« ラトビアvs日本戦のみどころ | トップページ | 一日だけ対策中 »

2005年10月10日 (月)

”あたりまえ”だから、気づかない。

体育の日の東京は、一日じゅうが降りました。

掛け布団を干す計画は延期となってしまいましたが

そのおかげで、今日は体をゆっくり休めることができました。

 

そんな秋の夜長に、ドラマ「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」を見ました。

私が小学生の頃、話題になった本だったと記憶しています。

なぜ今、ドラマ化?と思ったところ

なるほど、その娘さん(=まだ見ぬ子)の結婚式のシーンから始まりました。

病気のため、医師として5年も働くことのできなかった主人公は、

”あたりまえのありがたさを知っているのは、失った人だけ。”

ということを訴えかけて、この世を去りました。

 

身近すぎて気づかないことはたくさんあるような気がします。

(私が)仕事をしなくても食べていけるありがたさ。

家族や親が健康であるしあわせ。

友達に恵まれているよろこび。

それから、それから・・・。

そして失って初めて知る、仕事ができるしあわせ

だから、他人とどちらがしあわせで、どちらが楽で・・・といった比較は

ナンセンスなのでは、という気がしてきました。

まずは身近な”あたりまえ”に気づくことから始めたいと思います。

|

« ラトビアvs日本戦のみどころ | トップページ | 一日だけ対策中 »

コメント

ようこさん、TB&コメントありがとうございました。
いろいろと考えさせられるドラマでしたね。
私は原作を読んでいないので、今度読んでみようと思います。

投稿: あみ | 2005年10月11日 (火) 17:11

>あみさん
TB&コメントありがとうございます。
派手ではないですが、静かな感動を呼び起こすドラマでした。^^
書店でも目立つところに置かれるかもしれませんね。

投稿: ようこ | 2005年10月11日 (火) 17:33

こんにちは☆
私も、万博に行って”あたりまえ”に気づきました☆
健康&五体満足って幸せだな~と。
何をもってあたりまえというのか、分かんないんですけどね^_^;

投稿: 絢子 | 2005年10月11日 (火) 19:57

ようこさんの言ってること、わかります。。
私も時々わが身の幸せを感じるのですが、すぐ日々の忙しさや苛立ちに忘れちゃったり。

とりあえず、今日も満腹ですっごく幸せです。。笑。

投稿: okusta | 2005年10月11日 (火) 21:57

>絢子さん
万博でいろいろなことを吸収できたようですね!
日々、感謝の気持ちを忘れないでいたいと思います。

>okustaさん
おいしいものいっぱい食べたようで。(笑)
そうですよねー。日々流されて
幸せな気持ちを忘れてしまったりします。
少しの余裕がないといかんですな。(^^)

投稿: ようこ | 2005年10月11日 (火) 23:12

幸せは、いつでも、ここにあるものなんだね。
素直になって、何度も確かめていきたいものです。

投稿: うさちゃん | 2005年10月11日 (火) 23:25

>うさちゃん
"青い鳥"みたいだけど、近すぎて見えない場合もあるのかもしれないね。^^
また見失ったら力を貸してちょうだいね。

投稿: ようこ | 2005年10月12日 (水) 00:14

ようこさん
はじめまして。
TBとコメントありがとうございました。

このドラマを見ていて、身近なあたりまえに気づく事って
ホントに大切だな~って思いました。
原作もぜひ読んでみたいです。

投稿: ふくっち | 2005年10月12日 (水) 00:34

>ふくっちさん
ようこそいらっしゃいました。コメントありがとうございます。
原作は読んだことがありませんが、作者の直接の言葉で
いろいろ伝わってくるものがあるのでしょうね・・・。

投稿: ようこ | 2005年10月12日 (水) 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/6345133

この記事へのトラックバック一覧です: ”あたりまえ”だから、気づかない。:

» 『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』 [あみ’s ROOM]
『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』 ここでは、書けないほど いろいろと、考えさせられるドラマだった。 私自身、父をガンで亡くしている。 いろいろと、思い出された。 親孝行できなかったな・・・ 「あたりまえ」がどんなに幸せかなんて、考えたこともなかった。 すごく胸に突き刺さる言葉だった。 ... [続きを読む]

受信: 2005年10月11日 (火) 17:06

» 『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
秋の番組改編のために、テレビはスペシャルドラマの放映が多い。今日は、少し前に放映し、録画しておいた稲垣吾郎主演の『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』を観た。 『セカチュー』のヒットからか、最近では「不治の病もの」のドラマが多い気がする。少し前なら無条件で泣い....... [続きを読む]

受信: 2005年10月21日 (金) 14:40

« ラトビアvs日本戦のみどころ | トップページ | 一日だけ対策中 »