« cruising on rivers | トップページ | 温かみのある『どじょっこふなっこ』 »

2006年4月 9日 (日)

私の話を聞いて!~浅草めぐり~

昨日のクルージングで訪れたばかりの浅草に

ようこ夫と一緒に電車に乗って出かけました。

陸の浅草は数年ぶりです。

  

ふふふ、浅草で何をしたか聞きたいですか?

聞きたかったら・・・うーん、私はお金を取るのはやめておきます。

ちょーっと長くなりますが、どうかどうか聞いてくださいね。^人^

 

隅田川と浅草寺などの名所が浅草駅をはさんだ位置にあり、

快晴の日曜日は、人でごった返していました。

  

浅草寺で”みくじ”を引いたり、隅田川べりを散歩したりしていると

外国人観光客もたくさん見かけました。

 

そして、今日のメインイベント!!

浅草演芸ホールでの寄席でーーす。

Img_0601この建物を見ると、ドラマ『タイガー&ドラゴン』の歌を

歌いたくなる方もいるかもしれませんね♪

 

 

 

 

 

Namecards本日の出演者の名札が入口にぶらさがっています。

ツウっぽい人々が名前を見ながら感想を言っていて

さすが浅草だと思いました。

 

 

昼の部の最後3人と夜の部の7人目までを聴きました。

三遊亭遊史郎さんは夜の部の3人目です。

 

今日の寄席では、のこぎり音楽という芸がありました。

すごく大ざっぱに説明すると、西洋のこぎりをイナバウアーのように曲げ、

二胡の弓に似たもので刃に対して垂直にこすると音が鳴ります。

普通の人がやったら鳴らないような気がしますが・・・。

(テルミン+二胡)÷2 みたいな音でした。

メロディが流れ、その一部に合うようにキュッキュッと鳴らしていました。

 

寄席で、モーツァルト生誕250年ネタや

ブラームスのハンガリー舞曲第五番が出るとは思わず、

ただただ、びっくり!でした。

 

さぁ、お待たせしました。

遊史郎師匠は、父と息子の会話の噺をされました。

息子が母親の行動を思わせぶりに話し始め、

もう少し聞きたいところで、父親に

「じゃあ、お金ちょうだーい。」と言うのです。

 

この噺を聴いていて面白いなーと思ったのは

親子であることを声で表現していることでした。

 

遊史郎さんは、いくつも声を持っていると思うのですが

あえて、”息子が声変わりすると、この声になるだろう”

と思わせる声色を選んだのでは・・・と感じました。

オチ(下げって言うのかな?)も楽しかったです。

 

他には、犬が人間になり、ついつい犬っぽい仕草をする噺などがありました。

 

浅草演芸ホールは2階席まであって、

ミュージカルによく行く私にとっては、なじみやすい雰囲気でした。

 

寄席のあとは、五目釜飯を食べて帰りました。(^-^)

Img_0606夜の雷門が美しかったです。

|

« cruising on rivers | トップページ | 温かみのある『どじょっこふなっこ』 »

コメント

ようこさん、こんにちは!

浅草演芸ホール楽しそうですね。

私は、昨夏「花やしきのジェットコースター」に乗りたくて
浅草に行きました。あの民家すれすれ通ってこわいと
有名なジェットコースターです。

隅田川も水上バスで往復しました。
隅田川はどの橋も個性的で楽しいですね。

それ以来、浅草と隅田川のファンになりました。
おみくじは凶だったけど。。。

投稿: Kisako | 2006年4月10日 (月) 02:00

ご来場ありがとうございます。 
 
タイガー&ドラゴンでは寄席の外観は浅草ロケで、 
高座と楽屋は新宿末広亭そっくりのセットでした。 
 
昨日やった噺は「真田小僧」といいます。 
声に関してはほんとにいつも無意識に演じ分けをしていて、ようこさんの感想を読むと、成る程、そんなふうに聞こえるのだなあと気が付きます。
 
というわけでどうぞ今後ともご贔屓のほどよろしくお願いいたします。ご主人様にもよろしくお伝えください。 

投稿: 三遊亭遊史郎 | 2006年4月10日 (月) 10:34

>Kisakoさん
こんにちは。花やしき、通りましたよー!
スリル満点のジェットコースターは一度だけ乗ったことがあります。
浅草寺は大混雑でした。浅草は川と街の両方があるから風情があるのでしょうかねぇ。(^^)

>三遊亭遊史郎さん
ドラマの印象と場内の印象が一致しなかったので不思議だったのですが
なるほど、そういうからくりだったのですね。(^^)
声についてのレビューをそう言っていただけるとうれしいです。
(会社を辞めたら使い道のないスキルだなーと思っていたので・・・。)
よい記録になるので、また寄席に行くたびに書くようにします。
こちらこそ、よろしくお願いします!

投稿: ようこ | 2006年4月10日 (月) 18:07

ようこさんへ

メール有難う御座いました。私は音楽教育は一切受けておりませんが、もともとクラシックが好きで、かつてはヴァィオリンを中心にしたSP盤を千枚以上もっていました。時には今でも生のピアノ伴奏で演奏もします。ピアノをされるのでしたら是非ご一緒にやりましょう。又寄席に遊びに来て下さい。出番はいつもHPに出して居ります。ご主人に宜しく。

投稿: 都家歌六 | 2006年4月11日 (火) 10:17

なんと、これが200記事目になるのね。
おめでとう!!よく、がんばって続けてきたね。
のこぎり音楽、声のお話・・。
寄席はまだ、行ったことがないけれど
ようこちゃんの表現力豊かなブログを読んでいるだけで
自分がその場にいるみたいに、ワクワクしてくるよ。
そういえば、この間、親戚の女の子が
浅草でデートしたとか言っていたなぁ・・。
今度、寄席に行くようにすすめてみようかしら(*^_^*)

投稿: うさちゃん | 2006年4月11日 (火) 13:01

ご夫婦で楽しんでますね。生の寄席とは違うかもしれませんが、こちらではテレビで大喜利を見ることができます。結構面白いですね。寄席も生で見てみたいです。

投稿: 浦島@海外 | 2006年4月11日 (火) 15:36

芸人さんお2人からコメントを頂けるブログというのがとてもうらやましいです(笑)

犬が出てくる落語は「元犬」ですね~♪

投稿: 有賀亭 頑馬 | 2006年4月11日 (火) 16:27

>都家歌六さん
ご本人直々にコメントをありがとうございます。
私は珍しい楽器を聴くのが好きで、また一つ面白い楽器に出会えてよかったです。
寄席を拝見しながら名曲喫茶の雰囲気を感じたのですが、「SP盤千枚」に深くうなずきました。
ピアノはアマチュアとして活動していますが、都家歌六さんのことは心に留めておきます。
いつか”共演”できる日を楽しみにしております。ありがとうございました。

投稿: ようこ | 2006年4月11日 (火) 17:09

>うさちゃん
いつも上の欄(笑)を見てくれてありがとう。
うさちゃんのコメントも200近いということですね。ブログ立ち上げ時から、優しくて品のよいコメントをありがとう!!

浅草は粋な雰囲気がただよってなかなかエキサイティングでした♪
ぜひ親戚の方にも寄席をオススメしてもらえれば~、と。

>浦島@海外さん
こんにちは。海外からのコメントありがとうございますー。
海外では大喜利のテレビが見られるんですか!(日本ではやっているのかな?)
日本に戻ってきたら、ぜひ寄席にご一緒しましょう。(案内できるように調査しておきます。笑)

投稿: ようこ | 2006年4月11日 (火) 17:14

>有賀亭 頑馬さん
右も左も分からない私に、いつもいろいろ教えてくれてありがとうございます。m(o)m
これからも時々は寄席を紹介していけたら・・・と思います。

落語は「元犬」という題名なんですねー。
「八幡様」かと勝手に予想していました。ありがとうございます!

投稿: ようこ | 2006年4月11日 (火) 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/9512118

この記事へのトラックバック一覧です: 私の話を聞いて!~浅草めぐり~:

« cruising on rivers | トップページ | 温かみのある『どじょっこふなっこ』 »