« overwriteのスピード | トップページ | 電車の乗り方を忘れないために »

2006年1月15日 (日)

ラムと花豆

昨日は趣味つながりの仲間達と久しぶりに会い、

楽しいおしゃべりをしながら、おいしいものをたくさん食べました。

その上、カラオケで『ラムのラブソング』を歌ってしまいました。

「うる星やつら」の主題歌です。ラテン系のリズムが好きなんです・・・。(^^ゞ

 

さて、今日はラムつながりのお話です。

 

先日の築地買い出しで手に入れた花豆を一晩水につけて

フィスラーの圧力鍋を使って調理しました。

beans-before-after

左から、実物大の楊枝、乾燥花豆、水につけた花豆

水につけるとこんなに大きくなるんですね。

 

 

通常、豆を煮るには1時間近く鍋を火にかけなければなりませんが

圧力鍋を使うと、砂糖を入れる前に5分、入れてから4分という

あっという間の調理時間でOKです。

 

今回は、圧力鍋に添付されていたレシピと

千趣会の『おばんざい』を参考に、花豆を砂糖で煮ました。

豆の甘さを引き立たせるため、しょう油を少量加えたところで

お茶と一緒にいただきたい和風の煮豆が出来上がります。

 

そして、この豆を洋風に変身させてしまいましょう~。

圧力鍋のレシピにはブランデーと書いてありましたが

家になかったので、飲みかけのラム酒をかけてみました。

 

あーら不思議。

マロングラッセ風ケーキのような味になりました。

IMG_0292  

加熱してアルコールを

飛ばすわけではないので

酔っ払ってしまうかもしれませんが、

お酒の強いお客様が来たときなどに

適したメニューかな、と思いました。

我が家は、まとめて和風煮豆を作っておき、必要分だけラム酒をかけています。(^-^)

|

« overwriteのスピード | トップページ | 電車の乗り方を忘れないために »

コメント

うわぁ~、美味しそうだね★
花豆にラムって、マロングラッセ風になるのかぁ。とてもお洒落な組み合わせだね(^^)
写真をみていたら、この花豆を入れたパンや、焼き菓子を作りたくなってきたよ。
ブランデーやラムは常備しているので今度、やってみるね~!!

投稿: うさちゃん | 2006年1月15日 (日) 18:32

>うさちゃん
どうもありがとう。
そういえば、花豆入りのパンをパン屋さんで見かけたことあります。^o^
豆を洋酒が合うというのも意外でしたが、試してみてね♪

投稿: ようこ | 2006年1月15日 (日) 21:44

花豆のラム酒かけ。
おいしそうでしゃれた一品ですね。^^

圧力鍋を上手に使っているんですね。
昔々 圧力鍋をゲットした母。
うーん。と使い方を読んで
「爆発したらどうしよう?」
と本気で言っていました。
かくして初めて圧力鍋を使う時
母とらすかるは柱の陰に
隠れてじっと見つめていたのでした。

うちの家族って変?

投稿: らすかる | 2006年1月15日 (日) 22:35

>らすかるさん
わーい、ほめてくれてありがとうございます。(^^)
お母様は圧力鍋をお持ちなんですね。
慣れるまではドキドキものでした。
フタをしっかり閉めてユサユサゆすらなければ
中身は大人しくしてくれるようです。^^

投稿: ようこ | 2006年1月15日 (日) 22:52

美味しそうですね!!
圧力鍋、久しぶりに出そうかな?
って気持ちになりました。

しかし、そういう流れとは…。
「好きよ、好きよ、好きよ、うっふん!!」
が頭から離れなくなってしまいました(--;)

投稿: あすてぃん | 2006年1月15日 (日) 23:43

>あすてぃんさん
話がくだらない流れになって恐縮です。(笑)

あすてぃんさんも圧力鍋を持っているんですね。(^^)
豆を煮る場合は長時間火を使わなくてよいのでラクチンでしたー。
(片付けはひっちゃかめっちゃかでしたが。汗)

投稿: ようこ | 2006年1月15日 (日) 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/8173143

この記事へのトラックバック一覧です: ラムと花豆:

« overwriteのスピード | トップページ | 電車の乗り方を忘れないために »