« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

線路はどこまで続くのかな・・・。

今日は久しぶりにボランティアでピアノを弾き、楽しい時間を過ごしました。

病院ではその場の様子を見ながらいろいろな曲を弾いていきますが

今日の会場では、毎月あらかじめプログラムを決めておきます。

 

曲を選ぶ際、私は必ず外国の音楽を入れるようにしています。

その国の風景を思い浮かべながら、旅の話なども織り交ぜます。

ポーランド民謡の「森へ行きましょう」、ドイツの「ローレライ」などが人気です。

 

9月にアメリカに行ったので、今回はアメリカ民謡「線路は続くよどこまでも」を弾きました。

この曲は小学校のときに習いましたが、今、あらためて聴いてみると

列車の汽笛がシュッポシュッポと音を立てて走る様子が分かります。

 

線路がどこまでも続くアメリカの広さを話そうと思い、

サンフランシスコとニューヨークの時差のこと、

そして、からグランドキャニオンに行った話をしました。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ラスベガスからグランドキャニオンまで

小型飛行機で50分、陸路だと5時間以上かかるそうです。

 

それにしても、グランドキャニオンの説明は意外と難しいものです。

「茶色い断崖絶壁が目の前に広がる。」と表現しましたが

何かピタッとくる言葉はないでしょうかねぇ?

 

飛行機に乗らずして、海外旅行を楽しむことができるのは

まさに曲の力といったところです。

次回はどこの国の曲を弾こうかな・・・。(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

おめでたい一日

土曜日は大安吉日でした。

私の知り合いも、2組が結婚式を挙げました。

私は1組の二次会に出席、もう1組の披露宴に電報を打ちました。

少々長くなりますが、そんな一日のエピソードを二つばかり。

 

二次会は若いお二人の仲間たちが集まり、

白熱腕相撲大会による笑いあり、感動ありのひとときでした。

イチゴがたくさんのったおいしいケーキが出たので

記念に初めて携帯のカメラで撮影したのですが

どうも画像の保存方法を誤ったようで、ここに載せることは出来なくなりました。

写真をお見せできないのが残念ですが

懐かしい仲間たちに会うことができて、私もとても楽しかったです。(^-^)

  

もう1組のお二人に打った電報は、とある日の昼下がりに楽しく文章を考えました。 

幸せそうな新郎新婦を想像しながら

「もしも披露宴で紹介されたらうれしいな♪」

という視点で文を練っています。(^^ゞ

 

一例ですが、私はこんな感じで電報の文を作ります。

まずは呼びかけ方です。

列席者が「あら?もしかして私の知り合い?」と思ういつもの言い方にします。

親戚だと「○○ちゃん」、友人だとあだ名だったり・・・という具合です。

そして、定型文らしくない「ようこ風」の一文を熟考します。

それから、最後に読み上げられる名前に毎回ちょっと工夫をしています。

私の場合、どんな名司会者でも正しく読むのは難しいので

実はひらがな表記にしています。

 

これで終わりではありません。ここからの微調整がなかなか難しいのです。

文で見た感じと読み上げた感じで少し印象が異なります。

何度か読んでみてあれこれ試してみます。

「家庭」にしてみたり「ご家庭」にしてみたり・・・。

そうやって作ったものをインターネットで送ります。

もしも披露宴で気づいてくださった方は、この裏話を読んでニヤリとしてくださいね。

 

どうぞ、末永くお幸せに!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

ハレの日到来!

今日は都心で週に一度のランチをしました。

小学校からの友人とそのお友達で高校の先輩と一緒でした。

今も週に一度のランチというペースは守っていて

今週も、ラーメン食べたい!という衝動を抑えて

毎日何かしら作ってお昼の時間を過ごしていました。

いやぁーーー、一週間長かったーーー。

 

お二人とも年は近いですが、専業主婦としては大先輩です。

家事や家庭についての話を聞いていると、詳しいし奥が深いのです!

何事も道を究めるのは大変だけど面白いと思いました。

 

一時期、仕事に家庭にやらなければならないことが多すぎて

いろいろな方の話を聞く余裕もなくなっていましたが

こうして少し立ち止まって、物事を見るのもまた新鮮です。

 

ところで、ランチの最後に出てくるカプチーノの泡立ちミルクに

チョコレートで絵が描かれていました。

バラぴちょんくんというキャラクターとクマの絵柄が運ばれ

私は(ふっくらとした)クマの絵でした。

お店の方は偶然と言っていましたが、それにしてはピッタリな選定だったような・・・!?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

☆☆千葉ロッテ日本一☆☆

千葉ロッテ4連勝であっという間の日本シリーズでした。

今年は家にいたこともあり、4試合ともどうにか見ることができました。

 

いつもと何かが違う・・・と思ったのは、

選手の名前を知らなくても試合が面白い!

ということでした。

すみません。m(o)m ロッテに初芝が入団して以来、プロ野球の記憶が薄れているもので・・・。

”勢い”とはこういうものか!と思わせる、魅せる試合運びでした。

最後までスタンドにいたにもまたジーンとしました。

 

さて、試合中に流れて印象に残ったCMを二つご紹介します。

歌劇『アイーダ』の凱旋行進曲に歌詞を載せた設計会社のCM。
ユーモアのセンスにニヤリ。

そして、会社を辞めたくなるOLを励ますガムのCM
この雰囲気が日本一に導いたのかもしれません。

あらためて・・・日本一おめでとうございます!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

くつろぎたいのに。

一日の終わりにゆっくりとお湯につかりたい・・・と願う人も多いと思います。

しかし、私はそうもいかなくなりました。

 

3ヶ月前、

あっちぬるぬる、こっちカビカビ、シャワーホースにまで赤い点々

・・・となってしまった浴室をプロに掃除してもらいました。

新築のようにピカピカになった後、プロの方に

「浴室は乾燥が大切です。出るときにサッと拭いてください。

窓がないので、扇風機か浴室乾燥機で風を送るとよいでしょう。」

というアドバイスをもらいました。

 

残念なことに、ここで”サッと拭く”だけにできないのが私の性分です。 

このアドバイスを早速実践するべく、入浴もそこそこに

古いタオルで壁をフキフキ、シャワーホースをフキフキ、

「ドアも意外とカビやすいんだよねー。」とフキフキ、

最後に床の水分をサーーッと拭き取り

仕上げに浴室乾燥機の送風ボタンを押すのが

一日の終わりの楽しみになりました。

 

そして3ヵ月後の現在、カビ一つない浴室を維持しています。

掃除方法の効果のほどは確認できましたが

本当に実行するかどうかは、よく考えてからをオススメします。

 

本日の記事は、ココログ トラックバック野郎のお題を元に書きました。m(o)m

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2005年10月24日 (月)

Wollen wir trinken gehen?

昼食のざるそばを食べた後、いつものようにNHKラジオドイツ語講座を聴きました。

週が明け、少々難しくなっていました・・・。T_T

 

ブログを開設して以来、何人もの方から

実は私も○○語を勉強しています。」

というお話を伺いました。

意外に人数が多かったのでうれしかったです。

 

語学学習の動機は人それぞれだと思います。

私は、家にいながらにして外国の雰囲気を感じたり

日本語と異なる言語を受け入れることによって視野を広げたり

また、その国の音楽を理解する助けにもなったり・・・、と

そういったところに魅力を感じています。

 

私の場合、暗記力などすっかり怪しくなってしまいましたが

語学学習されているみなさま、お互いがんばりましょう!

 nhk-radio

ピンク色:1999年にベルリンへ行く際にテレビで学習しました。
緑色:現在使用中。

 

ちなみに、今日のタイトルはドイツ語で「飲みに行かない?」という意味です。

カタカナにすると、ヴォレン ヴィア トゥリンケン ゲーエン? が近いでしょうか。

こういう文章はすぐに頭に入るのですが・・・。トホホ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

れんこん料理のコツ!?

ぽかぽかと暖かいまったりとした午後。

生協で買ったれんこんが冷蔵庫に入ったままなので

気になって気になって仕方がありません。

ついに重い腰を上げ、酢漬けを作りました。

 

ご存知の方も多いと思いますが、れんこんはアクが強いため

切ってそのままにしておくと切り口が黒ずんでしまいます。

よって、「切ったらすぐに酢水に漬け」ることになります。

料理本に「すぐに」と書いてあると、私は一秒たりとも間をおいてはいけないと思い

かなりアセって酢水に放り込みます。

 

れんこんをきれいな円形にスライスするのもまた難しく

私が切ると下半分がなくなってしまいます。

おそらく、包丁の入れ方が斜めなのでしょう・・・。

 

しかし、それを改善しようとして考えこむと黒ずんでしまうので

とにかく、切る、酢水、切る、酢水、という行進を続けます。

慣れてくると、切る、切る、酢水、というワルツに変わります。

 

そうやって準備したれんこんをさっとゆでて

合わせ酢に漬けてしばらく味をなじませます。

 renkon  

 

 

 

ちょっと味見をしたところ、酢の味が効くぅーーーー!>_<

健康に良さそうなので、しばらく食べ続けてみます。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005年10月22日 (土)

ガーデンプレイスお出かけ日記

千葉ロッテvs阪神の日本シリーズ開幕!・・・と思ったら、テレビ画面真っ白の濃霧です。

働いていた頃、千葉マリンスタジアムのある海浜幕張駅に行った際に

野球ファンがメガホンを持って球場に応援しに行く姿をよく見かけました。

 

さて、今日は仕事を通して出会った大学の同窓生たちとの懇親会でした。

場所は外国風のおしゃれな恵比寿ガーデンプレイスです。

上は定年退職した方、下は社会に出たばかり・・・という幅広い顔ぶれで

ヱビスビールを飲みながらのひとときでした。

ハーフ&ハーフがうまいっ!

年代がバラバラなので、大学近くの様子などが

微妙に違ったりするのもまた面白いものです。

近況や趣味の話を聞いて、とーーっても刺激を受けました。(^-^)

ブログ見てくれていますかーー?

 

あらら、千葉ロッテは濃霧のためコールド勝ちですか!

特にどちらを応援・・・というのはありませんが、次の試合も面白くなりそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (5)

2005年10月20日 (木)

GATE OF THE OUTSIDE

パソコンを使って仕事をしていた頃と異なり、

今は家事の合間にノートパソコンを開いてメールを見ています。

そんな環境ですっかりお世話になっているのがFOMAです。

小さい端末でありながら、大切な外界との接点でもあります。

 

8月にPHSからFOMAに変更して以来、メール送受信だけでなく

データのダウンロードなどにも挑戦してみました。

長たらしいメールアドレスにしたため、迷惑メールは4様からの1通だけでした。

 

さて、昨夜 み さんと後輩の3人で食事をした際に

私のカバンの中から、「メール~!」という男性の声がしました。

私は

「あ”、マナーモードにし忘れた。いかんいかん。」

と、あわててFOMAを操作しました。

お二人は特に気づかなかったようで

わざわざ着信ボイス使用中を宣伝してしまったようなものです。

その場では

「いやー、高見沢さんじゃないよー☆●※□」

などと動揺し、ブログで種あかしすることになりました。(^^ゞ

 

さあ、声の主は誰でしょう?

 

昨年秋の 『マダム・メルヴィル』 、今年春の『KITCHEN』を観劇し

そのガンバリぶりを応援したくなった

ナリミヤくん(成宮寛貴)でした。

また応援する人が増えたの~?と言われそう!?

 

パワーをもらって、明日もがんばるぞーー!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

”カイコ”の謎

10月に入り、あちこちから結婚の便りが入ってきます。

 

東京生まれ東京育ちの私が結婚したのは8年前、

茨城県に近い東北地方に新しいふるさとができました。

まだ方言に慣れない頃、帰省先の家族の中で一人話す標準語

それはそれは浮いていました。

 

ある日、ようこ夫のおかあさんに

「ようこさん、カイコいる?」

と聞かれました。

私は、(標準語だと)にアクセントの付く物を想像し

「あ、私は・・・いいです・・・。」

と答えました。

おかあさんは、悲しそうな顔をして台所に戻り

「うまいべー。」

と、焼きたてカラ付き帆立を持ってきてくれました。

 

カイコ=貝???

どじょっこ、ふなっこ の ???

 

「・・・すみません。やっぱりいただきます・・・。(大汗)」

 

この一件以来、方言を話せるようになりたいなーと思うようになりました。

あんときの貝こは、うまがったべーー。

        ↑
ようこ夫より指摘あり。「貝こは」が正しいそうです。まだ修行が足りないですな。

本日の記事は、ココログ トラックバック野郎のお題を元に書きました。m(o)m

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2005年10月18日 (火)

浴室乾燥機の感想

今日も雨が降り、肌寒い一日となっております。

こういう日は、乾燥機が活躍します。

本当は太陽の下、洗濯物を干したいんですけどね・・・。

我が家には浴室乾燥機があり、家にいるようになってからは使う機会も多くなっています。

浴室乾燥機は、浴室を大きな乾燥機と見立てます。

 

いろいろな機種があると思いますが、ご参考までに説明すると・・・

浴室に物干し竿のような手すりが渡してあり、そこに洗濯物をつります。

ドアを閉め、壁に付いているスイッチを入れると

浴室内の天井からフィルターを通して風が吹き込まれます。

乾燥だけでなく、暖房冷房換気送風などもできます。

 

最初は、ピンチハンガー(=洗濯物をつるやつ:笑)に

洗濯物を密度高くつって乾燥させていたのですが

乾きにムラが出たため、洗濯物の間隔を空けて干すようにしました。

今度は長時間乾燥させる方がよいと思い、2時間コースにしたところ

タオルがパリンパリンに乾いて、板のようになってしまいました。

時々様子を見ながら乾燥を終了するタイミングを見計らうのがよいようです。

そんなこと、最初から気づいてる!という方、ごめんなさい。(^^ゞ

 

浴室乾燥機はガスを使うシステムなので、一年に一度の点検をお願いしています。

以前の点検時、フィルターを全く掃除していなかったので

「これは・・・もうちょっときれいにされたほうが・・・・。」

と係の人に言われてしまいました。

点検直前にはフィルター自己点検をオススメします。

 

さて、洗濯が終わったので干してくるか・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

試験の季節のビターな思い出

今日は情報処理技術者試験が行われました。

私のいた業界でもたくさんの人が受験する国家試験です。

  

私は10年以上前、社会に出て間もない頃に挑戦しました。

当時は情報処理技術者一種、二種という区分でした。

その頃の私は、二種を取得し、他の国家試験に合格したりして

いささか調子に乗っていました。

そんな状況の中で受験した一種試験に

「2つのページング・アルゴリズムの特徴」を記述する問題があり

私はすぐに答えが分かった自信のあまり、

解答欄を確認せずに答えを記入してしまいました。

後日、模範解答と答え合わせをすると、どうも解答がになっている・・・。

間違った解答欄に得々と答えを書いた自分にガックリ

残念ながら、一種とはそれきりになってしまいました。

 

その後は興味のある事柄を整理するために

民間の検定試験を年に一度ぐらい受けています。

技術系だけでなく、秘書検定、ドイツ語、音楽関係などなど・・・・。

今年は11月に食生活に関する試験を受ける予定です。(^-^)

 

試験の季節になると思い出す、少しビターな思い出でした。

受験されたみなさん、一日の長丁場おつかれさまでした!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

『リバーダンス』(10/15ソワレ)観賞

後輩のaoさんと渋谷のオーチャードホールに『リバーダンス』を観に行きました。

横一列に並んでタップダンスを繰り広げる様子は、CMでもおなじみかもしれません。

アイルランド発祥のこの演目は音楽もなかなか凝っていて

イリアン・パイプなどの民俗楽器の演奏を生で聴くことができます。

 

アルパ奏者、上松美香さんが活動を休止して

アイルランドの音楽を勉強しに行ったという話があり、

私も一度はアイルランドの音楽を聴いてみたいと思っていました。

 

以下、ネタバレぎりぎりで恐縮です。

公演は、タップダンスの他、バレエやモダンダンスの要素も取り入れつつ

ロシアの踊りやフラメンコも繰り広げられます。

踊りだけでなく、ホールに響き渡るバリトンによる歌や

自由自在にフィドル(バイオリン)を操る場面もあります。

全て専門家による実演で、まさに”プロの集合体”でした。

 

中でもDANCE CAPTAINの男性のタップは素晴らしく

バックのダンサーたちが8ビートを刻むところを

16ビート・・・いや32ビートを刻んでいました。

 

タップの音がパーカッションのように正確にリズムを刻み

あっという間に極上のエンターテインメントはおひらきとなり

ギネス・・・ではなく日本酒を傾けながらaoさんと感想を語り合うのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2005年10月14日 (金)

”洗剤”能力

毎日洗濯していると、あれよあれよという間に洗剤が減っていきます。

ついに箱が空っぽになったので、スーパーに買いに行きました。

いつもいただきものを使っていたので、洗剤を買うのは久しぶりです。

さて、売場に行ってみてびっくり。こんなに多くの種類があるとは・・・。

しかも、キャッチコピーが様々なのです。

ガンコな汚れを落とす

・いいにおいがする

部屋で干してもにおわない

漂白剤入り!

ふんわり仕上がり

・・・うーむ。

そもそも

「どんな洗剤が欲しいか?」

という要求条件がないので決め手がありません。

高ければいいのか、安くてもいい製品があるのか分からない上に

重さがマチマチ(1kg、1.1kg、10%増量等)なので

とっさに値段の比較もできないありさま。

結局、最もたくさん積み上げられていて、

ポピュラーそうな雰囲気を漂わせている製品を選びました。

ここの読者は、環境にやさしい石けんを使ったりしていそう!?

 

この記事を書く際に、メーカーの家事ナビを見つけました。

もうちょっと能力アップしないといかんなぁ~。<私 (汗)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

人気のヒミツが若った

昨日、無事に健康診断を終えました。さて、結果はいかに?

一日だけのビール断ちののち、昨夜は後輩と2人でちゃんこ鍋を食べてきました。

行ったお店は、雑誌等にも取り上げられている

Chanko Dining 若 新宿店

です。

初めて行ったそのお店は、とてもおしゃれな雰囲気でした。

でも、気取った雰囲気ではなく、子供連れの家族も来ています。

 

まずメニューを見て、「お酒の趣味が合う!」と思わずニンマリ

日本酒は、黒龍(福井)、一の蔵(宮城)などなど。

芋焼酎は、富乃宝山、海、くじら、喜六、などが置いてありました。

その他の焼酎、ワイン、カクテルも充実しています。(^^)

さて、ちゃんこ鍋は4種類の味(塩味、味噌味、醤油味、チゲ味)があり

一番人気の塩味を2人前注文しました。

ここのお店では若~い店員さんが鍋を作ってくれます。

ゴマ風味の塩スープに丁寧に練ったつくねを投入。

肉や野菜を入れてぐつぐつしてきた頃、取り分けてもらいました。

鍋奉行が好きな方は少し拍子抜けするかもしれませんが

私はラクチンでした。

 

さっぱり上品な味のちゃんこ鍋をパクパク食べていると後ろに人の気配が!

振り返ると、オーナー花田勝氏が挨拶にみえていました。

雑誌に書いてあるとおりなので、びっくり。

少々お話ししてから花田氏は隣の席に移動し

気さくに写真や握手に応じていました。

 

ふぅ、お腹いっぱいだ。

雑炊やうどんも食べたかったのですが、満腹なのでデザートへ。

盛り付けが美しいデザートもオススメです。

ぜひ別腹を用意しておきましょう。

 

料理名は忘れましたが、生野菜のスティックについていた

にんにく風味と思われる味噌がおいしかったです。

それから、”高知県馬路村の柚子サワー”も〆にいいかもしれません。

ひょっとすると、私の愛飲するゆずジュース

”ごっくん馬路村”が入っているのかなー?

と思いながら飲みました。(真相は未確認)

 

気になるお値段ですが、ちゃんこ鍋を人数分頼んで

お酒を飲むと、けっこういきます

給料日後、または大人数で鍋を少なめに注文すると

魚の民の値段(=私の相場)に近づくかもしれません。

でも、おいしいです。また行ってみよう。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

一日だけ対策中

お勤めのみなさんは健康診断を受け終わりましたか?

私も実のところ

「忙しいさなか、半日つぶれるのはちょっと・・・。」

事前の準備がめんどくさーい。」

と思ったものです。(^^ゞ

この健康診断、組織の所属から外れた今となっては

自主的に受けるしかないと思われます。

職場の健康診断は、労働安全衛生法に基づいて行われているそうです。

私は人と接する活動をしている関係もあり、

明日の午後、健康診断を受けることにしました。

毎年続けていたことを今年も継続できるので

いやーーー、もう、うれしいのなんのって。(^-^)

今日は遠足の前日のようでした。

何だかとってつけたようではありますが、

近くのスーパーに行くのはやめて

電車に乗って、Tウンセブンの新鮮なを買いに行きました。

検診前日の食事は、さっぱりした方がいいかな・・・と思ったもので。

夕食は、いつもコップ1,2杯飲んでいるビールを取りやめ。

野菜たっぷりのちゃんちゃん焼きと梅干し入り納豆を作りました。

(ちゃんちゃん焼き=鮭と野菜を味噌で味付けして蒸し焼きにした料理)

これだけの対策で、成果のほどは・・・???ですが

明日は間違えて昼食を食べないよう、出かけたいと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

”あたりまえ”だから、気づかない。

体育の日の東京は、一日じゅうが降りました。

掛け布団を干す計画は延期となってしまいましたが

そのおかげで、今日は体をゆっくり休めることができました。

 

そんな秋の夜長に、ドラマ「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」を見ました。

私が小学生の頃、話題になった本だったと記憶しています。

なぜ今、ドラマ化?と思ったところ

なるほど、その娘さん(=まだ見ぬ子)の結婚式のシーンから始まりました。

病気のため、医師として5年も働くことのできなかった主人公は、

”あたりまえのありがたさを知っているのは、失った人だけ。”

ということを訴えかけて、この世を去りました。

 

身近すぎて気づかないことはたくさんあるような気がします。

(私が)仕事をしなくても食べていけるありがたさ。

家族や親が健康であるしあわせ。

友達に恵まれているよろこび。

それから、それから・・・。

そして失って初めて知る、仕事ができるしあわせ

だから、他人とどちらがしあわせで、どちらが楽で・・・といった比較は

ナンセンスなのでは、という気がしてきました。

まずは身近な”あたりまえ”に気づくことから始めたいと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2005年10月 8日 (土)

ラトビアvs日本戦のみどころ

平日はなかなかサッカーの試合を観戦できない方も

今日はテレビの前で観戦できた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そう、今日はサッカー日本代表がラトビアで試合を行いました。

非常に個人的なみどころは

(1)中村俊輔のPK

(2)お茶の間がそのまま移動したような実況と解説

(3)試合後の中田英寿のインタビュー

の3点でした。

試合の流れをかなり短くいうと、

前半5分で高原がゴール。

後半7分に中村俊輔の素晴らしいPKで2点目ゲット。(パチパチ)

その後、ズルズルッとラトビアに2点取られて引き分けてしまいました。

不思議なことに、テレビを観戦しながら「危ない危ない!」と言うと

テレビからも「危ない危ない!」

何度か同じような現象が発生しました。

批判もないので、楽しい雰囲気ではありましたが・・・。(^^ゞ

さらに、そういった試合の後の中田英寿のインタビューは

課題が見つかったとキレ気味に言っていましたが、共感もしました。

次は12日のウクライナ戦@キエフ。

ふたたびテレビの前で応援します。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005年10月 7日 (金)

♪輝きを失くした 蛇口の光求め

今日は、以前こちらでもコメントをいただきましたが

とても興味のあった重曹を使って蛇口を磨きました。

でも、私が磨こうとすると、素敵な奥様風に

「キッチンをピカピカにしなくちゃ☆」

とはならず、どうも化学実験のようになってしまうのです。

まずは、ミッフィー柄のエプロンの代わりに白衣、白衣!!

家に白衣はないので、仕方なくそのまま続行。

重曹を袋から出す際には、シャーレ、シャーレ!!

理科の実験に使った透明の皿はありませんが、普通の皿を用意。

そして、静かに白い粉を皿に移し、

「これが炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)かぁ!」

と、ひとしきり固体の様子をチェックします。

そう、重曹とは何ぞや?と思ったら炭酸水素ナトリウムのことだそうです。

固体が少し水に溶け、その粒子が磨き粉になると理解しました。

水をつけたスポンジに重曹をつけ、台所の蛇口を磨いてみると

まぶしいほどにピカピカになりました。

ここからは急に、デパートの実演販売風な気持ちになりました。

「奥さん、ちょっと見ていってくださいよ。

こうやって、スポンジでこすると、ほら、ピカピカ

スプーン、フォークもきれいになるよ。※

※スポンジだと多少傷がつくかもしれません。
つけおきがよいかもしれませんが、試していません。

じゃあ、続いて、洗面所の蛇口も磨きましょう。

(ゴシゴシ)

おっとビックリ、くもっていた蛇口がキラキラ光る。

続いて・・・(以下省略)」

重曹は、値段も重量もまちまちです。

また、あくぬきや饅頭のふくらし粉としても使える

食品添加物として認可されているものと

掃除用に限るものが売られているようです。(ようこ調べ)

まだ重曹がたくさん残っているので、一回きりにならないよう

たまには磨いてみたいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

栗の実食べた?

先日、近所を歩いていると栗ご飯のいいにおいがしてきました。

うーん、旬です。(^-^)

我が家にも、ようこ夫のふるさとから栗が届いたので、甘露煮を作りました。

ところで、今日はボランティア活動強化期間のラスト、3ステージ目でした。

こういったステージでは、曲の演奏だけでなくの伴奏もします。

つい忘れがちな和の心を思い出させてくれる歌選びは

なかなか楽しいものです。

今日は『里の秋』をみんなで歌いました。

お母さんと一緒に栗の実を煮ながら

遠くに働きに行っているお父さんを思う歌です。

私はこの曲をボランティア活動を始めてから知りましたが

秋らしい一コマが浮かぶので、気に入っています。

今日もきれいな歌声に包まれ、和やかなひとときを過ごすことができました。

P.S.これらの活動は著作権法第38条1項に基づいております。m(o)m

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年10月 4日 (火)

ないものねだり

魚屋さんの孫である私は、子供の頃から魚が好きで

うろこやワタを取るのも全く苦になりません。

問題は、丁寧にやろうとするあまりにも時間がかかるため

魚が少々温まってしまうことです。

どうやら魚屋さんにはなれないようです・・・。

 

先日、いわしの梅煮を作るために下ごしらえをしていたら

いわしの骨がトゲのように左手の人差し指に刺さってしまいました。

すぐに消毒したので、おかげさまで今はほぼ治っています。

これは、日本の湿度の高い気候のおかげかもしれません。

 

9月にラスベガスに行った際のことです。

気温が高いと聞いていたので、かなり覚悟していたのですが

とてもカラッとしており、日本のようにムシムシしたりしません。

気温を確かめようにも華氏表記なので

とっさに摂氏何度か分からず、余計にどのぐらい暑いのかが

感覚的につかみにくい状態でした。

また、汗をかかないので服も汚れにくく

水分補給に留意して、快適に過ごしていました。

しかーし・・・。

滞在数日後、ちょっとした指のキズがパカッと割れてしまいました。

どうやら空気が乾燥しているため、皮膚が乾いてしまったようです。

あわてて、日本から持参した絆創膏を貼りましたが

”乾燥”を身をもって体験するとは思いもよりませんでした。

 

それ以来、今日のような曇り空で、たとえ洗濯物が乾かなくても

グチッたりしてはいけない、と思うようになりました。

「ああ、あの青い空の下で飲むコロナビールは最高だったなぁ」と

振り返りながら・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

秋の日のLES FEUILLES MORTES

先週から私のボランティア活動強化期間が始まっています。

今日は3ステージ!?中2ステージ目で、いつもの病院に行ってきました。

今回が病院ボランティア2回目なので、要望のあったジャズを弾かねばなるまいと

今現在弾ける数少ないレパートリーの「枯葉」に挑戦することにしました。

シャンソンで有名な曲をジャズにアレンジしたものです。

日曜日のピアノのレッスンのときに、先生にこの曲をみてもらい

”ジャズのが出るように”アドバイスをもらいました。

そのアドバイスが耳から出て行かないうちに

ここには書けないほど何度も練習してから出かけました。

クラシックに比べて場数を踏んでいないため、弱気なのです・・・。

さて、いよいよ人前の初ジャズとして恐る恐る「枯葉」を弾き始めると

ジャズ独特の和音がなかなか面白いなぁと思えてきました。

弾き終わると、聴いてくれた方が

「ここでジャズを聴けるなんて・・・!」

と驚いていました。

その一言で、何だか急にココロが軽くなり

堅苦しく考えずにジャズを楽しく勉強してみよう、という意欲がわいてきました。

そして、聴く人と弾く人がひととき幸せな気持ちになるような音楽を

目指していきたいと思った秋の日の午後でした。

タイトルの"LES FEUILLES MORTES"は「枯葉」の仏語題です。
読み方は・・・・分かりません。m(o)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

映画『NANA』

若者に人気の映画『NANA』を観ました。

原作を読んでいなかったので、予習無しでの映画鑑賞でした。

オンナノコパワー炸裂の奈々(宮崎あおい)と

男グループに女性が一人でも平気なナナ(中島美嘉)の友情物語です。

奈々は、「人のために」よかれと思って、あれやこれやと行動します。

ナナは大っぴらにしていない過去がありつつも、淡々とふるまいます。

私はナナに共感し、前半、「ここで一発ガツンと言ってやれーーー!」と思うところで

それを成し遂げてくれたときには、「よぉーーし!!」。

そして後半、奈々はナナのためにあることを計画します。

その先どうなったかは、映画を観てのお楽しみですが、

自分の行動は人からこう見えるのか・・・と思いながら鑑賞しました。

バンド仲間の話なので、ライブシーンも楽しめました。

主題歌はHYDEが作っているんですね。

頭のコリをほぐしたい方は、若い観客ばかりだとおじけづかず、ぜひ。(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2005年10月 1日 (土)

5年に一度の国勢調査の話

今日は10月1日です。

会社を辞めて3ヶ月、毎日ブログネタを考えていたら

あっという間に過ぎていきました。

来る日も来る日もブログを読んでくださった皆様に

感謝の気持ちでいっぱいです。m(o)m

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

さて、10月1日は国勢調査の日ですね。

各戸に調査票が配られ、今まさに記入しているところでしょうか。

(前回はどうだったか忘れましたが)今回は郵送でも提出できるのですね。

我が家は郵送で提出することにしました。

 

郵送の場合、調査票を折らなければ封筒に入らないので

ヒヤッとしましたが、調査票の入っていた封筒に

「2つ折にして」と書いてあったので一安心。

「マークシートの解答用紙を折ってはならない。」という

受験生文化が染み付いているので、少しびっくりしてしまいました。

もう一つ、”調査票の記入のしかた”を読みましたが

郵送の場合の提出期間がどこにも書いてない!?

あらら、調査票の記入が終わり次第でよいのかな。

・・・などと、いろいろ書きましたが一言でいうと、やらかしてしまったのです。

フライング提出を!

 

調査票を書かれた方はご存知だと思いますが、

9月24日から30日までの”1週間に仕事をした時間”を記入します。

月末になると、労働時間を見込みで計算したりする習慣もあったので

あまり違和感なく記入してしまいました。

私は0時間だし・・・。(^^ゞ

我が家のケースとは別パターンですが、期日前提出が多発してしまったようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050930-00000005-yom-soci

 

封筒か調査票に「10月1日~10月○日までの期間にご提出ください。」と

刷り込めばよいような気がしますが、

今となっては、そういった注意書きがあったかどうかも確かめられません・・・。

つくづく、ブログに得意げにアップしなくてよかったと思う次第です。(汗)

| | コメント (11) | トラックバック (1)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »