« もしも私がこの立場だったら・・・ | トップページ | ”大蒜”って読めますか? »

2005年11月28日 (月)

白州蒸溜所お出かけ日記

秋も深まる11月25日、ようこ夫と一緒に

車で山梨の白州にあるサントリー白州蒸溜所に出かけました。

  

夫婦そろってお酒に関する見学が大好きで

国内のビール工場、都内の日本酒の蔵は私だけでしたが

アムステルダムの緑の缶で有名なビールの博物館、

ブルージュの古風なベルギービール工場、

最近ではカリフォルニアのナパバレーのワイナリーなどを二人で見学しました。

 

そして今回、初めてのウイスキー蒸溜所見学です。

ビールやワインは醸造所と呼んだりしますが

ウイスキーは蒸溜酒なので、なるほど蒸溜所というのですね。

白州蒸溜所では、ガイドさんと一緒にウイスキー蒸溜所や天然水工場の見学ができます。

 

現地に到着すると、駐車場のすぐそばに入場受付があり

簡単な手続きをして中に入ります。

林を3,4分ほど歩くとウイスキー博物館が見えてきます。

ウイスキーのほのかな香りも・・・。

博物館の入口で、ウイスキーのガイドツアーを申し込みました。

我々は迷わずウイスキーの見学を選択。

試飲もついて60分のコースが無料です!

 

ガイドツアーの集合時間になると、20人ほどのお客さんが集まりました。

素敵なガイドさんの誘導で、ゾロゾロと広い敷地内を徒歩で移動します。

ウイスキーの製造設備のある建物に入り、

製麦から熟成までの製造工程を習った後、各工程の大きな設備を見学します。

ビールと比較しての説明だったので分かりやすかったです。(^-^)

 

建物を出ると、今度はバスに乗って広ーーーーーい場内の見学です。

詳しくは、行ってのお楽しみ・・・ということで

一つだけ、リチャーという工程についてご紹介しましょう。

ウイスキーを熟成させる樽は、生涯2回ほど再利用されるそうで、

再利用前に樽内部に火をつけ、火加減を見ながらアルコールをとばします。

火を消すところまで、まさに職人技!という感じでした。

この工程を見学すると、ウイスキーがもっとおいしくなることでしょう。

 

続いていよいよ、ガイドさんのウイスキーの説明を聞きながらの試飲タイムです。

ハーフロック(ロックと水割りの中間?で、お酒と割りものが1:1)という飲み方で

私はジンジャーエール割りをいただきました。

思ったよりウイスキーが和らいだ味になり、森や花の香りまでも吸い込んだ気分でした。

おつまみに用意されていた苦めのチョコレートがまたウイスキーによく合っていて

2枚ほど食べてしまいました。

 

これにてガイドツアー終了。

こちらで観光する場合、おみやげを買う時間を入れて

1時間半~2時間を予定すればよいと思いました。

 

尚、ドライバーの皆様は、ウイスキーのの香りもしないうちに

入場受付にて、ドライバー識別シールを貼り、

天然水やお茶の試飲をすることになります。

誰が運転するかは、よく相談してからお出かけくださいませ。(^v^)

hakushu-trees 蒸溜所の木々

hakushu-at-home おみやげのシングルモルトウイスキー『白州』

|

« もしも私がこの立場だったら・・・ | トップページ | ”大蒜”って読めますか? »

コメント

行って来ましたか?
あの辺は、私のスキー、山登りへ行くとき必ず通るところです。
酒好きの私も一度見学したいのですが
なにぶん目的地の途中のためなかなか足を運べません
(私は楽しいのですが、同乗の息子には酒は関係ないので)
白州の道の駅寄りましたか?
午前中だと取れたての野菜が売っています。
また、おいしい水も無料でもらえます

おそらく「ようこさん」は水を入れる入れ物を持っていかなかったのでは・・・
私は夜、道の駅で車中泊するのですが、
夜中だと20Lのポリタンクを一人で10個くらい持ってきて
水を汲んでいく人がいます。
あの辺はきっと水が美味しいんでしょうね
美味しい水があるのでお酒の工場があるんでしょうね
美味しい水、美味しい空気、すばらしい景色
あの辺に住んでいる人たちがうらやましい・・・・

投稿: 支配人 | 2005年11月28日 (月) 23:47

>支配人さん
白州は2度目で、道の駅は前回行きました。(^o^)
水を汲むところがありましたね。
今回、べるがの森に行ったら、2リットルぐらいの入れ物を
30個ほど持参して水を汲んでいる人がいました。(^^;;

投稿: ようこ | 2005年11月29日 (火) 00:37

お酒の工場見学は、行ったことないけれど
飲めなくても、なんだか楽しそう♪
ウイスキーのジンジャーエール割りって
どんなお味がするのかなぁ~?(^^)
それにしてもなぜ、ウイスキーのおつまみに
チョコレートがあうんだろう?と子供の頃から
ずっと不思議です。

投稿: うさちゃん | 2005年11月29日 (火) 01:51

はじめまして!「あすてぃん」と申します。
最近チェックさせてもらっています。
どうぞよろしくお願いします(^^)

白州蒸留所は親の別荘が近くにあるために
私も良く行きます。
(ええ、もうしょっちゅう…)
あそこにいくと
「ウイスキーっておいしかったんだ…」
と、再確認しますね。

先々週あたりの「ふしぎ発見」で
外国の樽焼きをやっていてミステリーハンターさんが感動していました。
でも、白州に行けばいつも見れるよーと、
思ったものです。

投稿: あすてぃん | 2005年11月29日 (火) 07:24

>うさちゃん
ワインやウイスキーの見学は優雅な感じで楽しいよ。
ビールはもっと庶民的!? どれも好きです。(^^)
ウイスキーの苦味がチョコレートの甘みで中和されるのかなーなんて
勝手に思っています。(^^;

>あすてぃんさん
はじめまして!チェックしてくださってありがとうございます。
そうですかー、白州には何度も行かれたんですね。(^^)
「ふしぎ発見」のHP見てきました。スコットランドのところですね。
あすてぃんさんのブログも拝見しました。
なんと、トラックバック野郎の傑作選で拝見していたブログでした!
これからもよろしくお願いします。

投稿: ようこ | 2005年11月29日 (火) 09:57

そういえば、私もここにたどり着いたのは
トラックバック野郎の特選集からでした。
それでおもしろーい!!と、
「お気に入り」に入ったんでしたっけ…。

すっかり忘れていましたよ(^^;)

投稿: あすてぃん | 2005年11月29日 (火) 20:14

>あすてぃんさん
そうですかー。それはそれは。(笑)
またそちらにもおじゃましますねー。

投稿: ようこ | 2005年11月29日 (火) 23:29

だんなさん,Blog初登場でしょうか?間違っていたら申し訳ありません..
一度ワインの試飲で山梨に行ってみたいと思っっていましたが,こんなところがあるのですね.知りませんでした.建物や景色だけでも楽しめそうですね.

投稿: sunday driver | 2005年11月30日 (水) 21:27

>sunday driverさん
”ようこ夫”はたまに静かにBlogに登場しています。
これからも時々出てくると思いますので、よろしくお願いします。^^
ワインだったら電車で勝沼ぶどう郷もいいですよ~。

投稿: ようこ | 2005年11月30日 (水) 23:42

こんにちは。

白州のほうがはるかに近いのに、白州は行ったことないんですよね。行きつけのバーのマスターが常連を連れて年に何回か行ってるらしいですが、私は予定が合わないことが多くて。

昔、北海道は余市のニッカの工場に行ったことがあります。もちろん試飲もできますし、案内ツアーなどもあります。お酒の話もさることながら、創業者の竹鶴さんと奥さんのリタさんのドラマチックな人生に涙がじぃわりと...いいところでした。かのマスターに自慢したら店閉めてすっとんで行ってました。

白州も気軽に行ける距離だから行ってみないといけませんね。

投稿: アメリカーノ | 2005年12月 2日 (金) 16:18

>アメリカーノさん
いつぞやは、セカンドラベルへのコメントありがとうございました。

白州はバーのマスターが行ったりするような場所でもあるんですかー!
余市の工場は、最近映画『NANA』のロケで使われたので話題になりました。

実際に作っているところを見ると、おいしさも倍増ですね~。
余市より近い白州にもぜひ。(^^)

投稿: ようこ | 2005年12月 2日 (金) 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/7341243

この記事へのトラックバック一覧です: 白州蒸溜所お出かけ日記:

« もしも私がこの立場だったら・・・ | トップページ | ”大蒜”って読めますか? »