« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

時の人に遭遇、の巻(但し、写真なし)

月曜日。いよいよ今日からドイツ語のBコースです。(^-^)

 

ところで、私は外に出るときに携帯を持って行きますが

数ヶ月に一度、

「デジタルの世界から(一瞬)離れよう!」

と思ったりして、意図的に携帯を持たないことがあります。

 

今日がその日でした。

そして、その日に限ってシャッターチャンスがあったりするのです。

・・・と、それは後述するとして。

 

ドイツ語教室は、先週までのクラスと同じ先生に習うことになりました。(^^)

新しい若い生徒さんも加わっての授業です。

 

このクラスからは、説明には一切日本語を使わず、

ドイツ語だけの授業になるので、より一層、会話のクラスらしくなりました。

まるで、自転車の補助輪を外したような気分です。(^^ゞ

 

午前中から頭を使うからか、次第にお腹が空いてきて

"Ich habe Hunger."(イッヒ ハ-ベ フンガー.)気分。

 

このあともちょっとした用があるので

昼食は、帰る途中の宮崎県のアンテナショップで

煮込みハンバーグを食べよう、などと考えていました。

 

帰り道、煮込みハンバーグを目指して歩いていたら

そのアンテナショップ黒山の人だかり!

すぐ近くの人気ドーナツ屋さんの行列よりも人が多かったです。

 

報道関係の人もたくさんいたので、ハッとした私!

そう、時の人がきっとここに現れるのだろうと分かり、待つこと2,3分。

ハッピを着ながら、テレビ”そのまんま”に新知事が登場しました。

 

みんなが携帯やデジカメで撮影する中、

私はただ目の前を通り過ぎるのを見ているだけでした。(^^ゞ

煮込みハンバーグもおあずけ。

 

ひょっとするとテレビに映っているかもしれないと思って

大急ぎで用を済ませて帰宅し、ニュースを一つだけチェックしましたが

残念ながら、そのシーンは飛ばされていました。

 

くぅーーー、個人的には写真撮影しなくても、とは思いますが

ブロガーとしては、カメラを忘れたのが残念!

 

もしもニュースでアンテナショップ訪問の件を見たら、

ドジな私を思い出してください・・・。(^^ゞ

 

ちなみに、ドイツ語ではこの状況を

"Ich habe keine Kamera gehabt."

(イッヒ ハーベ カイネ カメラ ゲハプト.私はカメラを持っていませんでした。)

といいます。トホホ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

福井のそばとかまぼこ

先週、ようこ父が大きな箱を持って訪ねてくれました。

福井の物産展で買った、武生の”越前そば”

敦賀の”小牧のかまぼこ”でした。

 

日曜日は、ニワカそば店になったつもりで

このそばとかまぼこを使って夕食を作りました。

 

越前そばは、割と太めでコシがあります。

おろしそばのレシピがついていたので、

例によってきっかり水の分量を量りながら作りました。

 

そばがゆで上がってからモタモタするとまずいので

やたら早いタイミングで、そばの上にのせるネギ、大根おろしを準備。

 

そばのゆで上がりと、熱いつゆの出来上がるタイミングを合わせるために

お湯を沸かしてからガスを一旦止めたり、またつけたり・・・。(^^ゞ

 

そんなこんなで、やっと材料がそろったところで盛り付けます。

ふぅ。

Img_2180鰹節をかけて

出来上がり~。

 

 

 

 

 

コシがあるのに、ツルツルといけます。

さらに残ったつゆに熱~いそば湯を入れたら、これが絶品!

スープを飲むように味わいました。

 

Img_21792

こちらは板わさ

ビールのおともに、

もう一人前、追加してしまいました。

↑いや、自分で切るのですが。(^^ゞ

 

  

刺身のように

「しょうゆにわさびを溶かしたものに、かまぼこをつけるのか?」

はたまた、

「かまぼこにわさびを少量のせて、しょうゆをちょこっとつけるのか?」

少し迷うところですが、私は気が付くと、後者の食べ方をしていました。

 

この他にごくシンプルな湯豆腐を作り、和風の食卓となりました。

 

★お知らせ★

Kisakoさんのこちらの記事を参考に、左側にGoogle検索窓をつけました。

このブログ内の記事を検索できますので、どうぞご活用ください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

『楽ぴー』、無事に千秋楽

27日夜は、三遊亭遊史郎師匠の落語とピアノの

コラボレーション『楽ぴー』千秋楽でした。

今回もたくさんのお客様がご来場くださいました。

 

学生時代の友人と十年ぶり?の再会や、

ブログを読んでくださっている皆様(初対面含む♪)、

本当に本当にありがとうございました。

ブログをやっていたよかったです。>_<

 

ピアノは、ショパンのプレリュードOp.28-7(O田胃酸の曲)

ブログでご紹介した『アマポーラ』などを演奏。

 

三遊亭遊史郎師匠の落語二席は、動きが大きい楽しい演目でした。

 

一席目は、ハリ治療に凝った人が猫や人にハリを施そうとする噺で

猫の仕草がかなりツボに入りました。

 

二席目は、”ネタ下ろし”といって、作家でいう”書き下ろし”のような

貴重な瞬間に出会うことができました。

 

夢を見たと勘違いされた人が、「夢の内容を話せ!」と

いろいろな人にせっつかれる『天狗裁き』という噺です。

次々に小さい人形が出てくるを連想してしまいました。(^^ゞ

 

そして、今回はコラボらしく、ナマ出囃子に挑戦です♪

出囃子というのは、落語家さんが高座(こうざ)に出入りするときに

テンテケテンと鳴る音楽のことです。

 

今までは録音だったのですが、お客様からのリクエストで

一念発起、考えてみることにした次第です。

 

こういうライブでは、既存の考え方にとらわれず、

私が高校生ぐらいのときに流行ったB.Hの曲をリスペクトし、

ラグタイム風にアレンジしてみました。

構想○ヶ月、一人カラオケで曲を調査して、ついに完成!!

なにしろ、適当がきかない性格なもので・・・。

 

終演後、ピアノ演奏のあとは、串揚げをたくさん食べました。

Img_2172

ブロッコリーの串揚げが

おいしかったです。

 

 

 

 

 

お店の移転のため、『楽ぴー』は、ひとまず千秋楽。

またいつかチャンスがあれば、こういったコラボレーションで弾いてみたいです。

 

会場に足を運んでくださった皆様、遠方から応援してくださった方々、

本当にどうもありがとうございました。

私はこれからも精進を続けます!

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2007年1月25日 (木)

Ich habe eine Frage.~質問があります。~

家の中の物を整理するのが苦手で

今日もまた、雪崩ようになった紙類を

頭を無にして捨てました。

 

一方、物事を簡潔整理して伝えることを目標にしている私としたことが、

先日、まったく詳しくない分野の話題で

どうしても言いたいことがまとまらずに、困ってしまいました。

 

場所は、やくよけの堀之内妙法寺。

昨年1月に申し込んだ除八方というお札が効いたおかげか、

無事に一年を過ごすことができたので

今年もまた窓口で注文しようとしている場面です。

何だか英語のリスニングテストの状況説明の文章みたいです。(^^ゞ

 

では、テープレコーダーで再生してみましょう。

 

プツッ

私「あのー、ちょっと質問があるのですが。」

係の人「はい。」

私「私はお札を申し込みたいのですが、どれを申し込んでいいか分かりません。

 なぜならば、昨年は私の生まれ年は八方ふさがりということで

 除八方にすればよいことが、申込用紙を書く場所に

 書いてあったので分かったのですが、

 今年はそういうのではないようなので、どれがいいか分かりません。

 ただ、昨年お札を頼んだら、大変調子よかったので

 今年もどうしても頼みたいと思っています。」

意気込みを語ったことで動揺し、最後に話をどうシメればよいか分からなくなってくる。

そもそも、「なぜならば」以降が長いんだな。

ここで大は小を兼ねる的な苦肉の質問。

私「八方ふさがりでなくても、除八方を申し込んでも大丈夫なのでしょうか?」

係の人「それでしたら、こちらのホシマツリになります。」

私「・・・あ、ではそれをお願いします。」

プツッ

 

知らないことを質問するのがいかに難しいことかが分かりました。(^^ゞ

星祭というキラキラした名前のお札は、節分以降に取りに行く予定です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

半年に一回、新しいことを始めたくなる。

突然ですが、今日から一週間あたり短い時間ではありますが、

知り合いからのご紹介で、仕事をすることにしました。

英語関係です。

 

今日は、とてもあたたかい雰囲気の歓迎ランチを開いてくれました。

ドラマ『ハケンの品格』ではありませんが、がんばって働きます!

 

私は、正社員としての仕事から離れて1年半になります。

唯一の仕事、半年前に始めた落語とピアノのコラボ『楽ぴー』が

お店移転のため、1月27日(土)でお仲入り(=休憩)。

ドイツ語が一周年になり、だいぶ落ち着いてきた・・・。

ちょうどそのタイミングに、お声掛けいただいた、というわけです。

 

しかも、その頃に赤ワインをコートにこぼしてしまい、

勢いでコートを買おうとするときに、仕事をする決意をしました。(^-^)

 

10年以上も正社員で働いてきたので、

他の形で・・・というのは想像つかない面もあったのですが、

ブログやランチを通して、多くの方が

いろいろな働き方をしているのを知ることができました。

 

今から可能性を狭めることもないし・・・と思い、

生活に影響の出ない範囲で挑戦してみます。

Trains_1  

電車の絵を描いてみました。

 

 

 

 

 

 

やりたいこと、やらなければならないことがあって、

この電車たちを一日の中でどのようにつなげるか・・・がコツ??

 

もちろん、ブログは今までどおりに続けますので

これからもよろしくお願いします!

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

ドイツ語Aコース終了☆

今日はドイツ語教室のAコース最後の授業でした。

一年間、ペラペラな日本語で正確なドイツ語の文法を

きっちりと教えてくれた先生に名残を惜しみつつ、

先生を囲んでクラスメートたちとイタリアンのお店でランチ。

 

Img_21552私はハンバーグ大好き!

Ich esse gern

Hamburger.

 

 

 

 

生徒さんの一人が、カリグラフィーという

ヨーロッパの活字のような手書き文字が得意で

先生への寄せ書きカードを作ってくれました。

記念に残る物を作ることができて、うらやましいです。^_^

 

昼食は、クラスメートみなさんの多才ぶりに話がはずみました。

仕事や家事の合間に、勉強する時間を作り出す姿勢は

学ぶところが多く、よい出会いとなりました。

 

来週からはBコースが始まるため、

さらに予習と宿題に追われる週末となりそうです。(^^ゞ

 

帰りには、山積みになっていた納豆を買い、

夕食に大根おろし入りマグロ納豆を作りました。(^-^)

Img_2157

新鮮な味わい。

Das hat frisch

geschmeckt.

 

 

 

 

レシピ参考:千趣会 素材クッキング6 豆・豆腐

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

勝手にセンター試験レビュー

20、21日は大学入試センター試験が行われました。

かつて2年連続で大学入試に挑戦した私、センター試験も経験ありです。

そのクセが抜けないのか、毎年問題には目を通すようにしています。

 

今は新聞だけでなく、インターネットでも問題を見ることができるので

いつものように好きなところだけ選んで解いてみました。

 

今回は、英語ドイツ語化学1物理1の一部をチェックしました。

数学は解き方を忘れたので、いきなり挫折・・・。しくしく。

 

英語は、絵の中から解答を選ぶ第5問をやってみました。

内容を読んでビックリでしたが、

釜山から日本にやって来て、日本人の友人とランチをする計画があるが、

下関行きの船が取れなかったので博多行きに乗る、

といった国際色豊かなものでした。

 

JohnとMaryといった登場人物か、日米の文化の話を読んで

受験勉強した私としては、ちょっとしたカルチャーショックです。(^^ゞ

 

現在学習中のドイツ語は、第4問の会話文III

送別会に出そびれた話を読みました。

英語を習う代わりにドイツ語を習ってきた生徒さんが受験したんだろうなぁ、と

問題の向こうに見える生徒像を考えてみたりしました。

 

そういえば、予備校にはフランス語で受験する人がいて

BEAT BOYSの歌に出てくるフランス語を教えてもらったなぁ・・・。

もう訳は忘れてしまったけれど、スラスラ訳す姿に驚いたものです。

 

計算問題だったり知識系だったりして、割と好きだったのが化学

受験生に関心があるかどうかは分かりませんが

化学1の第1問の問5などに興味を持ちました。

 

トリの物理1は、分かる問題があるかどうか自信ナシだったので

こわごわと問題をレビュー。

第1問の問5に、ギターの弦の問題が出ていました。

5の答えは440Hzで、ピアノでいうと、目の前のの音ですね。

 

ふぅ、これにて今年のレビュー終了!

え?国語はやらないのか? 

文章が長かったので、また時間のあるときに腰をすえてということで・・・。(^^ゞ

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2007年1月20日 (土)

フライパンを求めてかっぱ橋へ♪

半年ほど前から、我が家のフライパンに

赤いサビみたいなのが出始め、新品を買う決意をしました。

ようこ夫には断りなく・・・だったのですが。(^^ゞ

 

来週からは予定が増えることもあり、今のうちに!と

プロの方も利用するという、サンプルでも有名な

かっぱ橋道具街に出かけました。

急遽だったので、どなたもお誘いせず・・・スミマセン。

 

道具街は、真っ直ぐな道の両脇に専門店が並んでいます。

この専門店群を4ブロックに分けてあり、

私は浅草の隣りの田原町駅方面から入谷方面へ行き

ふたたび田原町方面に半分ほどの道のりを戻り、

合計3ブロックを見て歩きました。

結構片道が長いのです。(^^ゞ

 

Img_2143かっぱ橋道具街の

入口には

面白い建物があって

驚きました。

 

 

明らかにプロ向けの店や素人でも入れそうな店、

普段レストランで見かけるマットや”本日のメニュー”のボードなど

一つ一つに値段がついているのだと思いながら歩きました。

 

フライパンのありそうな鍋専門店があったので

フラリと入ってみると、お店の人はいらっしゃいませもなく、

フライパンを選ぼうとする私をじーーーっと見ているだけです。

何となく居心地が悪くなって、素人でも良さそうなお店を探すことに。

 

少し歩くと、”シェフから主婦まで・・・”というコピーの下に

手書きのフィスラーのロゴが書いてある、入りやすそうな店がありました。

アサヒサンレッド かっぱ橋店)

 

唯一相場が分かるフィスラーの圧力鍋の値段を見ると、

すごく安くなっていて、急に心は晴れ晴れと

「かっぱ橋に来ました!」感に満ちあふれました。(^-^)

 

フライパンを見ていると、親切なお店の人が来て

こちらの質問にも丁寧に答えてくれました。

 

フライパンにはcm単位で何種類かのサイズがあり、

今までは26cmを使っていましたが、やや大きかったので

今回は24cmにしてみました。

 Img_2149

オムレツのような

繊細な料理にも

使えるそうです。

 

 

 

 

サンプルの店も何軒か立ち寄りました。

さすが本物そっくりで欲しくなったのですが

小さくても高価なものが多かったので

残念ながら買うことはできませんでした。(^^ゞ

 

そうそう、かっぱ橋道具街には食べるところがほとんどありません。

たまにラーメンのノボリやおでんのちょうちんを見かけたけれど、

それはすべて売り物でした・・・。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

ああ、念願の加湿器

念願の加湿器。

ついに、買いました。

Img_21412電動鉛筆削り

または

小さいバス!?

大きめの

アイロンぐらいの大きさです。

 

会社などにもさりげなーく置いてある加湿器。

乾燥した季節になると、いつの間にか使われ始めます。

 

我が家の加湿器は、数年前にタンクが割れてしまい

2年がかりで捨てたきりです。

ぬれタオルをつるして、しのいでいました。

 

量販店には、加湿器には3つの方式がある、と

一枚のボードに簡潔的確にまとめられていました。

星取表を作れば作るほど、本質が分からなくなるものもありますからねぇ・・・。

 

メーカーによって呼び方はさまざまですが、

・水に風を送って気化させる気化式

・水に温風を送って気化させるハイブリッド式

・水をスチームで熱し、蒸気を生成するスチームファン式

の3方式でした。

 

それぞれの方式に対して、

やれ経済性だ、やれ清潔度、はたまたヤケドの危険度などで

評価がなされています。

 

私の一番理想とするのは、

石油ストーブにヤカンを乗せる加湿方法なのですが

それだと石油ストーブを買わねばならないので

今回は、同じ理屈のスチームファン式にしました。

 

その中にも、アロマオイルを入れられる機種や

デザインが上品でおしゃれな機種だったり、

”受験生におすすめ!”などと謳い文句がある機種もあり、

迷う人が見たら、しばらく考えるだろうというほど多彩でした。

 

私は、機能(オーバースペックでないこと)で第一次フィルタリング。

値段で第二次フィルタリング。

続いて、”○畳用”といった適用広さでフィルタリング。

日中は一人なので、小さいのでいいや、ということですね。

 

以上の選考を経て、2機種×2色=4種類 からの選択となりました。

四角いものか?バスか?

どちらでもいいので、何となくマンガ風で親しみやすいバスを選び、

色は目の前にあったラベンダー色にしました。

さっさと選ばないと、春がやってきます・・・。(^^ゞ

 

結局、加湿器がない数年間に対し、

2分間で加湿器を選び、現在使用中です。

 

コーヒーメーカーでコーヒーを沸かすような音がしますが、

やっぱり適度な湿度はいいですねぇ。

サーモスタットみたいなのはついていないので

手動でスイッチをパチパチしながら過ごしています。(^-^)

 

参考資料:量販店のボードの丸暗記と、4メーカーのカタログ

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007年1月17日 (水)

宮崎のキリボシダイコ~ン

ブログのメンテナンスのため、

丸一日コメントがつけられなくなっており、ご迷惑をおかけしました。

次こそは、直前に周知するように気をつけます・・・。

 

さて、昨日はここ数日食べたくて仕方のなかった

”切り干し大根と油揚げとピーマンの炒め煮”を作りました。

 

Img_2095切り干し大根(せんぎり大根)は、

新宿にある宮崎県のアンテナショップ、

KONNEで買ったものです。

袋を開けると、大根のツンとしたいい匂いが。(^^)

 

小料理屋などのつきだしだったりすると、

「くぅ~、うれしいねぇ。」

と、つい日本酒を飲みたくなるこの料理は好物の一つです。

 

圧力鍋で作る方法と普通の鍋で作る方法等があり、

今回は普通の鍋で作りました。

 

では、いつものように調理の実況開始~。

Img_2096最初に、切り干し大根を

ザブザブと水洗いしてから

水につけて戻します。

 

 

この間に、油揚げにお湯をかけて油抜きをしたり、

ピーマンを細切りにしたりします。

 

切り干し大根が水を含んだところで、

よく絞ってから、 ごま油で炒めます。

大根が菜箸にからみつくので、力を入れると、

大根が四方八方に飛びはねます。(^^ゞ

 Img_2104

だしと

酒、砂糖、しょうゆで調味し、

少し煮ます。

 

 

Img_2106

三角形に切った

油揚げが仲間入り。

また煮ます。

やや地味め。 

 

 

Img_2108

ピーマンが仲間入りして

急に華やかに!

 

 

 

汁気を残さず炒め煮したら出来上がり♪・・・なのですが

ここからが大変でした!

 

汁気がなかなか減ってくれない上、

ちょっと味見をすると、小料理屋の味ではないのです~~。

どうしよう・・・。

 

今さらやめるわけにいかないので、

出来上がりに不安を感じつつ、ひたすら炒め煮し続け、

ついに汁気がほとんどなくなりました。

 

Img_2109

やれやれ。

 

 

 

 

やっと切り干し大根風の味わいになってくれました。

 

実は、昨日の時点でブログにアップしようと思ったので

「明日はもっとおいしくなるかな?」

と書く予定でした。

しかし、メンテナンスのために更新できなかったので

一日たったものを食べてからのレポートです。(^^ゞ

 

Img_2126

一日後の切り干し大根。

大根の甘み

ぐんと引き出され、

日本酒に手が伸びそうです。

 

 

レシピ参考:千趣会 素材クッキング13 根菜

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年1月15日 (月)

語学と音楽~入団の挨拶&日本の歌百選~

月曜日の午前はドイツ語教室、朝からパワー全開

午後は病院へピアノを弾きに行きました。

  

ドイツ語といえば、先週テレビで放送された

オーストリアのレッドブル・ザルツブルクへ移籍した

サッカー宮本選手のドイツ語での流暢な挨拶です。

何て言っているか聞こうとして、テレビのボリュームを上げたりして・・・。

 

ほぼ同じ時期に行われた、ニューヨーク・ヤンキース、

井川選手のほのぼのカタカナ英語!?

フランスはグルノーブルに入団した

サッカーの伊藤選手の堂々たるフランス語も見応えがあり、

ついつい同じ映像を見るために、

ニュースをハシゴしてしまいました。(^^ゞ

 

また、音楽関係では

親子で歌いつごう 日本の歌百選

が発表されました。

募集しているのを知らず、一票を投じられなかったのが残念!

 

選ばれた101曲のうち、

「ボランティアで2回以上演奏したことがあるのは何曲か?」

という興味がモクモクとわきあがり、

先ほど、”正”の字を書いて数えたところ、約60曲でした。

 

私が愛用しているピアノ用の楽譜をご紹介すると、

唱歌がかなり網羅されていてアレンジもよい

『ピアノ・ソロ 日本の叙情歌大全集』

『川の流れのように』や『見上げてごらん夜の星を』などの楽譜が載っている

『Japanese Popular Songs』

です。

 

残り40曲もぜひとも弾こうと思います。(^^)v

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

屋上で和む~伊勢丹新宿 アイ・ガーデン~

ピアノ教室の帰り、新宿のデパートの屋上に行き、

しばし和んだ時を過ごしました。

 

伊勢丹新宿店に、アイ・ガーデンという屋上庭園があります。

季節の草花や樹が植えられていて

芝生の上では子供達が元気に走り回る

憩いの空間になっています。

 

Img_2078

エリアごとのユビキタスな看板

今回は試しませんでしたが

専用端末を近づけると

草花の解説が聞けるそうです。

 

 

Img_2080

春の七草

陽の光がまぶしい~。

 

 

 

 

 

 

Img_2085あら、かわいいこと!

 

 

 

 

 

Img_2083

きれいな色でした。

 

 

 

 

 

 

Img_2086

後ろに建物の一部が見えます。 

 

 

 

 

 

Img_2088

風になびく

 

 

 

 

 

 

 

Img_2091

向こうに見える看板が

屋上であることを

思い出させます。

 

 

 

 

また季節が変わる頃、訪ねてみようと思いました。^_^

写真の美しい記事にトラックバックさせていただきました。

| | コメント (6)

2007年1月12日 (金)

ルンバのリズムで、『アマポーラ』

本日は、ボランティア始めでした♪

数ヶ月に一度お世話になっている、

電子ピアノのあるところでの演奏会です。

 

家事かパソコンか、一人で街に出るか・・・の毎日だったので

外の空気を吸って、人と話をするこの日を

とても待ちわびていました。(^^) 

 

ここの会場の電子ピアノは、リズムも鳴らせるので

ルンバのリズムに乗った『アマポーラ』を演奏しました。

 

ルンバのリズムを文字にするのは難しいのですが、

8ビートが、ズズタ ズズタ、

16ビートが、ズズズズタタタタ ズズズズタタタタ、

タンゴは、タッタッタ、タタ タッタッタ、タタ(例:リベルタンゴ)、

ボサノバは、スッ、タッタ、スッ、タッタ(例:イパネマの娘)。

ああ、止まらなくなってきた!

・・・とすると、

ルンバは、ズゥーーーン、タタタタ

といった雰囲気のリズムです。

 

『アマポーラ』は、栗原はるみさんが出演の

住宅のCM(2007年1月現在)で流れている

ゆったりとした美しいメロディーの曲で、

一年以上前に、自動車のCMでも使われていました。

 

ただ、いつ頃流行した曲なのかが分からなかったので

今日の年齢層の高い聴衆にマッチするかが心配でした。

 

しかし、曲名を紹介すると

「あら懐かしいわぁ~。」

という声があがり、ホッとしました。

 

もっといろいろ思い出話を聞きたいところでしたが

曲を多めに用意したこともあって、

あっという間に時間は過ぎてしまいました。

 

今の私・・・。

そう、ルンバのリズムがぐるぐる回っています。(^^ゞ

ズゥーーーン、タタタタ ズゥーーーン、タタタタ・・・。

 

リズム参考:ヤマハ クラビノーバ CVP-205

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

ニューコート・コーニュー

コートネタを引っ張って恐縮ですが

今日は新宿へコートを買いに行きました。

 

赤ワインをこぼした白いコートをクリーニングに出している間、

代わりのコートをどれにしようかな・・・と家の服を見たところ

カジュアルなフリースと学生の時に着ていた

サーモンピンクのコートのみ。(^^ゞ

 

きちんとしたところに着ていくことを考えて

春にも着られそうなコートを買うことを

急遽決意せざるを得ませんでした。

コート2着を併用する感じですねぇ。

 

買う前には、新宿の人波でコートチェックです。

黒、黒、ベージュ、黒、黒、グレー、黒、黒・・・。

ふぅむ、黒が人気のようですな。

すそが長くてヒラリとしたのがカッコイイな~。

 

赤ワインが飛んでも目立たないこともあって

黒にしよう!と、たまに服を買う店へ勢いこんで向かいました。

即断即決派の私は、1,2着の試着で決めるつもりです。(^-^)

 

しかし、いざ黒の長いコートを着てみると、

髪の毛、眉毛、コート、上から下まで同じ色になってしまいます。

 

では、ベージュはどうか?と着てみると

これはこれで、

「ワトスン君。」

探偵風になってしまいます。

 

お店の人と首をかしげながら、

短い丈の黒も試しましたが、それも今ひとつ・・・。

結局、白いコートに似ている色ではありましたが(^^ゞ

一番ピンときた白っぽいグレーに決めました。

 

帰りに見かけた人々のコートは、やはり黒が多く、

その似合っている様子を見て

大変うらやましい思いをしながら電車に乗りました。(^^)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

夕食どきのハプニング!

今夜の夕食は一人だけなので、

近所のレストランにスパゲティを食べに行きました。

 

白いコートを着ていったので、トマトソースがかからないよう

裏地を表にしてたたみ、向かいの席に置きました。

 

ちょうど20%オフの日だったこともあり、奮発して

スパゲティと前菜、赤ワインのセットをてきぱきした店員さんに注文。

名札に”店長”と書いてありました。

 

前菜とスパゲティを食べ、少しずつちびちびと飲んでいた

ワインに手を伸ばしたそのとき!

自分の指がグラス部分を押し、ワイングラスを倒してしまいました。

 

赤ワインがテーブルの上にこぼれ、

あいにく私の白いコートの裏地にも赤ワインが飛んでいました・・・。

不幸中の幸いは、周りの席には影響がなかったことです。ほっ。

 

シミが何ヶ所にもできてしまい、コートを拭こうとしていると

先ほどの店長がすぐに来て、テーブルをきれいに拭き取り、

近所だったらすぐにクリーニングに出すよう勧めてくれて

私は平謝りしながら、そそくさとレジに移動しました。

 

その店長がレジで伝票を見ながら

「ワインはお飲みになれなかったので・・・。」

と、なんとワイン分を値引いてくれたのです。

 

私としては、迷惑もかけたので

「おつりは要りません!」

という勢いで店を出るつもりだったので

一瞬、話が分からなくなってしまいました。(^^ゞ

 

でも、あわてふためく私への配慮にじーーーーんとして

「また来ます。」

と言って店を後にしました。

 

時間も時間だったので、あいにくクリーニング店は閉まっていました。

不慣れでしたが、家で重曹を使ったシミ抜きを試してみました。

現時点でシミは完全に取れていないので

明日、クリーニング店に相談してみるつもりです。

 

でも、お店の人がイヤな顔ひとつせず対応してくれたおかげで

がっくりくるはずの夕食の後味は、大変よいものとなりました。(^-^)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

Tragetascheで買い物

今日のお昼は(私にとっての)ラジオドイツ語講座でした。

久しぶりに聴くと、内容がだいぶ進んでいたので

”自主的年末年始休み”を長く取りすぎてしまったようです。(^^ゞ

 

文法は思い出せば何とかなる(かもしれない)・・・として

来週月曜日のドイツ語教室始めまでに、口に出して発音する

ドイツ語をおさらいしておかなければなりません。

 

例えば、高速道路のETCを「イーティースィー」と読んでいましたが

頭をドイツ語にするために「エーテーツェー」

”一月”は、「ジャニュアリー(January)」ではなく「ヌアール(Januar)」。

”1000”は、「ウゼント(tausend)」・・・。

赤い部分を強く発音します。

 

忘れかかっているドイツ語への不安を抱えつつ、午後は荻窪に買い出しへ。

駅近くのビルの地下に、市場のような雰囲気の専門店が並んでいて

その活気が好きで、会社勤め時代によく利用していました。

 

お店ごとの会計なので、荷物が野菜、魚、豆腐、果物、

全部別々になってしまい、落し物のないよう

いつも荷物の個数を数えてあたふたしていました。

 

そこで今回、新年を機会にエコバッグを使ってみました。

 

Img_20632

ドイツ語では、同じような物を指して

”運ぶカバン”という意味の

Tragetasche(トラーゲタッシェ)

といいます。

こちらは日本でもらったものです。

 

 

 

Img_20652

お使いの方はご存知のように

たたむと小さくなります。

 

 

 

 

 

 

荷物の数を確認しなくてすんだので、とてもラクでした。(^-^)

 

ただ、買う順番を考えないと、

軽いものの上に重いものを乗せることになるので

パッキングセンスの悪い私には、少し難しいなぁとも思いました。

豆腐をタテにして入れるハメに・・・。

 

バッグをもう少しうまく使いこなせるようになると

レジ袋削減などにも、貢献できるかもしれません。

 

Ich habe eine Tragetasche benutzt.(私はエコバッグを使いました。)

Ich habe einen Tofu gekauft.(私は豆腐を買いました。)

よぉーし、本日の復習完了!?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

佐賀の七草がゆ

1月7日はピアノ教室始めです。

今年も一年、新しいことを勉強していきたいです。(^-^)

 

帰りに2つのデパートに寄って、七草セットを調査!

私が見たものは、価格は315円~420円ぐらいで

産地ごとにパックされていました。

 

愛知県、神奈川県、京都府、佐賀県産があり、

七草が豪快に!?パックされた佐賀県のものを買いました。

 

年に一度しか手にしないので、7種類の草を記念撮影です。

草の名前をコメントで教えていただいたので、緑の字で追記しました。(1/9)

 

Img_20402すずな

 

 

 

 

 

Img_20493

すずしろ

 

 

 

 

 

 

 

Img_20382

色も姿も

美しい草。

ホトケノザ(コオニタビラコ)

 

 

 

 

Img_20453

少々クレソン風?

セリ

 

 

 

 

Img_20472子供の頃に見たような草でした。

ナズナ(ペンペングサ)

 

 

 

 

Img_20512

この草が

たくさん入っていました。 

ハコベラ(コハコベ)

 

 

Img_20522

最後の一種類を”草の山”から

探し出すのが大変でした。

なんと、オンリーワンだったのです。

ゴギョウ(ハハコグサ)

 

 

 

今回は、七草セットに書いてあったレシピで作ることにしました。

 

七草は下ゆでします。

Img_2057

色鮮やか!

 

 

 

 

 

 

土鍋の中に、といだ米とだし汁を入れます。

だし汁でのおかゆは初挑戦!

 

Img_20582

いつも通り、

一合です。 

 

 

 

 

 

 

フタをして弱火で炊いている途中に

ゴボッゴボッという音がして、吹きこぼれそうになったので

かなりあわててフタをずらしました。

 

約40分後、ゆでた七草をおかゆにかけて

塩をぱらぱらとふれば、出来上がり。

 

Img_20612今年も

健康で

いられますように。 

 

 

 

 

 

だし汁のうまみと塩味が調和して食が進み、

ついついビールと日本酒を

いつもよりも多めに飲んでしまいました。

無病息災に効き目があるのか、少し心配に・・・。(^^ゞ

-------------------

◇メンテナンスのお知らせ◇

 2007年1月16日(火)15:00~1月17日(水)15:00の約24時間。

 ブログの閲覧のみ可能です。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

年末年始番組あれこれ

新年になり、早いものでもう一週間が経とうとしています。

年末年始はやはり、いつもよりもテレビを見る時間が長かったような気がします。

 

年末に帰省する際には、たまたま面白い推理ドラマをやっていて

熱心に見ていたところ、

刑事「あなたが犯人ですね。」

女性「何をおっしゃるの!証拠はあるのですか?」

といったところで、トンネル続きになり、

テレビがガーガーピーピーいい始めて

とうとう結末が分からなくなってしまいました。(^^ゞ

車の中で見るには、バラエティの方が適しているかもしれません・・・。

 

気を取り直し、家にいてたまたま見た良い番組がありました。

NHK『小さな旅』

1月1日放送の”忘れ得ぬ山河”です。

 

この番組は全国放送ではないかもしれませんが、

私が子供の頃から放送されている、あちこちを静かに旅する番組です。

 

私は3日の再放送を見ましたが、”忘れ得ぬ山河”は

視聴者の思い出の土地を訪ねるもので、

「なぜそこに行ったのか?」

がうまく伝わってきたために、心おだやかに楽しむことができました。

 

もう一つは推理サスペンス『悪魔が来りて笛を吹く』

稲垣吾郎演ずる金田一耕助シリーズです。

 

ストーリーが難しそうだったので、

金田一耕助シリーズはあまり見たことはなかったのですが

もともと推理ものが好きなのと、キャストの関係で

録画してからじっくりと見ました。

 

予想通り、1回見ただけでは登場人物が多くて覚えきれずに(^^ゞ

もう一度見て、やっとストーリーが分かったところです。

 

金田一耕助が頭をかきながら謎を解く様子や

昭和22年頃のまるで映画のような大がかりなセット、

ごひいきの成宮寛貴の演技など、みどころたくさんでした。

フルートが分かるともっと面白いかもしれないです。(^^)

 

テレビざんまいの生活もそろそろおしまい。

また普段の生活ペースに戻していきたいと思います~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

トルコ料理で新年会

4日夜はようこ実家との新年会のため、

久しぶりに電車に乗って新宿に出ました。

 

会場は、トルコ料理のお店 ウスキュダル 西口店*です。

私にとっては多分初めてのトルコ料理です。

*ホームページは西口店の地図ではありません。

 

旅好きレポート好きお酒好きなようこ父が

昨年のトルコ旅行の話をしながらの食事となりました。

 

コース料理のAコース、

スープ、パン、パンにつけるペースト、メインディッシュ、デザート、紅茶

を注文して新年会開始です!

 

Img_2017まずは

トルコのビールで乾杯♪

 

 

 

 

Img_20212

オゼルクルムズ

赤ワインをボトルで。

 

 

 

 

 

トマトやパセリやタマネギ、豆を使ったパン用ペーストで

フレッシュな野菜を味わった後には、メインディッシュです。

  

Img_2023

牛ひき肉の

辛みつくね

ほどよいスパイス!

つけあわせのタマネギには

紫色の”ゆかり”が

まぶしてありました。

 

 

Img_2024

若鶏の串焼き

すっきりさっぱり!

オススメの一品。

 

 

 

 

 

お酒を補給するため、ようこ父オススメの”ラク”を頼みました。

焼酎のようでもあり、植物系の香りのするジンのようでもある

トルコの地酒とのことです。

 

色が変わるそうなので、しっかり見届けたいと思います。

Img_2029ラクのみ

下の方に透明なお酒が。

 

 

 

 

 

 

 

Img_2031

氷と水を入れると

白くなりました!

不思議~。

 

 

 

 

 

 

味と香りに特徴があるので、人によって

得意不得意があるかもしれません。

私はおいしく飲みました。(^^)

 

この時点で満腹~~

完食まであと一息ということろでした。

 

Img_2033

小さなトルココーヒー

向かいの席のコーヒーを

撮影したので

手持ちの位置が逆です。(^^ゞ

器もテーブルもエキゾチック

 

 

世界三大料理の一つといわれるトルコ料理、

日本語の堪能なウイグル出身の店員さんも感じよく、

楽しい新年会となりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

お雑煮チョイスメニュー

3日は帰省先でもらった餅でお雑煮を作りました。

家によってさまざまなパターンがあると思うので

ファミレス風にチョイスメニューを作りました。

 

<<チョイスメニュー>>

●餅の形

□丸い

□四角い

●具

□しいたけ

□大根

□ニンジン

□小松菜

□ほうれん草

□三つ葉(コメントにより、追記しました)

□里芋

□ネギ

□白菜

□鶏肉

□なると

□岩海苔(コメントにより、追記しました)

□その他

●味付け

□しょうゆ風味

□味噌風味

□鶏がらスープ(コメントにより、追記しました)

●餅の入れ方

□焼いてからだし汁に入れる

□そのままだし汁に入れる

<<END>>

 

我が家の場合、四角い大きな餅を包丁で四角く切るつもりが

包丁が斜めに入ったため、少々カーブを描きましたが

ほぼ四角・・・ということで。(^^ゞ

 

Img_20122

おみやげの餅

大きさを表すため

左上に缶ビールを

置きました。

 

 

 

具は、やはり帰省先でもらった野菜を入れました。

Img_20142

左の短い葉は

”大根菜”というそうです。

 

 

 

 

 

この他に、スーパーで高値で売っていたしいたけと

畑で収穫した大根を入れて、だし汁でコトコト煮ました。

 

帰省先では餅を焼いて入れていたので

私も軽く焼いてから、だし汁にポトン。

 

しょうゆ味が続いたこともあり

味噌風味が急に食べたくなったので、

白っぽい味噌で味をつけました。

 

これを復唱すると、

「お餅の形は四角、

具はしいたけ、大根、ネギ、白菜、その他として大根菜、

味付けは味噌風味、お持ちは焼いてから入れる

関東風と関西風を混ぜ合わせたお雑煮で

よろしかったでしょうか?」

よろしゅうございます・・・。(^^ゞ

 

Img_20152出来上がり

 

中が見えませんが

味噌と野菜のおかげで

体が温まりました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

新春旅行記~2007~

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

年末年始は車で寄り道しながら、ようこ夫の実家に帰省していました。

いきなり盛りだくさんですが、3日間をまとめてみました。

 

12月30日は千葉の犬吠埼泊。

一旦茨城県の潮来に出て、橋を渡って千葉県銚子市に入りました。

 

Img_1956

夕暮れ時。

ホテル前から

犬吠埼を望みました。

 

 

 

 

翌日12月31日は、銚子電気鉄道の犬吠駅を見学したのち、

鹿島神宮と大洗に立ち寄ることにしました。

 

Img_19732犬吠駅に電車が来ました。

私たちは乗りませんでしたが

駅の売店で、ぬれ煎餅

日本酒を買いました。

 

 

 

車で茨城県に移動し、鹿島神宮へ。

初詣は相当混み合うのか、門前の出店の数は数十軒、

神宮内も、順路の看板や特設賽銭箱などが用意されていました。

 

Img_1982

神宮の中に鹿園があり、

横の売店でえさ用の

ニンジンを買って

鹿とコミュニケーションを

取りました。

あら、横を向いてしまった!

 

 

さらに車で北上し、大洗へ。

大洗は何度か来ていますが、立派なアウトレットができていて

やはりアウトレットのある海浜幕張かと錯覚しそうでした。

 

すぐ横にフェリー乗り場があり、停泊中の船が見えました。

アウトレットの一部に、ダイビングパイレーツというアトラクションがあるらしく、

大きな船の中を見学できるものと思ってチケットを買うと・・・、

Img_1990手前の船

乗れることが分かりました。(^^ゞ

 

 

 

 

 

でも、太陽のデザインの生”さんふらわあ”を見られてラッキーです♪

19時間かけて、大洗から苫小牧に行くそうです。

 

パイレーツ号も意外に面白く、30分のクルーズで

かもめにえさ(かっぱえびせん)をあげることができます。(^-^)

 

高速道路でいわき市に到着すると、もう夕暮れでした。

夜は全員集まって、かなりにぎやかに。

 

ゴーン、ゴーン、ゴーン・・・。

除夜の鐘が鳴り、新年を迎えました。

 

初詣の後は、勿来温泉関の湯温泉&寄席

新宿や浅草で活躍中の落語芸術協会の方が出演するとのことで

一度行きたいと思っていました。

仮設寄席を想像して行ったところ、

上野広小路亭のような本格的な高座でした。

 

1月1日の出演者Img_1998

 

 

 

 

 

 

春風亭笑好は、傘や猫を借りに来た人に断わりたいのだけれど、

答え方がお手本とずれてしまう・・・というとぼけた噺。

 

ジャックのパントマイムは、お客さんのマナーレベルに合わせて

臨機応変に演じてくれた感じで、安心して見ることができました。

 

三遊亭笑遊師匠は、綾小路きみまろ風の”妻とのやりとり”と

百面相のうちの2面相でお正月気分を盛り上げます。

会場中、大笑いでした。

  

夜は短い帰省を惜しむように、みんなでたくさんおしゃべり。

 

最終日、1月2日は野菜をもらって、さすがに真っ直ぐ帰宅しました。

 

Img_2007

大根を収穫。

今夜の豚しゃぶの

薬味にしました~。

 

  

一年の計は元旦にあり。

今年も動き回りそうな予感の私をどうぞよろしくお願いします!

---

ほとんどの方には関係ないお願いで恐縮ですが、ブログの世界のマナーとして
 ・私のプライバシーをバラさない。
  (年賀状も私信につき、内容等をネットには書かないでくださいね。)
 ・過剰な自分の日記は控える。(せいぜい1,2行)
 ・ブログの方向性についてはコメントしない。
について、改めてご協力をよろしくお願いします。

| | コメント (20) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »