« 12月楽ぴー報告♪ | トップページ | 『マリー・アントワネット』(12/6マチネ 帝国劇場) »

2006年12月 4日 (月)

いろいろな音楽と”場”

すっかり寒くなった12月、立て続けにピアノを弾く機会がありました。

 

12月2日の”楽ぴー”に始まり、

翌日3日は原宿で Winter Live in Blue Jay Way に出演しました。

私が通っているポピュラーピアノクラスやジャズピアノクラスなどの

ライブハウスを会場にしての合同発表会です。

 

同じクラスに通う4名を含めた約40名の演奏だけでなく

講師たちによる演奏もついている、というゴージャスさ。

ソロだけでなく、生のベース、ドラムと一緒のトリオ演奏もあります。

 

私は二部構成第二部のトップバッター。

グランドピアノで壮大なバラード、『ENDLESS STORY』をソロ演奏です。

静かなバラードをあまり人前で弾いたことがないので、ちょっとした冒険でした。(^^ゞ

 

演奏中には、紫や青のが当たるという本格的なものでした。

おぉーーっと、とびっくりしながら、アルフィーや舞台に立つ人は

状況で歌ったりするんだ、すごいなーと思う自分もいました。

 

同じクラスの生徒さんも幅広い音楽性の曲を披露し、

クリスマスのメドレーの『きよしこの夜』では一瞬、

会場がヨーロッパのどこかの教会になったような響きを出しました。

好きでたまらないジャズの名曲をしっかりと聴かせるものもあれば、

懐かしの『ルパン』を格好よくリズムに乗せて弾いたりと、

こういった場所ならではの緊張感の中で、演奏を楽しむことができました。

 

講師演奏は先生たちの個性が出て、聴き応え(・・・見応えかも?)ありました。

 

Img_1795

クリスマスカラー

アレンジメント。

うさちゃんからいただきました。

 

 

 

 

4日は病院でのボランティア演奏。

シンプルなアレンジで静かな音楽を心がけました。

シューマンの『異国から』を弾いていると、すすり泣きの声が聞こえてきました。

短い曲なのに、シューマンのメロディーは心にしみ入ることが多いです。

 

いろいろな場に応じた演奏ができるようになるため、

これからも勉強を続けていきたいと思います。(^-^)

 

追伸:月曜朝のドイツ語教室を休んでしまいました。
    来週から心を入れ替えてがんばります。反省・・・。

|

« 12月楽ぴー報告♪ | トップページ | 『マリー・アントワネット』(12/6マチネ 帝国劇場) »

コメント

最近自分もLIVEの機会が多くなって、昔の感覚に少しづつでも近づいてるのか・・いや、近づければなぁと思っています。仙台時代、音楽から距離を置いてしまった事をおおいに反省しておりますが、一方では今を楽しめればいいじゃん・・と気負いの無い音楽生活に努めております、はい。

投稿: 潤吉 | 2006年12月 5日 (火) 00:12

>潤吉さん
お久しぶりです。なるほど、今を楽しむというのも大事なことですね。
私は今、いろいろと吸収段階かもしれませんが
潤吉さんの言うような楽しむ余裕も持っていたいと思います。^_^

投稿: ようこ | 2006年12月 5日 (火) 00:57

今回は、いつもと違い、
ライブハウスでの発表会ということで
伺う前から、とても楽しみにしておりました(#^.^#)

ようこちゃんが、あまり人前で弾いたことがないという
バラードを聴くことができて、とてもラッキーでしたわ♪

アレンジも、載せてくれてありがとう。

投稿: うさちゃん | 2006年12月 5日 (火) 02:54

この発表会の前にずいぶん聞き込んで弾いて練習されたんでしょうね。
初めての分野なら尚更だろうと思います。
バラードって弾きやすくないですか?
でも丁寧に弾かないと、ちょっと手抜きするとバレてしまいそうな
感じもあるんでしょうか?

投稿: lilac | 2006年12月 5日 (火) 09:36

メンテナンスのため、お返事が遅くなりすみません。

>うさちゃん
ご来場&いつも季節感のあるお花をありがとうございます。
私も数えるほどしかライブハウスに行ったことがないので
珍しい体験をすることができました。(^^)

>lilacさん
バラードはゆったりとしているので、弾きやすそうだと思ったのですが
メロディラインを美しく出そうとすると、音量を維持したりと
弾き方自体をかなり気をつけないといい音にならない感じがしました~。

投稿: ようこ | 2006年12月 7日 (木) 15:08

ようこさん、発表会のライトのお話とリンクしてブログの文字色を部分的に変えるとは、凝ってますね♪病院でのボランティアのお話、すばらしいです。泣かせるほど心を動かせるピアノなんて、すごいことですよ。音楽はやっぱり素敵ですね。 

投稿: こまだむblue | 2006年12月 7日 (木) 21:17

>こまだむblueさん
ブログ更新できずにお騒がせしてすみません。
照明にあわせて文字色を変えたのを分かってくれてうれしいです。(笑)
本当にそんな感じだったんですよ。

ボランティア演奏でのシューマンは評判がいいようです。
弾き終わるといつも「ありがとう!シューマン!」と思います。

投稿: ようこ | 2006年12月 7日 (木) 23:59

温習会と書くと何か日舞とかですが、この場合はもう少し違った響きがありますね。お弟子さんはライトアップして演奏とは晴れがましい。暗譜しないと大変ですが、暗譜しても完全に演奏するには大変なことが、こち亀に出ていました。(どの巻かはwebで探しても分からないのは残念)この温習会一度拝聴したいものです。

投稿: Libra | 2006年12月 9日 (土) 19:23

>Libraさん
温習会とは、粋な呼び方ですね~。
私の通う教室は、発表の場をいろいろ企画してくれるので
単に曲が弾ければよいというのとはまた別の経験をさせてくれます。

私はいつも楽譜を見て弾くのですが、今回は楽譜の色が変わってびっくりでした。
そのこち亀、興味あります!こちらでも探してみますね。

投稿: ようこ | 2006年12月 9日 (土) 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/12932089

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろな音楽と”場”:

« 12月楽ぴー報告♪ | トップページ | 『マリー・アントワネット』(12/6マチネ 帝国劇場) »