« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月29日 (木)

今クール終了!

会社を辞めてから3ヶ月のあいだ聴き続けた

NHKラジオのドイツ語講座が今日で一区切りとなりました。

ドラマ風に言うと、「6ヶ月でワンクール」なので

私は7月から講座の後半を聴いていたことになります。

いやはや、最後の方は話法の助動詞現在完了が出てきて難しかったです。

旅心をそそる内容を聴きながら、単語の意味は分からなくても

つづりが思い浮かぶようになりました。

テキスト代350円/月と電気代のみ、もまた魅力!

 

ところで、電波に詳しい方ならお分かりかと思いますが、

テレビをつけたまま(その近くで)ラジオを聴こうとすると「ぴーーーがーーー」

パソコンを立ち上げたままラジオのスイッチを入れると「ひゅーーーぴーーー」

理屈を忘れてしまったので、理論的にご存知の方がいましたらぜひ教えてください。

実は”ながら”で聴こうと思ったものの、ズルできないことが分かり、

結局、テレビを消してテーブルの上にラジオとテキストを置いて学習しました。

さて、効果のほどはいかに??

それは、”ドイツにおける日本”のイベントで 

(または 2006年ドイツのワールドカップ←夢は大きく)

確かめたいと思います。

10月からは新しいクールが始まります。 また聴くことにしよう。(^^)v

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

たまには迷うことも。

月末になると、OLの皆さんにはおなじみの千趣会から荷物が届きます。

会社に在籍中は、とりまとめの方にお願いして料理本などを注文し

会社で受け取っていました。

退職後は、宅配便で届けてもらえるので

注文総額2100円未満は一部送料負担です。

昼食用のフリーズドライになった雑炊フキンなどを注文しています。

同封されているカタログを見るのもなかなか楽しいものです。

いつもはパラパラと見て終わることが多いのですが

今日はどうしても目がクギ付けになってしまった商品があります。

「うまぃ」に、まったなし!

現役相撲部屋のちゃんこ鍋

相撲協会の承認を得た月1回×6ヶ月の頒布会形式で

お値段 \4,980 也。

http://www.bellne.com/ の右上の検索欄に ちゃんこ と入れてみてください。m(o)m

カタログには各部屋の親方の写真入りコメントが出ており、

おいしそうな鍋の写真が食欲をそそります。

普段は5秒で決めたいタイプの私としたことが

このちゃんこ鍋を申し込むかどうか迷い始めています。

これを機会に6種類のちゃんこを制覇するのも面白いな、とか考えてしまって。

一方で、食べきれるかな、という心配もあり・・・。

頼むべきか、止めるべきか、それが問題だ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

ミネストローネのできるまで

先日、圧力鍋を使いこなす友人から話を聞き

一度使用したきりお蔵入りしかかっていた圧力鍋で

おすすめのミネストローネを作りました。

今回は鍋についていたレシピに載っているとおり、

にんにくとセロリを炒めて

じゃがいも、にんじん、タマネギ、ベーコン、そしてゆでた豆を加え、

トマトソースとチキンスープの素で煮込む予定です。

ではでは、ミネストローネのできるまでをドキュメンタリータッチでどうぞ!

-------------------------- 

月曜日夜
田舎からもらった乾燥大豆を水に浸す。
翌日になると水を吸って量が増えるはず。

・・・スヤスヤ。(--..zZ

火曜日9:00
スープの素を入れる引き出しを開け、チキンスープの素を確認。
引き出しの奥からいいニオイがする。
よく見ると古いひじきの他に
どこからこぼれおちたのか?スープの粉が散乱している。
恐ろしい物を見てしまったので、引き出しを洗浄、除菌
コンソメスープはあったがチキンスープの素は無かった。

11:45
引き出しとその回りを掃除していたらあっという間に昼。
前夜、水に浸した豆を見るとかなり大きくなっている。よしよし。

14:00
用事と買い物のため、出かける。
セロリ、チキンスープの素、ベーコン、
そして炊飯とスープ用のミネラルウォーターを切らしている。
買い物リストは頭で暗記。

16:50
セロリとベーコンを購入。
何か足りないぞ? でも思い出せないので帰宅。

17:15
近所の酒屋にビンビールを買いに行く。

17:25
「あ”、水を買い忘れた!」
再び酒屋に行くも、ビールを買いに行ったばかりで格好悪いので
店の前の自動販売機でペットボトルを購入。

18:00
やっとミネストローネ作り開始!
この時点でやっとチキンスープの素を買い忘れたことに気づくが
さすがに気力もなく、コンソメスープを使用することに。

18:20
フタを閉めるのに手間取るも、ようやく大豆をゆで始める。
圧力を上げるための火加減が弱かったのか、
なかなか加圧されない。
えーい、とさらに強火にすると圧力が上がり始める。

普通の鍋だと2時間程度かかるのが、なんと5分の加圧でOK。
はじめて急冷という方法で圧力を下げる。

18:30
大豆を試食。ふっくらとゆで上がる。

19:00
材料を四角く切り終わる。

19:20
圧力鍋のフタをする前に、野菜たちをオリーブ油で炒め
トマトソースとコンソメスープの素を入れて沸騰させる。

19:40
いよいよ圧力鍋のフタをして3分間加圧。
加圧後は自然放置でゆっくりと鍋の圧力を下げる。

20:00
ミネストローネの試食。セロリがいい感じに!
塩、こしょうで味を調える。

21:00
洗い物などをし、家族がそろったところで
ようやく、いただきまーす

-------------------------- 

圧力鍋で煮ると、野菜がやわらかくなるのに驚きました。

じっくり煮込んだ味が短時間で実現できる、といえばよいでしょうか。

もちろん、コンソメスープも風味があっておいしかったです。

また、今回は急冷に挑戦して緊張しました。

コンロの上の圧力鍋をシンクまで傾けないように運び

鍋のフチに水をたらーーーっとかけます。

もう一回何かを作ったら圧力鍋に慣れるような気がしました。

次は何を作ろうかな~?

minestrone 

 

 明日の分

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

CMで芸術の秋♪

すっかり日暮れも早くなり、だいぶ涼しくなってきました。

今日は芸術の秋らしく、音楽のお話を・・・。

 

会社を辞め、あまり見ないながらもテレビを見る機会が増えてきました。

CMに使われている音楽にも耳を傾け、曲名を思い浮かべます。

 

最近、印象に残ったCMが3つほどあります。

すみませんが、別ウインドウを開いてURLをコピペしていただくと見易いと思います。

・何やら確執がありそうな二人のチョコレートのCM

http://open.meiji.co.jp/sweets/chocolate/chopan/

使われている曲は、第5番が「革命のエチュード」、第7番が「幻想即興曲」です。

ともにショパン(Chopin)作曲です。

・おいしそうにおでんを食べるCM(おでんの画像をクリックしてください)

http://www.sej.co.jp/shohin/cm/index.html

こちらはバッハ作曲の「イタリアンコンチェルト」です。

おでんとこの曲の組み合わせに驚きました。

・かわいらしい自動車のCM(ラパンスタイル編をクリックしてください)

http://www.suzuki.co.jp/dom4/senden/

使われている曲は、スコット・ジョプリン作曲の「パイナップル・ラグ」です。

この曲ははポピュラーピアノに転向してから、CMを見て

「いい曲だな。」と思ってWebで曲名を調べて弾きました。

左手の音が飛ぶ(=手を動かす範囲が広い)ので、なかなか大変でした。

このCMでは歌詞をつけていますね。

 

一方、ジャズもしばしばCMで使われていますが、ほぼ分かりません。

一度でいいから

「お、このCMは『A列車で行こう』を使っているんだ。しゃれているな。」

なんて思ってみたいものです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

『対岸の彼女』と友情について

後輩に「プロの掃除の話が出ていますよ。」と教えてもらった

角田光代著『対岸の彼女』を読みました。

専業主婦が掃除の仕事を始める様子とその仕事先の女社長の

高校時代以降の回想が交互に繰り返され、物語は進んでいきます。

行間から読み取るメッセージは人それぞれ異なると思いますが、私は

・人からみえる”その人となり”はごく一部であること。

仕事ってそんなに甘いものじゃないわよ!

・若い頃も今も、人との出会いを積み上げて生きていくのだ。

・掃除される汚れた部屋の描写が的確。(汗)

だと感じました。

ところで、秋分の日に高校時代の女友達5人で集まりました。

さすがに社長はいませんでしたが、

独身、既婚、子供のいる人、いない人、仕事をもっている人、専業主婦、

5人だけでもバラエティに富んでいます。

あの日あの時、机を並べて同じことを勉強してきた友人たちは

高校卒業後、それぞれ人と出会い、今があります。

お互いの(他人が聞くと意外すぎて笑えてしまう)悩みを話すひとときは

高校時代、机をくっつけてお弁当を食べながら語り合ったことを思い起こさせ、

私の頭の中には『対岸の彼女』からのメッセージが流れるのでした。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

お酒の使い方

私がお酒好きと知っている人たちから

「料理をしているときに、(料理で使う)お酒を飲みたくなったりしませんか?」

という質問をされることがあります。

答えはノー

しかし、料理には料理用酒ではなく、飲み屋のメニューにあるようなお酒を使っています。

 

例えばワインの場合。

飲みかけのワインがないときには、新品のワインを開けます。

近所の酒屋にキャップ式の小さいワインを買いに行くのが面倒だからなのですが、

コルク抜きを探すのに2分、コルクを抜くのに7分

粉々になってビンの中に落ちたコルクをこすための茶こし探しに3分かかるので

小さいワインを買いに行くほうが早いことがお分かりいただけると思います。

 

日本酒の場合。

和食では日本酒を使うレシピが多く、

(逆かもしれません。”日本酒を使う和食を作ることが多く”が正解?)

昨日は飲みかけの『〆張鶴』を200ccも使いました。

 

焼酎の場合。

なかなか料理で使うチャンスはないのですが、

一度だけ飲用以外に使ったことを白状します。

先日、冷蔵庫の掃除をしたときのこと、

「最後に庫内をアルコール消毒するとよい」という話を思い出し、家の中を見回しました。

ふと、味噌作りのカメの消毒に使うといわれる焼酎が視界に入りました。

鹿児島の有名な麦焼酎『神の河』・・・。

かんのこ、と読みます。

冷蔵庫をていねいに拭いた後の芳醇な香りはぜいたくそのもの。

・・・でも、飲むのが一番ですね。

 

最後に、お酒を飲まれない方に質問してよろしいでしょうか?

「料理をしているときに、お酒のにおいで酔っ払ったりしませんか?」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

両立のための8カ条

最近、後輩たちと話をしていると

「結婚してからの家事が心配。」

といった声を聞きます。

実家から通い、寝食を忘れて仕事をしていたら

おそらく家事どころではないでしょう。

私のわずか3ヶ月の経験から、

仕事と家庭の両立上手になるための8カ条をまとめました。

1.目標設定
雑誌に出ているおしゃれな家を目標にすると挫折する可能性があるので
なるべく現実的な目標(例:足の踏み場があること)を設定するのがコツです。

2.優先順位付け
あれもこれもやろうとすると全滅しそうなので、優先順位を付けましょう。
健康で文化的な最低限度の生活を送るためには、
食生活、衛生的な環境作りに重点を置くとよいと思います。

3.健康第一!食生活に気をつけましょう
真夜中の居酒屋、夕方の""袋食い、
どれもこれも胃腸に負担をかけます。
手料理が理想ですが、毎日作るのは難しいので
なるべく体にやさしい時間に食事を摂りたいものです。

4.浴室はきれいに
一日の疲れをとるお風呂。
ゆっくり入る時間もないかもしれませんが
水気があるのでヌルヌルしやすい場所です。
いろいろな掃除の仕方があると思いますが、
浴室を出る前に古タオルで一拭きしておくと
カビにくくなり、衛生的に使えることでしょう。

また、水回りで使うタオルをこまめに交換すると
清潔に過ごせることと思います。

5.評価
優先順位の逆になりますが、何もかもできないので
できなかったことは、ほどほどに割り切りましょう。
私ができなかったワースト3は
・冷蔵庫の中身や古新聞の処分
・洋服の整理
・準備が面倒なアイロン
でした。
あまりにも無頓着だったので、今頃ツケが回っていますが・・・。

6.たまに健康チェック
季節の変わり目に足裏マッサージ(リフレクソロジー)に行っていました。
弱っているところを指摘してくれるので、生活改善に役立ちます。
働いている時は「胃腸が弱っている。」と何度も指摘されました。
退職してから指摘されたのは、「目が疲れています。」だそうです。
原因はパソコンのや・り・す・ぎ♪
どうやら胃腸はよくなったみたいです。

7.ペースの維持
奥さんが家にいて家事をしてくれている上司の下で働く場合、
そのペースに合わせて遅くまで働くと、自分がボロボロになります。
きちんとご飯を食べて、衛生的に過ごせるだけの時間を確保する努力は
むしろ上司に必要でしょうか・・・。

8.恥をしのんで相談できる人を見つけましょう。
今となっては隠すこともないので、どうぞ遠慮なく聞いてください。(^^;;

こういうのを組合活動でやりたかったなぁ・・・と思ふ今日この頃。:-D

一つでも役に立ちそうな項目があればうれしいです。

| | コメント (18) | トラックバック (2)

2005年9月20日 (火)

カンが鈍る?

ラスベガスのカジノで夜更かししたせいか、

いつもの時差ぼけよりもなおりが遅いような気がします。

何時に寝ても朝の6時に目が覚めます。

もう一つ、サンフランシスコはがかかっていましたが

ラスベガスもナパバレーもシリコンバレーも青空だったので

天気の感覚がずれてしまったようです。

 

3連休明けの今日はどよーーんとした曇り空でした。

洗濯するのは少し迷いましたが、

「ナパバレーは今、雨が降らないからスプリンクラーで芝生に水をやるんだよな~。

水を浴びたら気持ちいいかもー。ふふ。」

と楽しく思い出しながら、ランチョンマットを洗って屋上に干しました。

ランチョンマット=食事時、テーブルの上に自分の敷地に敷く布です。

たまった家事をあれやこれややっていると、ザーーッという雨の音が!

ああああ、取り込むタイミングを間違えたーーーー。

明日また洗い直します。>_<

あらためて日本の気候を実感した出来事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

スーツケースの悩み

いつもブログへのコメントありがとうございます。

帰国して2日、いまだにスーツケースの中身を出し切っていません。

何をどこにしまってよいやら?といういつもの状態になりつつあります。T_T

ところで、旅程最後の一大事として、空港でのスーツケース受け取りがあります。

回るベルトコンベアに載ったスーツケースをピックアップしなければならず、

動くもののタイミングを取れない私としては、リフトの乗り方と同様

緊張感でガチガチになります。

同じ理由で回転寿司の皿を取るのも苦手です。

進行方向に垂直に引っ張ればよいのか?

進行方向に沿って斜めに引っ張るのか?

はたまた、進行方向後ろ側に引っ張るのか?

今回は垂直に引っ張ろうとしましたが、モタモタしていたら

スーツケースと共にベルトコンベア沿いに歩くハメになりました。

皆さんは緊張することなくスーツケースをピックアップできるのでしょうか?

だとしたら、非常にうらやましいです。

 

ああ、せめてあさってまでにはスーツケースを片付けよう・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

Get Back!~California Dreamin'

こんにちは。久しぶりの更新です。

一週間ほど掃除洗濯炊事をお休みして

ラスベガス(Nevada州)→グランドキャニオン(Arizona州)

→サンフランシスコ+ワインのナパバレー+ITのシリコンバレー(California州)

に出かけていました。

The Beatlesの"Get Back!"に出てくるArizona

The Mama's&The Papa'sの"California Dreamin'"では冬の日に夢見るCalifornia・・・

さて、どんなところでしょうか。

そして今回は、我が家恒例?となっている、

現地在住の日本人ご家族を訪ねる旅第5弾でもあります。

ラスベガスのカジノでは1ドル(=約113円)を32ドルにしましたが

退職以来、運動量を測るために愛用していた歩数計を

雑踏の中で落としてしまい、手元に戻ることはありませんでした。

m-and-m-las_vegas

 

 

 日中のラスベガスは日差しが強く乾燥しています。m&mショップの前で。 

グランドキャニオンへは乗客18人乗りの飛行機で出かけました。

上下左右に揺れまくるので、ジェットコースターが大好きな方はぜひ!!

緑多い公園の展望台から、日本では見たこともない断崖絶壁の景色が広がりました。

サンフランシスコは北海道の夏の涼しさにも似ていて

Tシャツしか持っていない多くの観光客が

サンフランシスコ柄のトレーナーを購入していました。(私もです。)

ナパバレーでは3ヶ所のワイナリーでワインを試飲。

青空の下、ワイナリーのDELIで買ったサラダを食べました。

シリコンバレーでは日本人ご家族とBBQしながら現地生活の話を伺いました。

こうして振り返ると、時々日本の観光地で見かける

”今日は日光、明日は箱根、そのあと北海道と九州を周る”

外国人のようなスケジュールでした。:-D

旅行の思い出を胸に、また日常に戻りまーす。

souvenirs

左より、ナパGRGICH HILLSのエプロン、
シリコンバレーのスーパーで買ったスープの素、
スタンフォード大学で買った英語→ドイツ語の単語表。
これを使えば頭が良くなるかも!?

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2005年9月 8日 (木)

理想像が見えてくる?

ブログネタをビール物にしようと考えていたところ、

ちょうど面白いサイトを見つけたので、ご紹介します。

ビール会社が調査した”一緒に飲みたい上司と部下”の結果です。

http://www.kirin.co.jp/company/news/13/050908_1.html

↑このサイトの下の方に調査結果がリンクされています。

「一緒に飲みたい。」と言いつつ、「こんな上司がいたらなぁ~。」という

理想像が見え隠れするようです。

ランクインしている中で私だったら誰と一緒がいいかな・・・と

飲み会の様子を思い浮かべてみました。

 

男性の上司はタモリ!あの脱力感が面白いので。

女性の上司は・・・迷ってしまいます。

黒木瞳は楽しそうだし、天海祐希も話が面白くてかっこよさそう。

野際陽子のハリのある声で、「そんなの大丈夫よー。(笑)」

と言ってもらえると安心するかもしれない・・・。

吉永小百合はニコニコ笑って話を聞いてくれそうです。

男性の部下はすごいラインアップです。選べません。

えなりかずきの健闘が光ります。

女性の部下はベッキーかな。飲み会が楽しくなりそうです。

 

さて、我が家はこれから晩御飯です。

仕事帰りの「おつかれー!」というあの爽快感はなくなってしまいましたが

ビンビール(中ビン)でカンパーイ!( ^^)/\(^^ )

都合により、一週間ほどブログをお休みします。またお立ち寄りください。m(o)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水)

『エリザベート』(9/7マチネ)観劇

台風の影響で強風が吹く中、帝国劇場に行ってまいりました。

『エリザベート』はとても好きな作品で、今回が(おそらく)4回目の観劇です。

オーストリア皇后エリザベートの一代記に

エリザベートを死の世界にいざなうトートがからむストーリーです。

その豪華な衣装、「愛と死の輪舞(ロンド)」的なミヒャエル・クンツェの歌詞、

ロック調でありながらクラシックの響きも感じられるリーヴァイの曲が好きで

公演の度、比較的チケットの取りやすい平日に、休みを取って観に行っていました。

上演直前まで電話対応、上演後も電話対応、といった観劇でしたが・・・。

今日は、毅然としたオーラを出す一路真輝がエリザベート、

演技力に定評のある内野聖陽(ダブルキャスト)のトートでした。

実は隠れうっちーファンです。(^^ゞ

このミュージカルの中で、私が一番観たいラストシーンに向けて

エリザベートと一緒に一生を体験します。

そして、その最後のシーンを観て「うん、これでよかったんだよ。」

深くうなずくことで、私は満足感でいっぱいになります。

こうして充電したパワーは、次のボランティアなどに反映させていきます。(^^)

尚、本作品はドイツ語の作品を翻訳したものです。

オランダ、ハンガリーでも上演されており、

それぞれの言語で歌われたCDが発売されています。

ドイツ語版とオランダ語版を欲しいと思って計算したら、なんと約8000円!

さすがにあきらめました。

外国で録音されたカラオケCDも出ていましたので、ご興味のある方はぜひ・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年9月 6日 (火)

くたびれもうけ

2ヶ月の大変短い家事経験において、家をきれいに保つためには

「常時監視」が重要なファクターであることが分かりました。

今、ひそかにやりがいを感じて凝り性スイッチが入っているのが、洗面所の掃除です。

はねた水をそのままにしておくと、汚れとなってこびりついてしまいます。

共働き時代は、少々汚れているかな?と思っても

いつも見ている訳でもないので、そのままほったらかしにしておき

白いはずの洗面台が○○色になってしまいました。

D社の掃除で白くしてもらいました。(^^;

家にいることが多いと、髪の毛一本でも気になるようになり

今では手を洗うたび、顔を洗うたび、掃除用の古タオルで水滴を拭き

時には練り歯磨きで銀色の部分をピカピカにします。

先日も寝る前にせっせと拭き、「今日の家事も終わりだー!」と喜んだその瞬間、

鏡の中の自分の姿がハッキリ見えました。

「あれ?コンタクトしたままだったかな・・・。」

コンタクトレンズを洗い、再び、”掃除用の古タオルで水滴を拭き”ました。

凝るのもほどほどにしないといけないような気がしてきました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

雨音はショパンの調べ♪

今日は雨の降る一日、そして念願の病院のピアノボランティアです。

前日は一体どうなることやら・・・と、まるで入学式前の子供のようでした。

楽譜を入れた3.2kgのカバンを持って出かけました。

今まで経験してきたピアノ演奏は、司会者と一緒に話をしながら

プログラムを進めていく形式でしたが

ここでは、弾く人も聴く人も自由に自由に、という試みです。

「もしかすると、最後まで誰もいない部屋で弾くことになるかも・・・。」と

無人の部屋で弾き始めると、一人、また一人・・・と部屋に現れ

事情の許す限り耳を傾けてくれます。

今日のトリは、天気にあわせてショパンの「雨だれのプレリュード」を選曲しました。

ヨーロッパの洋館、木造の家の縁側・・・、

したたり落ちるしずくの音の風景は、人によって異なるでしょう。

そして、いかなる理由があれど、一つの会社で社会人生活を全うできなかった私を

このような形で迎えてくれたすべての人に感謝の気持ちで一杯になり

楽譜がユラユラとゆがんでくるのでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

投票ズミ

11日は衆院選です。

我が家は当日投票に行けないので、恒例のピアノのレッスンの後

不在者投票に行ってきました。

ん?不在者投票?

投票所の看板を見ると”期日前投票”と書いてあります。

きじつぜん、と読みます。

あれ?数年前に来たときは不在者投票だったはずだったけれど・・・。

あわてて以下のサイトを調べてみました。

http://www.soumu.go.jp/senkyo/kijitsu_gaiyo.html

http://www.soumu.go.jp/senkyo/050911_senkyo/toujitsu.html

投票方法について、すごく簡単に言うと、

不在者投票=投票用紙を封筒に入れて預ける。

期日前投票=投票用紙を投票箱に入れる。

ということが分かりました。

たしかに、以前行ったときは投票用紙を封筒に入れて署名をした覚えがあります。

今回は、当日投票できない理由を記入する宣誓書を提出すれば

いつもの選挙の流れでOKでした。

ブロードキャスターによると、加藤あいちゃんも投票ずみとのこと。

投票日まであと一週間、早めに国民の権利と義務を果たした気分です。^^

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

大事にしたいもの

ときどき連載読みたさに!?、「週刊文春」を購入しています。

好きな連載No.1は、土屋賢二教授の「ツチヤの口車」!!

”出家”の話のはずが”家出”の話になっている・・・といった

脱力感あふれるナンセンスぶりが面白い。

そして、棋士の日常を描く先崎学の「浮いたり沈んだり」と

宮藤官九郎「俺だって子供だ!」という子育て苦行の話も必ず読んでいます。

二人とも私と同い年なので、垣間見える時代背景を含む

”同世代感”にニヤリとしています。

 

同世代感・・・、昨日の会社の同期による送別会でも感じました。

あの日あの時、縁あって同じ会社に集まった仲間たち。

すでに他の道を歩んでいる人、着々とキャリアを築いている人、いろいろですが

集まれば同世代なりの「人生の話」もできてしまいます。

退職すると、人との出会いのチャンスはどうしても少なくなります。

前からの人間関係は大事にしたいなぁ・・・としみじみ思った一日でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

まるで飛行機のよう

9月に入り、専業主婦生活は3ヶ月目を迎えました。

ずっとブログを見てくださっている皆様、本当にありがとうございます。

 

さて、8月21日の日記に書いた圧力鍋を初めて使いました。

鍋の造作とその使い勝手は、まるで飛行機のようでした。

今回は、飛行機に乗った気分で圧力鍋によるゆで豚作りをご紹介します。

「本日はYK001便にご搭乗、誠にありがとうございます。

この便は、豚もも肉発、ゆで豚着でございます。

本日の機長はネギの青い部分

客室乗務員はショウガの薄切り約10枚が搭乗しております。

お客様は、豚もも肉2名様、合計重量が800gとなっております。

尚、運行中は機内の圧力が高くなります。

型くずれ防止のため、たこ糸によるシートベルトをお締めください。

機内でのお飲み物は、水1カップ酒1カップをご用意しております。」

IMG_0141

 

 

 

「離陸前には、フタのロックを確認いたします。

航空機は離陸後、強火で5分ほど温めますと安定飛行になります。

すぐに火をとろ火にし、高圧による10分間のフライトに移ります。」IMG_0143 IMG_0144

IMG_0145

 

 

 

↑フタの上のピンで内部の圧力の状態が分かる。
 左より、加圧前、高圧加圧中、減圧中

「着陸後(=火を消す)、機内の圧力が十分下がるまでの

約10分間、シートベルトをしたままでお願いします。

ドアのロックが開きましたら、テーブルへお進みください。」

IMG_0146

 

 

 

作るのはあっという間、その後の機体の整備に時間がかかりました。

ゆで豚は短い時間で作ったにも関わらず、やわらかく出来上がりました。

圧力鍋の飛行機的ゼイタク感にハマるかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »