« 映画『乱歩地獄』 | トップページ | 冬の日の『トロイメライ』 »

2005年12月 4日 (日)

雨の吉祥寺散歩

今日はTKさんと数ヵ月越し?に計画していたランチの日です。

いつものピアノのレッスンの後、吉祥寺まで出かけました。

 

ランチは、吉祥寺駅南口の「キツネの卵」という洋食のお店に行きました。

メイン、パン、サラダ、デザート、コーヒーor紅茶のランチがなんと950円!!

今日は牛肉の赤ワイン煮があったので、迷わずチョイス。

TKさんの教養あふれる話を聞きながら、

柔らかくて味がよくしみこんだ牛肉を楽しみました。(^-^o)

 

続いて、「L.B.C.」という雑貨店へ~。

吉祥寺は何度も歩いたことがあるはずでしたが

このお店に入るのは初めてです。

キッチン用品、敷物、収納、服などがフロアいっぱいに広がっています。

そこで目に入ったのが、このアイテム。何だかお分かりでしょうか?

cafe-apron

ポケットがたくさんついている

巻きスカートみたいなカフェエプロンです。

掃除本を読んでいて

「掃除は楽しくかわいい格好で!」

というのを真に受けた私は、

こういうエプロンを探していました。

ポケットには布やブラシなどを入れられます。

このエプロンを使った奮闘記を

後日アップできるように、

掃除にも励みたいと思います。

 

そしてトリを飾るのは、知る人ぞ知る、紅茶のリーフ専門店です。

棚にたくさんのリーフが並べてあり、試飲もさせてもらえます。

ティーコゼー(ポットが冷めないようかぶせる布のカバー)や

お客さんが試飲する前に、お店の人が一口試飲する様子など

「わぁ、すごーーーい。」と思いながら見ていました。

こういうオシャレなお店は女性客が多いのかと思いきや、

男性客が多かったのには少し驚きました。

文学について熱心に語っていました。

 

雨の中の吉祥寺散歩、たまにはいいものです。

|

« 映画『乱歩地獄』 | トップページ | 冬の日の『トロイメライ』 »

コメント

エプロンは、主婦にとって必需品。
プレゼントされても、うれしいものだし
何枚あっても、いいよね。
こんな、かわいくて機能的なものなら
お掃除も心が弾むね~!!
最近、しょうが入りの紅茶も、たまに飲んでるよ。
冷え切った体におすすめ。

投稿: うさちゃん | 2005年12月 4日 (日) 23:59

今日は久しぶりのランチ、楽しかったです。
私は「高知のアンテナショップ」、前を歩いた事は何度もあれど、中に入ったのは初めてでした。
そうそう。
大蒜が読めない私ですもの、教養なんてありませーん^^;

投稿: TK | 2005年12月 5日 (月) 00:00

>うさちゃん
最近、エプロンの重要性を身にしみて感じています。(笑)
そのままだと、水や油で服が汚れるからねぇ。
うさちゃんはしょうがで体を温めているのね。(^^)

>TKさん
笑<大蒜
今日はありがとう!
以前、高知のアンテナショップで買った調味料があるので
そのうち味見レポを書きたいと思いまーす。

投稿: ようこ | 2005年12月 5日 (月) 00:21

エプロン。私はコンサートの時の必需品(^ ^;)さすがにアルコンでは使いませんが。
目薬、センス、汗拭き、ペンライト……多くのものがグサグサと刺さってます。
ポケットがたくさんあるやつって便利ですよね。
夏に晴海のトリトンスクエアで新しいのを買いました。この冬デビューです。

投稿: ひろこ | 2005年12月 5日 (月) 12:03

>ひろこさん
新しいエプロンデビューおめでとうございます。
アルコンでエプロンは見たことないですが(^^;;
掃除道具をコンサート道具に変えても違和感ナシですね。(笑)

投稿: ようこ | 2005年12月 5日 (月) 17:44

以前連れて行った吉祥寺を妻がすごく気に入り、
次回のツアーの申し込みが殺到しています(^^;
〝キツネの卵〟ってトコに行ってみたいと思います。

投稿: kaz0917 | 2005年12月 6日 (火) 20:41

>kaz0917さん
ぜひぜひ。^^細長いお店です。<キツネの卵
ケーキだったら多奈加亭もいいなぁ・・・。
吉祥寺は安くて美味しいお店がたくさんあって大好きです。

投稿: ようこ | 2005年12月 6日 (火) 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/7468648

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の吉祥寺散歩:

« 映画『乱歩地獄』 | トップページ | 冬の日の『トロイメライ』 »