« 映画『博士の愛した数式』 | トップページ | 東京都庁、お出かけ日記 »

2006年1月31日 (火)

パソコンリサイクルへの長い道のり

昨日、長期にわたり我が家にいたパソコンと液晶ディスプレイを送り出しました。

行き先は、メーカーのPCリサイクルセンターです。

 

話は3年以上前にさかのぼります。

愛用していたパソコンが故障したため、

残念ながら、液晶ディスプレイとともに使用を終了。

そして、よく使う引き出しの前に大切に置きました。

 

時は流れ、2003年10月1日より「資源有効利用促進法」に基づいて

メーカー等のリサイクル窓口に回収依頼する方式になりました。

このとき、この事態にまったく気づいていませんでした・・・。

 

忙しさにかまけて、パソコンたちは引き出しの前に置いたまま

うっすらとホコリもかぶっています。

引き出しを開ける際には、人間がカラダをねじって開けるようになりました。

 

さらに時間が経ち、2005年12月になり、

片付け下手であるさすがの私も、年を越すのはいかがなものかと思い、

メーカーのリサイクル窓口に電話しました。

愛想のよい担当者に、型番、製造番号等を詳細に聞かれたので

引き出しの前で、ホコリをよけながら番号を読み取ります。

 

2,3日すると、リサイクル窓口から

回収手数料の振込用紙が送られてきました。

リサイクル開始前に買ったパソコンなので、

「回収再資源化料金」を払わなければなりません。

すぐに郵便局で振込みました。

3000円×2件=6000円也!

 

2週間ほどして、リサイクル窓口から

ゆうパックの着払い宛先ラベルが届きました。

やったー。あとは家にあるダンボールに詰めて送るだけです。

ダンボールは、郵便局に電話すると引き取りに来てもらえるとのこと。(^-^)

有効期間は2ヶ月間とのことなので、まだ余裕アリ。

 

年末年始はメーカーも休みだろうし、郵便局は年賀状だし・・・と

先延ばしの理由を思いついたため、とうとう年を越してしまいました。

 

2006年1月、年賀状の当選発表も終わったので

そろそろよいかと思い、パソコンと液晶ディスプレイに

ハタキをかけたのち、ダンボールに入れて荷造り完了。

 

郵便局に電話をしなければ、と思いつつも

まだ日にちに余裕があるので、今度にすることにしました。

 

荷造り後は、引き出しの前がスッキリ。

そして引き出しがこれほど開けやすかったとは!

 

1月も終わりに近づき、さすがにマズイ気がしましたが、

なんと、東京に雪が降ってしまいました。

「わざわざ雪の日に取りに来てもらう必要もなかろう。」

・・・と雪解けを待つことに。

 

昨日、外を見ると家の近くの雪がほぼ解けていたので

ついに郵便局に電話し、ダンボール2個口を取りに来てもらいました。

 

祝☆発送!!

長い時間をかけて、ついに旅立っていったパソコンと液晶ディスプレイ。

リサイクルに出すまで時間がかかって申し訳ありませんでした。>_<

これからは、もう少し早く対応します・・・。

 

尚、ご自宅のパソコン等を排出される際には料金等の条件が異なる場合があるので

念のため パソコン3R推進センター のサイトをご確認ください。

|

« 映画『博士の愛した数式』 | トップページ | 東京都庁、お出かけ日記 »

コメント

ほんとうに 長い長い 道のりでしたね。
パソコンも ようこさんの家で 充分ゆっくり 過ごせ 幸せだったのでは...。

まるで 短編小説を読んだ気分です。
ようこさんの 才能に ほのぼのしました。

投稿: 広島ちゃん | 2006年1月31日 (火) 13:35

>広島ちゃん
ありがとうございます~。
たしかに、そういわれてみると童話風でもありますね。
捨てる話を寂しくない書き方にしようとした結果です。(^^ゞ
P.S.日本ブログ大賞に投票ありがとうございました。m(o)m

投稿: ようこ | 2006年1月31日 (火) 15:13

私もつい最近PCを買い換えて古いのを処分しました。
某PCの量販店で買い取ってもらいましたが、PCの送料と買取料金でほぼ、とんとんでしたが、無料でPC処分できたと思えば、まあ、良しといったところでしょうか。

投稿: なかまん | 2006年2月 1日 (水) 01:17

>なかまんさん
いらっしゃいませ♪
なるほど、量販店で買い取るシステムがあるんですね。
私が頼んだところでは安くても3000円も払うので(現在販売のPCは、販売の際に回収手数料を上乗せ済み)、他に回収ルートがあるのでは?という気もしていました。
それにしても、買い取り式だと、家に古いパソコンを置いたままにしないからいいですね。(汗)

投稿: ようこ | 2006年2月 1日 (水) 12:44

この記事を読みますと、納期一日延ばしを思います。その意味で主婦稼業が定着して、喜ばしく思います。(笑)「わざわざ雪の日に取りに来てもらう必要もなかろう。」に至っては、そちらも笑ったのでは。会社に勤めていたら、雨が降ろうが雪が降ろうが槍が降ろうが、納期厳守!あのホリエモンも会社では社員に社内ごとでも納期厳守を徹底していたという。さすが時は金なり!

投稿: リブラ | 2006年2月 1日 (水) 23:03

>リブラさん
そうそう、納期の話ともいえます。
仕事の納期を守るほうが、はるかに性格に合っているような気はします。(笑)

投稿: ようこ | 2006年2月 1日 (水) 23:15

つい最近、古いノートパソコンを買いました、全く動かない物です、それから部品を取り出しもう1台の方に取り付けて完全復活
\(^_^)/


しかし、中古品のハードディスクには、色々と情報が残っていますから怖いですね、消したつもりでも(フォーマットやリカバリ)、復元ツールである程度復元できてしまう事もあります

たとえば
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/04/27/fcdelete.html
などで消しておかないと


修理に出すにも心配で、消去、リカバリしてだすのはやり過ぎだろうか?

投稿: 来兎 | 2006年2月 4日 (土) 02:14

>来兎さん
まさに我が家から出て行ったパソコンの再利用という感じですね!
そうやって部品を使ってもらえる話を聞いてほっとしました。(^^)

ハードディスクの内容をどこまでがんばって消去するか・・・悩むところです。
ご紹介のソフト、乱数を書き込むんですねぇ~。

投稿: ようこ | 2006年2月 4日 (土) 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/8421493

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンリサイクルへの長い道のり:

« 映画『博士の愛した数式』 | トップページ | 東京都庁、お出かけ日記 »