« いろいろな音楽と”場” | トップページ | こたつでぬくぬく »

2006年12月 7日 (木)

『マリー・アントワネット』(12/6マチネ 帝国劇場)

12月6日昼に友人と『マリー・アントワネット』を観劇しました。

 

遠藤周作原作の「王妃 マリー・アントワネット」を原作に

『エリザベート』のお二人、

ミヒャエル・クンツェの脚本・歌詞と

シルヴェスター・リーヴァイの音楽、

そして新国立劇場演劇部門芸術監督 栗山民也演出という

そうそうたる顔ぶれの作品です。

 

とはいっても、原作を読んでいない上に

栗山民也演出を観るのも初めて、

世界史も分かっていないので、

マリー・アントワネットがオーストリアの人なのに

なぜフランスが出てくるのか?というところから始まる私なので

あらすじは公式HPをご参照ください。

「パンがなければケーキを食べればいいのに・・・。」というのは辛うじて知っていました。

 

さて、観劇はなんと中央ブロックの前から2列目でした。

オーケストラピットの指揮者もよく見えるので、

音楽好きな私にはうれしさも倍増の席です。

 

カリオストロ役の山口祐一郎の歌に始まり、

マリー・アントワネット(涼風真世)や

貧しい少女マルグリット・アルノー(Wキャスト:笹本玲奈)が登場し、

貧しい者と身分の高い者のを強調しつつ、

進行役ボーマルシェ(山路和弘)の語りをはさみながら物語を繰り広げます。

 

全体的な感想として、日本人原作の作品を

外国人の手によってミュージカル化する・・・、というコンセプトに捉われて

何をポイントに観てよいかが分かりにくくなってしまった感があります。

 

また、2列目では舞台上の小道具などが位置の関係で見えなくなり、

事前に友人から聞いておいた私は想像することができましたが

知らない人には演出の全てが伝わることがない結果になってしまいました。

 

といって、私にとってはつまらなかったということもなく

『ひめゆり』で婦長を好演した、シスター役の土居裕子の歌を聴いていると

むしろ『ひめゆり』に近い感じがしました。

 

音楽も長調で哀愁を出すのは期待通り、転調の多い曲でありながら

出演者もしっかりと歌っていたと思います。

 

ひとつ、生ならではの緊張感あるシーンに出会いました。

第二幕の子役の男の子がソロで歌う場面で

少々リズムを取るのが難しい曲だったため、リズムがずれてしまいました。

 

私はすぐに気がついたので、指揮者(塩田明弘)に注目すると

子役に向けてリズムが分かるように指揮をし、歌は一瞬で立ち直りました。

すると、指揮者が「うん、うん」とうなづいて通常の指揮に戻りました。

安心して歌えたんだろうな、と思いながら観劇(感激か?)しました。

 

笹本玲奈の目ヂカラと(役柄上の)不良っぽい存在感、

進行役の山路和弘の芝居風な間の取り方などが印象に残った作品です。

|

« いろいろな音楽と”場” | トップページ | こたつでぬくぬく »

コメント

ようこさん、こんばんは。

ゲン兄ちゃんです(^^;

ブログ復活、おめでとうございますm(_ _)m

ミュージカルって観た事ないです
というか 舞台演劇、
小中の頃、学校で連れて行ってもらったのしかありません(--;

楽しまれたようで
何よりです(^^;

投稿: ゲン兄ちゃん | 2006年12月 7日 (木) 21:36

>ゲン兄ちゃん
ブログメンテナンスでご心配おかけしました。

最近何かと「小中学校のときはやったけど・・・」と思うことが多いです。
私もみんなでぞろぞろ歩いて劇を観に行ったりしましたよ♪

投稿: ようこ | 2006年12月 8日 (金) 00:01

土居裕子さんや、山路和弘さんとは、日本語吹替え版のドラマのお仕事でご一緒した事があります。
土居さんの歌声、いいですよねー!私が担当した「ターザン@ディズニー」のときは、ゴリラ役(!)でしたが、「ポカホンタス」(だったっけかな?)では、主役で、その美声を披露されたとか…。
山路さんも、テレビの洋画の吹替で主役を張ってらっしゃる第一線の方ですし。
「マリーアントワネット」は、映画でも最近つくられてますよね(ソフィア・コッポラ監督。私達と同年代)。

…と、長々と個人的なことばかり書いてしまってすみません(汗)。舞台、いいですよね。ライブな濃密な空気がたまりません。私はソワレの優雅な雰囲気も好きですが、マチネの「終わった後も時間があって、お茶しながらまったり」な気軽さも大好きです。
舞台にしろ、何にしろ、その前後の優雅な時間がココロにたっぷりとしみ込みますっ。

投稿: ぶち | 2006年12月 8日 (金) 00:04

2列目ってすごい!と思ったんですが、大きな舞台でのお芝居ではちょっとつらかったみたいですね。
これがライブだったら~(笑)
生のオーケストラが入るミュージカルは見たことがないのですが、指揮者と役者のやり取りなんて生ならではですね。
山路和弘さんってお名前だけよく目にしている気がすると思ったら、吹替えをされている方ですねそう言えば。
私が応援する役者にもこういうお仕事がこないかなぁとちょっとうらやましく思いました。

投稿: タカダノリコ | 2006年12月 8日 (金) 02:53

遠藤周作氏が「マリー・アントワネット」の本を出していたことにビックリしました。

そして、「マリー・アントワネット」といったら、どーしても「ベルサイユの薔薇」を思い出してしまいます(^_^;)

投稿: はち | 2006年12月 8日 (金) 08:20

今、マリーアントワネットブームらしいですね。
憧れてフランス旅行を繰り返す人が多いそうです。
ちょうど生誕か没の記念だそうですね。

政略結婚ですよね。
少々世界史はかじっていたので(^^;
そのマリーが愛していたわんちゃんがパピヨンで、我が家の福ちゃん♂の犬種なんですね(^v^)

投稿: kaz0917 | 2006年12月 8日 (金) 09:21

>「パンがなければケーキを食べればいいのに・・・。」
というのは、マリー自身の言葉ではなく、ジャン・ジャック・ルソーの『告白』から一般化したらしいと聞いております、ホントかどうかは…

蛇足

女優の鰐淵晴子さんの母は、ハプスブルグ家の末裔だそうです。

投稿: 来兎 | 2006年12月 8日 (金) 14:16

マリー・アントワネットというキーワードから、
いろいろな角度からのコメントに驚くとともに、興味深く読ませてもらいました。

>ぶちさん
なんと、一緒にお仕事をしたことがあるのですね。
土居裕子さんは『ひめゆり』で初めて歌声を聴いて、いいなと思いました。
音程がしっかりしていて美声で、雰囲気もやさしそう。(ゴリラ役とは!)
山路和弘さんは初めてでしたが、言葉が聞き取りやすくて
吹き替えをされているというのも納得の芸風でした。(^^)

今回は有楽町でおいしいランチをしてから観劇でした。
夜は家事もできるし、マチネもいいものですね。

>タカダノリコさん
生のオーケストラもいいものでした~。(狭いピットに大勢入っていました。)
2列目だったので、見えない演出はありましたが
笹本玲奈さんの目ヂカラを間近で観ることができてよかったです♪
タカダノリコさんが応援している方も、いつかこういう舞台に立てたらいいですね。

投稿: ようこ | 2006年12月 8日 (金) 21:19

>はちさん
遠藤周作氏の作品は国語の教科書で「沈黙」を読んだことがあります。
今回をきっかけに私も本のことを知りました。

『ベルサイユのばら』は漫画も宝塚も未見なので(難しそうだから!)
先ほど、Wikipediaであらすじチェックしてきました~。(^-^)

投稿: ようこ | 2006年12月 8日 (金) 21:24

>kaz0917さん
マリー・アントワネットのことを知りたくて旅に出る人もいるのですね。
(1755年生まれなので、昨年が生誕250年記念?)

ミュージカルに犬は出てきませんでしたが、
貴族の肖像画などで犬の絵を見ると和みます。

>来兎さん
ネットで調べまくりましたが、やはりマリー・アントワネットの言葉ではないようですね。
ずっと本人の言葉だと思い込んでいました。(^^;
(尚、ミュージカルではこのセリフが出てきました。)

投稿: ようこ | 2006年12月 8日 (金) 21:37

合奏・合唱では曲を会わせる呼吸があります。二人の時に於いても然りで、聴衆としてはその間合いに緊張感を感じます。それにしてもリズムのズレを直ちに聴き分けるとはなかなかです。その場の呼吸が伝わってくるようなお話しでした。ウンウン。

投稿: Libra | 2006年12月 9日 (土) 12:17

>Libraさん
指揮者と同じように同意ありがとうございます。(笑)
私はそういった呼吸の感度が比較的高いかもしれませんが
舞台装置、衣装などの分解能が高い方もいて
そういった方の感想を聞くのも面白いです。
(私は残念ながらそちらの分解能は低いですが。)

投稿: ようこ | 2006年12月 9日 (土) 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/12965424

この記事へのトラックバック一覧です: 『マリー・アントワネット』(12/6マチネ 帝国劇場):

« いろいろな音楽と”場” | トップページ | こたつでぬくぬく »