« ゆらゆらと、キャンドルの光 | トップページ | オケイコゴト・ヒストリー »

2006年12月11日 (月)

LONG WAY TO シュトーレン!

月曜日午前中は、エンジン全開のドイツ語教室でした。

先週休んでしまったので、いつもよりもさらに

パワーが必要だったような気がします。(^^ゞ

 

授業の休み時間、クラスメートの一人が

ミュンヘン在住の日本人のお友達から届いたという

粉雪がかかったようなシュトーレンを

みんなにおすそ分けしてくれました。(^-^)

 

ところで、明日からは二日連続で忘年会になるので

私が、です・・・。(^^ゞ

ちょっと手の込んだ料理にしようと思い、ゆずみそで田楽を作りました。

 

通常のレシピと異なり、順不同の手順が多いので

作っているうちに、残りの手順が何かが分からなくなったりしました。

 

Img_1811材料で記念撮影。

大根、里芋、

こんにゃく、豆腐。

それにゆずみそ用の

ゆずと赤だし味噌。

 

 

それぞれ個別に下ごしらえが必要で、

里芋は竹串がすっと通るまで、 

大根は米と一緒にじっくりとゆでました。

こんにゃくは塩もみして水洗い、豆腐は水切りしました。

 

下ごしらえのかたわら、ゆずみそ作りです。

 

Img_18142赤だし味噌に砂糖、酒、みりんを入れて

弱火でなじませます。

 

 

2分ほどすると・・・。Img_18172_1

田楽みそらしくなりました。

 

 

 

 

これだけでは、ゆずみそにならないので Img_18132

ゆずの皮を大根おろし器ですりおろし、

だし汁でゆるめながら、上のみそに入れます。

 

 

  

Img_1822ここで、下ごしらえの終わった野菜に

竹串をさして、昆布の入ったお湯で温めます。

いい湯だなー。

 

 

しかし、この過程で、竹串だけではやわらかい豆腐を支えきれず

豆腐が崩れてしまいました・・・。(^^ゞ

 

めげずに野菜にゆずみそとゆずの皮のせん切りをのせたら出来上がり♪

 

Img_18253

都合により、

豆腐の写真は

割愛いたします。

 

 

 

 

いやはや、(今回も)時間がかかりました。

ゆずのせん切りが、さわやかな風味を発揮です。

そして、里芋が想像以上にもちっとして、みそとぴったりでした。

こんにゃくは予想外に満腹感をもたらしました。

 

そしてお待ちかね、今日だけ特別デザートは、シュトーレンです。

Img_18282

 

 

 

 

 

 

 

 

レーズンとくるみがぎっしり。(^v^)

写真をクリックすると質感が分かります。

 

家にあったいただき物のいちごのフレッシュさと調和して、

遠くの国からの贈り物を楽しむことができました。

 

ゆずみそ、野菜下ごしらえレシピ参考:千趣会 おばんざい6 常備菜、漬物、保存食

|

« ゆらゆらと、キャンドルの光 | トップページ | オケイコゴト・ヒストリー »

コメント

ゆずみその田楽かぁ~♪
いいね!!
丁寧に、下ごしらえをされると
素材のお味が、さらにいきるよね。

シュトーレンは、しっとり系?
洋酒に漬け込まれた、香り豊かな
レーズンと、くるみの食感を想像したら、
お腹がすいてきてしまいました(^^ゞ

投稿: うさちゃん | 2006年12月12日 (火) 02:24

田楽っていざ作るとなると結構手間がかかるのね。このお話でよく分かりました。
ゆずは好きなので、ゆず味噌はおいしそう!材料を切るのも大変よねぇ。
面取りもしてあるみたいで、写真はお店で出されるみたいに綺麗に出来てますね。
ワタクシも材料がたくさんある筑前煮などは切るだけでも大変なのでついつい
敬遠しがち、でも大晦日には結局作る事に。正月3日間ちまちま食べる分を作るので普段の夕食作りより大変なのぉ~。あ゛~(T-T)。肉じゃが作る方が楽ちんです。
さっぱり系の田楽とならケーキも美味しくいただけたことでしょうね。

投稿: くらげちゃん | 2006年12月12日 (火) 02:54

あー、こーゆーほっこりしたご飯好きです~。
ようこさんを嫁にもらいたい~~。

投稿: はち | 2006年12月12日 (火) 08:07

ゆずみそ大好きですが自分で作ったことがありません(^^;
この機会にやってみようかなぁ。
ようこさんのはホントのお料理レシピみたいに分かりやすいです!
ところで、やっぱりお豆腐は崩れてしまって写真ナシなんでしょうか?(笑)

投稿: lilac | 2006年12月12日 (火) 09:53

>うさちゃん
下ごしらえをきちんとすると、苦味が抜けたりして
おいしく食べることができますね。
(一瞬で胃袋にいってしまうけれど:笑)

シュトーレンの食感は、ペタペタというよりもパフパフでした。
くるみが出てきたので、「わーい!」と喜んでしまったよ。

>くらげちゃん
そうそう、田楽とシュトーレンが意外に合っていたのでよかったです。

料理を作る中で、切るのが時間かかるというのに同感です。
大根の面取りは、実はピーラーです。(包丁だと日が暮れる・・・。^^;)
筑前煮も味がしみるので大好きだけれど、野菜を切るのが大変~~。

投稿: ようこ | 2006年12月12日 (火) 15:46

>はちさん
ハハハ、ほっこり系とは見事な表現です!
”おばんざい”という本は、この手の献立がいろいろ出ているので時々作ります。

>lilacさん
手作りのゆずみそも、なかなかおいしいですねー。
今回残ったものは冷蔵庫に入れてあります。

写真に残すと、あとから料理を復習するのに役立ってよいです。(笑)
豆腐は白和えぐらいにばらばらになってしまいました。
みそと合って味はよかったのですが・・・。
(しかも本をよく見たら、「焼豆腐」と書いてありました。^^;)

投稿: ようこ | 2006年12月12日 (火) 15:50

シュトーレン、学園のパン屋さんでも作ってますよー。日持ちもするし、ワインにもあうし、おいしいし、大好き!
それにしても、きちんとお料理してらっしゃるんですねー。すばらしい。

投稿: ぶち | 2006年12月12日 (火) 16:15

言われるがまま写真をクリックしたら、本当に質感がよく分かって、ものすごくおなかがすいちゃいました。
今日は食欲なくて、リンゴ食べて寝ようと思ってたのに~(笑)
なんか食べようかな~♪

投稿: タカダノリコ | 2006年12月12日 (火) 18:44

>ぶちさん
シュトーレン、もしかしたら作っているのかな?とちょっと思っていました。(^^)
ケーキでありながら、パンみたいでもあり、名残惜しみつつ食べました。

料理はやたら時間がかかるので、
共働き時代はいくら時間があっても足りませんでした。(^^;;

>タカダノリコさん
あはは、クリックありがとうございます♪
食欲をそそるものを見ると、食欲がわくってのはあるかもしれないですね。

投稿: ようこ | 2006年12月13日 (水) 09:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/13035665

この記事へのトラックバック一覧です: LONG WAY TO シュトーレン!:

« ゆらゆらと、キャンドルの光 | トップページ | オケイコゴト・ヒストリー »