« 再始動の季節♪ | トップページ | 『ジキル&ハイド』(4/20マチネ 日生劇場) »

2007年4月19日 (木)

さすが!のおいしさ~焼肉三昧~

昨夜は、後輩と久しぶりに二人でご飯。

寒い日が続いたので、温まりそうなものを・・・ということで焼肉に決定!

 

私は未読ですが、

『愛がなくても喰ってゆけます。』(よしなが ふみ)

という漫画で取り上げられた

東京メトロ南阿佐ヶ谷駅近くの大田家(てじょんや)です。

 

Img_2729タン塩

  

 

 

 

 

 

Img_2731_1

カルビ

 

 

 

 

 

 

Img_2727_1目からウロコの

美味なるタレ

タマネギとニラを

焼肉に巻きました。

 

 

Img_2734ナムル

野菜がふっくらしていて

箸の止まらない味。

 

 

 

 

Img_2736

炭焼き

手前:カルビ

奥:やわらかーいレバー

 

 

 

Img_2738

海老

このあたりで

生ビール4杯目。

ちょっと手ブレが・・・。

 

 

 

日本語の堪能な青年の誠実な接客が印象に残りました。

そして、どの料理も丁寧な下ごしらえがされているのが感じられ、

胃袋がもうひとつあれば、もう一巡したいぐらいです。

漫画に取り上げられるだけのことはあるなぁ、と思いました。(^v^)

|

« 再始動の季節♪ | トップページ | 『ジキル&ハイド』(4/20マチネ 日生劇場) »

コメント

焼肉おいしそ~
写真を見るだけでヨダレが・・・。

この日記を読む前に父の還暦のお祝いを
焼肉にするか寿司にするか迷っていましたが
日記を読んで焼肉に決定しました!

投稿: あきあき | 2007年4月19日 (木) 18:23

>あきあきさん
何を食べてもおいしいお店でした。(^^)
いいですね、みんなで還暦のお祝いでしょうか。
焼肉であたたまりつつ、楽しい宴となりますよう!

投稿: ようこ | 2007年4月19日 (木) 23:12

ごちそうさまでした。(^o^)/
さっき、帰ってきて、おなかすいているので、生唾ごっくんです。
たまりませーーん。
自分の夕飯のおかずがむなしい。。。。
(もう夕飯と言わない時間かな。。)

ようこさん、写真とるのうまいですね。
デジカメですか?

投稿: ころぼっくる | 2007年4月20日 (金) 01:48

>ころぼっくるさん
うわーーーー、遅くまでお疲れさまでした!
肉がなくてもナムルだけでも十分なおかずになりそうでした。

ブログの写真のほとんどは、デジカメ(300万画素)で撮影しています。
他のお客さんがいるのでフラッシュはたかないようにしているので
お店によっては、薄暗ーーーい写真になることもあります。
ここは照明の具合がちょうどよかったのか、まれにみる鮮明さで撮れていました。
(つまり、運みたいなもので・・・。:笑)

投稿: ようこ | 2007年4月20日 (金) 10:22

「生ビール4杯目、手ブレが」
ってゆーのに爆笑でした。

みたことある店の名前だな~と思ったら『愛がなくても喰ってゆけます』に載っていたんですね。

大好きです!よしながふみ
この漫画も楽しいですよー。
くいしんぼう万歳です。
西東京の店が多いので、東側の人間にはちと辛いですが。。

投稿: はち | 2007年4月21日 (土) 11:29

>はちさん
ハハハ、この写真のあとに、もっと手ブレした写真もありました。(^^;;
これを機会に、私もこの本を探してみることにします。(^-^)
(行ったお店がどのように紹介されているかも知りたいし・・・。)

投稿: ようこ | 2007年4月21日 (土) 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/14772343

この記事へのトラックバック一覧です: さすが!のおいしさ~焼肉三昧~:

» よしながふみの「きのうなに食べた?」 [ランプサクス 〜ディープの世界〜]
よしながふみの成年誌進出作品。 けっこう満を持しているのかもしれない・・・ケド、地味。 「モーニング」連載だもんだから、成年誌はじめて買っちゃったよ。 そんで、島耕作がまだ続いているのを知ったよ。 次長だか常務だか宇宙皇帝だかは知らんが。 まあ、それはともかく。 ゲイの話ですが、まあ淡々としていておもしろいです。 日常の料理をきちんとやろうと思えます。 ... [続きを読む]

受信: 2007年4月20日 (金) 10:14

« 再始動の季節♪ | トップページ | 『ジキル&ハイド』(4/20マチネ 日生劇場) »