« お江戸めぐり~日常のあいだの非日常 | トップページ | 歴史が分かればなぁ。 »

2006年3月10日 (金)

Ich putze ガスコンロ.

今週のドイツ語教室では、キッチン設備の名前を勉強しました。

 

ガスを使わないコンロの話になり、

「日本にもあるのか?」という先生の質問に

「日本には、IHというものがあります。

日本語でもアイエイチと言います。ドイツ語だとイーハー?」

と日本語で答えました。

 

そして、私が平らなコンロを拭くしぐさをしながら

「そうじが楽。」

と、まるでそうじ上手なことを言うと、

先生は

「ああ~、putzen(磨く)。ようこは持っているのか?」

うれしそうに聞くので

「いえ、私は持っていません。(汗)」

・・・。 がくっ。

 

実は、IHのある友人の家でアスパラガスの炒め物を

作らせてもらったことがあります。

よくそうじされているピカピカのIHだったので、よく覚えていたのです。

 

我が家のガスコンロとグリルを頭に浮かべながら

たまにはそうじしないといかんなーと思い、

重曹と酢を使ってやってみました。

今回も 『重曹生活のススメ』 を参考に、アレンジしてみました♪ 

 

①グリル網そうじ

before-washグリルをあけると、お恥ずかしいことに

築3週間の汚れを発見してしまいました。

 

 

 

 in-a-bag

水と大さじ3杯ほどの重曹を混ぜて

3時間つけおきします。

スーパーの袋を使っています。

 

polish そして、スーパーの袋を 布団がわりにして

グリル網を横に配置。

重曹を上からバサバサとふりかけます。

スーパーの袋が下にあるので、重曹がシンクに落ちません。

 

キッチンペーパーでガガガガガーっとこすると汚れがぽろぽろ取れました。

 

after-washこれが出来上がり。

こびりつきが、よく落ちました。

 

 

 

続きましては・・・

 

②コンロそうじ

コンロそのものもホコリとシミで汚れていたので

香りつきビネガー水で拭くことにしました。

香りつきビネガー水は、酢を水で2~3倍に薄め、

好みのエッセンシャルオイルを数滴たらしたものです。

 

 before-konro

手がすべってお湯をこぼしたコンロ。

きれいになるかな?

 

 

 

コンロ付近が温まっていると汚れが落ちやすいようなので

事前に鍋で湯を沸かして、全体を温めました。

 

そして、香りつきビネガー水をスプレーすると

ジュッという音とが生じて、ちょっとびっくり。

古い布でゴシゴシとこすると、ホコリもシミもよく落ちます。

 

 after-konro

出来上がりはこの通り!

数時間ほど、よい香りがたちこめていました。

 

 

汚れがよく落ちることが分かったので、しばらくいいかな・・・などとは

これっぽっちも思ってはいません・・・。(^^ゞ

 

タイトルは、”私はガスコンロを磨く。”という意味です。ガスコンロのドイツ語も覚えよう♪

|

« お江戸めぐり~日常のあいだの非日常 | トップページ | 歴史が分かればなぁ。 »

コメント

おぉっ 今回もキレイに落ちたねぇ♪
以前、オール電化のモデルハウスで
初めてIHをみたときに、毎日のお掃除が
楽そうでいいなぁ~と憧れたものです。
当時は、なぜか、ガステーブルを使うたびに、
五徳をはずして洗うものだと思いこんでいてね(^_^;)
グリルの網だけは、一応、使うごとに洗いますが
ほかの部分は、ズボラを満喫しちゃっています。

・・で、ガスコンロはドイツ語ではなんていうの?


投稿: うさちゃん | 2006年3月10日 (金) 18:54

>うさちゃん
モデルルームでIHの実物を見たんだねー。
毎回五徳を外すってなんだか初々しくてかわいらしい!(笑)
でも、毎回拭いていたらキレイでしょうねぇ~。

ガスコンロは、der Gasherd といいます。(発音は多分、デア ガースヘアト)
”格変化”というのがあるのですが、よく分からなかったので、タイトルは日本語にしました。(笑)

投稿: ようこ | 2006年3月10日 (金) 19:06

我が家は、今度IHクッキングヒーター方式にのですが

IH専用のフライパンでないと駄目らしい?
(申し込んだらキャンペーンで付いて来るという)

底が中華鍋のような出っ張っている物も

ムニエル?のように、傾けて使う(熱した油をかけながら)

まだ、商品を見ただけですが、説明を聞いただけでは、結構使いにくそうに感じています、掃除はしやすいらしいけれど

「チャーハン」を作る時の'鍋あおり'や「かけ油」出来ない
卵料理の時の火加減(コンロからフライパンを離したり)

火力はないけれど、携帯コンロが必要になるかな~

と思っています。

火の魔力(キャンドル)に落ち着くって言うことも

投稿: 来兎 | 2006年3月11日 (土) 01:54

>来兎さん
なかなかツウな調理方法ですね!
たしかに、五徳がないのだとアダプター等で安定させないと難しいかもしれませんね。
携帯コンロは居酒屋の鍋料理で見かけるものでしょうか。あれはあれで、炎が見えて温まります。

投稿: ようこ | 2006年3月11日 (土) 11:38

最近,新しいガステーブルを買いました.まだほとんど使っていないのですが,しばらくすると,いろいろなところが汚れてくると思うので,この記事を参考にして定期的に掃除したいと思います.

投稿: sunday driver | 2006年3月11日 (土) 20:06

>sunday driverさん
新品は気持ちいいでしょうね~。
油汚れの上にホコリがくっつくとやる気を失くすのでこまめに掃除するのがいいと思います。
(と自分に言い聞かせる・・・。)

投稿: ようこ | 2006年3月11日 (土) 20:56

ほほぉ重曹が洗浄にいいって聞いたことありましたが本当にきれいになりますね!
お風呂掃除も重曹がいいとか聞いたことあります。
ビネガー水もすご~い☆
今度我が家でも試してみようかな(^_^)

投稿: みきぴょん | 2006年3月11日 (土) 21:49

>みきぴょん
会社を辞めてから重曹にコッっています。(笑)
お風呂もたまに重曹でこすっていますよ~。
ビネガー水は本を見るといろいろ参考になるので、いつも本を片手に奮闘しています。(^^)

投稿: ようこ | 2006年3月11日 (土) 22:31

こんばんは。
実演販売みたい!(笑)
網のお掃除、ビックリするくらいに綺麗になるんですねぇ。
とっても分かりやすいお写真です。

投稿: みぃ | 2006年3月13日 (月) 01:57

>みぃさん
そう思って読んでみると、実演販売そのものですね!
汚れた網を用意しておいて、「ほらほら、だまされたと思って見て行ってよ~。」
写真を撮るときはそういう気分で撮影しています。(笑)

投稿: ようこ | 2006年3月13日 (月) 10:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/9019026

この記事へのトラックバック一覧です: Ich putze ガスコンロ.:

« お江戸めぐり~日常のあいだの非日常 | トップページ | 歴史が分かればなぁ。 »