« 思いがけない落語体験 | トップページ | ご飯を作るタイミング »

2006年1月25日 (水)

『たき火』にあたりたい

雪で凍った道を用心深く歩き、いつものところへ

ボランティアのピアノ演奏に行きました。

今日はグランドピアノではなく、電子ピアノだったので

曲に合わせていろいろな楽器の音色を出して演奏しました。

タンゴだとアコーディオン風のオルガンの音とか。

 

ボランティアのプログラムは、クラシックやポピュラーを聴いてもらうだけでなく

何曲もの懐かしい歌をうたう時間もあります。

あらかじめ歌を選ぶとき、私は季節感を味わえるように

たくさんの曲が載っている歌集を”読み”ます。

 

ずっと寒い日が続くので、今回は『たき火』を選んでみました。

聴衆も私も共通に知っている貴重な曲です。(^^)

 

今でも、家の近くの垣根のある曲がり角を曲がるときに

「たき火していないかなー?」

と期待してしまう私だったりしますが

私の周りではもう、たき火の風景を見ることもありません。

 

ところで、冬の歌を並べてみると

励ます曲調が多いことに気づきます。

犬と猫が出てくる『雪』、

エキゾチックな『ペチカ』、

冬の風物詩が三拍子で歌われる『冬げしき』などなど・・・。

「冬来たりなば春遠からじ」なのかもしれません。

 

ああ、やきいも屋さん、近くを通らないかな~。

-------------------------------------------

 

日本ブログ大賞主婦ブロガー部門投票についてお願いがあります。

http://www.blogaward.jp/section.php?section=14

1/24時点で4位です!さらなる応援をよろしくお願いします!

登録の際にメールアドレスがはじかれる場合は、お手数ですが

日本ブログ大賞の問い合わせアドレスinfo@blogaward.jp に

その旨ご連絡いただけますでしょうか。登録可能になるとのことです。m(o)m

|

« 思いがけない落語体験 | トップページ | ご飯を作るタイミング »

コメント

たきびね~ 見なくなりましたね。

たき火の蛍火で焼く「焼き芋」はおいしいね。

市町村で禁止しているなんて事も聞いたような気がする。

昔は、大人が、たき火をして、子供たちに火の扱い方などを教えていた、危ない物を避けるのではなく、どう扱うかの付き合い方をちゃんと教えてもらっていたと思う、ナイフの使い方(鉛筆の削り方など)なども…

キャンプなどでうまく火を扱えない大人が増えたのも、たき火経験がないからなのかな?

童謡の「春の小川」舞台、渋谷区代々木を流れていた河骨川は見る影もない、「めだかの学校」のメダカは、今や絶滅危惧種に指定される魚だと言うし

わずか50年ほどで童謡の世界が、あまりにも遠くなっちゃった(x。x)゚゚

投稿: 来兎 | 2006年1月25日 (水) 18:39

>来兎さん
いつもコメントありがとうございます!
危ないものと向かい合って正しい使い方を覚えていったものですよね・・・。
童謡の中の風景が遠ざかったというのに同感です。
P.S.安曇野発祥の『早春賦』の季節が楽しみです。

投稿: ようこ | 2006年1月25日 (水) 19:24

ちょうど1時間ほど前に、わが家の前を焼き芋屋さんが通りました。
今、けっこう良い値段を取られるので滅多に買いませんが(^ ^;)

私が贔屓にしている大手チェーンのお茶屋さんで「焚火」というブレンドティーが冬季限定発売されてまして、毎晩これを飲みながらネットチェックをしてます。
烏龍茶ベースに花が入っててあと口がフレーバーなお茶です。

これから後一カ月が一番寒い時期ですね。それが過ぎると春。日本人の感性が細やかなのは、この国に四季があるせいかも知れません。

投稿: ひろこ | 2006年1月26日 (木) 22:56

>ひろこさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
焼き芋屋さんは夜遅くまで営業しているんですね。^^

ご贔屓のお茶屋さんにはブレンドティーも置いてあるのですね。
おしゃれっぽいお茶屋さんがあってものぞくことはほとんどありませんでしたが、
たまには立寄りたいと思います。

投稿: ようこ | 2006年1月26日 (木) 23:22

♪の話はいいですね。もっと音を文章に表現すると、曲を忘れていた人も思い出すでしょう。♪狭霧消ゆる湊江の-ドミソソーファミレーミレシソの唄はいいですねえ。小学校を思い出します。二月に入れば、女子高校の定番の歌「早春賦」が好きです。今でも校舎の傍でソプラノの歌声が聞こえるのてはないかと思います。やがて春が来て、瀧廉太郎の♪春のうららの隅田川、そう「春」の合唱曲が待ち遠しい。まだこちらは寒くて「冬の星座を」眺めるどころでない。

投稿: リブラ | 2006年1月28日 (土) 00:04

>リブラさん
「早春賦」、いい曲ですよね~!
すみません、歌詞と音符については著作権の関係で書けないこともあるんです・・・。実は曲名をアップするたびにJASRAC等のサイトをチェックしているので、ご理解お願いいたします。m(o)m私は うたまっぷ というサイトを愛用しています。

投稿: ようこ | 2006年1月28日 (土) 00:49

JASRACを開いてみました。まず、ブログは「出版物」なのでしょう。となると、曲をどう表現するかですね。また著作権保護法では保護期間は原作者死後五十年ですね。ウーーン。

投稿: リブラ | 2006年1月28日 (土) 10:18

>リブラさん
わざわざJASRAC閲覧ありがとうございます。m(o)m
死後50年という規定があるので、いわゆるクラシック音楽は著作権が消滅しています。
MIDIを載せるという話もありますが、それが聴けない環境の人も多くて・・・。

投稿: ようこ | 2006年1月28日 (土) 12:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/8334114

この記事へのトラックバック一覧です: 『たき火』にあたりたい:

« 思いがけない落語体験 | トップページ | ご飯を作るタイミング »