« 『上妻宏光「生一丁!」Tour2006』 (7/17 紀尾井小ホール) | トップページ | 雨の日のMarunouchi観光 »

2006年7月19日 (水)

米研ぎと利き手

最近、右手の親指に切り傷ができました。

日常生活にはほとんど支障なく、「お大事に。」というほどでもないので

普通に過ごしています。

 

しかし、この”ほとんど支障ない”というのがクセモノで、

お米を研ぐ時に、少しばかり困ってしまいました。

 

米を入れたボウルに傷口をつけるのも不衛生だなーと思って

利き手である左手で米を研ごうとしたら

どうしてもできないのです・・・。

水を入れてぐるぐるかき回すだけのはずが、

米の抵抗で”ぐるぐる”を遂行するだけのパワーが出せません。

 

米を利き手ではない右手で研いでいることを初めて知ったのも衝撃でしたが、

反対の手で研げなかったのも新発見でした。

左手はボウルをしっかり押さえるという役目がありました。

 

では、どうやったかって?

右手の親指を人差し指に対して直角にピンと伸ばして

水に触れないようにして研ぎましたとも。

親指付け根がつりそうでした。(^^ゞ

 

Riceこうして研いだ米を

先日買った炊飯器の内釜に移したところ。

水位をピタリと線に合わせるのが

一日の楽しみであったりします。(^^ゞ

 

 

 

おかげさまで、米は無事に炊き上がりました。

・・・本当は「一回に何合炊くの?」といった話題を書きたかったのですが

それはまた別の機会のネタに取っておきま~す。

|

« 『上妻宏光「生一丁!」Tour2006』 (7/17 紀尾井小ホール) | トップページ | 雨の日のMarunouchi観光 »

コメント

指先の切り傷って思いのほか痛いんですよね(^ ^;)
こんな小さなことでもちゃんと衛生面を考えるのはようこさんらしいなぁ。

で。写真で見る限り、我が家では有り得ない合数のような気が。

両親と育ち盛りが2名いる家との違いは歴然ですね。

投稿: ひろこ | 2006年7月19日 (水) 15:51

ちょっとした傷は、普段忘れていても
意外なところで、その存在に気づくものなんだよね。
私は、主婦湿疹で、手は1年中、切り傷だらけなので、
また、こんなところから出血してるわ、と慣れっこだけどね。
手のきれいな方が、たまに怪我すると、気になって
仕方がないと思うわぁ~(^_^;)

ちょっと、お米が傷ついてしまうかもしれないけど、
泡だて器を使いなさいと、皮膚科の先生から教わったよ。
これなら、指もつらなくていいでしょ?(笑)

投稿: うさちゃん | 2006年7月19日 (水) 17:21

>ひろこさん
指先の傷はどうしても刺激を受けるので痛いし治りにくいですねー。

やはり家族や育ちざかりがいるともっと炊くんですね!
うちはいつもこのぐらいの量を炊いています。
何で5合も炊ける炊飯器を買ったのか思い出せません。(笑)

>うさちゃん
なるほど!泡立て器は線と線の間をお米が通るから
指と似たような動きができそうだね。

主婦は水仕事が多いので、会社勤め時代よりも
手の切り傷ができやすくなったような気がします。(^^;

投稿: ようこ | 2006年7月19日 (水) 19:04

「泡たて機で米を研ぐ」に反応してしまいました!
学生の頃は、いつもそうやってましたよー
手も冷たくなくて、ラクチンだったので。

ホントは、手で研ぐべきなんでしょうが、なにぶん、
ガサツな大学生でしたからね(笑)

話はかわりますが、右手で研ぐときは「コリオリの力」が
助けてくれていたというオチはどうでしょう?

投稿: トロチチ | 2006年7月19日 (水) 19:31

パート先で今日利き手の話題を丁度していました!!駅の階段から転落したパートさんは右手を捻挫して何をするにも左手を使っているそうです。やっぱり不便なのが洗顔や歯磨きなどの日常なんとなくしていることのようです。
本当、普段は自由に使っている右手ですが使えなくなると少しありがたいな~なんて感じたりしますね!!

投稿: ぴぴ | 2006年7月19日 (水) 19:39

切り傷とはお気の毒に。切り傷には接着剤のような治療薬があります。傷を消毒した後に絆創膏代わりに、傷口を封印するようにして使います。私は常用しています。曲げたり無理にしない限り剥がれませんし、治るまではそのままでよいので、一度だけの治療で済みます。防水性も十分です。一度お試し下さい。化膿しやすい人は、元々抵抗力が小さい人で、そう言う人には健康食品が効きます。そう言う人にもこの治療薬はお勧めです。お大事に。

投稿: リブラ | 2006年7月19日 (水) 22:59

コリオリの力には驚きました。私の元の勤め先には、この力を議論する回転水槽という装置がありました。正確な数字は忘れましたが、直径5m程の水槽だったかも知れないが、水槽がぐるぐる回るのです。お米を研ぐ時に水力学か。身近な科学です。

投稿: リブラ | 2006年7月19日 (水) 23:08

>トロチチさん
いらっしゃいませ~。どうぞよろしくお願いします。

なんと、泡立て器ユーザーだったのですか!
炊き立てのご飯はやっぱりおいしいなーと思います。

ジャガイモとタマネギを立て続けに落としたときはニュートン気分でしたが
右手が治ったらコリオリ気分で米を研ぎますね。(笑)

>ぴぴさん
パートをされているんですね。お疲れさまです。(^^)
タイムリーな話題だったようでよかったです。
利き手は、ケガなどで自由に使えなくなって初めてありがたみが分かりますよね~。

投稿: ようこ | 2006年7月19日 (水) 23:42

>リブラさん
接着剤的役割の薬があるのですね。
リブラさんも常用とのこと、お大事になさってください。

複数の方に”コリオリの力”が通じるすごいブログです!!
(ようこ夫も知っていました。^^)
家事をやっていると、化学や物理の現象に出合うことがあって面白いです。

投稿: ようこ | 2006年7月19日 (水) 23:52

こんばんは。
数日で治る傷なのかな。
私も左利きですが、お米は右手でといでます!
うーん、今ようこさんの記事を見るまで全く意識していなかった…。
母も左利きなので、明日、確かめてみよう。

ちなみに、うちは相方も左利き。
今度聞いてみよう。

投稿: みぃ | 2006年7月21日 (金) 01:59

>みぃさん
こんにちは。おかげさまで切り傷はほぼ治りかけです。(^^)

なんと、みぃさんも左利き&右米とぎなんですね!うれしいです。
(実は私の母も左利きです。左でとぐそうですが。)
調査(笑)、よろしくお願いします~。

投稿: ようこ | 2006年7月21日 (金) 10:18

こんばんは。
調査しましたー。
母に尋ねてみたところ、「右手でとぐ」と言いました。
我が母娘とようこさんは、同じでしたね。

投稿: みぃ | 2006年7月21日 (金) 18:48

>みぃさん
調査ありがとうございますー。
お母様も右とぎとのこと、思いがけず見つかった共通点、うれしいです!

投稿: ようこ | 2006年7月21日 (金) 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/11002948

この記事へのトラックバック一覧です: 米研ぎと利き手 :

« 『上妻宏光「生一丁!」Tour2006』 (7/17 紀尾井小ホール) | トップページ | 雨の日のMarunouchi観光 »