« アタマの体操☆大きさ当てクイズ(解答編) | トップページ | こころに響く記事に出合って。 »

2007年2月19日 (月)

足のどこに力がかかるか?

月曜日午前中は、2週間ぶりのドイツ語教室でした。

形容詞と体の部位を組み合わせた活用の練習などをしました。

 

宿題をかかえ、たまたまタイミングが合った3人で

カレーーーー!!お昼を食べて

汗をかきかき解散しました。(^v^)

 

帰り道、ここ半年ほどの悩みを解決するために

デパートの靴売場に寄りました。

 

実は、会社勤めでなくなってからというもの、

座椅子に座って足を伸ばす時間が多くなりました。

時には右足を左足の足首にのせることもあり、

気がつくと、だんだん右足が大きくなっている・・・???

 

そして今日、このままでは(どうなるか分からないが)心配!と

専門家の意見を聞きたくなり、職人系の靴コーナーを探しました。

 

たまたま通りがかったお店に、機能重視と思われる靴が置いてあり、

ドイツ語で

"愛すべきあなたの足"

と書いてありました。

教室のあった日なので、スラスラ読めるのです。(^^ゞ

 

思わず立ち止まると・・・面白そうな計測器発見!

何を計測するのか分からなかったのですが

お店の人に頼んで乗せてもらうことにしました。

 

その計測器は、体重計のようなもので

足のどこにがかかっているかが

サータッのように色分けされて画面に出てきます。

 

自分の体重がどこにかかっているのか、などと考えたこともなかったので

結果の予想もできずにおそるおそる乗ると・・・。

 

カカトが真っ白、左足の指の付け根がまあまあ赤く、

右足の指の付け根はちょこんと赤くなっていました。

上記を翻訳すると、カカトに力がかかりすぎ、すなわち

後ろにのけぞった姿勢なのだそうです。

 

会社勤め時代に測定していないので、

そのときと比べてどうなのかが分からないのが残念ですが

いやはや、驚きました。

 

商売というより、職人ぽいお店の人と相談し、

高価な靴はちょっと手が出ないので(^^ゞ

その3分の1以下で手に入る室内用のサンダルを購入。

まぁ、家にいる時間が長いし・・・。

 

このサンダルは、カカトに力がかかりすぎないように

靴底をカーブさせたものです。

外反母趾の人には、またそれ用のカーブを勧めているとのこと。

 

家事をしながらサンダルを履いて、

家の中で正しい姿勢を目指してみたいと思います。

商品名のご紹介は、いつか定量的な効果が分かったときに、ということで。(^-^)

|

« アタマの体操☆大きさ当てクイズ(解答編) | トップページ | こころに響く記事に出合って。 »

コメント

靴の裏側の減り方でその人の歩き方の癖が分かるとか、
高ーいハイヒールばかり履くと外反母趾になるとかいろいろ言いますよね。
足は一生歩くために使うものだから大事にしないとね。
ワタクシは秋頃からちょっと左足くるぶしを悪くして整形外科でリハビリをしています。
足が悪いとそれをかばう反対側の足も悪くしたり、はたまた腰痛の原因に
なったり・・。気をつけなくては。
正しい歩行、正しい姿勢、自分に合った靴選び、これから年を取っても
なるべく整形外科のお世話にならずにいられればと思います。
ようこさんのサンダルの効果が出る日が楽しみね。

投稿: くらげちゃん | 2007年2月20日 (火) 01:02

>くらげちゃん
左くるぶしの話は初耳でしたが、どうぞお大事にしてくださいね。
専門家がついていれば、大丈夫だと思います。^_^
私もカカトに力がかかっているので、「腰に負担がかかりますよ。」と言われました。
サンダルを履くと、地面から押し上げられている感じで楽です。
いずれにしても、足に限らず今ある能力をなるべく維持していきたいものです。

投稿: ようこ | 2007年2月20日 (火) 09:54

ははは~  お二人ともお若いのに
知らない方がここだけ読むと何だ!健康重視の年齢の人のブログかな?
ようこさん、足は年とともにダレ~ンとだらしなくなってくるんですよ。しかも束縛されていないと増長します。
世の中、道路が真っ平らでなくやや斜めの所が多くないですか?
同じ道を歩かざるをえない私の靴、どんどん同じ部分が磨り減ってきています。 
 えっ?これは道路のせいではないのかも?

投稿: Sooまま | 2007年2月20日 (火) 15:15

私も足の裏を均等に使っていない気がします。
靴のかかとの外側が多く減っています。
歩き方がガニマタなのかしら?
ようこさんのサンダル効果の結果を楽しみにしています。

投稿: あきあき | 2007年2月20日 (火) 18:01

姿勢は正しく!と思っても、歩き方までは
なかなか、気がまわらないのが現状です・・"^_^"
室内用サンダル、頼もしいですね。
バッチリ、効果がみられますように♪

投稿: うさちゃん | 2007年2月20日 (火) 23:45

>Sooままさん
健康のことを書くのは難しいものですね。(^^;;
またプールで水中歩行を始めようかな、という気になってきました。
道・・・そう言われて見ると、まっ平というのはないですね。
明日も元気でその道を歩かれますよう!

>あきあきさん
なるほど、靴のへり方も参考になりそうですね。
普通に見た感じは分からなくても、足の力のかかり方を測ると
何かが見えてくるものなのかも・・・。

投稿: ようこ | 2007年2月21日 (水) 01:00

>うさちゃん
足のアーチを助けてくれるサンダルなので
足の下にモグラがいる感じです。(笑)
それにしても、毎日の生活で歩き方まで気が回らないよねぇ・・・。

投稿: ようこ | 2007年2月21日 (水) 01:01

測定器に乗った様子を想像した時思い出した光景があります。
10年くらい前に一緒にウイーンに行った時、ようこさんが、町なかにある体重計にお金を入れて乗ってましたよね♪
あのときは、通貨はまだユーロではなくシリング、体重計の目盛りもキログラムではなく、おそらくポンドで、しかも服を着て靴を履いたままだから、太ったんだか痩せたんだか少しもわからなかったけど・・・。
興味が出たらとにかく「のってみる」という、ようこさんの姿勢が変わらないなぁ~と思いながら記事を読みました。

投稿: kiwi | 2007年2月25日 (日) 13:09

>kiwiさん
こちらではお久しぶりです。
足の測定の時に、どこかで経験したことがあると思ったら、
街角にあった古き良き銭湯にありそうな体重計だったのか!と納得です。
10年経っても行動の姿勢は変わらないことが分かったので(笑)
歩く姿勢を正しくしたいと思います。

投稿: ようこ | 2007年2月25日 (日) 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/13973977

この記事へのトラックバック一覧です: 足のどこに力がかかるか?:

« アタマの体操☆大きさ当てクイズ(解答編) | トップページ | こころに響く記事に出合って。 »