« しみじみとしじみ汁 | トップページ | 『父の威厳 数学者の意地』を読んで »

2006年11月14日 (火)

小さな赤いテレビ

今年の3月、新しいテレビを通信販売で買ったため

ようこ夫が実家から持ってきた20年物のテレビを使い終えました。

小さな赤いテレビで、リモコンではなく手で回すチャンネルがついています。

 

あれから8ヶ月・・・。

通信販売だったこともあり、粗大ゴミに出せないテレビを

どのように引き取ってもらえばよいか分からず

ずるずると時が経ってしまいました。

 

さすがに年を越さないようにしたいと思い、

先日、家電リサイクル券センターに連絡して

引き取りの方法を教えてもらいました。

 

自分で集積所に運んでもよいのですが、場所が遠かったので

運搬料金を支払う代わりに、引き取りの日にちを予約して

家まで取りに来てもらうことにしました。

 

予約していた今日の午前中に

「10分後にお伺いします!」

という電話がありました。

ありゃりゃ、ずいぶん急だ!!

 

あらかじめ指示されたように、テレビを門のところに運び

何となく門の外で待っていると、作業着を着た若者二人連れが

地図を持って歩いていました。

 

私は熟練のおじさんが来るものとばかり思い込んでいたので

最初は通りすがりの人かな・・・と声もかけずにいたら

向こうが先に気づいて、元気よく挨拶してくれました。

 

しかしなぜ歩きなんだろう?と幹線道路に近い道を見やると

収集車が止まっていました。

駐車違反に気を遣っているのでしょうかねぇ・・・。

 

愛嬌のある青年と力のありそうな青年が

私の足元にある小さな赤いテレビをしばらく

「あらまーーー。」

と眺めていました。

私でも軽く持てる大きさだったので、びっくりしたのかもしれません。

 

家電リサイクル料金+運搬料金を現金で支払って手続き完了。

 

力のある青年が、赤いテレビを両手に持って

子供を”たかいたかーい”するように運ぶ後ろ姿を見送り

小さな赤いテレビは、無事に我が家を卒業していきました。(^-^)

|

« しみじみとしじみ汁 | トップページ | 『父の威厳 数学者の意地』を読んで »

コメント

ご主人様は長年ご愛用だったからお別れが寂しかったのでは・・?
でもその赤いテレビちゃんも20年も大事にしてもらえたから
ここは気持ちを切り替え、時代の最先端を行く(!?)そちらにやってきた
新人テレビちゃんをかわいがりましょう。
ようこさんは通販はよく利用するの?ごひいきの通販会社があるのかな。
ワタクシは家電などの大きいものは買いませんが、よく買うのは
お掃除関係の小物、ガーデニンググッズ、そして・・ジャジャーン♪
スヌーピーグッズです。スヌーピーはディノスから「スヌーピーブック」
というカタログも届くので、そこから小物やインテリア商品、部屋着(パジャマ)など
スヌーピータウンにもないオリジナル物を中心に買っています。
その中のもので先日ようこさんがご覧になったものもあるのよ~ん。
分かりますか?

投稿: くらげちゃん | 2006年11月14日 (火) 15:25

>くらげちゃん
はーい、今時の大きなテレビを愛用しま~す。(8ヶ月前からあるのだけど^^;)

通販というと・・・左に出ているAmazonの本をたまに買っています。
フェリシモでミッフィーグッズを買ったこともありますね~。
へぇー、スヌーピーはディノスが充実しているんだね。
くらげ家にはかわいいスヌーピーグッズが豊富なので、
てっきり全部スヌーピータウンで買っているのかと思っていました・・・。^_^

投稿: ようこ | 2006年11月14日 (火) 17:25

こんちや~

僕もつい最近:2年前まで赤い小さなTVでしたよ。
大学入学のときに親に買ってもらいました。
ほぼ20年使いました。
ちなみに、そのTV、ズボラなためまだウチにあります^^
(モノ捨てるのもタイヘンな時代ですね)

それがついに壊れたとき、新品の高い液晶なんかは買う気にはならず、
「TVなんて映りゃ~いいんだよ~」と近くの中古屋で5000円で買って来ました

あと20年つかうぞ~

投稿: YAMA | 2006年11月14日 (火) 17:30

今ではすっかりレトロなイメージになったチャンネル回しタイプ
ですね。今じゃ持ってる人いないかもしれない!?
ところでもうすぐ年末、粗大ごみを抱えたまま年を越すのは
確かに抵抗ありますねっ。我が家もリサイクルセンター持込を
考えてる物が数点。
でもこれからの季節の暴風雨時には不燃物入れの重しの役目も
してくれるので、出そうか出すまいか葛藤状態です~(@_@)

投稿: lilac | 2006年11月14日 (火) 21:16

大昔、実家にあった赤いガチャガチャチャンネルのテレビを思い出しました。トリニトロンって書いてあったような…
あの、走査線?の粗いような映りが今となっては懐かしいです。

投稿: okusta | 2006年11月14日 (火) 22:08

>YAMAさん
なんと!YAMAさんも赤いテレビを使っていたとは!
もうほんとに捨てるのも大変で、ついつい家に置きっぱなしになってしまいます。
我が家の赤いテレビの最後は画面がピンク色になってしまいました。(^^;
5000円のテレビ、ぜひとも20年間がんばってください!

>lilacさん
重しですね。リサイクルに出す物、たしかに重い物が多いかもしれません。(笑)
今回の赤いテレビは、小さくて驚かれたのかと思いましたが
レトロさでも珍しがられたのかもしれない・・・という気がしてきました。^_^
なんだかんだで、年末があっという間にやってきそうです。

投稿: ようこ | 2006年11月15日 (水) 00:01

>okustaさん
okustaさんの家にも赤いテレビがあったのですか~。
チャンネル式の時代のシマシマっぽい映りは、いかにもテレビという雰囲気で好きです。
(今のテレビはどちらかというと、パソコンの画面を見ているイメージ!?)

投稿: ようこ | 2006年11月15日 (水) 00:05

青年たちは、おそらく、相当、気合を入れて
いらしただろうに、あんまり、かわいいテレビで
気が抜けただろうなぁ~。
でも、いつも、重いものを運んでいらっしゃるだろうから
たまの、ご褒美感覚な、お仕事だったかもね(^。^)

家も、まだ、捨てるものが出てきそう。
さてと。お掃除の続きをしなければ!

投稿: うさちゃん | 2006年11月15日 (水) 10:26

>居酒屋虎太郎さん
さすが詳しいですね~。3回ぐらい読み返してしまいました。
我が家にはまだ1台ブラウン管のテレビがあります。
このコメントを読んで、より大事に扱おうと思いました。
ちなみに、20年物のテレビはTOSHIBA製でした。^_^

>うさちゃん
そうそう、その青年たちは洗濯機なども運ぶ取り扱い店なので
ちょっとしたご褒美になったかもしれないね。(^^)
そして、もっと大きいテレビを捨てる人もいるんだろなぁとも思いました。

こちらは大物は終わったので、無数にある小物を捨てなくちゃです。(^^;

投稿: ようこ | 2006年11月15日 (水) 14:25

ひぇ~
居酒屋虎太郎さんって何でも詳しい方ですね。
100回読んでも理解できないわ。
ブログネームも心惹かれます。
ブログネームの秘話を知りたいですねぇ~?

投稿: Sooまま | 2006年11月15日 (水) 16:00

>Sooままさん
すごいですよね~、阪神、ドイツ語、テレビなどなど・・・。
ブログネームの由来、そのうち教えてもらわないと、ですね。^_^
(虎=阪神タイガースの虎?)

投稿: ようこ | 2006年11月15日 (水) 18:43

>居酒屋虎太郎さん
ご丁寧にお返事ありがとうございます。
ひょっとするとテレビに詳しい人が読んでくれているかもしれないので、
これからも遠慮せずに書いてください。

私としては、阪神タイガースの”虎”が当たっていてよかったです。
それと、四谷三丁目の「はちきん」というお店に行ったことがあるので
「あぶさん」を読み間違えました。(笑)

投稿: ようこ | 2006年11月16日 (木) 10:53

命のない機械にも命を感じることは素晴らしい感性です。私も特に車とお別れする時は、しみじみ「ありがとう。ともかくも何とか走ってくれてありがとう。さようなら。」と言います。もう何台かそうして送りました。テレビは三台見送りました。いつか自分が送られるだろうなあと思いながら。

投稿: Libra | 2006年11月16日 (木) 22:48

>Libraさん
この感性が物を捨てる速度を遅くしている気もします・・・。(^^;
車もたまに買い換える物の一つなので、やはり別れ難いものがあるのですね。
Libraさん、まだまだこれからもたくさんの物(と人)を見送ってくださいね。(^-^)

投稿: ようこ | 2006年11月17日 (金) 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/12683296

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな赤いテレビ:

« しみじみとしじみ汁 | トップページ | 『父の威厳 数学者の意地』を読んで »