« 暑さを忘れるそうじ術!? | トップページ | 『HUMANITY THE MUSICAL』(6/3ソワレ)観劇 »

2006年6月 2日 (金)

ピッチャー工藤、体改善までの道のり

食生活に関する興味深い本を2冊読みました。

2冊とも同じテーマについて書かれた本で、切り口が異なります。

・幕内秀夫著 工藤公康 粗食は最強の体をつくる!
         ―食事を変えれば、体が楽になる!強くなる!若くなる

・黒井克行著 工藤公康「42歳で146km」の真実―食卓発の肉体改造

 

ご存知の方も多いと思いますが、読売巨人軍の工藤公康投手は

40歳を過ぎても現役のプロ野球の選手として活躍しています。

 

工藤投手は1982年にプロ入りし、

西武ライオンズで活躍し、MVPなどにも選ばれました。

高校野球でも華やかな投球を見せたので、覚えておられる方もいるかと思います。

しかし、夜明けまでの暴飲暴食で肝臓などがボロボロになり

それに伴い成績が落ちてしまいました。

その後、雅子さんと結婚して、体をどのように復活させたかを

食生活の改善に注目してつづられています。

 

私は高校野球にものすごい凝っていた時期があり、

凝る少し前に有名になったのが”ピッチャー 工藤”だったので

まだ子供でしたが、よく覚えています。

目のくりっとしたところが、カリメロっぽいなーと思ったりして・・・。

 

さて、2冊の本はともに時系列で体の改善を追っています。

 

"粗食本"で有名な幕内氏は、プロ野球選手に限らず

広い意味での献立の考え方などを

工藤投手のこぼれ話(コラム)をまじえつつ書いています。

料理の写真がとてもきれいで、レシピも分かりやすいので

家庭料理にも十分役立ちそうです。

 

ノンフィクションライター黒井氏は、懇意にしている工藤家、

特に調理師でもある妻の雅子さんにスポットを当て、

食生活に関する考え方を取材しています。

とてもパワフルな方です。

 

年収○億円という世界の人の話なので、家庭にすぐに応用はできませんが

考え方はとても勉強になりました。

 

2冊の本を読み、一ついえると思ったのは

食生活をきちんとしたいならば、本を読んで食について正しく理解し、

試行錯誤し、考える必要がある、ということです。

 

そして、私も働いている最後の一年間は食生活がメチャクチャになり、

夕方のアメリカンドッグとチョコ、夜の歌舞伎揚げ一袋、真夜中の外食・・・。

一年間かけて改善してきたところです。

これだけ真剣に取り組んできた家庭があったのか!と驚くとともに

大変うれしい気持ちもします。

 

ご興味のある方は、どちらかの本を読めば内容はつかめると思います。

また、遅くまで働く部下を抱える方も、ぜひ一読をオススメします。(^-^)

 

Img_0815_1 黒井氏の本の巻末に掲載されていた

肉野菜炒めのレシピを見て作りました。

しょうがが効いた和風のやさしい味でした。

|

« 暑さを忘れるそうじ術!? | トップページ | 『HUMANITY THE MUSICAL』(6/3ソワレ)観劇 »

コメント

こんにちわ.初コメントです!
もんのすごく興味あります,この本(^^)
今日出かける用事があるので,早速買ってきます!!

投稿: れすぽーるツヨシ | 2006年6月 3日 (土) 10:33

またまたお邪魔します。

工藤選手をテレビで見るたび、「どうして、こんなに長く第一線で活躍続けられるんだろう??」と、すごく不思議だったんです。というのは、若い頃(特に西武時代)って、なんだか不摂生してそうなイメージあったので。

こんなところに秘密があったとは。
食生活は健康的な生活の基本ですね。
我が家も頑張ろう…

投稿: Yasuyo | 2006年6月 3日 (土) 13:51

>れすぽーるツヨシさん
いらっしゃいませ~。
本、見つかりましたか?お役に立てたらうれしいです。^_^

>Yasuyoさん
若いうちに高収入を得てチヤホヤされたら、つい不摂生する人もいるでしょうねぇ・・。
工藤投手の奥さんは、厳しくしたり緩めたりして健康を維持させているようです。
ほんと、我が家も気をつけないとーと思いました。

投稿: ようこ | 2006年6月 3日 (土) 15:03

とても、興味があります。
毎日の食事は、大切ですよね。痛感しています。
家も3年前主人が味噌汁ショッパイと言うのでお湯で薄めてください。など言ってたら健康診断で血圧が高く糖尿予備軍になってました。同じく次の年、私も血圧が・・(>_<)さて、自分が高くなると減塩食などに徹底していろいろいろかんがえるんですよね。鬼嫁だったかな~?そして今は、元に戻りました。とても反省です。その時は 薬をできるだけ避けたいのでやはり、本を読みました。
工藤投手の頑張りは、奥様の愛情こもった食事でしたね。
ようこさんカリメロはぴったりですね~(笑)
いまチャングムをみてると本当にそうなんだな~って分かりますよね。2冊読んでみます。

投稿: naooba | 2006年6月 3日 (土) 16:22

>naoobaさん
そうですかー。貴重なお話ありがとうございます!
徹底した時期があったんですね・・・。
私も勉強しつつ、でもギチギチにならないようにしたいと思います。(^^;

投稿: ようこ | 2006年6月 4日 (日) 00:03

以前、ベストセラーとなった
幕内さんの、粗食のすすめの本を読んで
なんでも、食べていればいいのではないと
いうことに気づかされました。
旬のものを体に取り入れることが、本当に
大切なんだなぁって。

さてと。
ようこちゃんの好きなアメリカンドッグ。
なるべく体に優しい素材を使って
上手に作れるように、ちょっと勉強して
みましょうかね(笑)

投稿: うさちゃん | 2006年6月 4日 (日) 03:44

>うさちゃん
さすが、本を読んだことがあるんですね!
(うさちゃんは読んでいるかもーと少しだけ思っていました。^^)

アメリカンドッグのコロモが大好きなんです。(笑)
ふわっとしつつもカリッとできたらぜひ教えてね。

投稿: ようこ | 2006年6月 4日 (日) 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/10368167

この記事へのトラックバック一覧です: ピッチャー工藤、体改善までの道のり:

« 暑さを忘れるそうじ術!? | トップページ | 『HUMANITY THE MUSICAL』(6/3ソワレ)観劇 »