« 塩と七夕の夕べ | トップページ | 『THE ALFEE YOKOHAMA STAR-SHIP』 8月12日(土) Only One Night »

2006年8月11日 (金)

夏の甲子園、真っ最中!

日中、家にいるようになったら見よう見ようと思っていた高校野球

昨年夏と今年4月のセンバツはあまり見ることがなかったのですが

今年の夏は、テレビをつけながら家事ができるようになりました。

家事に慣れてきたのかな?

 

昨日の南陽工 対 駒大苫小牧では、山口代表の南陽工が

広島にいた津田投手の母校と紹介されていました。

私は”プロ野球の津田”と、その壮絶な人生しか

知らなかったけれど、甲子園でも活躍したそうです。

 

実は私、コリ性の黎明期である中学生の頃

高校野球に情熱を注いだ時期がありました。

池田高校が強かった時代です。(^^)

 

「何でもライブで見よう!」というノリのある父と一緒に

中一の夏にツタのからまる阪神甲子園球場まで行きました。

 

生で見る野球!カチワリ!

親子でアルプススタンドで何試合も観戦していたら、

応援席の人から学校のマーク入りのウチワをもらったり

学校のある市の市長さんが観戦に来たりもしました。

当時一年生ながら活躍していた桑田、清原がグラウンドにいる姿も見ました。

時間の関係で、試合は見られなかったのですが・・・。(^^ゞ

 

たまたま観戦した市尼崎の試合に出場していたサードの池山は、

高校を卒業してヤクルトに入団。

神宮球場が家から近いこともあり、ブンブン丸として

活躍する様子をよく観に行きました。

  

この夏の甲子園の直後、『メリーアン』でブレイクしそうなアルフィーを知り、

高校野球はほどほどに、アルフィーファンへの

長い長い道を歩き始めた・・・というわけです。

 

久しぶりに見る甲子園・・・。

コリ性なところは、今とあまり変わっていない

中学生の頃を思い出して、冷や汗をかきつつ楽しくなりました。 

 

なぜ今日、この話を書いたか?それは明日のブログをお楽しみに。(^-^)

|

« 塩と七夕の夕べ | トップページ | 『THE ALFEE YOKOHAMA STAR-SHIP』 8月12日(土) Only One Night »

コメント

私も、いとこが甲子園をめざしていたので、合計で3回ほど、甲子園に足を運んだ経験がありますヨ

ちなみに3回も甲子園にいって応援したのは、「佐賀商業」で、ことしも甲子園に出ていたのですが、今日、惜敗してしまいました。

残念〜

投稿: トロチチ | 2006年8月11日 (金) 19:45

ブレイクしそうな…ってところが渋い!!
私はどっちが曲名でどっちがタイトルか「星空のディスタンス」が出るまで覚えられませんでした(笑)
明日のブログ、楽しみにしてまーす♪

投稿: タカダノリコ | 2006年8月11日 (金) 21:11

>トロチチさん
応援で3回も行ったとは、いい思い出ですね~。
佐賀商業といえば、私がバリバリ凝っていたときに、新谷(しんたに)投手が
あわや完全試合のノーヒットノーランを達成して話題になったのをよく覚えていますよ。

>タカダノリコさん
Xの紅がどっちがどっちだ?と分からなくなったのは私です。(笑)
同級生に『暁のパラダイス・ロード』からのファンがいたので
渋いタイミングでアルフィーを教えてもらうことができました。

投稿: ようこ | 2006年8月11日 (金) 22:20

私も、高校野球結構好きです☆
テレ朝の「熱闘甲子園」で、ドラマ仕立てのエピソードみて、ウルウルしちゃうことあったり…(恥ずかしー)

>>なぜ今日、この話を書いたか?それは明日のブログをお楽しみに。(^-^)

ん?明日は毎年恒例の…
私は残念ながらヨコハマまで出張れませんっ。楽しみにしています!!

投稿: Yasuyo | 2006年8月11日 (金) 22:36

津田恒美投手の熱投はカープファンの胸にいつまでも残っています。彼の言葉「弱気は最大の敵」はカープ投手陣のモットーになっています。(大竹投手、弱気の四球を出さないでください。)
甲子園の高校野球は昔、三沢高校の太田幸司選手を生観戦したことがあります。大変な人気でした。

投稿: マーライオン | 2006年8月11日 (金) 22:40

>Yasuyoさん
「熱闘甲子園」、よく見ていました!!裏話なども見られて感動しましたねぇ。

そうそう、土曜日は「毎年恒例の・・・」です。(^^)
天気がもつかどうか心配ですが、またここでレポートしますね~。

>マーライオンさん
南陽工の球児たちも「弱気は最大の敵」と言っていました。
津田投手の生涯を描いた『最後のストライク』というドラマもよかったです。
何年に一度か、甲子園はスター(アイドル?)を出しますね。
太田選手は、そのさきがけの一人でしょうか。

投稿: ようこ | 2006年8月11日 (金) 23:08

南陽工と言えば
広島カープにいた津田投手の名前が必ず出てきます。

背番号14津田投手
私の大好きな選手でした。
残念ながら若くして亡くなってしまいました。

日本ハムファイターズの岩下修一投手は
白血病に侵されましたが、再起し現在もがんばっています。
再起できなかった津田投手の分もがんばって欲しい。

投稿: 支配人 | 2006年8月12日 (土) 01:20

>支配人さん
そうですか、津田投手は好きな選手だったのですね。若くして残念でした。
私は本田美奈子さんのファンだったので、若いのに残念という気持ちが分かります。

岩下投手の闘病について、たまたまテレビで見たことがあります。
ふたたび野球人生に戻れてよかったです。

投稿: ようこ | 2006年8月12日 (土) 12:23

こんにちは。
私は女子校だったので、高校野球には漠然と憧れがあります。
甲子園球場は1度だけ行ったことがあります。
球場の前だけね。
夜に行ったので(野球はやってなくて暗かったので)余計に大きくて壮大に見えました。

投稿: みぃ | 2006年8月12日 (土) 16:44

>みぃさん
こんにちは。私は共学校でしたが硬式野球部がなかった(と思う)ので
「母校を応援する。」というのを聞くと、うらやましくなります。
ツタのからまる夜の甲子園、さぞかし壮大だったでしょうね~。

投稿: ようこ | 2006年8月13日 (日) 00:34

妹の旦那さんが、すごいスポーツ馬鹿でして(!)野球マニアで今回も11日から13日まで、
甲子園でまる3日、試合を見続けたそうです。
妹は、付き合いきれない!って絶対同行しないんですけどね。

でもようこさんも、そういうタイプに近い人なのかしら?

投稿: lilac | 2006年8月14日 (月) 23:24

>lilacさん
すごーい、3日間も行くんですね!
・・・と驚いてみせましたが、遠くても出かけてしまうのは、私も似ています。(笑)
一人だと心ゆくまで観戦(だけ)を楽しむのも面白いものだと思います。(^^ゞ

投稿: ようこ | 2006年8月16日 (水) 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/11383668

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の甲子園、真っ最中!:

« 塩と七夕の夕べ | トップページ | 『THE ALFEE YOKOHAMA STAR-SHIP』 8月12日(土) Only One Night »