« LONG WAY TO シュトーレン! | トップページ | 日本酒のあとの珈琲時間 »

2006年12月13日 (水)

オケイコゴト・ヒストリー

昨日は、私を新入社員の頃から知る方たちとの忘年会でした。

何年ぶりに会うかも思い出せないほど久しぶりの再会です。

 

その席上でオケイコゴトの話が出たので、

今日は私の習い事の歴史を書きたいと思います。

 

一番最初の習い事は、近所の絵の教室で

絵と工作を教えてもらいました。

私も小さかったので、詳しくは思い出せないのですが

多分、作るのも片付けるのも遅かったのではないか・・・と思います。

 

その後に、ピアノを始めました。

家にあったアップライトのピアノを見て、

弾きたい!という自主的な希望からでした。

ピアノ歴は、断続的になりますが、多分30年ぐらいになると思います。

 

高校生のときには、学校帰りに英語の教科書を持って

知り合いのイギリス人のお宅に行き、

(文法ではなく)読み方や英会話を教わりました。

 

その家には、小さいホットプレートがあり、

その上にコーヒーの入ったガラス容器が置いてあるのを見て

「外国っぽいなー。」と思ったのを今も覚えています。

 

会社帰りに吉祥寺の英会話教室に通ったこともあります。

非常に勘のよい先生に習うことができて、すごく気に入って通っていました。

 

レベルチェックテストで、

「英語を楽しそうに話しますね。」

とコメントされましたが、普通のレベルのクラスでした。

お金がかかるので、長くは通えなかったのですが・・・。

 

やはり仕事をしながら、コーラスを習ったこともあります。

歌の伴奏をするからには、歌えた方がよい、というのが

習い始めた理由だったのですが

もうまさに歌とはを使うものなのだということが分かり、

半年でギブアップしてしまいました。(^^ゞ

 

そして今は、ドイツ語会話。

 

こうして並べてみると、

・決まった時間にある一定の作業をするのは苦手だ。

・体を動かすのはつらい。

・予習や事前の練習に対しては抵抗ナシ。

・わりと外国指向!?

・話すのは好き。

といった傾向が読み取れます。

お子さんのいる方は、子供に適した習い事を考えたりするのでしょうか。^_^

 

習い事は、生活のリズムをつけるにも役立つので

せっかく始めたものは、しばらく続けたいと思います。

 

そういえば忘年会では、「運動するように!」という話になったので  

また水中歩行も開始しないとーと思った次第です。(^^ゞ

これは習っても続かないだろうから、しばらくは自主的に・・・ということで。

|

« LONG WAY TO シュトーレン! | トップページ | 日本酒のあとの珈琲時間 »

コメント

久々の再会はさぞかし楽しいひと時だったんでしょうね(^v^)
オケイコゴト、してなかったなぁ~。

投稿: kaz0917 | 2006年12月13日 (水) 16:07

ようこさんといえばやはり一番長く続けていらっしゃるピアノですよね。
小学6年の学芸会でピアノ伴奏を上手に弾いていた事、憶えています。
これだけ長く続いているのはご自分に合っているからでしょう。
ワタクシもご存知のとおり、子供の頃は書道教室やエレクトーンを習ってました。
エレクトーンは二十歳までやってましたが、レベルが上がっていくと弾き方に対し、
先生からの要求が多くなり、それがかなり負担になってやめてしまいました。
今は隔週で習っているフラワーアレンジメント、本帰国してすぐ始めたので、
早くも5年以上に。資格はとれず、楽しく作るだけなのでとても気楽です。
家から近く、気楽にできることが習い事が長続きする秘訣ですわね。
ようこさんも無理なくマイペースでやはり「気楽に」ね。

投稿: くらげちゃん | 2006年12月13日 (水) 22:02

習い事ですか~

唯一長く通ったのは、習字だったな~
でも一向に上達しなかった_| ̄|○

自動車免許の教習所は、途中で試験場に下見に行ったついでに、試験を受けて免許を取っちゃたし(二度も)

投稿: 来兎 | 2006年12月14日 (木) 00:34

>kaz0917さん
久しぶりに会っても、すぐに時間が戻るものですね。(^^)
私はオケイコゴトはやりましたが、実は部活はやっていないんですよ~。

>くらげちゃん
小学校の頃のことを覚えていてくれてありがとう。
あの頃から人前で披露するのが好きだったのですかね~。(笑)

エレクトーンが二十歳まで続いたのはすごいことだと思います。
書道もアレンジメントも、私からは遠いところにあるので
そういうのができるのはうらやましいです。
ドイツ語は気楽に続けたいと思います。(予習大変だけど!)

投稿: ようこ | 2006年12月14日 (木) 08:51

>来兎さん
そういえば、習字を習っている友達もたくさんいました。
(珠算も流行ったなー、と芋づる式に思い出し中。)
私は左利きということもあって、習字とはきちんと向かい合わずじまいでした。

試験場で免許を取ってしまうとは素晴らしいです。
私など、仮免の実技試験に落ちましたから・・・。(汗)

投稿: ようこ | 2006年12月14日 (木) 08:54

ピアノは習いだすと長い人が多いですよね。
私も5歳から高校2年までやってましたよ。
今は趣味の範囲を出ないから、シンセサイザーでお気楽に。
子供にはまださせてないけど、娘には6歳ごろからピアノを教えるつもりです。
でも絶対音感を身に着けるには6歳までの音楽教育が大事なんだとか。
(私は絶対音感を持ってますが、はたしてどんな教育受けたかは覚えてません)

ようこさんのは本当に、外国志向な習い事が多いですね。
語学を学ぶのがお好きなんだろうと思えます。

投稿: lilac | 2006年12月14日 (木) 10:22

>lilacさん
高校2年まで習っていたのでしたら、中断しても復活できそうですね。(^^)

私は相対音感があるのですが、絶対音感はないのです~。いいなぁ。
娘さんもいずれピアノを・・・なのですね。^_^

外国語・・・、私はきっと外国語を勉強して
外国の方とコミュニケーションが取れるのが面白いのだなーと思います。

投稿: ようこ | 2006年12月14日 (木) 17:57

私は子供のときに習字と水泳と英会話を
習っていましたが、どれも身につかずでした。
今はピアノとスポーツクラブでヨガや
エアロビをやっていますが、これまた
なかなか上達しません。
気長に続けていきたいと思ってます。

投稿: あきあき | 2006年12月14日 (木) 18:07

習い事は、根本的に、意思が強くないと
なかなか、続きませんよね~。
ピアノひとつとっても、ようこちゃんは
まじめに努力していて、えらいなぁと
いつも感心しています。

昔、習った水泳も、ピアノも、英会話も、
中途半端に終わってしまいました。
やっぱり、食が、からまないと続かないようです(^_^;)

投稿: うさちゃん | 2006年12月14日 (木) 20:31

習い事日記楽しく読ませていただきました♪
子供の頃の習い事をずっと続けてる人って中々少ないですよね!
ようこさんはピアノが本当にお好きなんですね(*^_^*)
またピアノ聞かせてくださいね♪
私は、幼稚園の頃幼稚園の教室でバレエを習っていたのですが、小学校入ってからも別の場所で習っていたらよかったなぁって大人になってから思いました。
何度か気になっていたのですがまた最近やっぱり始めてみたいなって思ってます。

投稿: みきぴょん | 2006年12月14日 (木) 22:31

お稽古ごとは親御さんの愛情が垣間見えて微笑ましい。私は絵です。今でも海外に行った時は昼は美術館、夜はコンサートです。(何じゃ)絵画の筆遣い、色模様、デザインどれも楽しく見ております。欧州中世のありきたりの宗教画など好きです。いつまでも好きなのが昔習ったお稽古ごとです。

投稿: Libra | 2006年12月14日 (木) 22:44

>あきあきさん
子供の頃からいろいろやっていたんですね~。(^^)
体を動かしたり、芸術だったり、幅が広くてうらやましいです。
大人の習い事は、将来の進路を決めるといった大げさなこともなく
本当に趣味として取り組めるのが魅力です。

>うさちゃん
英会話を習ったことがあるんですね!

たしかに、習い事は辛抱の連続・・・みたいなところはありますよねぇ。
私も運動し続ける辛抱がきけばいいののだけど・・・。(^^;

投稿: ようこ | 2006年12月14日 (木) 23:56

>みきぴょん
「バレエを習っていた」と聞いて、みきぴょんにぴったりー!と思いました。
でも、子供の頃の習い事を続けるのは、親子で根気がいりますよねぇ。(笑)

バレエは大人の人にも人気あるみたいで、
習いに行っているという話も聞いたことがあります。
時間を作って始めてみるのも楽しそうですね。

>Libraさん
みなさんのコメントを読んでいると、思わずにこにこしてしまいます。

美術館をLibraさんのように楽しめるのは理想的だなぁとうらやましく思います。
印象に残った絵もうまく記憶に残せたりするのでしょうねぇ・・・。

投稿: ようこ | 2006年12月15日 (金) 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/13054870

この記事へのトラックバック一覧です: オケイコゴト・ヒストリー:

« LONG WAY TO シュトーレン! | トップページ | 日本酒のあとの珈琲時間 »