« 優雅な『花のワルツ』の作り方 | トップページ | 餃子を焼くのは難しい »

2006年2月 4日 (土)

『百婆』(2/4マチネ)

秋田は角館にある、たざわこ芸術村に所用で何度か訪れたことがあります。

ここに拠点をおくわらび座東京公演を行うということで

初めて公演を観に、新宿文化センターに出かけました。

 

公演は、『百婆』という喜劇仕立てのミュージカルです。

有田焼の窯元の亭主が亡くなり、葬儀をどのような形で行うか?を

それぞれの立場で主張し合うストーリーです。

 

実は亡くなった亭主は、朝鮮半島から渡来し、

苦労して窯を築き上げました。

故郷の方式で葬儀を挙げるべきという亭主の妻、百婆
        vs
もう日本人なのだから日本の方式で、という息子

の構図で、お互いが歩み寄ったり

譲らなかったりのやりとりをコミカルに描きます。

対立の様子が、サラリーマンの世界にも似ているようで、なんとも可笑しいのです。

 

海外のミュージカル『エリザベート』や『レ・ミゼラブル』の影響を受けた私が

わらび座のミュージカルをどのように受け取るのか・・・というのも興味の一つです。

 

幕が開き、流れた音楽がポップでよい曲だったので

つかみはOK!、音楽(ボブ佐久間)も楽しみになりました。

 

百婆役の丸山有子さんは、一人で語るところで深い味わいを出していました。

日本式の葬儀を挙げる住職役の椿康寛さんは、

その存在感とリズム感が舞台にメリハリをつけていました。

そして、長男十蔵役の近藤真行さんも印象に残りました。

張りのある声でセリフが聞き取りやすく、動きが軽やかな役者さんです。

レミゼのアンサンブルのイメージに合うような・・・。

 

全体として、和の風情を表現しつつ、海外の風味も加えられた公演で、

音楽がよかったので、もっと聴きたいぐらいでした。

 

終演後、役者さんたちが出口に現れ、握手などしながら見送ってくれたのが

大劇場での公演とはまた異なり、いいな・・・と思いました。

|

« 優雅な『花のワルツ』の作り方 | トップページ | 餃子を焼くのは難しい »

コメント

足跡ありがとうございました。

俺も同じマチネーを観てました。
コミカルな感じが先行して、途中まで淡々と観てたんですけど、後半、なんか唐突に鳥肌が立つような感動を覚えました。

それがあまりに刹那的だったので、今だになんに感動したのか判りません(笑)が、涙が出そうになりました。

最近ちょっと涙腺が弱いんですよ~^^);

投稿: 潤・潤 | 2006年2月 5日 (日) 16:15

>潤・潤さん
いらっしゃいませ♪早速のコメントありがとうございます。
最後に握手してもらうときに、感想を言えたのがよかったです。
それにしても、昨日の新宿は寒かったです~。

投稿: ようこ | 2006年2月 5日 (日) 17:06

『百婆』ってタイトルをみたとたん、
勝手におそろしいイメージを思い浮かべたのだけれど、
喜劇仕立てのミュージカルだったのね^^;!
役者さんと握手できるっていうおまけつきなのも、
観客との距離を大事にしている感じがして
なかなか、いいね。

投稿: うさちゃん | 2006年2月 5日 (日) 18:51

>うさちゃん
私もオニババでも出てきそうな気がしていました。(^^;
終演後に役者さんが出てくるなんて思いもよらなかったし、
気さくな感じで観客と接していて好印象でした♪

投稿: ようこ | 2006年2月 5日 (日) 20:22

2年前のお正月に、たざわこ芸術村を訪れました。
わらび座公演の鑑賞、陶芸体験、そして温泉と、
疲れを癒した思い出が甦りました。
あ、地ビールも名物なんだよね。
おいらは素通りしましたが(下戸なもんで・苦笑)。

わらび座は2度ほど拝見しましたが、テーマがしっかりしているので、
幅広い層に受け入れられるのではないでしょうか。

投稿: あきりん | 2006年2月 5日 (日) 22:32

>あきりん
ずいぶん盛りだくさんの旅でしたね。
地ビールのレストランは、あか抜けた料理が出てきて
いくらでもビールが進むようでした。

なるほど、たしかに伝えたいテーマが明確だった気がします。<わらび座

投稿: ようこ | 2006年2月 5日 (日) 23:11

はじめまして!!
わらび座「百婆」公演への御来場、また公演アンケートへの御記入
ありがとうございました。
私は亀平役を演じていた役者です。
アンケートにURLが書かれていたので遊びに来ちゃいましたっ!!
百婆を気に入っていただけたようで嬉しいです。
これからも、わらび座を観に来てくださいネ~!

潤・潤さん、うさちゃんさんも百婆観に来てくださったんですね。
ありがとうございました。
あきりんさんは芸術村にも来て下さってるんですね!!
わらび劇場で4月から上演する「義経」に私も出演予定です。
また来られるような事があれば嬉しいです。

私もホームページやってますんで、おヒマな時にでも遊びに来て
くださいね~~!
表向きのページは百婆公演の旅日記や舞台写真・スライドなどですが
隠しページの方は親バカ写真館や過去の舞台のスライド、韓国公演旅日記
などなどありますヨ~。(隠しページの入り口探しが大変かも??)
掲示板の方には「わらび座中毒」??になっている方々がいますので
皆さんとお友達になってみませんか??
実は4日のマチネ終演後に東京近郊の掲示板仲間でOFF会(飲みですが)を
していたんですヨ。次回チャンスがあればご一緒しませんか?
(もっとも今年は、私は秋田で出演ですが・・・)
公演によってはチケットの手配(より良い座席の確保)などもしています。
(御迷惑でなければ、リンク張らせて頂いても宜しいでしょうか?)

投稿: G | 2006年2月 6日 (月) 17:27

>Gさん
いらっしゃいませ♪東京公演お疲れ様でした。
出演者ご本人の書き込みがあるなんて、びっくりです。ありがとうございます。
叔父(伯父?)さん役、ヒゲと物語を進める役割として印象に残っています。
(なのに感想を書いていなくて恐縮です・・・。)
うさちゃんは公演後に合流したのですが、そういったOFF会などもやっているんですね。
舞台・コンサートの話題だけではありませんが、よろしければリンクの件了解です!
では、これからもがんばってください。

投稿: ようこ | 2006年2月 6日 (月) 17:55

>Gさん
HP拝見いたしました。隠しページも見つけました☆
芸術村は、初めて訪れたのに、懐かしさを感じる場所でした。
またいつか行きたい所の一つです。
これからも、多くの人に夢を与えてください。

>ようこ姐さん
地ビールレストランは、外装もしゃれてましたね。
私は夕食つきのプランにしましたが、こちらもおいしく、
ペロリと平らげました(笑)。

投稿: あきりん | 2006年2月 6日 (月) 22:10

>あきりん
地ビールレストランで食べたんだ~。
私は「ばっきゃ」の日本酒をたくさん味わいました。(笑)

投稿: ようこ | 2006年2月 6日 (月) 22:57

>ようこさん
リンクの件、御快諾ありがとうございます。
そうそう、私の掲示板等に出てくるケン様こと
ケンケンさんは、以前レミにも出演されていた
高野絹也さんの事なんですヨ~。
隠しページ内のドクトル長英関係に沢山出ています。

>あきりんさん
速攻で隠しページ発見ですね!!
かなり長時間かかる人もいて、なかにはSOSを
出してくる人もいるんですヨ。
地ビールレストランのチーフシェフは中学時代の
柔道部の一つ上の先輩なんです。おかげで時々
オーダーしていないデザートなどが出てくる事も!

投稿: G | 2006年2月 6日 (月) 23:24

>Gさん
またのご登場ありがとうございます。
なんと、レミゼの高野絹也さんは拝見したことがあります。
Gさんの隠し部屋、まだ見つかりません。(^^;
見つかったらそちらに足跡を残したいと思います。

投稿: ようこ | 2006年2月 6日 (月) 23:46

私信を延々とすみません>ALL

>Gさん
いいですねぇ、デザート。
次回(いつだ?)訪れたら、地ビールレストランに
行ってみます☆

>ようこ姐さん
ああ、紛らわしい書き方をしてしまいました。
夕食は、ゆぽぽ本館でいただきました。
笛の生演奏などもあり、旅情をかきたててくれました。
隠しページには、足跡を残す場所はなかったような・・・?
かわいいお子達の姿を拝見できます。

投稿: あきりん | 2006年2月 7日 (火) 13:56

>あきりん
夕食場所、了解です。
ちなみにまだ見つかりません。T_T<隠し部屋

投稿: ようこ | 2006年2月 7日 (火) 17:39

隠しページはネ…、
雪だるまのハートをグッとつかむと!
ちょっとカミテの方を。。。ネ!

投稿: toku | 2006年2月 8日 (水) 07:10

>tokuさん
ようこそ、いらっしゃいませ。ありがとうございます。
ふむふむ・・・頭をやわらかくしないといけないなーと思いました。(^^;

投稿: ようこ | 2006年2月 8日 (水) 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/8506535

この記事へのトラックバック一覧です: 『百婆』(2/4マチネ):

« 優雅な『花のワルツ』の作り方 | トップページ | 餃子を焼くのは難しい »