« ぽかぽかと、大江戸温泉物語 | トップページ | 運動カテゴリ復活しました~ »

2006年3月22日 (水)

和と洋とエスニックと。

いつも月曜日午前に通っているドイツ語教室ですが

某日の分を今夜に振り替えてもらっていました。

また喫茶店で予習せねば・・・しかもが降りそう・・・と

少々気が重くなっていたところに、耳寄りな寄席情報が入ってきました。

 

2週間前にも高座を拝見した三遊亭遊史郎さんが

新宿末廣亭に出るとのこと。

ドイツ語教室の場所と時間、高座の時間を考えて

1時間少々見ていくことにしました。

 

・・・となると、今日は朝起きてそうじ洗濯をして

昼どきはラジオドイツ語高座・・・ではなく講座を聴き、耳慣らし。

午後すぐに、早めの夕食を作りました。

鍋が1回冷めるとおいしくなるチキンカレーです。(^^)

 

カレーを予定の15分オーバーで作り終え、あたふたと家を飛び出して

喫茶店でドイツ語の予習です。

家で予習すればいいんですけどね。なかなか気乗りしなくて・・・。(^^ゞ

 

寄席に行く時間になったので、紅茶を飲み干して店を後にしました。

末廣亭は2回目なので、だいぶ落ち着いて

ウノメタカノメで椅子席から高座を楽しませてもらいました。

 

ここからネタバレあります。

今回の三遊亭遊史郎さんは、てんしき(多分、『転失気』と書く)の噺をしました。

「てんしき」という言葉の意味が分からずに

みんなが知ったかぶりをして適当に解釈して物を言うドタバタで、

新語だらけの仕事をしていたときの様子とかぶって笑ってしまいました。

すみません・・・。>_<

 

珍念という子供?の声と走るしぐさがかわいらしく、

分からないことを珍念に探らせようとする和尚と

そもそも「てんしき」という言葉を使った医者の二役を

声の高さを変えるのと、にごり感ありなしで表現しているように感じました。

 

あと5分ぐらい持ち時間が長かったら、きれいなアーティキュレーション(メリハリ)が

さらに生きてきそうです。

それと、着物の色がきれいでした~。

 

また、今回初めてギタレレ漫談のぴろきさんを拝見しました。

派手なズボンとちょんまげがトレードマークなのでしょうか?

 

ギターとウクレレの間の楽器を鳴らしながら話を披露する形式です。

話も面白いのですが、時折チャラーンと鳴らす音の

コードネームが頭をぐるぐると駆け巡りました。

多分、G、D7、Cだったと思います・・・。

ネタバレ終わりです。

 

ここで名残惜しくも次の場所へ移動せねばなりません。

新宿の街を20分ほど歩いて教室へ。頭を和から洋へ切り替えます。

読み書き聞き取り満載のドイツ語を3時間も習い、

帰宅してスパイシーなチキンカレーを食べたら、一日が終わっていました。(^-^)

|

« ぽかぽかと、大江戸温泉物語 | トップページ | 運動カテゴリ復活しました~ »

コメント

ご来場&おみやげをありがとうございました。 
時間の都合で最後までしゃべることができなかったので、いつかまた下げ(落ち)までお聞かせできればと思います。 
 
ドイツ語とはまたハイカラですねえ。無知な私はグーテンモルゲン、イッヒりーべディッヒくらいしか知りません。あとハイルヒットラーとか。どうぞ楽しくお勉強なさってください。

投稿: 三遊亭遊史郎 | 2006年3月23日 (木) 11:44

>三遊亭遊史郎さん
こちらこそ、ありがとうございました。『転失気』は途中までだったのですね!
またの機会に最後まで聴きたいと思います。

ドイツ語学習は偉大なる作曲家たちの音楽を理解するため・・・ということになっていますが
実は、スイスのベルン(ドイツ語圏)でドイツ語の「知ったかぶり」をして恥をかいたので
会話が出来るようになれば、と思って続けています。

投稿: ようこ | 2006年3月23日 (木) 14:14

寄席ですか。いいですねぇ。
私も学生時代に初めて寄席を見に行ったとき、知ってる落語だったので、感動して。

人情ものでもなんでもない、普通に笑える噺だったのですが、笑いながら涙ぼろぼろ流しちゃって。

女の子と一緒だったので、すごく恥ずかしかったの覚えてます。

投稿: なかまん | 2006年3月23日 (木) 23:18

>なかまんさん
涙を流すほどだったとは、落語家さんもうれしかったことでしょうね!
涙の意味を女の子に説明するのは、うーん、なかなか難しいかも・・・。(笑)
機会を作って、寄席&シェリー酒注ぎ鑑賞なんて企画も面白いかもしれません。

投稿: ようこ | 2006年3月23日 (木) 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/9215473

この記事へのトラックバック一覧です: 和と洋とエスニックと。:

« ぽかぽかと、大江戸温泉物語 | トップページ | 運動カテゴリ復活しました~ »