« おめでたい一日 | トップページ | 簡単レシピ、体験記 »

2005年10月31日 (月)

線路はどこまで続くのかな・・・。

今日は久しぶりにボランティアでピアノを弾き、楽しい時間を過ごしました。

病院ではその場の様子を見ながらいろいろな曲を弾いていきますが

今日の会場では、毎月あらかじめプログラムを決めておきます。

 

曲を選ぶ際、私は必ず外国の音楽を入れるようにしています。

その国の風景を思い浮かべながら、旅の話なども織り交ぜます。

ポーランド民謡の「森へ行きましょう」、ドイツの「ローレライ」などが人気です。

 

9月にアメリカに行ったので、今回はアメリカ民謡「線路は続くよどこまでも」を弾きました。

この曲は小学校のときに習いましたが、今、あらためて聴いてみると

列車の汽笛がシュッポシュッポと音を立てて走る様子が分かります。

 

線路がどこまでも続くアメリカの広さを話そうと思い、

サンフランシスコとニューヨークの時差のこと、

そして、からグランドキャニオンに行った話をしました。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ラスベガスからグランドキャニオンまで

小型飛行機で50分、陸路だと5時間以上かかるそうです。

 

それにしても、グランドキャニオンの説明は意外と難しいものです。

「茶色い断崖絶壁が目の前に広がる。」と表現しましたが

何かピタッとくる言葉はないでしょうかねぇ?

 

飛行機に乗らずして、海外旅行を楽しむことができるのは

まさに曲の力といったところです。

次回はどこの国の曲を弾こうかな・・・。(^^)

|

« おめでたい一日 | トップページ | 簡単レシピ、体験記 »

コメント

そっかぁ~・・
お好きな旅のお話が、ボランティアにも
いかされているのね(^^)
音とともに、旅行気分を味わえるなんて
外国の音楽って、とても贅沢だよね。
なかなか、外に出るのが難しい患者さんも
なかにはいらっしゃるだろうから、
ようこちゃんのピアノとお話で、
前向きに、元気になってくださるといいね。

投稿: うさちゃん | 2005年11月 1日 (火) 01:47

お久しぶりです。
ボランティアの曲選びは楽しくもあり、難しくもあり、ですね。

民族舞踊の曲、ボランティアの曲としてはどうですか~?
先日行ったコンサートのアンコールに民族舞踊があって、
テンポが良くてなかなか感じが良かったよ。
# うろ覚えだけど、JだかR.シュトラウスのポルカも
# 誰でも1回は聞いている曲で、なかなか良かったかな。

オケとピアノは違うから、難しいかなぁ?

それでは、また。

投稿: TK | 2005年11月 1日 (火) 02:04

>うさちゃん
私も海外旅行している気分になって
なかなか楽しいです!<外国の曲

>TKさん
お久しぶりですーーー。ありがとうございます!
民族舞踊の曲だったら「世界のうた」という楽譜から選べそうです。
ポルカの軽やかなリズムは好まれそうです。
オーケストラの曲はピアノに編曲されていることも多いので
楽譜を探してみます。^^

投稿: ようこ | 2005年11月 1日 (火) 13:26

ごぶさたしていますー! ^o^

先日も、ピアノの先生と、
「大人になってからのピアノは、人生経験をふまえた(!?)イマジネーションを活かして弾くのが楽しいよね」
と話していたところです。
子供の頃には「ベニスのゴンドラ」とか言われても、「??」でしたけど、オトナになった今なら情景思い浮かべられますしね。
ようこさんの演奏会(?ですか)、楽しそう!

投稿: Yasuyo | 2005年11月 2日 (水) 22:46

ふれあいの風雲児、さだろうです。
海外の旅に出てきそうな曲、今度特集してみてはどうですか?
いつも、先生の音楽は利用者・職員から癒されますと言われているようです。

また、来られるのをふれあいのみなさんが心待ちにしてまーす。

投稿: さだろう | 2005年11月 2日 (水) 23:54

>Yasuyoさん
お久しぶりでーーーす。^o^
そうそう、そういうことを書きたかったのです!<ベニスのゴンドラ
そういえば、「アルプスの夕映え」なども子供の頃には「??」でした。(笑)

>風雲児、さだろうさん
ようこそ、いらっしゃいませ!
うれしいことに、こちらも癒されています。(^-^)
また行くのが楽しみです。

>TKさん
教えてもらったポルカは「アンネン・ポルカ」と思われます。
ピアノ曲にアレンジされていたので、早速楽譜を入手しました!
ちなみに、Jでした。

投稿: ようこ | 2005年11月 3日 (木) 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/6801106

この記事へのトラックバック一覧です: 線路はどこまで続くのかな・・・。:

« おめでたい一日 | トップページ | 簡単レシピ、体験記 »