« (和三)盆と正月が来た! | トップページ | 久しぶりのフィルター交換 »

2006年4月14日 (金)

『志村魂』(4/14マチネ)観劇

志村けん一座旗揚げ公演と位置づけられる

『志村魂』(しむらこん) を一人で観に行きました。

 

会場は、池袋西口の東京芸術劇場 中ホールです。

一人で出かけると、必ず駅の中にいる時点で迷うので

今回は細心の注意を払いました。

おかげで会場には無事に到着しましたが

乗るエスカレーターを間違えて、大ホールに行ってしまいました。

 

今回の公演は、最後の一枚をやっと買えた・・・というぐらい

チケットが手に入りにくく、席は1階最後列の端(下手側)でした。

ただし、入口に当日券の張り紙がしてありました。

 

志村けんの公演は、もう20年近く前になるかもしれませんが

一度だけ、池袋サンシャイン劇場で観ました。

テレビで放映されるコントを生で観て、大笑いした覚えがあります。

 

その後、いろいろな種類の舞台を観てきた私が

今回、どのように感じるか・・・という視点での観劇となりました。

 

第一幕の「バカ殿様」は、テレビを見ていなかったので

周りがどっと笑う場面で笑いそびれたり・・・というのがありました。

 

一方、短い「コント」を連発するコーナーは、さすがに面白い!

かつてサンシャイン劇場で観た、懐かしのキャラクターも出てきて

志村けんの芸達者ぶりを満喫です。

近くの席の子供が心から大笑いしていました。(^-^)

 

第二幕は、『一姫二太郎三かぼちゃ』というお芝居がメインです。

藤山寛美の当たり役に志村けんが挑戦するもので

ホロリとさせられるストーリーでした。

ラストの頃には会場内、すすり泣きの嵐でした。

 

パンフレットによると、松竹新喜劇の代表作とのことですが

特にそのストーリーを知らなくても楽しめるものです。

 

今回は多数の出演者がいたこともあり、にぎやかな印象です。

ほとんど初見の役者さんばかりの中、

『レ・ミゼラブル』にアンサンブルとして出演していた

西村直人の名前を見たときにはほっとしました。

 

多岐川裕美のクラシカルな美しさでコントを演じる面白さ、

ダチョウ倶楽部の上島竜兵が出てくると、ふわっとした温かさに包まれる舞台。

そして、同じくダチョウ倶楽部の肥後克広が格別によかったです。

声の出し方、立ったときの姿勢など、テレビでは分からない一面を見た思いです。

 

志村けんは、なんともう56歳とのこと。

3時間を超える公演(休憩を含む)を一日2ステージ演じるパワーに脱帽です。

これからも元気でがんばってください、と思った一日でした。

|

« (和三)盆と正月が来た! | トップページ | 久しぶりのフィルター交換 »

コメント

たけしさんと志村さんを見て育ち芸人になりました。 
以前ケーブルテレビのファミリーチャンネルでだいじょうぶだぁを放送しており楽しく見ていたのですが、田代さんが事件を起こしてからはやらなくなってしまい残念です。 
いくつになっても色あせないどころか、ますます面白くなっていく志村さんをこれからもずうーっと見続けていきます。 

投稿: 三遊亭遊史郎 | 2006年4月15日 (土) 10:10

>三遊亭遊史郎さん
そうだったのですね。芸人になれた人、なれなかった人、いろいろでしょうけれど
たけしさん、けんさんたちの役割の大きさを感じました。

「だいじょうぶだぁ」のくわまんや田代まさしさんの絶妙な間も面白かったです。
私が以前観た舞台は「だいじょうぶだぁ」のコントばかりだったと思いますが
けんさんの姿が消えて、おじいさんになったりおばあさんになったりするのが
子供心に忘れられなかったです。

投稿: ようこ | 2006年4月15日 (土) 12:42

こんばんは。
ドリフは究極のエンターテイメントだと思っています。
私が志村さんのコントをTVで見る機会は減ってますが、舞台とTVでは面白みの迫力が違うでしょうね〜。
お客さんの年齢層も幅広いのかな。
お子さんが楽しめる舞台ステキですね。

投稿: みぃ | 2006年4月16日 (日) 01:11

>みぃさん
こんにちは。舞台はテレビと違っていろいろなところが見えるので
それぞれの出演者の立ち位置や細かい動作などが楽しめました。
お客さんも幅広く、中年女性もいれば若い男女、子供も・・・と書ききれないほどです。
それに、最初から笑いのテンションが高かったのもびっくりでした。

投稿: ようこ | 2006年4月16日 (日) 17:37

やっぱ、お芝居はいいですよねぇ~ ! (^^)
舞台と客席とが一体となって。
私は、2003年に「奇跡の人」(シアターコクーン・大竹しのぶさん、鈴木杏さん主演)、2004年に「燃えよ剣」(明治座・上川隆也さん主演)を観に行きました。
すご~くよかったです ! (^^)
「奇跡の人」は、比較的前のほうの座席だったので、大竹さんの涙や手の甲の血管までよく見えました。 (^_^;)
「燃えよ剣」のほうは、花道の横の座席だったので、上川さんたちが間近に何回も通って行きました。
あ~、たまりません。 (^^)
年に1回ぐらい観たいのですが、何せお高いので…。 (^_^;)

投稿: おかちゃん | 2006年4月17日 (月) 00:23

>おかちゃん
わぁ、いろいろご覧になっていますね。
役者さんの演技を間近で見ると、本当に迫力ものです。@_@
それに、いろいろな話を通して生き方を考えさせられたりするのがまたよいです。
入場料・・・あれだけの人数と舞台装置を考えると納得なのですが
チケットを買うときにはやっぱり勇気が要ります。(^^;

投稿: ようこ | 2006年4月17日 (月) 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/9591537

この記事へのトラックバック一覧です: 『志村魂』(4/14マチネ)観劇:

« (和三)盆と正月が来た! | トップページ | 久しぶりのフィルター交換 »