« 旅の思い出(9/16 ルクセンブルク) | トップページ | 9月から10月へ・・・。 »

2006年9月28日 (木)

旅の思い出(9/17~18 ルクセンブルク-アムステルダム、そして成田)

旅行10日目、とうとう日本に帰国する日がやってきました。

ルクセンブルクを午前便で発ち、アムステルダムでトランジットです。

 

今回は大勢で行動した時間が長かったこともあり、

とても名残惜しかったですが、お子さんたちはバルコニーから

「ようこさーーん。」

「○○(←名字)さーーん。」

と、何度も呼んでくれました。

「バイバーーイ。元気でーーー。」

 

ルクセンブルクの空港まで送ってもらい、チェックインしたところで

「家に帰るまでが旅行ですよー。」の帰り道が始まります。

 

ルクセンブルクのゲート表示。(左から 仏、英、独)

Gate

多言語の国、という印象を受けました。

 

  

帰りも日本人乗客のいない50人乗りのプロペラ機に乗り、

アムステルダムのスキポール空港にひとっ飛び。

そして、ルクセンブルクではなく、オランダで出国手続きをしました。

 

KLMの東京便に乗る前に、以前来たときに気になっていた

寿司カウンターで軽くお寿司をつまみました。

作り置きのお寿司セットとお茶2つで3000円ぐらい!でしたが

トロッとしたサーモンがおいしかったです。

 

ところで、海外旅行でいちいち「おおっ!」と思うのは、

あまり日本人を見かけない旅行でも

最後に日本行きの便の搭乗ゲートには日本人ワンサカいることです。

ツアーの人たちがかなり打ち解けていたり・・・。^_^

 

さて、搭乗してしまえば10時間半ほどのフライト。

7時間短い9月17日が18日になるまで、

私はシートの前に付いているテレビでを一年分遊んで過ごしました。

 

成田空港の端に着陸した飛行機は、機内でわざわざ予告するほど

長ーーーーーーーーいこと走り続け、やっとゲートに到着!

空港の外に出た瞬間、蒸し器に入ったシュウマイの気分になりました。(^^ゞ

  

さあさあ、飛行機が無事に着いたところで、この旅の思い出もお開きです。

いつかの旅のその日まで、またパワーを蓄えておこうと思います。(^-^)

長い長い旅行記を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

追伸:

25日にドイツ語教室に行き、旅の報告をしました。

フランクフルト-ミュンヘン間でビールを持ってもらったとき

ドアを開けてくれた方が、別れ際に「アレス クラー?」(”Alles klar?”)と

言ったのを覚えていたので、その意味を教室で教えてもらいました。

「大丈夫?OK?」 とのこと。

旅の思い出がより一層深まった気分です。

 

参考文献:
地名表記や周辺情報 → 地球の歩き方 南ドイツ(ダイヤモンド社)
地名表記や周辺情報 → 地球の歩き方 ドイツ(ダイヤモンド社)
トリアー、ライン川周辺情報 → 古城ホテルに泊まるドイツ(角川書店)
旅先の友&ドイツ語のカタカナ表記 → プログレッシブ 独和・和独辞典(小学館)
会話の教科書 →  Themen 1 aktuell (Hueber)

|

« 旅の思い出(9/16 ルクセンブルク) | トップページ | 9月から10月へ・・・。 »

コメント

旅行記、楽しませていただきました。
ようこさんの素敵な文章のおかげで、一緒に旅行させてもらったような気分です(^^)

前回の記事、韓国の方とコミュニケーションのくだりで思い出したのですが、
私も仕事でアジアを中心としたいろんな国へ行く機会があるときは、必ず「こんにちは」と「ありがとう」の現地語は覚えて行きますよ。すごく喜んでもらえるんですよね。もちろん、逆(日本語を使ってもらえる)も嬉しいです。

投稿: Yasuyo | 2006年9月29日 (金) 00:35

帰りたくない~って思ったことでしょうね。
私みたいな地方人は、成田に帰りつくまではまだ旅気分でしたが
羽田まで戻ってくると、いつもの光景に「あ~やだやだ、帰ってきてしまった」と
思ってました。
ようこさんなら、次の海外旅行もしっかり語学の勉強して臨むんでしょうね。
ところでルクセンブルグのゲート表示のフランス語はどんな読み方するんですか?

投稿: lilac | 2006年9月29日 (金) 09:56

旅行記、写真ともに楽しく読ませていただきました。「古城ホテルに泊まるドイツ」も読んでみようと思います。
Sortieソルティは出口という意味ですね。

投稿: マーライオン | 2006年9月29日 (金) 11:38

>Yasuyoさん
ありがとうございます!私もYasuyoさんのコメントを楽しく読ませてもらいました。(^^)

お仕事で行く方も「こんにちは」と「ありがとう」を覚えていくのですね。
細かい会話をマスターするのは大変だけれど、あいさつだけでも出来ると
自分の、そして日本人の国際性みたいなのが広がる気がします。

投稿: ようこ | 2006年9月29日 (金) 15:07

>lilacさん
多数のコメントありがとうございます。旅行記を書く励みになりました。(^^)v

以前、成田行きの飛行機が1時間ほど遅れたことがあり、隣の席の人が
札幌行きの乗り継ぎ便を気にしていたことを思い出しました。
住んでいる場所によって、「家に帰ったも同然」の場所はいろいろでしょうね。

>マーライオンさん
ありがとうございます。本もぜひご覧ください。
Sortieの読み方もありがとうございます。
フランス語が分かると旅のバリエーションが広がりそうです。

投稿: ようこ | 2006年9月29日 (金) 15:13

楽しく読ませていただきました。
ありがとうございました。
行った方は懐かしくもっと楽しかったでしょうね。
いつか行ってみたいです。
そのためのお勉強になりました。
写真も綺麗でした。
旅をすると心が元気になりますよね。
ようこさんの楽しさが伝わってきましたよ。
やはり、会話が出来るっていいですね~!
すごい。

投稿: naooba | 2006年9月29日 (金) 21:10

すごいと思った事・・・
まず、ご主人さんのお友達がルクセンブルクに在住していらっしゃるという事。
そして、ベッカム風の髪型をした心優しい青年(日本だったら、そんな親切を示してくれるか…)。
物怖じしないで、ドイツ人の方々と積極的におしゃべりや筆談をされた、ようこさん。
澄み切った青空に浮かぶ白いお城。
ドイツにいながら、いなりずしやお寿司、中華料理が食される事。
日本の乗り物は非常に時間は正確ですが、外国のはアバウトなんですね。(^^ゞ
比較的、天候もよく、気温や湿度にも恵まれていましたね。
心に残るいい旅でしたね。
こんな素敵な旅日記が読めて、私も嬉しかったです。 ありがとうございました。(^^)

それにしても、ようこさん、お酒が強くていいですねぇ~。(~o~)

投稿: おかちゃん | 2006年9月29日 (金) 21:39

良い旅日記でした。
ヨーロッパはアメリカと違ってまた趣きが違うんでしょうね。
自分の旅行はほぼアメリカ圏なので、いつかヨーロッパへ旅行してみたいです♪

投稿: kazki-0917 | 2006年9月29日 (金) 22:51

お疲れ様でした。ようこさん
生あるうちに行けそうもない所へ連れてっていただきました。旅の疲れがとれてない状態での旅行記執筆。沢山の人が読んでくださってると思うと毎日はずみがついて10本指も文才もどんどん冴えてきているのではないでしょうか?しっかり文中のドイツ語をメモらせてもらいました。   少し休養しなくて大丈夫?
若い頃、サンフランシスコの飛行場で田舎出身風のアメリカ人のおじいさんに右も左もわからない私が現地慣れしていると見受けられたのか、どのバスに乗ればいいのか尋ねられたり★道を尋ねたおばさんに目的地まで誘導してもらったことがきっかけで、その晩Dinnerに招待され素敵な息子さんのKentとの出会いがあったりしたこと★ようこさんの行動と重なって思い出しました。
旅がこれからのようこさんを又一段とステップアップさせてくれそうですね。益々素敵に!

投稿: Sooまま | 2006年9月29日 (金) 22:55

ようこさん、旅行記一気に読ませてもらいました。とても素敵な旅だったようですね!!言葉が通じると旅の楽しさ、喜びもひとしおですよね。それにしても、ドイツ語専攻でもないのに、会話ができるなんて・・・日頃の努力には頭がさがります。
卒業旅行でハイデルベルグや、白鳥城には行きました。ドイツ語が全くわからず、次に来る時にはせめて読めるようにしておこう、と思ったことを思い出します・・・。すっかり忘れてた決心でした。

投稿: しお | 2006年9月30日 (土) 01:08

>naoobaさん
長い旅行記を読んでくださってありがとうございます。
すべて計画するのは大変かもしれませんが、ドイツはツアー旅行も充実しているので
いつか思い切ってお出かけできたらいいですね。

>おかちゃん
素晴らしいまとめをありがとうございます。(^^)

>>物怖じしないで、ドイツ人の方々と積極的におしゃべりや筆談をされた、ようこさん。

私より語学力の高い方は日本にもたくさんいらっしゃるワケで
この旅行記で書きたかったのは、まさにおかちゃんのおっしゃったことでした!
分かってくださってとてもうれしいです。

帰国後、日本の電車が1分ぐらい遅れてもイライラしてはいけない・・・と反省。(笑)

投稿: ようこ | 2006年9月30日 (土) 16:25

>kazki-0917さん
ありがとうございます。m(o)m
ヨーロッパに行くと、陸路で国境を通過する機会があるので不思議な感じがしました。
旅行記を読んで、ヨーロッパに興味を持っていただけたのならうれしいです。(^^)

>Sooままさん
ハハハ、すべてお見通し!だぁ。お気遣いありがとうございます。少々休憩中です。

サンフランシスコでのお話、さらっと書いてありますが(^^)心温まる出来事ですね。
英語でコミュニケーションをとる、パワフルなSooままさんを想像しました。

投稿: ようこ | 2006年9月30日 (土) 16:34

>しおさん
わぁ、一気に読んでくれてありがとうございます~。
卒業旅行で訪れたとは、うらやましいです。(^^)
(そういえば、”卒業旅行”という言葉をかなり久しぶりに聞きました!)

歴史や文学とは程遠いですが、コミュニケーションの手段として
気長に会話を勉強していきたいと思います。

投稿: ようこ | 2006年9月30日 (土) 16:43

「お帰りなさい」という言葉ほど有り難き言葉はありません。どこに行っても帰るべき所があることに勝る喜びはありません。また充電して世界の各地に。現地でのこんにちは、さようなら、ありがとう、数字。これらを知っていると楽しいですね。いくつできるかなあ。

投稿: Libra | 2006年9月30日 (土) 21:43

>Libraさん
ありがとうございます。旅行記も自分達も無事に帰れました。
Libraさんはいろいろ行かれているので、思ったより多くの挨拶をご存知なのでは?
オランダの出国審査では日本語で挨拶されたので、以前かじったオランダ語で
挨拶しておきました。(笑)

投稿: ようこ | 2006年10月 1日 (日) 01:29

旅日記、たのしく読ませていただきました。自分が行ったときと重ね合わせながら読んでいると、まるで一緒に旅してたかのような気がしてきました。

それにしてもようこさん、ちゃんとドイツ語でやり取りするなんてすごいですね。第2外国語にドイツ語取ってたけどそんな事到底できません。

ああ、はやく休みを取って旅行したいな~

投稿: むっく | 2006年10月 1日 (日) 08:53

>むっくさん
読んでくれてありがとうございます~。旅気分を味わってもらえたならうれしい限りです。

かつて旅先で第二外国語の知識でドイツ語を話して返事が聞き取れず恥をかいたので
今はドイツ語教室に貯金をつぎこんで勉強しています。(^^;

投稿: ようこ | 2006年10月 1日 (日) 22:46

旅行記楽しかったです~ ほんわか気分になれるのが、さすがようこさんです。
旅先にお知り合いの方がいらっしゃると、現地に入り込んだ感が増しますよね? いいなぁ。
旅先のスーパーをのぞいたりするの、私も好きなんです♪ 結構おみやげも見つかったりして。

投稿: okusta | 2006年10月 1日 (日) 23:07

>okustaさん
ありがとうございました~。
いつも一週間程度の滞在なので、旅先に知り合いがいると
短い時間でジモティー感を味わえるのでありがたいです。
今回もおみやげ探しを兼ねてスーパーのお菓子売場をじっくり見てしまいました。

投稿: ようこ | 2006年10月 1日 (日) 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出(9/17~18 ルクセンブルク-アムステルダム、そして成田):

« 旅の思い出(9/16 ルクセンブルク) | トップページ | 9月から10月へ・・・。 »