« すべらないコツ | トップページ | 『たき火』にあたりたい »

2006年1月23日 (月)

思いがけない落語体験

元旦に初詣に行くと、私の生まれ年は”厄年”と書いてありました。

やくよけで有名な堀之内妙法寺のHPでも確認すると

厄年ではなく「八方ふさがり」とのことでした。

一方ぐらいあけたい~。

 

いずれにしても、運がよくなさそうだったので

雪景色の撮影をかねて、10年ぶりに堀之内まで出かけることにしました。

 

IMG_0316境内には雪が少しだけ残っていました。

 

 

 

 

 

 

お寺の中に入り、申込書の「除八方」に○をして提出すると

「2月○日の受け取りになりますが、よろしいですか?」

と聞かれました。

(な、なにを受け取るんだ????)

参拝客が続々来たので、ついつい

「は、はい。」

と答えてしまいました。(^^ゞ

お金を払ってその場で拝んでもらい、お札をもらうのかと

勝手に思っていたので、あららら・・・と拍子抜けです。

 

「除八方」のナゾを残したまま境内を散歩すると、

作家・有吉佐和子さんの碑がありました。

sawako-hi花が生けられていました。 

 

 

 

 

 

 

 

そして、休憩所をふとみやると『堀之内寄席』の受付を発見。

yose-house毎月23日に、落語を上演しているようです。

お菓子と給茶機のお茶がついて

500円です!!

舞台好きな私としては

ぜひとも見なければ~~と駆け寄り、

生まれて初めて落語を観ることになりました。

 

落語というと、扇子でソバなどの物を表したり

声色を変えて一人二役やったり、

年代はテレビ『笑点』の人たちぐらい?・・・程度の知識しかありません。 

 

今日は三遊亭遊史郎真打昇進口上がありました。

その後、二ツ目の春風亭笑松、真打昇格が決まっている春風亭昇輔、

トリに三遊亭遊史郎の落語が披露されました。

みなさん、とても若いのに驚きました。

 

初めてとはいえ、落語も観ているうちにだんだん分かってきました。

トリのハナシは登場人物が3人いたかと思いますが、しっかり区別つきました。(^^)

 

たまには日本の文化を体験するのもいいなぁと思った一日でした。

寄席に詳しい方がいらしたら、フォローお願いします。(^^ゞ

|

« すべらないコツ | トップページ | 『たき火』にあたりたい »

コメント

今年が「厄年」ということは
昨年は「前厄」で来年が「後厄」ではないでしょうか。
私の場合、3年連続元旦に近くの神社へ行き「御祓い」をしてもらった経験があります。
家を新築するときも「後厄」の次の年に、しました。
神仏を信じるような性格ではないのですが、
やはり大きなイベントのときは気を使いました。
神社へ「御祓い」に行くようになったのは、
昔々会社へ入社したばかりのころ、東名高速道路で大きな交通事故に合い、買ったばかりの新車はスクラップになったのですが、命だけは助かったからです。
その後は、新車を買う都度、厄年、子供の合格祈願などわりと神社へ祈願に行っています。
子供の合格祈願の「湯島天神」はあまり効果が無かったけど・・・(これは子供の努力不足)
菅原道真公にせいにはしていません。

投稿: 支配人 | 2006年1月24日 (火) 00:24

>支配人さん
神社によく行かれているんですね!
湯島天神といえば、私は四角い鉛筆を使っていました。

私も占いなどはとりたてて気にしない方ですが昨年会社を辞めているので、
これ以上大きいのは来ないでくれ~と思ってお寺に出かけました。

投稿: ようこ | 2006年1月24日 (火) 00:44

去年、私も堀之内行きました。普通に祈祷してもらい、お札をもらいましたが。。。

寄席はまだ行ったことがないです。もっぱら、ぽっどきゃすてぃんぐ落語
http://www.podcastjuice.jp/rakugo/
を聞いてます。

投稿: yasu | 2006年1月24日 (火) 01:22

寄席に行った事はありませんが、落語は好きです。

図書館で落語のCD(金馬の孝行糖だったかな?)を視聴した事があるのですが、笑いをこらえきれずに、周囲から見るとおもいっきり変な人になってしまいました^^;
もし、視聴か借りるかで悩む場面に直面したら、迷わず借りる方をオススメします。
# そんな場面、あまりないかと思うけど、ね。

投稿: TK | 2006年1月24日 (火) 02:45

落語ネタで反応があってうれしいです。(^^)

>yasuさん
いらっしゃいませ~!コメントありがとうございます。
堀之内に行かれたのですね。お札がもらえてうらやましいです。
私のいないところで拝まれていたらどうしよう、と心配です。(笑)
ぽっどきゃすてぃんぐを聞いてみました。声の芸術という感じです。

>TKさん
へぇ~、CDもあるんだ!
家で誰はばかることなく笑うほうがよさそうですね。(笑)

投稿: ようこ | 2006年1月24日 (火) 09:09

詳しくはないですが、一度お正月に新宿末広亭に行ったことがあります。
名前を知ってる人も含め色々な方がハナシをしたし、風情もあるし、またいってみたいなぁと思わせました。

あと、TVでは流せないようなネタも見られるんだなぁってことも発見でした。
(ふふ。ここにも書けません)

投稿: okusta | 2006年1月24日 (火) 13:15

私も一つ落語ネタを。。。
以前NHKの子供番組で「じゅげむ」が流行っていた頃に、地元の子供達のイベントでその「じゅげむ」をやっている柳家花緑さんの落語ステージがありました。
見に来ているのは全て小さい子供達のいる家族連れなので、内容も子供でも楽しめるように、落語家さんがよくやる「そばを食べる仕草」や「走って逃げる様子」などを、扇子や手ぬぐいを使って教えて下さったり、子供達にお馴染みの「じゅげむ」等分りやすい演目を表情豊かに演じて下さって、とても面白かったです。
今でもその子供番組で花緑さんが出てくると、うちの子達「じゅげむのおじさん、面白かったね~!」と言ってますよ!

投稿: ついんずママ | 2006年1月24日 (火) 14:14

>okustaさん
お正月に末広亭とは、粋ですねぇ!
そうそう、私も風情を感じました。
今度okustaさんが観たネタについてコッソリ教えてね。(笑)

投稿: ようこ | 2006年1月24日 (火) 14:14

>ついんずママさん
ブログ大賞への投票、ありがとうございました。^人^
柳家花緑さん出演の語学番組を時々見ています。
落語は声も顔も表情豊かに演ずるので
(話が子供向けなら)子供さんにも面白いでしょうね。(^^)
私も走る様子をワクワクしながら鑑賞しました!

投稿: ようこ | 2006年1月24日 (火) 14:20

落語ネタが盛んななか、恐縮です。
有吉佐和子さんの作品は愛読しております。
登場する女性が、理知的で働き者で、読む度に元気が出ます。

湯島天神には、高校受験の際に、友達5~6人で行きました。
お参りの後、原宿に出てLッテリアで昼食、
竹下通りのお店に一軒一軒はいり、代々木公園で追いかけっこ(笑)。
・・・ええ、それでも合格いたしました(感謝)。

投稿: あきりん | 2006年1月24日 (火) 16:49

>あきりん
ふむふむ。<理知的で働き者
写真を載せておきながら、一作も読んでいないので恐縮です。

湯島天神のご利益のほどが分かった気がしました。(笑)
追いかけっこの体力を今後も維持してくださいませ。

投稿: ようこ | 2006年1月24日 (火) 17:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/8300375

この記事へのトラックバック一覧です: 思いがけない落語体験:

« すべらないコツ | トップページ | 『たき火』にあたりたい »