたお金で初めて行った海外旅行を思い出しました。(^-^)

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007年5月24日 (木)

散漫ではありますが、私の近況

一週間の勤務、終了~。

ぷはーーっ。 (・・・と、ビールを飲みたい気分)

 

このブログに、はっきりと書いていなかったのですが

私は今、週3日の仕事をしています。

「3日!?」と驚く人も多いのですが、

実は、扶養家族の範囲内うんぬんの税金の関係で

一週間を2人でワークシェアリングする求人があるのです。

 

私の場合は、税金ということもありますが

ピアノの練習時間やドイツ語のことを考えると

週3日が精一杯ということで、求人に手を挙げたいきさつがあります。

 

仕事自体にもだいぶ慣れてきました。(^v^)

事務処理ではなく、パソコンも基本的に使わない実験系の仕事で

とても新鮮な毎日です。

白衣を着て試験管を持って、ではないのですが・・・。

 

業界が変わったとしても、10年以上もいた会社での経験

ふとしたことで役に立っていることが分かり、

そのときの同僚の顔を思い出したりして、懐かしんでいます。

 

また、ランチ事情調査のため、一人で食べ歩きしたところ、

都心のオフィス街らしく、お店がたくさんあり、

小料理屋さんから、本格中華までいろいろでした。

 

”おひとりさま”のお客さんも多くて、気軽にお店に入れます。

ついつい、額から汗の出るような、本格エビチリ定食を奮発してしまった!

 

「今晩何を作ろうかな?」と、

店の前に出ているランチメニューを読んで、ヒントをもらったりも。

 

そんな感じで、仕事や家事のバランスを取りつつ、

酒税と収入のバランスにも気をつけて過ごしていきたいと思います。

| | コメント (10)

2007年5月22日 (火)

野菜たっぷり筑前煮

ふと、煮物をたっぷりと食べたくなり、

ドイツ語教室の帰りに、デパートの食品売り場に寄りました。

頭にひらめいたのは、にんじんのオレンジがまぶしい筑前煮です。

 

しか~し、何年も前に九州料理の店で食べて以来かもしれないので

材料がピンときません。

しかも、そのお店では”がめ煮”と言っていたような・・・??

 

鶏肉とごぼう、緑色の何かも入っていたかな?と考えながら

こういった材料を用意しました。

家にあった食材も大放出!

Img_2924

干ししいたけ

水でもどし中~。

 

 

 

 

Img_2926

時計回りに:

こんにゃく、ごぼう、

にんじん、タケノコ、

里芋

タケノコは市販品の水煮。 

 

3食分ぐらいいけるか?という分量の材料を切っている間に、

さやいんげんをさっとゆでておきました。

そして鶏肉は、酒としょうゆで下味をつけました。

 

Img_2930

鶏肉ののち、

野菜を炒めました。

 

 

 

 

材料が、深い鍋いっぱいになってしまいました。(^^ゞ

 

Img_2931だしと酒、砂糖、

しょうゆのお風呂

 

 

 

 

汁けが少なくなるまで、一時間近く煮続けたところ、

ごぼうもにんじんもやわらかくなっていました。

 

仕上げに、さやいんげんで彩りを添えます。

Img_2936 

 

 

 

 

 

 

惣菜風に気軽に野菜を食べることができるので

便利な献立だと思いました。

明日になるとがしみて、さらにおいしくなりそうです。

 

レシピ参考:千趣会 食卓の教科書10 おもてなしの基礎 筑前煮

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

『エリザベート ウィーン・コンサート・バージョン』(5/20東京 千穐楽)

ピアノ教室の後、新宿コマ劇場に移動して

『エリザベート ウィーン・コンサート・バージョン』

昼公演をいつもの友達のお誘いで観劇しました。

 

今回はスゴイことが3点、

その1:出演者がウィーンからやって来た!

    初めてドイツ語での公演を観ることができる。

その2:来日公演の千穐楽!!

    やはり千穐楽は、独特の雰囲気になるだろうなぁ。

その3:2000席を超える会場で、なななんと最前列!!!

    すべて友達のおかげです。申し訳ないぐらいですが、ありがたく座らせてもらいました。

 

コンサート・バージョンというのは、

通常のミュージカルとは少し異なる形式で、大がかりな舞台装置はなく、

いつもはオーケストラピットにいるオーケストラの一団が舞台上にいて、

その前で、キャストたちが歌と芝居を繰り広げます。

生演奏を聴くのもみるのも好きな私には、ぜいたくな構成です。(^^)

 

私の席は、アンサンブルのフォーメーションや

照明の効果が分かりにくい代わりに、

ハープやチェロの手元がよく見える位置でした。

 

ドイツ語で上演されるため、オペラのように

上手と下手にある電光掲示板に日本語訳が表示されます。

 

さて、舞台が始まると・・・。

出演者たちが、まるでオーストリアの宮殿やドイツのお城で見たような

肖像画から飛び出したようだったのが、驚きでした。

 

物語の主人公、エリザベート(マヤ・ハクフォート)の歌声は、

ひと声聴いて、”慈悲深い”という言葉が頭に浮かびました。

 

ストーリー・テラーとなるルイジ・ルキーニ(ブルーノ・グラッシーニ)は、

私が思っていたより小柄でちょこまか動いていました。

英語ですが、”ブライトネス!”と、歌うたびに思うほど

輝きのある、よい声を堪能。

 

エリザベートを死の世界に誘い続けるトート(マテ・カマラス)は、

メロウな声で、ミュージカルというよりは、

ミュージシャン風な歌い方のように聴こえました。

こういう歌い方も好きです~。

 

また、ミュージカルでは、同じ曲が歌詞を変えたりして

何度か登場することがあります。

 

一度、名曲の『闇が広がる』が、

そのシーンにぴったりな攻撃的な演奏となった場面がありました。

とっさに、指揮者(カスパー・リヒター)に注目すると、

左手でその攻撃的な雰囲気を指揮していて、

生の指揮をみられたことをうれしく思いました。

 

逆に、ゆったりとしたテンポで哀しみを歌う『夜のボート』は、

何層にもなった弦楽器のアレンジと歌声が調和して

「こんなによい曲だったのか!!」

と、再認識しました。

作曲:シルヴェスター・リーヴァイ

 

そして、これこそドイツ語で聴ける醍醐味と思ったのは、

曲の最後まで音の高さが変わらず、

リズムだけを刻む『HAAS』(憎しみ)でのこと。

 

そのメロディの作り方から察して、

詩の中でを踏んでいるのではないかと

耳を澄ませると、やはりその通りでした。

ドイツ語で聴けてよかったーと思った一瞬でした。

作詞:ミヒャエル・クンツェ

 

千穐楽らしく、劇中に日本の国旗が突然登場したのには

観客一同、驚きと喜びのどよめき!

 

また、この公演だけかどうかは分かりませんが

ルキーニが一部、日本語で歌を歌った箇所があり、

歌っている途中に拍手しそうになるのをガマンしたりもしました。

歌い終わるまで待たないと~。(^^ゞ

 

カーテンコールも大盛り上がりで

いつまでもいつまでも拍手が鳴り止みません。

エリザベート役のマヤさんの笑顔が素晴らしかったです。

 

今は、その興奮の渦の中に、さっきまで私もいたの???と

ほっぺたをツネりたくなるような気分です。(^-^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

長持ちさせたいもの

昨日は、ピアノボランティアのあとに

新宿にて、大学の研究室のメンバーと6人で同窓会でした。

 

海外出張や多忙な業務の合間をぬっての会でしたが、

会えばその頃の人柄というか、役割そのままが出てくるのが面白いです。

ちなみに私は、日程をエイヤッと決める役割でした。(^^ゞ 

 

メンバーの一人が、お酒に合わせて料理を注文してくれるため、

みんな、しゃべる+食べる+飲むに専念。

 

私は、組み合わせがヘンかな?と思いながらも

ウーロン茶をチェイサーにして、にわかに肝臓をいたわってみました。

 

盛り付けの美しい料理多数と、ワインボトル6本+αを空けたら、

お店の人が驚きの笑みを浮かべていたりも・・・。

  

土曜日はちょこっと寝坊したいところだったのですが

朝から、ビロビロにはがれた壁紙を張り直す業者さんが来るので

片付けと掃除機がけでした。

 

窓を開けて接着剤のにおいを開放したところで

やっと、一段落。(^-^)

 

また日常に戻るけれど、友達関係も家も

長持ちさせたいと思う私なのでした。

| | コメント (4)

2007年5月18日 (金)

ふたつの『野ばら』

木曜日は、仕事帰りに懐かしい職場のメンバーと久しぶりの再会。

日本酒を飲みながらの楽しい語らい@神楽坂 でした。

 

金曜日、職業!?の看板をかけかえて、

月に一度出かけるところでピアノのボランティア演奏。

どんな曲を弾こうか?と、さんざん迷って選んだのが

『野ばら』ききくらべ大会!!

 

ゲーテの詩にシューベルトとウェルナーが曲をつけた『野ばら』を

2曲続けて聴いてもらおう、という趣向です。

メロディアスなシューベルトと、バロック風な厳かなウェルナー。

♪わーらーべーーは みーたーり という歌です。

 

せっかくなので、日本語の詩を朗読しました。 

そして、シューベルトに続いて、ウェルナーの『野ばら』を演奏すると、

どこからともなくハミングが聴こえてきます。

弾き終わった後に、「2曲ともご存知だった方~?」と聞くと

半数が手を挙げてくれました。

 

実は、演奏した私は、シューベルトの曲しか知らなくて

ウェルナーは今回のために楽譜を読んだ次第です。

それだけに、ハミングが聴こえたときにはとてもうれしくて

指の動きが上ずりそうになったぐらいです。

 

あぁ、私はこうした教養ある人たちに曲を教えてもらったのだ!

そういった、感謝の気持ちがざわざわと心の中に沸いてきました。

夜中に楽譜を読んだ甲斐がありました。

 

ニュースを見るたびにシュンとなる事柄の多い、今日この頃。

来月、どうなっているか分からないような毎日だけれど

また来月会いましょう、と言って自分を励ました午後でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

スイッチ押し忘れる、の巻

出勤の日は、朝からバタバタしています。

そんな中、つよーーーい味方が食器洗い機(食洗機)!

 

いつも、遅い時間に夕食を食べた後に

食洗機に仕掛け、5分程度の予洗いをしておきます。

次の日に洗剤を入れてスイッチを押せば

洗濯機のようにぐわんぐわん音を立てて

本洗い+乾燥までやってくれる・・・という、とても便利なものです。

我が家の機種は、約90分かかります。

 

今朝も、粉状の洗剤をパラパラふりかけて、洗う準備オッケー。

 

家に帰ればピカピカになって、しかも乾いた食器が待っている~と

出勤したはいいけれど、洗うスイッチを押した記憶がありません。

 

でも、「カギをかけ忘れたかも?」などと気になるときには

大抵やってあることが多いので、

帰宅してからのお楽しみにすることにしました。

 

さて、帰宅してから期待と不安が入り混じりながら

おそるおそる食洗機を開けてみると・・・。

あーあ、洗剤がふりかかったままの状態だ!

くぅーーー、スイッチ入れ忘れた。

  

Img_2910上から入れるタイプ

下に皿&箸、

上にコップ。

  

 

 

箸が・・・。 

ご飯茶碗が・・・。

みそ汁用のおたまが・・・。

 

今から洗うと90分かかります。

まあ、ようこ夫の帰るまでに終わればいいか、と思って

スイッチを入れたときに、予想より2時間早い帰宅の連絡。

 

ヨンジュップンゴニハ、カエッテクル。

Oh!!マニアワナーイ。ドウスレバイイデショウ?

 

結局、おたま代わりに、鍋用の小さい物を使い、

箸も茶碗類も別の物をかき集めての食事となりました。

あたふた、あたふた。

 

明日の朝は、食洗機を最優先でかけるようにしたいと思います。(^^ゞ

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

「願望」の3段階

また月曜日がやってきて、朝からドイツ語教室です。

今日は、英語の仮定法のような接続法についてでした。

 

接続法を使うと、まだ実行していない「願望」を表すことができ、

3の強さを表現できることを習いました。

頭にたたきこむため、今の私の状況とマッピングしてみます。(^v^)

 

尚、以下に書く内容は、授業で教わったことを
私なりに解釈したものであることをご了承ください。

 

その1:いつか○○したいなぁ。(ich wuerde gern ...)

日にちも具体的な手段も何も決まっていない願望。

・スパリゾートハワイアンズに行きたーーい。

一回も行ったことがないので・・・。

 

その2:○○したい。(ich moechte ...)

何となく実現できそうなことは分かっている願望。
お金が出せそう、スケジュールも大丈夫そう、といった確認がとれている。

消防系の試験を受けたい。

 一応、問題集を買って勉強を始めているけれど

 運転免許の試験のように、しょっちゅう行われているので

 逆に受験可能な日程が多すぎて、時期を決めかねている状況。

 

その3:○○する予定!(ich will ...)

具体的な予定。発音は、ウイル ではなく ヴィル です。

・○月△日、しごと

・○月○日、ピアノボランティア

・○月■日、ミュージカル鑑賞

<以下省略>

 

んーーー、でも、一番の願望は

ここに書いたことをドイツ語で書けるようになること・・・かもしれません。(^^ゞ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

母の日とハッサク

土曜日に後輩の家に遊びに行き、

香りのよいハッサクをお土産にもらいました。

実家の自家製だそうです!

Img_2904

うれしーなー。

 

 

 

 

 

 

話変わって、母の日の日曜日、

ピアノ教室の帰りにデパートに寄ると

スイーツ売り場では、

”お母さんにスイーツを!”

といった看板が出ていて、じっくりと選ぶ人の姿を見かけました。

 

しかし、ようこ母とスイーツというイメージがどうしても結びつきません。

むしろ、ようこ父の方が街に出て

DEMELのケーキを買ったりするタイプなのです。

 

売り場をぐるっと周って、やっぱり母は

酸味のきいたハッサクが合うなーと思い、

もともと用意していたプレゼントと

お土産のハッサクをおすそ分けしました。(^-^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

美味なるベトナム料理を食べた夜

の強い一日でした。

今日は家なので、風が多少おさまるまで待ってから、

洗濯とふとん干し。

・・・そして、夜は代々木で本格的なベトナム料理!!

mixiのドイツ語つながりの集まりです~。

 

Img_2880

一杯目は有名なビール

バーバーバー

 

 

 

 

 

 

Img_28812

やはり、生春巻

はずせないっ!

 

 

 

 

 

 

Img_28842

海老サラダ

周りのエビセンもgood!

 

 

 

 

 

 

Img_2886

豆腐と野菜の炒め物

中華料理みたいでした。

 

 

 

 

 

Img_2887

海老と豚肉の炒め物

玉ねぎがシャキンと

いい味を出しています。

 

 

 

 

Img_28902

おかわりのビール

ラベル左のBIERはドイツ語ですね。

今気がついた!

 

 

 

 

 

Img_2892

海老のガーリック炒めは

アツアツで出てきました。

にんじんやきゅうりも

きれいな切り方です。

 

 

 

Img_2895

米?の皮で

フォー、野菜、肉団子を

北京ダックみたいに

巻きます。

 

 

具のバランスが分からず、最後に皮が残ってしまいました。(^^ゞ

 

Img_2898

鶏のサラダ

シソの細切りが

さっぱりした風味を出して

美味なる一品です。

 

 

 

Img_2900

ハス茶

苦味がやみつきに!

がきれいでした。

 

 

 

 Img_29022

デザートの欄に出ていた

トウモロコシのチェー

デザートというよりは

温かい穀物系の

おかゆのようです。

 

ドイツ語つながりの集まりといいつつも、話題はいろいろです。

参加者の出身地の話やチベット旅行についての話などを楽しく聞き

野菜たっぷりのエキゾチックな食事を楽しみました。

 

今は・・・、シソを使った料理を食べたい気持ちがふくらみ中!!

幹事さん、どうもありがとうございました。^_^

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

窓についての話

が降る」という予報だった今日の午後、

仕事先の窓の外を見たら、まだ大丈夫のよう。

 

「わぁ、都会の景色だぁ~。」

と、じわじわと窓に近づいたそのとき!

ゴンッッ★★

ピカピカの窓に鼻をぶつけてしまいました。

痛みというより、窓に気づかなかった自分にショックだったりして。(^^ゞ

 

あわてて鼻の痕跡を磨き、

1ミリメートルでも低くなっては困るこの鼻をいたわりました。

 

帰宅してから、家の窓ではそんなことはないなーと

あらためて窓を見ると、タテにが・・・。

うわわわわ。いつ拭けばいいでしょうか?

 

念のため鼻を冷やしていたら、近所の犬が

わんわんわん、わんわんわん、わんわんわんわんわんわんわん

と、三三七拍子をわんフレーズだけ吠えていました。

 

なんだか可笑しくなって、ショックも吹っ飛んだ夜です。(^v^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

あんかけスパゲティとアイスクリーム

今日は仕事でした。

仕事の形態の都合で昼食は一人でとるため、

休み時間になるやいなや、都心を大急ぎで歩いて

知人おすすめのスパゲティを食べに行きました。

 

Ankake名古屋名物

あんかけスパゲティ

生まれて

初めてです!

 

 

 

 

注文するときに、麺の量とあんの”スパイシーさ”を指定するのですが

あわてて、日本人らしく!?中庸をとって

Mサイズ&中ぐらいのスパイシーさを注文しました。

後からメニューをよく見ると、麺300gと書いてあってビックリ。(^^ゞ

隣の人は2Lを頼んでいましたが・・・。

 

周りの人が紙の前掛けをして、割り箸で食べていたので

そっくりそのままマネをしました。

 

麺は細いうどんかなーと思うほどで、

ぼてぢゅうの焼きそば好きな私はおいしく食べることができました。

もうワンサイズ小さくても大丈夫そうです。

 

あんも、シチューのソースのような酸味があって

食べているうちにやめられなくなる味です。

 

再び猛スピードで仕事場に戻りつつ、腹ごなし。

 

さらに!今日はアイスクリームの日だったので

帰りに新宿のハーゲンダッツに寄り道。(^-^)

 

トリプルが500円で食べられる、という張り紙がしてあったので

普段トリプルがいくらなのか知らず、

また、一度にそんなに多く食べたことのない私も

ついつい頼んでしまいました。

 

Ice

コーヒー、マカダミアナッツ、

なんとかエスプレッソの

3種類

地味な色合いですが、

コーヒー系のアイスが

大好きです。

 

 

混雑しつつも、みんなが幸せそうにアイスクリームを食べる中、

私も、もくもくと味をかみしめて帰宅。

 

生活スタイルが変わると、

食べたくなるものも変わるものだなーと思った一日でした~。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

Montagに覚えたこと

休み明けの月曜日(Montag=モンターク)、いかがお過ごしでしょうか?

私は、朝から3時間みっちりとドイツ語を習いました。

 

本日のテーマは、再帰動詞

動詞の次に、もう一回自分が登場する動詞で、

例えば、こういった文章です。 

Ich interessiere mich fuer Musik.

私は音楽に興味があります。

 

動詞の不定形、interessieren の発音が難しくて

私は先生の発音を聞いて

インテレ西安(インテレすぃーあん)と

漢字に置き換えてしまいました。(^^ゞ

”西安餃子”という中華料理店が好きだったもので・・・。

 

ドイツ語の後は、病院へ行ってピアノ演奏です。

たまたま聴きに来てくれた方が大の落語好きで

演奏の合間に、寄席や好きな落語について話をしました。

落語を知っていてよかった~~。(^^ゞ

 

Ich freue mich ueber das Gespraech.

私はその会話(落語の話)がうれしい。

Gespraech=会話 が適当かどうかはちょっとアヤシイですが・・・。

 

再帰動詞の文章をもう一度使ったところで

今日の日記はおしまいです。(^v^)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

菖蒲湯でポカポカ

何日も休みが続くと、何の休日だったか何曜日かだったか

だんだん分からなくなってきます。

このブログを書いている今は、もう日曜日なのですね。(^^ゞ

 

さてさて、土曜日のこどもの日、

近所の横断歩道で、前にいた人のスーパーの袋から飛び出た

菖蒲の葉を見かけました。

 

菖蒲湯のことをすっかり忘れていたので

あわててスーパーに買いに走りました。

茨城県産168円也。(^v^)

なんと、菖蒲を粉にしてティーバッグのようにしているものもありました。

 

そのままだと少しツンとするような香りがして、

お風呂に入れると、のにおいに包まれます。

今も体がポカポカ、入浴後の一杯(注:水です。)を飲んだところです。

 

どうか、菖蒲の効き目がありますように。^人^

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

味スタでサッカー観戦

5月3日は、味の素スタジアムに出かけました。

後輩の企画で、8人が集まっての遠足風なサッカー観戦です。

 

味の素スタジアムのある調布市の飛田給(とびたきゅう)のあたりは、

学生時代、教習所に通っていたときに運転したことがあります。

広い土地があるなーと思ったものですが、

そこが立派なスタジアムになっていました。

 

Img_2862

FC東京
vs
鹿島アントラーズ

 

 

 

 

 

 

Img_28572

アントラーズ応援席

私たちは

アウェー指定席で観戦。

 

 

 

 

 

Img_2864

キックオフ前の

練習風景

選手の足の動きが

よく見えます。

 

 

 

Img_28652

本日のスペシャルゲスト!

 

 

 

 

 

 

映画に主演のウエンツくんが出てくるのかと思ったら

目玉おやじが、スクリーンからFC東京を応援。

どうリアクションしたらよいやら、でしたが・・・。(^^ゞ

 

なぜ、調布市の味の素スタジアムで目玉おやじか?

その訳を知りたい方は、こちらをご覧ください。

 

FC東京 福西選手の300試合出場の花束贈呈などがあり、

いよいよキックオフ!!

 

前半は、両チームともどうしてもゴールに球が入らない展開です。

ボールをもったはいいが、ちょっとの間にDFに囲まれたり、

パスを出そうとしたら、味方がいなかったり・・・。

 

ハーフタイムをはさみ、後半は目の前のゴールポストに

FC東京のGKがいるので、アントラーズの得点シーン

目の前で見られるかもしれません。

 

・・・と思ったら、後半12分にFC東京のワンチョペが先制の1点。

このままズルズルいっては・・・と不安を感じた2分後、

速い攻めで、アントラーズ中後(ちゅうご)ーーーーーーール!!

このタイミングでW杯のベルギー戦を思い出したのは、私だけでしょうか?

 

勝つためのもう一点が待たれた試合終了間際の後半37分

アントラーズのマルキーニョスがFC東京の選手とボールを奪い合い、

それを途中出場の増田誓志(ちかし)がゴールポストへ!

サッカーらしいシーンを間近でみられました。(^-^)

 

増田誓志選手は、2004年の5月にカシマスタジアムでの

ヴィッセル神戸戦でデビュー、初ゴールも決めています。

この試合が、私のカシマスタジアム初観戦だったというご縁があり、

うれしい気持ちになりました。

 

Img_28732試合終了!

おつかれさまでした。

勝った試合は

気分がいいなぁ。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

連休スペシャル!手作りピザ

帰省から戻って一段落、

ようこ夫は仕事ですが、遅くならないとのことだったので

今日の夕食は、手作りピザに挑戦です。(^v^)

レシピは、『彼女のこんだて帖』の”ピザ”を参照しました。

 

生まれて初めて、強力粉(きょうりきこ)とドライイーストを購入。

Img_2822テーブルに

億ションの広告を敷いて

記念撮影。

粉がちらばるので。

 

 

 

強力粉と薄力粉を100gずつ合わせて、ザルで2回ふるいました。

Img_2824 

 

 

 

 

 

 

ドライイースト、砂糖、塩(フルール・ド・セル)、

温度計でジャスト40度と測定されたぬるま湯を混ぜてこねこね。

Img_2826

ちょっと

バサバサ

 

 

 

 

オリーブオイルを加えて、丸めて約30分発酵させます。

温度を保つために、たまたま使っていた

温かい食洗機の上に置いてみました。

Img_2829

なめらか~

 

 

 

 

 

 

どんなふうにふくれるのか見届けたくなり、

2分に一度はボウルの中をのぞきこんでしまう私。(^^ゞ

☆このあたりで、トマトソース作りに取りかかります。

 

Img_2835

ぷくぅーーー 

 

 

 

 

 

ガスを抜いて、2分割。

Img_2837

これで2枚分♪

再び発酵させます。 

 

 

 

 

Img_2843

15分後

うわーい、

またふくれるのを見た!

 

 

 

 

さて、ここでトマトソース作りのプロセスも写真入りでご紹介です。

レシピに出ているトマトの水煮缶を買うのをすっかり忘れてしまったので(^^ゞ

家にあった生トマトを使いました。

Img_2831

にんにく、トマト、

そしてバジル

 

 

 

 

Img_2833

にんにくを

オリーブオイルで炒めて

取り出します。

 

 

 

Img_2839

トマトを炒めると・・・。

 

 

 

 

 

Img_2841

弱火で煮ていると

トマトから水分が出ます。

バジルのみじん切りと

塩こしょうで

トマトソースの完成! 

 

 

ふぅ~。ここからやっとピザのトッピングです。

ようこ夫の仕事からの帰宅を待っている間に、眠気が~~。

 

Img_2845_1

生地をのばして

オリーブオイル、

トマトソース、

好きなものを

トッピング

 

 

 

チーズをかけて、220℃で12分焼きました。

Img_28492

生地が

茶色くならずに

白かったので

少しびっくり!

 

 

 

 

Img_2850

バジルをのせて

無限の

刃の長さを持つ

ピザカッターは

便利ですね! 

 

 

 

薄味でしたが、やわらかくてフレッシュな感じで

あっさりパクパクいけました。

メキシコ土産のタバスコをかけたら、味がひきしまります。>_<

 

もう一枚もを少し変えて焼きました~。

Img_2854

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか根気勝負みたいなところがあるので

頻繁に作るのは難しそうですが、

手作りもいいものだな~と言いながら食べました。

すすめてくださったみなさま、ありがとうございました!

 

同じ本を参照して作った、”まつたけごはん”の記事はこちらへ~。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

茨城行ったり、福島行ったり。

4/29,30の一泊二日で、ようこ夫の実家に帰省しました。

 

実家は福島県ですが、茨城県にも近いので

県境をあっち行ったりこっち行ったりしました。

 

Img_2777_1常磐道

日立中央PA(下り)

にて。

花の向こうの

青空が映えます。

 

 

夜は、みんなで好きなものを持ち寄ったら、食卓の95%がお寿司に・・・!

一か月分ぐらいのお寿司をお腹におさめました。(^-^)

 

翌日は、ようこ夫と二人で

北茨城市にある、茨城県天心記念五浦美術館で美術鑑賞。

105歳まで現役だった、小倉遊亀(おぐら ゆき)展が始まったばかりでした。

Img_27822

海の見える

高台にあります。

 

 

 

 

 

 

天心=岡倉天心 のことで、学校の授業で習った記憶があります。

ただ、私は岡倉天心が画家なのだと思っていましたが

実際は、画家をプロデュースするような仕事だったということが分かりました。

 

小倉 遊亀の絵は、少しデッサンを狂わせたような傾きがあったり、

淡いおだやかな色合いの絵もあれば、鮮やかなを使った絵もありました。

 

昭和20年代から30年代にかけては、

『オール讀物』等の雑誌の表紙を書いたとのことで

いくつかの表紙が展示されていました。

 

ここの美術館は、混みすぎることもなく、

自分のペースでゆっくり鑑賞できるところがよいと思います。

 

続いて、岡倉天心ゆかりの六角堂(五浦美術文化研究所)へ車を走らせます。

Img_2796小さな離れ

岡倉天心は、

海を見ながら

考え事をしていたそうです。 

 

 

 

 

 

部屋の中からの眺めImg_2794_1

こういうところで勉強すると

頭がよくなるのだろうか?

 

 

 

 

お風呂に寄り道したあと、

ふたたび福島県に入って、勿来(なこそ)の関方面へ。

以前工事していたところが、吹風殿という庭園になっていました。

勿来の関自体は、すぐ近くにあります。

Img_2804

 

 

 

 

 

 Img_2808 Img_2806

 

 

 

 

 

 

また実家に戻り、みんなで湯本の近くでラーメンを食べて解散です。

 

最後に・・・。

すっかり暗くなった頃、常磐道 守谷SA(上り)で面白いものを見つけました。

Img_2809

キティちゃんが!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »