« 『彼女のこんだて帖』~松茸ごはん作りました | トップページ | 文化の日によせて »

2006年11月 1日 (水)

宝塚歌劇 星組公演『愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム』(10/31マチネ 東京宝塚劇場)

10月最終日の昼、ドイツ語教室の友達のお誘いで宝塚の星組公演を観劇しました。

 

宝塚を観るのは3回目で、小学生ぐらいの頃に月組公演(男役トップ:剣幸)、

数年前にアルフィーファンの先輩方と月組公演(男役トップ:真琴つばさ)、

たかみーが曲を作ったのがキッカケです。

それに続いての今回は、すでに退団が決まっている

男役トップスター湖月わたるのラストステージでもあります。

 

地下鉄・霞ヶ関駅から日比谷公園の花を楽しみつつ有楽町駅へ。

駅近くのサラダバー付きのレストランでスパイシーなカレーを食べて

週に一度のランチ権を使いました。(^-^)

 

東京宝塚劇場は日生劇場の隣にあるとてもきれいな建物でした。

ロビーにテーマソングなどを演奏している自動ピアノがありました。

2階席後半のB席に座ると、全体がよく見えそうです。

 

演目は『愛するには短すぎる』というストーリーもののミュージカルと

レビュー『ネオ・ダンディズム』の二本立てでした。

 

ミュージカルは、豪華客船の上の4日間の物語で

船のセットが本当に旅している気分を醸し出しました。

映画の「慕情」のようなゴージャスなテーマソングでした。

 

レビューは、少し懐かしめの音楽にのって

早い場面転換と豪華な衣装の早替わりが面白かったです。

普通に観ていると、300人ぐらいキャストがいるような気がしますが

実際はもっと少ないはずです。(^^ゞ

 

一列に並んで脚を「右!左!右!」とあげる宝塚らしいシーンや

背中に大きな羽根をつけて段数の多い階段を降りる場面もありました。

 

2階席からの観劇だったこともあり、本当に全員女性なのか?と思うほど

男役は男性らしかったです。

 

男役トップスターの湖月わたるは、長い手足から繰り出すダンスが格好よい!

演技で印象に残ったのは、執事役の未沙のえる。

おじいさんの役者さんが紛れ込んだのかと思ったほどです。

歌唱は、安蘭けい。太くて美声、安定した音程に聞き惚れてしまいました。

安蘭さんは、次の男役トップとしての公演が決まっているとのことです。

 

パワフルな舞台を同じ日の夜も上演すると知り、驚きました。

数年に一度の宝塚観劇、また何かの機会に行きたいと思います。

 

本日の記事は、公演チラシおよび公式HP"TAKARAZUKA REVUE" を参考にしました。

|

« 『彼女のこんだて帖』~松茸ごはん作りました | トップページ | 文化の日によせて »

コメント

今、わたるさんの退団公演ですもんね。
今月退団だから東宝も連日大入りだと想像つきます。
白羽ゆりちゃん、キレイでしょう?私、この人好きなんですよ。
福島県の出身の人です。
でも、わたるさんの退団と同時に雪組のトップ娘役にスルー
されるので(次の星娘トップは専科からくる遠野あすかさん)
星組イメージが変わりそうな感じがします。

私も宝塚にはまったのは、タカミーが曲をつくった月組公演が
最初のきっかけです。
ALFEEファンが宝塚も、っていうのはこのパターンが多いですね!!

投稿: lilac | 2006年11月 1日 (水) 23:00

>lilacさん
平日の昼公演でしたが、たくさんのお客さんで埋まっていました。
さすがlilacさん、宝塚に詳しいですね~。あの月組公演からだったのですかー。
あのときは仮設の劇場だったなーと思い出したりして。

白羽ゆりさんは割と背が高く、キレイでした。音域も広いように思いました。^_^

投稿: ようこ | 2006年11月 2日 (木) 00:01

わたしも中学のころから、ファンで、途中間があいていたのですが、やはり、真琴つばささんのときがきっかけで、復活しました。いまは、チケットがとれるとたまに行っています。
この間、花組のファントムをみました。なかなか、すてきでした。
先日、チケットがとれず、みられなかった宙組のファントムがWOWWOWでやっていたので、おもわず録画しちゃいました。和央ようかさんファンだったのになー。残念です。
こんどこっちもいっしょにいかがでしょう。ただし、チケットがとれればですが。。。。

投稿: ころぼっくる | 2006年11月 2日 (木) 00:51

>ころぼっくるさん
そうだそうだ、宝塚もご覧になるのでしたよね。守備範囲広~。
やはりチケット取りは大変なのですか・・・。
今度機会がありましたらご一緒させてください。(^^)

投稿: ようこ | 2006年11月 2日 (木) 09:00

学生の頃、一度だけ、
宝塚の好きなお友達に連れられて
観にいったことがあります。

とにかく、みるもの全てが華やかで
圧倒され、皆さんのスタイルのよさに
目が釘付け状態でした・・・"^_^"

男役の方が、ほんとうに男性にみえてくるのが
とっても、不思議!!

投稿: うさちゃん | 2006年11月 2日 (木) 12:05

いやぁ~さすが!
lilacさん、宝塚ファンだとは存じ上げていましたが、文章がイキイキしてますね。
よくまぁ~こんなに趣味嗜好が似ている方々が集まるブログだと感心しきっています。
ちょっと油断してたら、あっという間にタイトルが更新されてる。
ようこさん!ここのブログ、本になるのもそう遠くないのでは。。。。。。

投稿: Sooまま | 2006年11月 2日 (木) 23:15

お返事遅くなりました。

>うさちゃん
うさちゃんは、学生の頃に行ったことがあるんですね!
あれだけの運動量だと、体中ひきしまるんだろうねぇ~。(^^)

>Sooままさん
毎日の記録を付け始めると、そんなに苦にならないんです。
でも、読むほうは大変かも??いつも盛り上げてくださってありがとうございます。
自腹だったらいつでも本に出来るのですが、先立つものが・・・。(笑)

投稿: ようこ | 2006年11月 3日 (金) 11:35

>Sooままさん
誉めていただいて?ありがとうございます(^ ^)
私も勝手に、ようこさんと趣味が似てる所があると思い込んでいる
ずうずうしい一人です(笑)


ようこさんのブログは毎日楽しみです!更新されていない日があると
あら?ってちょっと寂しかったり。。
ブログが本になったら真っ先に買いたいなぁ・・・。

投稿: lilac | 2006年11月 4日 (土) 14:17

留守の間もコメントがにぎわって、うれしかったです。

>lilacさん
趣味が似ている!と私も思っていました。(^^)
これからも毎日を楽しく綴っていきますね~。

投稿: ようこ | 2006年11月 5日 (日) 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/12515272

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚歌劇 星組公演『愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム』(10/31マチネ 東京宝塚劇場):

» 真琴つばさ 新曲「ふたり…」発売 [志田未来(しだみらい)【画像・動画・14才の母】]
会場では夫婦漫才のような爆笑トーク!!→ [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 17:15

» 安蘭けい [安蘭けいについて]
安蘭けい [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 21:07

« 『彼女のこんだて帖』~松茸ごはん作りました | トップページ | 文化の日によせて »