« 旅立ちの日によせて | トップページ | 季節のお便り~ボジョレー・ヌーボー~ »

2005年11月16日 (水)

『ウェストサイドワルツ』(11/16マチネ)観劇

ル テアトル銀座『ウェストサイドワルツ』を観に行きました。

観劇は、土日にゆっくり行くのが好きなのですが

公演期間中の土日に限って予定が詰まっていたため、平日の昼間に行きました。

主演が有名女優の若尾文子ということもあってか

観客のほとんどはおしゃれな中年女性でした。

 

ニューヨークのウェストサイドの高層マンションの一室を舞台に

3人の女性が織りなすストレートプレイ(お芝居)です。

いつも応援している戸井勝海が出演しています。

クラシックの名曲を交えながら、話は進みます。

 

老いる不安、人生とは何か・・・といったことを

若尾文子が実に自然なセリフと体の変化で表現します。

舞台品質の声を持った戸井勝海が舞台の流れを変え、

物語はクライマックスに向かいます。

 

正直、今の私にはまだ理解できない内容がたくさん出てきました。

でも、クライマックスで客席のあちこちから聞こえてきたすすり泣き

いつか私にも分かる日が来ることを予感させました。

 

今日は、引き出しの中に”いつか開ける贈り物”を入れたような観劇でした。

 

追伸:『マダム・メルヴィル』をご覧になった方は

   その舞台装置や音楽の使い方、人物の役割などを

   対比させると面白いかもしれません。

|

« 旅立ちの日によせて | トップページ | 季節のお便り~ボジョレー・ヌーボー~ »

コメント

縁側で、一緒にお茶をすすりながら
昔話に花を咲かせるころに
贈り物を開けてみたいものですね。
生きることの意味を考えながら・・

投稿: うさちゃん | 2005年11月17日 (木) 02:44

ようこさん 
こんにちは。

若尾文子さんの舞台に行かれたのですね。
まさしく大人の楽しみと言えるような
ひと時ですね。

私はまだ舞台はほとんど
見たことがありません。

友人達も忙しそうだし
残念ながら
ランチのおしゃべりまでですね。

12月のサザンのコンサートのお誘いがあり
急に行く事が決まりました。
サザンのコンサートは以前夏にも行った事があります。
お客様は幅広い年齢の方で
うまっていますよ。
来年4月には玉置浩二さんの
コンサートに行きます。
安全地帯も何回か行っています。
音楽・・好きです。

投稿: あやびー | 2005年11月17日 (木) 09:56

>うさちゃん
観劇を終えたおばさまたちはとても幸せそうでした。
いつか縁側でお茶をすすりましょう。^^

>あやびーさん
なるほど、舞台よりコンサートをみる機会が多いのですね。
安全地帯はアルフィーと同じ頃に流行ったので、テレビでよく見ました。
その後、年輪を重ねて味わいのある玉置浩二さんになっていそうな気がします。

投稿: ようこ | 2005年11月17日 (木) 10:21

ゆきとどいた観劇レポ拝見。私も今日観てきました。
世間と適切な関係の作れない、年代も違う三人の女性の
葛藤と融和のドラマだと感じました。
今も可愛らしく美しい(前の席なのでよくわかった)
若尾文子さんの捨て身のひたむきな演技が素敵でした。

投稿: マーライオン | 2005年11月17日 (木) 18:26

>マーライオンさん
観劇お疲れ様でした。なるほど、葛藤と融和ですか。
有名な女優さんを生で見られる機会はそうはないでしょうから
行ってよかったと思います。(^^)

投稿: ようこ | 2005年11月17日 (木) 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/7153746

この記事へのトラックバック一覧です: 『ウェストサイドワルツ』(11/16マチネ)観劇:

« 旅立ちの日によせて | トップページ | 季節のお便り~ボジョレー・ヌーボー~ »