« 旅の思い出(9/11 ミュンヘン-フュッセン) | トップページ | 旅の思い出(9/13 フュッセン-ハイデルベルク) »

2006年9月23日 (土)

旅の思い出(9/12 フュッセン)

フュッセン駅近くのホテルで起床。

3人旅の一人は早朝から無事にオーストリアに向かったので

今日から3泊、2人でドイツを周ります。

この日は同じホテルに泊まるので、大きな移動はありません。

 

最初の目的地は、かの有名なノイシュヴァンシュタイン城です! 

まずは、フュッセン駅前のバス停から10分もかからずに

ホーエンシュヴァンガウというお城のふもとまで行きました。

 

坂道を登ったところにある立派なチケット売場に立ち寄り、

お城をいくつ見るかを選びます。

予習不足でお恥ずかしいですが、ここにもう一つ

ホーエンシュヴァンガウ城というお城もあるらしいです。

別のところにあると思っていたもので・・・。(^^ゞ

 

遠路はるばる来たからには・・・と、黄色いホーエンシュヴァンガウ城と

白鳥のようなノイシュヴァンシュタイン城の両方を見学するチケットを買いました。

英語などは人によるガイドツアーなのだそうですが、

日本語の場合は耳に受話器みたいな物を当てて聞く音声ガイドとのこと。

 

チケット売場のお姉さんが、心ここにあらず、という感じで

お釣りの1ユーロを出してくれず、

「アイン オイロ!」と言ってしまいました。

1 Euro のドイツ語読みです。

 

お姉さんがびっくりして

「オオ、ワン ユーロ!」

となぜか英語で返事。

この1ユーロで水が買えるのだ。

 

入場できる時刻と整理番号が印字されたチケットをもらって、

一番目のお城、ホーエンシュヴァンガウ城になだらかな坂道を歩いて行きました。

 

Img_1443

お城までにはこのような標示も。

お客さんを乗せた馬車も通りました。

 

 

 

 

 

 

 

お城の入口には世界の観光客がたくさん集まっていました。

でも、入場時間が決まっているので、いつ入れるのかヤキモキせずにいられます。

 

整理番号ごとに入場し、約20人で中の部屋を一つ一つ見て周ります。

ワーグナーがここにいたそうで、ピアノが置いてありました。

 

外が黄色くて派手な内装なのかと思いましたが、

内装は薄めの色を使ったきれいなお城でした。

 

Img_1440ホーエンシュヴァンガウ城 

 

 

 

 

 

 

続いて、ノイシュヴァンシュタイン城を訪れます。

お城というのはたいてい訪ねにくいところにあり、このお城もそんな立地でした。

ふもとから徒歩で40分、もしくはバスで約5分+橋のところから徒歩15分

馬車でも行けますが・・・バスを選びました。(^^ゞ

 

バスを降りると、背中からタラーリと冷や汗が垂れるような吊り橋があり、

多数の観光客が写真撮影をしています。

最初に吊り橋に足を踏み入れると、ゆらっとしたので

体を”くの字”に曲げてこわごわ歩いていると、欧米の人に笑われました。

 

Img_1445

そうやって撮った一枚。

やはり白鳥のようです。

 

 

 

 

  

 

 

別の場所から。 Img_1450

 

 

 

 

 

 

 

写真撮影後は、目にも鮮やかな斜めの坂道をエッサホイサと登り、

お城の入口まで歩きました。

さすがに日頃の運動不足を反省せざるを得ませんでした。

 

お城の中は部屋数も多く、どちらかというと極彩色のような

派手な色使いをしているところが多かったです。

途中、どこを歩いているか分からなくなりましたが、

時折見える山の景色が、国王になったようなぜいたく気分を味わわせてくれました。

 

帰りもバスでふもとまで降り、近くのレストランでランチターイム♪

 

Img_1453

トマトソースみたいなトマトスープ。

ドイツ語教室で習った

スープ=Suppe(ズッペ)を

注文してみたかったのです。(^^)

 

 

再びバスでフュッセンに戻り、街中散策です。

フュッセン市博物館では、リュート製作の歴史などを面白く見学しました。

全部ドイツ語、入口で英語の説明を貸してもらえます。

 

お店の看板がザルツブルクのように凝っていたのでご紹介します。

Img_1455

Img_1457

 

 

 

 

Img_1460Img_1461

 

 

 

 

 

そうこうするうちに、夕食の時間になり

しばらくご無沙汰していたシーフードを食べたかったこともあり

繁盛しているイタリアンのレストランに入りました。

 

Img_1462

おしゃれなジョッキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ペスカトーレを頼み、久しぶりのエビやイカに感激~!

 

このところビールが続いたので、赤ワインのデキャンタも頼もうと思い、

メニューを見て0.75ℓのFlasche(ドイツ語でビン)を

「おぉ、ビンって書いてあるからデキャンタのことだ!」

と早合点して注文したところ、ボトルが席に運ばれてきました。

 

・・・1ℓのビールあたりから量の感覚がおかしくなったようです。

もちろん、頼んだものはしっかり飲み干しましたが。(^^)

 

翌日は、南ドイツからハイデルベルクに列車で移動します。

|

« 旅の思い出(9/11 ミュンヘン-フュッセン) | トップページ | 旅の思い出(9/13 フュッセン-ハイデルベルク) »

コメント

欧州の美術館は古いものから展示してあり、その時代の絵が分かります。日本の美術館とは違い、欧州絵画の伝統があり、日本とは違った印象があります。私は天井に天使を描くような時代とか、レンブラントの頃の肖像画が好きです。ゆったりと、時間をかけて回るというか、非日常時が楽しいです。
お城に入っていないのです。残念。ミュンヘンから遠いと聞きました。

投稿: Libra | 2006年9月23日 (土) 21:59

ようこさん おかえりなさい!
旅行記◎長いこと学校を休んでいた学生気分でイッキに読ませていただきました。
ドイツは生あるうちにご縁があるとは思えない地です。あなたのお陰で身近に★外国は南方系かアメリカしか縁がなく、ようこさんやここの読者の方のお声に知らない知識をいっぱいいただきました。
それにしても旅行しながら写真撮ったり、メモったり鮮明に訪問地でのことを覚えてらしてブログで紹介するあたりさすがです。次から次と才女振りを発揮してらっしゃるのには感心します。ここのブログだけでこの旅行記、勿論終わらないでしょうネ? オォ~もったいない……

投稿: Sooまま | 2006年9月23日 (土) 22:51

西洋のお城は、また格別な感じがしますね。
自分は今回の旅行中に、天下の小田原城に寄りました。
しかし、期待ハズレでした(><)

そういや、ラス・ベガスにもお城がありました!
って、お城型のホテルですが・・・。
(ホテル名:エクスカリバー)

投稿: kazki-0917 | 2006年9月23日 (土) 23:50

>Libraさん
欧州で心静かに絵画鑑賞、まさに非日常ですね。
アムステルダムのレンブラントを見そびれたので、いつか行きたいものです。
今回のお城は、ミュンヘンから直行する人もいるかもしれませんが
やはりフュッセンで一泊するのがゆっくり見られるかな、と思います。

>Sooままさん
お久しぶりです!南方系はあまり行っていないのですが、アメリカは昨年行きました。
サンフランシスコのシーフードのおいしかったこと!
ここを読んでくださっている方から、続々とドイツ情報が寄せられて
私も2度目の旅行を味わっている気分です♪

投稿: ようこ | 2006年9月24日 (日) 01:00

>kazki-0917さん
あはは、ルクソールお向かいのエクスカリバーですね。
外見かわいいのに、カジノではしっかりスリました・・・。
日本のお城は階段が急なので、いつも落ちそうになります。T_T
最近(といっても数年前)館山城に行きましたよ~。

投稿: ようこ | 2006年9月24日 (日) 01:03

今の壁紙に飽きたら(?)白鳥城の写真に変えさせていただきます!^^
見覚えのある風景の写真だらけ!

スープ、アイントプフみたいな感じでしょうかね?
美味しそうです。。

投稿: lilac | 2006年9月24日 (日) 12:52

ノイシュバンシュタイン城、バッチリとれていますね!

たぶん、オレも同じトコロから写真取りましたよ〜
吊り橋を渡った先ですよね(笑)

ちなみに、自分が行ったときには、外壁が工事中で網がかかっていたんですよー。ちょっと残念でした。

投稿: トロチチ | 2006年9月24日 (日) 13:24

>lilacさん
どうぞ懐かしさにひたってください。(^^)

スープは肉も何も入っていなかったですが
カリカリのクルトンがおいしかったです。
ご存知かもしれませんが、トプフ=der Topf(鍋)という意味ですね~。

投稿: ようこ | 2006年9月24日 (日) 16:26

>トロチチさん
実は吊り橋が怖くて渡りきれず(笑)、真ん中あたりからズームで撮影しました。

あらまー、お城に網がかかっていたとは残念!!
そのおかげで今日の美しい姿があるのでしょうけれど・・・。

投稿: ようこ | 2006年9月24日 (日) 16:30

コメントが遅くて、ごめんね~。
ようこちゃんの写真も、絵葉書にしたら
きれいなのができるだろうなぁ~と
思いながら、毎日、拝見しています^^

お城、白鳥と一緒に住んでみたいなぁ(笑)
看板をみていたら、なぜか、「魔女の宅急便」の
町並みが思い浮かびました。

投稿: うさちゃん | 2006年9月26日 (火) 16:11

ノイシュバンシュタイン城、絵葉書のようですね。青い空に映えること!

看板も可愛い~。
街歩きって、こういう発見が楽しいですね。

旅先での食事って楽しみだけれど、いつも半分くらいはハズしてしまうんですよね~ 
ようこさんが紹介されているのは、どれもこれも美味しそうなものばかり。
さすがお料理の上手なようこさんですね!

投稿: Yasuyo | 2006年9月26日 (火) 18:16

>うさちゃん
絵葉書のような風景にあちこちで出合いました。
そんな風景とデジカメの手ブレ補正の機能のおかげです。(笑)

『魔女の宅急便』の予告編などを頭に描いています。
そういえば、ヨーロピアンな街並みが出てきたかな。(^^)

>Yasuyoさん
異国の街を歩くと、日本でなかなか見ることの出来ない物が見られて楽しいです。

旅先での食事!私たちもかつて何度もハズしました。
(申し訳ないと思いつつ、残してしまったり・・・。)
今回の旅行ではハズレを引かなかったので写真を撮る気力がわいたのかも!?(笑)
全体的に、豚肉料理が充実しているように思いました。

投稿: ようこ | 2006年9月26日 (火) 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出(9/12 フュッセン):

« 旅の思い出(9/11 ミュンヘン-フュッセン) | トップページ | 旅の思い出(9/13 フュッセン-ハイデルベルク) »